Course 23411B: Windows Server® 2012 の管理

Type: コース
Audience(s):IT Professionals
Technology:Windows Server
Level:300
This Revision:B
Delivery method:
講義形式 (教室)
Length:5 days
Language(s):Japanese, English, English

First published:

06 March 2013
Overview
About this course
この 5 日間のコースでは、Windows Server 2012 の管理方法を習得します。このコースは、現在のエンタープライズ環境に Windows Server 2012 のインフラストラクチャの主要部を実装するために必要なスキルと知識を提供する 3 つのコースから構成されるシリーズの 2 番目のコースです。3 つのコース全体で、Windows Server 2012 の環境でのサービスとインフラストラクチャの実装、管理、保守およびプロビジョニングをカバーします。これらのコースで習得するスキルや作業には多少の重複がありますが、このコースでは主に、サーバーイメージの実装、Active Directory ドメインサービス (AD DS) とグループポリシーによるユーザーとグループの管理、リモートアクセスとネットワークのポリシー、データのセキュリティ、監視と更新の管理などの Windows Server 2012 インフラストラクチャを維持するために必要な管理作業について説明します。
Audience profile
このコースは、Microsoft Certified Solutions Associate (MCSA) : Windows Server 2012 の試験「70-411 : Windows Server® 2012 の管理」と直接結びつき、準備教材となります。
この試験の詳細については、http://www.microsoft.com/learning/en/us/exam.aspx?ID=70-411 を参照してください。

このコースは、Windows Server 2008 または Windows Server 2012 環境での実務経験があり、Windows Server 2012 の環境で要求されるインフラストラクチャの保守と管理に必要なスキルと知識を得たいと考えている IT プロフェッショナルを対象としています。このコースの受講者にとって最も重要なことは、Windows Server 2012 サービスとインフラストラクチャの初期展開の範囲を拡げ、ユーザーとグループの管理、ネットワークアクセスとデータのセキュリティなどのドメインベースの Windows Server 2012 の環境を管理、保守するために必要なスキルを得ることです。

