Course 50589A: Visual Studio 2010 による C# プログラミング

Type: Course
Audience(s):IT Professionals
Technology:Visual Studio
Level:200
This Revision:A
Delivery method:
Instructor-led (classroom)
Length:3 days
Language(s):Japanese

First published:

04 January 2012
Overview
About this course
Course retirement date: November 30, 2012
For a complete list of courseware retirements, see:
www.microsoft.com/learning/en/us/training/retired-courseware.aspx
 
このコースはMicrosoft Visual Studio 2010 を使用して、C# を使用した開発に必要な知識とスキルを習得します。基本文法、オブジェクト指向プログラミングの学習とWindowsアプリケーションの作成を行います。
Audience profile
・C# でアプリケーションを開発される方
・.NETプラットフォームでシステムを開発される方
At course completion
● Microsoft Visual Studio 2010 を使用したアプリケーション開発をする
● C# プログラミング言語の基本文法を記述する
● 基本的なオブジェクト指向プログラミングの理解をする
● 簡単なGUIプログラミングを作成する
Course details
コース概要セクション 1: .NET プラットフォームとVisual Studio 2010 の紹介レッスン
  • .NET と.NET Framework の紹介
  • Visual Studio 2010 について
  • Windows アプリケーションのプロジェクトの作成
ラボ : 基本的なWindowsアプリケーションの作成セクション 2: C# 言語の基礎知識レッスン
  • C# プログラムの基礎知識
  • C# の定義済みの型の使用
  • 式の記述
  • 条件ステートメントの作成
  • 繰り返しステートメントの作成
  • 配列の作成
ラボ : 預金額計算アプリケーションの記述セクション 3: C# でのオブジェクトの作成レッスン
  • クラスの定義
  • メソッドの宣言
  • コンストラクターの使用
  • 静的クラス メンバーの使用
ラボ : 銀行口座オブジェクトの作成セクション 4: C# でのオブジェクト指向プログラミング技法の実装レッスン
  • オブジェクトのデザイン
  • 継承の使用
  • ポリモーフィズムの使用
  • インターフェイスの使用
ラボ : 銀行口座オブジェクトの作成セクション 5: C# での .NET Frameworkを利用したアプリケーションの構築レッスン
  • .NET Framework クラスライブラリの確認
  • コレクションの使用
  • ジェネリック コレクションの使用
  • 例外処理の使用
  • 文字列と数値の書式指定
  • ストリームとファイルの使用
ラボ : ジェネリック コレクションの使用セクション 6: Windows ベースのアプリケーションの作成レッスン
  • デリゲートとイベントの使用
  • Windows フォーム アプリケーションの作成
  • フォーム メニューの作成
  • コモン ダイアログ ボックスの作成
  • ツール バーの作成
  • ステータス バーの作成
ラボ : Windowsアプリケーションの作成
Prerequisites
● オペレーティングシステムの基本的な操作ができる
● 構造化プログラミングの基本を理解している
● 3か月以上のアプリケーション開発経験がある
Community

Looking for training resources, events and advice from peers? Join the Microsoft Training and Certification Community.

Preparing for an exam now? Find your Microsoft Certification Study Group.

Talk to us on these social networks:

Find a Microsoft Learning Partner near you