Course 10217: Microsoft® Exchange Server 2010 の構成、管理、トラブルシューティング

Type:コース
Audience(s):IT Professionals
Technology:Microsoft Exchange
Level:200
This Revision:A
Delivery method:
講義形式 (教室)
Length:5 days
Language(s):Japanese

First published:

October 25, 2010
Overview
About this course
この 5 日間の講義形式のコースでは、Exchange Server 2010 メッセージング環境を構成および管理するための知識とスキルを提供します。このコースでは、以前の Exchange Server の使用経験は必要ありませんが、受講者は、Windows Server® と Active Directory® ディレクトリ サービスまたは Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の管理経験が豊富である必要があります。このコースでは、Exchange Server 2010 の構成方法について説明し、さらに、Exchange Server の展開を最適化するのに役立つガイドライン、ベスト プラクティス、および考慮事項も示します。
Audience profile
このコースは、エンタープライズ レベルのメッセージング管理者になることを目指すユーザーを対象としています。その他、Exchange Server 2010 について学ぶことを希望する IT ジェネラリストやヘルプ デスク プロフェッショナルもこのコースを受講できます。受講者は、IT 分野 (主にネットワーク管理、ヘルプ デスク、システム管理などの分野) における 3 年以上の実務経験が必要です。以前のバージョンの Exchange Server の使用経験は必要ありません。
At course completion
このコースを修了すると、次のことを習得できます。
  • Exchange Server 2010 をインストールおよび展開する。
  • メールボックス サーバーおよびメールボックス サーバーのコンポーネントを構成する。
  • 受信者オブジェクトを管理する。
  • クライアント アクセス サーバーの役割を構成する。
  • メッセージ トランスポートを管理する。
  • Exchange Server 組織とインターネット間で、セキュリティで保護されたメッセージ フローを構成する。
  • メールボックス サーバーおよびその他のサーバーの役割の高可用性ソリューションを実装する。
  • 各サーバーの役割のバックアップと復元を計画および実装する。
  • メッセージング ポリシーと準拠を計画および構成する。
  • 内部アクセスおよび外部アクセスについて、Exchange Server のアクセス許可とセキュリティを構成する。
  • メッセージング システムの監視と保守を行う。
  • Exchange Server 2003 または Exchange Server 2007 組織を Exchange Server 2010 に移行する。
  • ユニファイド メッセージング サーバーの役割とユニファイド メッセージング コンポーネントを構成する。
  • 複数のサイトにまたがる高可用性を実装し、フェデレーションの共有を実装する。
Course details
コース概要セクション 1: Microsoft Exchange Server 2010 の展開この章では、Exchange Server 2010 のインストールの準備方法と実行方法について説明します。Exchange Server 2010 の展開の詳細についても説明します。レッスン
  • Exchange Server 2010 の要件の概要
  • Exchange Server 2010 のサーバーの役割のインストール
  • Exchange Server 2010 のインストールの完了
ラボ : Exchange Server 2010 のインストール
  • Exchange Server のインストール要件の評価
  • Exchange Server 2010 のインストールの準備
  • Exchange Server 2010 のインストール
  • Exchange Server 2010 のインストールの確認
ラボ : Exchange Server 2010 のインストールの確認
  • Exchange Server のインストール要件の評価
  • Exchange Server 2010 のインストールの準備
  • Exchange Server 2010 のインストール
  • Exchange Server 2010 のインストールの確認
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • Exchange Server 2010 の要件について説明する。
  • Exchange Server 2010 のサーバーの役割をインストールする。
  • Exchange Server 2010 のインストールを完了する。
セクション 2: メールボックス サーバーの構成この章では、Exchange Server 2010 の管理に使用できる管理ツールについて説明します。また、メールボックス サーバーの役割、いくつかの Exchange Server 2010 の新機能、最も一般的なメールボックス サーバーの役割に関するインストール後のタスク、パブリック フォルダーについても説明します。レッスン