このコースは、システム管理者またはその志望者を対象としています。受講者は、Windows Server 2008 または Windows Server 2012 環境で、1 年以上の実務経験が必要です。また、このコースがベースにしている、「23410B : Windows Server® 2012 のインストールおよび構成」コースの内容と同等の知識を持っている必要があります。
At course completion
このコースにより、次のことを習得できます。
  • サーバーを展開、管理、および保守することができます。
  • ファイルと印刷サービスを構成することができます。
  • ネットワーク サービスとアクセスを構成することができます。
  • ネットワーク ポリシー サーバーのインフラストラクチャを構成することができます。
  • Active Directory® ドメイン サービス (AD DS) を構成し、管理することができます。
  • グループ ポリシーを構成し、管理することができます。
Course details
コース概要セクション 1: サーバー イメージの展開と保守この章では、Windows 展開サービスの機能を検証し、Windows 展開サービス ツールを使用して簡単な操作で展開する方法について説明します。レッスン
  • Windows 展開サービスの概要
  • Windows 展開サービスによる展開の実装
  • Windows 展開サービスの管理
ラボ : Windows 展開サービスによる Windows Server 2012 の展開
この章により、次のことを習得できます。
  • Windows 展開サービスの重要な機能を説明することができます。
  • Windows Server 2012 の Windows 展開サービスを構成することができます。
  • Windows 展開サービスによる展開をおこなうことができます。
セクション 2: DNS の構成とトラブルシューティングこの章では、Windows Server 2012 の基盤となるネーム サービスであるドメイン ネーム システム (DNS) について説明します。DNS は名前解決をおこない、DNS クライアントが Active Directory ドメイン サービス (AD DS) ドメイン コントローラー、グローバル カタログ サーバー、メッセージ サーバーなどのネットワーク サービスを特定できるようにします。DNS インフラストラクチャが適切に構成されていない、または正しく機能していない場合は、ネットワーク サーバーとクライアントは、これらの重要なネットワーク サービスにアクセスできません。そのため、この重要なサービスの展開、構成、管理およびトラブルシューティングの方法を理解することは必要不可欠です。レッスン
  • DNS サーバーの役割のインストール
  • DNS サーバーの役割の構成
  • DNS ゾーンの構成
  • DNS ゾーン転送の構成
  • DNS の管理とトラブルシューティング
ラボ : DNS の構成とトラブルシューティング
この章により、次のことを習得できます。
  • DNS サーバーの役割をインストールすることができます。
  • DNS サーバーの役割を構成することができます。
  • DNS ゾーンを作成して構成することができます。
  • ゾーン転送を構成することができます。
  • DNS の管理とトラブルシューティングをすることができます。
セクション 3: Active Directory ドメイン サービスの保守この章では、仮想化ドメイン コントローラーの複製、読み取り専用ドメイン コントローラー (RODC) 、および AD DS 環境で使用できる他の機能やツールなど、新しい機能について説明します。レッスン
  • AD DS の概要
  • 仮想化されたドメイン コントローラーの実装
  • 読み取り専用ドメイン コントローラーの実装
  • AD DS の管理
  • AD DS データベースの管理
ラボ : AD DS の保守
この章により、次のことを習得できます。
  • AD DS の一般的な構造を説明することができます。
  • 仮想化ドメイン コントローラーを実装することができます。
  • RODC を実装することができます。
  • AD DS を管理することができます。
  • AD DS データベースを管理することができます。
セクション 4: ユーザーおよびサービス アカウントの管理この章は、大規模なユーザー アカウント グループの管理方法を理解するのに役立ちます。また、環境内でアカウントに対する適切なパスワード セキュリティを提供するために利用できるオプションについて説明し、システム サービスやバックグラウンド プロセスの認証を付与するためのアカウントの構成方法を示します。レッスン
  • ユーザー アカウント管理の自動化
  • パスワード ポリシーとアカウント ロックアウト ポリシーの構成
  • 管理されたサービス アカウントの構成
ラボ : ユーザーおよびサービス アカウントの管理
この章により、次のことを習得できます。
  • ユーザー アカウントの自動作成をおこなうことができます。
  • パスワード ポリシーとアカウント ロックアウト ポリシーを構成することができます。
  • 管理されたサービス アカウントを構成することができます。
セクション 5: グループ ポリシー インフラストラクチャの実装この章では、グループ ポリシーとは何か、どのように機能するか、組織に実装する最良の方法について説明します。レッスン
  • グループ ポリシーの概要
  • GPO の実装と管理
  • グループ ポリシーのスコープとグループ ポリシーの処理
  • グループポリシーのトラブルシューティング
ラボ : グループ ポリシー インフラストラクチャの実装
この章により、次のことを習得できます。
  • グループ ポリシーについて理解することができます。
  • GPO を実装し、管理することができます。
  • グループ ポリシーのスコープを管理することができます。
  • GPO がどのように処理されるかを説明できます。
  • GPO のトラブルシューティングをおこなうことができます。
セクション 6: グループ ポリシーによるユーザー デスクトップの管理この章では、管理用テンプレートを構成する方法について説明します。レッスン
  • 管理用テンプレートの実装
  • フォルダー リダイレクトおよびスクリプトの構成
  • グループ ポリシー基本設定の構成
  • グループ ポリシーによるソフトウェアの管理
ラボ : グループ ポリシーによるユーザー デスクトップの管理
この章により、次のことを習得できます。
  • 管理用テンプレートを説明し、実装することができます。
  • GPO を使用して、フォルダー リダイレクトとスクリプトを構成することができます。
  • グループ ポリシーの基本設定を構成することができます。
  • GPO を使用して、ソフトウェアを展開することができます。
