Course 50287A: マイクロソフト仮想化技術概要 (Version 2)

Type: Course
Audience(s):IT Professionals
Technology:Windows Server
Level:200
This Revision:A
Delivery method:
Intructor-led (classroom)
Length:1 day
Language(s):Japanese

First published:

01 September 2010
Overview
About this course
Course retirement date: November 30, 2012
For a complete list of courseware retirements, see:
www.microsoft.com/learning/en/us/training/retired-courseware.aspx
 
本コースの標準実施時間は、約 3 時間半です。
このコースでは、マイクロソフト技術によるサーバー仮想化機能に概要について紹介します。本コースを修了することで、サーバー仮想化が効果的な状況を識別し、必要なハードウェアとソフトウェアを選定できるようになります。
Audience profile
このコースはサーバー仮想化に興味のあるエンジニア、営業担当者、ビジネスマネージャを対象としています。
At course completion
このコースを修了すると、次のことを習得できます。・サーバー仮想化の利点と制約を識別する。・効果的なサーバー仮想化インフラを計画する。・サーバー仮想化インフラを効率よく管理するための製品を識別する。
Course details
コース概要セクション 1: サーバー仮想化を巡る現状レッスン
  • 仮想化の要求
  • 仮想化の利点
  • サーバー仮想化の問題点と解決策
  • サーバー仮想化の利用分野
セクション 2: サーバー仮想化を支える技術レッスン
  • CPU の仮想サーバー支援機能
  • 高速ストレージ
  • フェールオーバー クラスタ
セクション 3: マイクロソフトの仮想化製品概要レッスン
  • サーバー仮想化のアーキテクチャ
  • サーバー仮想化: Virtual Server と Hyper-V
  • デスクトップ仮想化
  • プレゼンテーション仮想化
  • アプリケーション仮想化: Application Virtualization
セクション 4: サーバー仮想化を支える製品レッスン
  • System Center ファミリ
  • System Center Virtual Machine Manager (SCVMM)
  • System Center Operations Manager (SCOM)
  • System Center Configuration Manager (SCCM)
  • System Center Data Protection Manager (DPM)
Prerequisites
このコースの受講者は、次の前提条件を満たしている必要があります。
  • Windows Server 2008 R2 のインストールと構成に関する基本的な知識がある。
  • Active Directory ドメインに関する基本的な知識がある。
Community

Looking for training resources, events and advice from peers? Join the Microsoft Training and Certification Community.

Preparing for an exam now? Find your Microsoft Certification Study Group.

Talk to us on these social networks:

Find a Microsoft Learning Partner near you