  • Exchange Server 2010 の管理ツールの概要
  • メールボックス サーバーの役割の構成
  • パブリック フォルダーの構成
ラボ : メールボックス サーバーの構成
  • メールボックス データベースの構成
  • パブリック フォルダーの構成
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • Exchange Server 2010 管理ツールについて説明する。
  • メールボックス サーバーの役割を構成する。
  • パブリック フォルダーを構成する。
セクション 3: 受信者オブジェクトの管理この章では、Exchange Server 2010 での受信者オブジェクト、アドレス ポリシー、およびアドレス一覧の管理方法について説明します。また、Exchange 管理シェルで一括管理タスクを実行する手順についても説明します。レッスン
  • メールボックスの管理
  • 他の受信者の管理
  • 電子メール アドレス ポリシーの構成
  • アドレス一覧の構成
  • 受信者一括管理タスクの実行
ラボ : 受信者オブジェクトの管理
  • 受信者の管理
  • 電子メール アドレス ポリシーの構成
  • アドレス一覧の構成
  • 受信者一括管理タスクの実行
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • Exchange Server 2010 でメールボックスを管理する。
  • Exchange Server 2010 で他の受信者を管理する。
  • 電子メール アドレス ポリシーを構成する。
  • アドレス一覧を構成する。
  • 受信者一括管理タスクを実行する。
セクション 4: クライアント アクセスの管理この章では、クライアント アクセス サーバーの役割を Exchange Server 2010 で実装する方法について詳しく説明します。レッスン
  • クライアント アクセス サーバーの役割の構成
  • Outlook クライアント用のクライアント アクセス サービスの構成
  • Outlook Web App の構成
  • モバイル メッセージングの構成
ラボ : Outlook Web App および Exchange ActiveSync 用のクライアント アクセス サーバーの構成
  • クライアント アクセス サーバーの構成
  • Outlook Anywhere の構成
  • Outlook Web App の構成
  • Exchange ActiveSync の構成
ラボ : Outlook Anywhere Access 用のクライアント アクセス サーバーの構成
  • クライアント アクセス サーバーの構成
  • Outlook Anywhere の構成
  • Outlook Web App の構成
  • Exchange ActiveSync の構成
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • クライアント アクセス サーバーの役割を構成する。
  • Outlook クライアント用にクライアント アクセス サービスを構成する。
  • Outlook Web App を構成する。
  • モバイル メッセージングを構成する。
セクション 5: メッセージ トランスポートの管理この章では、Exchange Server 2010 でのメッセージ トランスポートの管理方法について詳しく説明します。また、ハブ トランスポート サーバーの展開および構成方法についても説明します。レッスン
  • メッセージ トランスポートの概要
  • メッセージ トランスポートの構成
ラボ : メッセージ トランスポートの管理
  • インターネット メッセージ トランスポートの構成
  • メッセージ トランスポートのトラブルシューティング
  • インターネット メッセージの配信のトラブルシューティング
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • Exchange Server 2010 でのメッセージ トランスポートについて説明する。
  • メッセージ トランスポートを構成する。
セクション 6: メッセージング セキュリティの実装この章では、エッジ トランスポート サーバーの役割を計画および展開する方法と、展開に関連するセキュリティ上の問題について説明します。また、セキュリティで保護された SMTP メッセージングおよびドメイン セキュリティの構成方法についても説明します。レッスン
  • エッジ トランスポート サーバーの展開
  • ウイルス対策ソリューションの展開
  • スパム対策ソリューションの構成
  • セキュリティで保護された SMTP メッセージングの構成
ラボ : トランスポート サーバーと Forefront Protection 2010 の構成
  • エッジ トランスポート サーバーの構成
  • ForeFront Protection 2010 for Exchange Server の構成
  • エッジ トランスポート サーバーでのスパム対策ソリューションの構成
ラボ : スパム対策ソリューションの実装
  • エッジ トランスポート サーバーの構成
  • ForeFront Protection 2010 for Exchange Server の構成
  • エッジ トランスポート サーバーでのスパム対策ソリューションの構成
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • エッジ トランスポート サーバーを展開する。
  • ウイルス対策ソリューションを展開する。