セクション 7: リモート アクセスの構成とトラブルシューティングこの章では、ネットワークを使い、リモート アクセス クライアントを構成しセキュリティで保護する方法について説明します。レッスン
  • ネットワーク アクセスの構成
  • VPN アクセスの構成
  • ネットワーク ポリシーの概要
  • ルーティングとリモート アクセスのトラブルシューティング
  • DirectAccess の構成
ラボ : リモート アクセスの構成ラボ : DirectAccess の構成
この章により、次のことを習得できます。
  • ネットワーク アクセスを構成することができます。
  • VPN ソリューションを作成し構成することができます。
  • ネットワーク ポリシーの役割を説明することができます。
  • ルーティングとリモート アクセスのトラブルシューティングをおこなうことができます。
  • DirectAccess を構成することができます。
セクション 8: ネットワーク ポリシー サーバーの役割のインストールと構成およびトラブルシューティングこの章では、NPS のインストール、構成、およびトラブルシューティングの方法について説明します。レッスン
  • ネットワーク ポリシー サーバーのインストールと構成
  • RADIUS クライアントとサーバーの構成
  • NPS の認証方法
  • NPS の監視とトラブルシューティング
ラボ : NPS のインストールと構成
この章により、次のことを習得できます。
  • NPS をインストールし、構成することができます。
  • RADIUS クライアントとサーバーを構成することができます。
  • NPS 認証方法を説明することができます。
  • NPS を監視し、トラブルシューティングすることができます。
セクション 9: ネットワーク アクセス保護の実装この章では、ネットワーク アクセス保護 (NAP) により、コンピューターがネットワークへのアクセスや通信を開始する前にコンピューターの正常性を検証するための、カスタマイズした正常性要件のポリシーを作成する方法について説明しています。レッスン
  • ネットワーク アクセス保護の概要
  • NAP 強制処理の概要
  • NAP の構成
  • NAP の監視とトラブルシューティング
ラボ : NAP の実装
この章により、次のことを習得できます。
  • NAP がどのようにネットワークを保護するかを説明することができます。
  • さまざまな NAP 強制処理について説明することができます。
  • NAP を構成することができます。
  • NAP を監視しトラブルシューティングすることができます。
セクション 10: ファイル サービスの最適化この章では、FSRM を使用して、記憶域ボリュームおよびスクリーン ファイル、スクリーン フォルダーにクォータを設置する方法について説明します。また、包括的な記憶域レポートを生成し、ファイル分類インフラストラクチャを管理したり、ファイル管理タスクを使用してファイルのセット上でスケジュールされたアクションを実行する方法について説明します。レッスン
  • ファイル サーバー リソース マネージャー の概要
  • FSRM によるクォータ、ファイル スクリーン、記憶域レポートの管理
  • 分類およびファイル管理タスクの実装
  • 分散ファイル システムの概要
  • DFS 名前空間の構成
  • DFS-R の構成とトラブルシューティング
ラボ : FSRM によるクォータおよびファイル スクリーンの構成ラボ : DFS の実装
この章により、次のことを習得できます。
  • FSRM を説明することができます。
  • FSRM を使用して、クォータおよびファイル スクリーン、記憶域レポートを管理することができます。
  • 分類およびファイル管理タスクを実装することができます。
  • DFS を説明することができます。
  • DFS 名前空間を構成することができます。
  • DFS レプリケーション の構成とトラブルシューティングをおこなうことができます。
セクション 11: 暗号化と詳細な監査の構成この章では、サーバー上のファイル システムのセキュリティ強化に役立つ Windows Server 2012 のツールについて説明します。レッスン
  • 暗号化ファイル システムによるファイルの暗号化
  • 詳細な監査の構成
ラボ : 暗号化と詳細な監査の構成
この章により、次のことを習得できます。
  • EFS を使用してファイルを暗号化することができます。
  • 詳細な監査を構成することができます。
セクション 12: 更新管理の実装この章では、WSUS サーバーの役割の主な機能について説明します。レッスン
  • Windows Server Update Services の概要
  • WSUS による更新の展開
ラボ : 更新管理の実装
この章により、次のことを習得できます。
  • WSUS の役割を説明することができます。
  • WSUS で更新プログラムを展開することができます。
セクション 13: Windows Server 2012 の監視
この章では、パフォーマンス監視ツールを使用して、追加のチューニングおよびトラブルシューティングを必要とするコンポーネントを特定し、サーバーの効率を向上させる方法について説明します。
レッスン
  • 監視ツール
  • パフォーマンス モニターの使用
  • イベント ログの監視
ラボ : Windows Server 2012 の監視
この章により、次のことを習得できます。
  • Windows Server 2012 のパフォーマンス監視ツールについて説明することができます。
  • パフォーマンス モニターを使用することで、サーバーで稼働するプログラムのパフォーマンス統計情報の表示と分析をおこなうことができます。
  • イベント ログを監視し、発生したイベントの表示と解釈をおこなうことができます。
Prerequisites
受講者は次の前提条件を満たす必要があります。
・Windows Server 2008 または Windows Server 2012 環境での実務経験が必要です。
・Active Directory とネットワーク インフラストラクチャに関する理解と知識が必要です。
・このコースがベースにしている「23410B : Windows Server® 2012 のインストールおよび構成」コースの内容と同等の知識を持っている必要があります。
Community

Looking for training resources, events and advice from peers? Join the Microsoft Training and Certification Community.

Preparing for an exam now? Find your Microsoft Certification Study Group.

Talk to us on these social networks:

Find a Microsoft Learning Partner near you