エムティーアイのデータ基盤構築にみる、これからのサービス プラットフォームの在り方

SIZE:

Large

(1,000 - 9,999 employees)

INDUSTRY:

Professional Services

LOCATION:

Asia/Japan

PRODUCTS AND SERVICES:

社会のニーズは常に変化しています。昨日まで求められなかったものが明日からは必要になる――その時に事業を対応させられるかどうかが、企業の行く末を左右することになるのです。いつ、どんなものが新たな価値になるのか。これを正確に予測することは困難です。ただ、事業の対応力を高めることはできます。一例を挙げましょう。社会で今稼働しているシステムは、多くがサービスごとにデータベースを用意しています。この "1 対 1" の関係を "1 対多" にするだけでも、先述した対応力を劇的に変えられるのです。高い技術力を武器に数々の高品質なサービスを展開するエムティーアイは、2019 年 6 月、Azure Databricks、Azure Data Factory、Azure Cosmos DBを 利用して、気象情報を集約したデータ基盤を構築。気象情報を複数サービスが利用できる環境を用意しました。同社の提供するヘルスケアサービスや観光情報サービスは単体でも高い魅力を持ちますが、気象情報と組み合わせればいっそうその価値を高めることができます。to C 向けの既存サービスだけでなく、新規事業や顧客からの要望で気象情報が必要になる場合であっても、即座に応えることが可能。この取り組みは、エムティーアイという企業の対応力を一層引き上げることに繋がっています。

PRODUCTS AND SERVICES:

Downloads

Share story

Office 365

Are you ready to achieve your goals?

Get the Office you know, plus tools to help you work better together, so you can get more done—anytime, anywhere.