  • スパム対策ソリューションを構成する。
  • セキュリティで保護された SMTP メッセージングを構成する。
セクション 7: 高可用性の実装この章では、Exchange Server 2010 に組み込まれている高可用性テクノロジと、高可用性ソリューションに影響を及ぼすいくつかの外的要因について説明します。レッスン
  • 高可用性オプションの概要
  • 可用性の高いメールボックス データベースの構成
  • 可用性の高いメールボックス サーバー以外のサーバーの展開
ラボ : 高可用性の実装
  • DAG の展開
  • 可用性の高いハブ トランスポート サーバーおよびクライアント アクセス サーバーの展開
  • 高可用性構成のテスト
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • 高可用性オプションについて説明する。
  • 可用性の高いメールボックス データベースを構成する。
  • 可用性の高いメールボックス サーバー以外のサーバーを展開する。
セクション 8: バックアップと回復の実装
この章では、Exchange Server 2010 に組み込まれているバックアップ機能および復元機能と、適切なバックアップ計画を作成するための考慮事項について説明します。
レッスン
  • バックアップと回復の計画
  • Exchange Server 2010 のバックアップ
  • Exchange Server 2010 の復元
ラボ : バックアップと回復の実装
  • Exchange Server 2010 のバックアップ
  • Exchange Server データの復元
  • Exchange Server の復元 (オプション)
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • バックアップと回復を計画する。
  • Exchange Server 2010 をバックアップする。
  • Exchange Server 2010 を復元する。
セクション 9: メッセージング ポリシーおよび準拠の構成この章では、Exchange Server 2010 のメッセージング ポリシー機能および準拠機能の構成方法について説明します。レッスン
  • メッセージング ポリシーおよび準拠について
  • トランスポート ルールの構成
  • ジャーナリングと複数のメールボックスの検索の構成
  • メッセージング レコード管理の構成
  • 個人用アーカイブの構成
ラボ : トランスポート ルール、ジャーナル ルール、および複数のメールボックスの検索の構成
  • トランスポート ルールの構成
  • ジャーナル ルールと複数のメールボックスの検索の構成
  • メッセージング レコード管理の構成
  • 個人用アーカイブの構成
ラボ : メッセージング レコード管理と個人用アーカイブの構成
  • トランスポート ルールの構成
  • ジャーナル ルールと複数のメールボックスの検索の構成
  • メッセージング レコード管理の構成
  • 個人用アーカイブの構成
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • メッセージング ポリシーおよび準拠について説明する。
  • トランスポート ルールを構成する。
  • ジャーナリングと複数のメールボックスの検索を構成する。
  • メッセージング レコード管理を構成する。
  • 個人用アーカイブを構成する。
セクション 10: Microsoft Exchange Server 2010 のセキュリティ保護この章では、ロール ベースのアクセス制御を使用した管理アクセス許可の構成方法と、Exchange Server 構成をセキュリティで保護する方法について説明します。レッスン
  • ロール ベースのアクセス制御の構成
  • Exchange Server 2010 のサーバーの役割のセキュリティの構成
  • セキュリティで保護されたインターネット アクセスの構成
ラボ : Exchange Server 2010 のセキュリティ保護
  • Exchange Server のアクセス許可の構成
  • Exchange Server アクセスのためのリバース プロキシの構成
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • ロール ベースのアクセス制御を使用したアクセス許可を構成する。
  • Exchange Server 2010 のサーバーの役割のセキュリティを構成する。
  • セキュリティで保護されたインターネット アクセスを構成する。
セクション 11: Microsoft Exchange Server 2010 の保守この章では、Exchange Server 2010 の監視および保守方法について説明します。また、問題が発生したときの Exchange Server のトラブルシューティングを行う方法についても説明します。レッスン
  • Exchange Server 2010 の監視
  • Exchange Server 2010 の保守
  • Exchange Server 2010 のトラブルシューティング
ラボ : Exchange Server 2010 の保守
  • Exchange Server 2010 の監視
  • データベースの可用性のトラブルシューティング
  • クライアント アクセス サーバーのトラブルシューティング
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • Exchange Server 2010 を監視する。
