「復興の終わり」は「地域づくりの始まり」。7 年間の見回り・見守りで積み重ねた「信頼」と、地域内の「気づき」を、今後の活動にまで活かせるように Dynamics 365 を活用

SIZE:

Medium

(50 - 999 employees)

INDUSTRY:

Nonprofit

LOCATION:

Asia/Japan

PRODUCTS AND SERVICES:

2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災において、大規模な津波の被害に遭った岩手県釜石市では、行政と民間が親密に協働・連携して、大いなる困難を乗り越えてきました。2004 年から釜石市で活動を続けてきた特定非営利活動法人 @リアスNPOサポートセンターも、復興支援に尽力するパートナーとして被災直後の 3 月 20 日から活動を再開。2012 年 2 月からは、仮設住宅団地の生活を守るゲートキーパーとなる「生活再建移行期被災者支援連絡員事業」を市から委託され、避難生活を送る人々の見回り・見守りを行ってきました。そして 2015 年。それまでの見回り・見守り事業における教訓を活かし、有用なデータの蓄積と活用に向けて Microsoft Dynamics 365 for Sales を導入。業務の効率化を実現すると共に、「復興」の先にある「地域づくり」にまでつながる、大きな可能性を手にしています。

Office 365

Are you ready to achieve your goals?

Get the Office you know, plus tools to help you work better together, so you can get more done—anytime, anywhere.