  • Exchange Server 2010 の保守を行う。
  • Exchange Server 2010 のトラブルシューティングを行う。
セクション 12: Exchange Server 2003 または Exchange Server 2007 から Exchange Server 2010 へのアップグレードこの章では、既存の Exchange Server 2003 または Exchange Server 2007 組織を Exchange Server 2010 組織にアップグレードする方法について説明します。また、Exchange Server 2010 の展開後に 2 つのメッセージング システムを共存させる場合のさまざまな考慮事項についても説明します。レッスン
  • Exchange Server 2010 へのアップグレードの概要
  • Exchange Server 2003 から Exchange Server 2010 へのアップグレード
  • Exchange Server 2007 から Exchange Server 2010 へのアップグレード
ラボ : (演習なし)
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • Exchange Server 2010 への一般的なアップグレード シナリオと戦略について説明する。
  • Exchange Server 2003 を Exchange Server 2010 にアップグレードする。
  • Exchange Server 2007 を Exchange Server 2010 にアップグレードする。
セクション 13: ユニファイド メッセージングの実装この付録では、ユニファイド メッセージングによって、Exchange Server とテレフォニー ネットワークが統合されるしくみを説明します。また、ユニファイド メッセージングの構成方法についても説明します。レッスン
  • テレフォニーの概要
  • ユニファイド メッセージングについて
  • ユニファイド メッセージングの構成
ラボ : ユニファイド メッセージングの実装
  • ユニファイド メッセージング機能のインストールと構成
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • テレフォニー システムについて説明する。
  • ユニファイド メッセージング機能と、Exchange Server 2010 との統合について説明する。
  • ユニファイド メッセージングを構成する。
セクション 14: Exchange Server 2010 の高度なトピック
この付録では、複数のデータ センターにまたがる可用性の高い Exchange Server 2010 展開を実装する方法の概要を示します。また、フェデレーションの共有の展開方法についても説明します。
レッスン
  • 複数サイトでの高可用性ソリューションの展開
  • フェデレーションの共有の実装
ラボ : (演習なし)
この章を修了すると、次のことを習得できます。
  • 複数サイトで高可用性ソリューションを実装する。
  • フェデレーションの共有を実装する。
Additional Reading
このクラスのための準備を行うには、次のリソースが役立ちます。
  • Microsoft Exchange Server 2010 のオンライン ヘルプ
  • 『Microsoft Exchange Server 2010 Administrator's Pocket Consultant』(William R. Stanek 著)
Prerequisites
このトレーニングに参加する受講者には、プロとしての経験に加え、以下の知識を持っていることが前提になります。
  • ドメイン ネーム システム (DNS)、ファイアウォールなどのネットワーク テクノロジに関する基本的な知識。
  • Windows Server 2003 および Microsoft Windows Server 2008 オペレーティング システムの使用経験。
  • Windows Server 2003 での Active Directory ディレクトリ サービスの使用経験または Windows Server 2008 での AD DS の使用経験。
  • Windows Server 上でのバックアップと復元の管理経験。
  • Microsoft 管理コンソール、Active Directory ユーザーとコンピューター、パフォーマンス モニター、イベント ビューアー、インターネット インフォメーション サービ¹ (IIS) 管理ツールなど、Windows 管理ツールおよび監視ツールの使用経験。
  • ネットワーク モニター、Telnet、NSLookup など、Windows のネットワーキング ツールとトラブルシューティング ツールの使用経験。
  • 証明書および公開キー基盤 (PKI) に関する基礎知識。
  • Windows Mobile® の基本的な使用経験。
Community

Looking for training resources, events and advice from peers? Join the Microsoft Training and Certification Community.

Preparing for an exam now? Find your Microsoft Certification Study Group.

Talk to us on these social networks:

Find a Microsoft Learning Partner near you