Free
Overview System Requirements Related

Description

(1)VFS/10とはなんですか?  Virtual Family Systemとは、デスクトップに仮想的な「家族の部屋」を作り、毎日その家族と一緒に暮らすことができるというアプリケーションです。  VFSの前作であり、DOS版として1993年に初めて登場した「VSS」の大好評を受け、Windows3.1用に「S/VSS」、さらにその後32ビットWindows用として「S/VFS」と、バージョンアップを重ねてきました。  S/VFSの売りは、「ストーリー性」「家族愛」、そして「ほっとするひととき」でしたが、内容をより洗練し、一からプログラムを組みなおして、今回再登場です!! (2)VFS/10を始めましょう  はじめてVFS/10を起動したときは、まず必要なデータを登録する作業があります。  まず、あなたの名前、年齢、誕生日、そして性別を登録してください。入力する年齢は、その後のストーリー進行に大きくかかわります。  そして、いっしょに住みたい「家族」を選択してください。一人だけ選ぶことも出来ますし、複数の家族を一度に選ぶことも出来ます。  その後、「家族の設定」タブで、それぞれの家族があなたのことを何と呼ぶのか、さらになんと呼ばれたいのか、を設定することができます。  そのほか、オプションの設定もできますが、その説明は後ほど行います。  とりあえずここまでで「OK」ボタンを押すと、いよいよ、VFS/10の世界が始まります。 (3)部屋を覗いてみましょう  VFS/10がスタートすると、画面に各家族のアイコンと、VFS/10の世界のカレンダーを表示するメインウィンドウがあらわれます。各アイコンは、それぞれの家族の部屋のドアだと思ってください。  そのドアの一つをクリックしてみましょう。大きなウィンドウが開きます。  ドアをクリックする、ということは「部屋をそっと覗いてみる」という行為になります。  現れた大きなウィンドウには、ドアの向こうの様子が表示されます。  このウィンドウを、「メッセージウィンドウ」と呼びます。  ほかの部屋を覗きに行くときは、「ドアを閉める」ボタンを押してください。  一定時間(規定では10分)経過すると、VFS/10の世界では日付が変わります。  日付がかわると、家族の行動が変わります。その日付に「特別な意味」があれば、特別な行動になります。ぜひ、毎日毎日家族とのコミュニケーションを楽しんでください。 (4)最後に  すでに前のバージョンのVSSや、VFSをお楽しみいただいているみなさんは、VFS/10が単にWindows10に移植されただけではない、ということをきっと実感されることでしょう。  これまでのバージョン同様、笑えるイベントもたくさん織り込みましたが、きっと、ホロリと涙する機会もきっとあるでしょう。  そして重要な情報をひとつ。  「春は別れと出会いの季節。    ある年の春、何もかわらない、と思っていた生活に、何かが起こるかもしれません。」 ★★★Virtual Family System(VFS)のバージョンアップ履歴★★★ 1.DOS版「VSS」「VBS」(1993)  MS-DOS汎用のプログラムとして、ANSoftが1993年11月に開発されました。  VSSは「Virtual Sister System」の略で、その名が示す通り、パソコンの中に「仮想的な姉(妹)」を作り、毎日生態を覗き見しよう!というある意味画期的なシステムでした。  VSSは、「AUTOEXEC.BAT」(MS-DOS起動時に自動実行されるファイル)で起動をしました。  つまり、毎回、パソコンを立ちあげるたびに「自動的に」姉(妹)の部屋を覗き見する感覚が味わえるため、VSSは各ネットで爆発的な人気を得ました。  その後何名かの女性ユーザの要望に応え、「Virtual Brother System」=「VBS」という、「女の子向け」VSSも作成されました。  また、熱烈なユーザから「こんなイベントも入れてほしい!」という「投稿作品」を盛り込んだ「External/VSS」という作品もありました。 2.「VSS/Win」(1994)  このころ、世間では次第に「Windows」が広まってくるようになりました(もちろん16ビット)。1994年に、ANSoftと協力関係にある開発グループ「ATS」が、VSSをWindows3.0で動作するようにしたものを開発しました(私も知らないところで。突然のことだったのでびっくりしました(笑))。  この作品が、次のS/VSSを生み出すアイディアに結びつきました。 3.「S/VSS」(1994)  ANSoftは1994年にVSSを一年ぶりに大幅に改良し、機能を拡張してWindowsのアプリケーション、「S/VSS」(Super/VSS)として生まれ変わらせました。  DOS版のVSSと大きく異なる点は、主に次の3点でした。  ・一度に4人姉妹(兄弟)まで同時に家族にでき、常駐!  ・家族の成長に伴い、ストーリーが変わる!  ・マルチメディア対応!  DOS版VSSをお楽しみいただいていた皆さんにも、初めてVSSの世界にいらした皆さんにも、大人気となり、その後インターネットでの配布でも、常に注文数の上位を占めました。 4.「S/VFS」(1996)  1996年。時代は確実に32ビットOSに移行していました。ANSoftでは、「S/VSS」を32ビットOSであるWindows95やWindowsNTで動作するように、バージョンアップをすることにしました。  ただ、何の変更もなく移植するのではつまらないと考え、以下の変更を施しました。  ・兄弟姉妹のほかに、親類(父母ではない)を追加しました。これにより、最大6人まで家族が同時に常駐するようになりました。  ・ポップアップメニューを採用し、画面をすっきりさせました。  ・「真のエンディング」を設けました。  ・女性の方にも楽しんでいただけるように、別データを用意しました。(別途配布;S/VFS/for Girls)  兄弟姉妹だけではなく、ほかの「家族」が登場したことにより、「VSS」の2番目の「S」、つまり「Sister」が「Family」に変更され、名称は「Super/Virtual Family System」となりました。  その後、Windows2000対応が施され、爆発的にユーザ数が増加しました。  ANSoft「総合発送数」ランキングでは並み居る競合を退け、堂々10位にまでのし上がりました。 5.「VFS/7」(2009)  2009年。時代はWindows7。  さすがに前のバージョン(2000対応版)から10年近くたっていると、人気のVFSも内容に陳腐化が目立つようになっていました。そこで2009年はANSoftの活動開始25周年イヤーであることもあり、思い切ってVFSを「.netベース」にスクラッチ移植することにしました。  スクラッチ移植ですから、もう好き勝手、やり放題です(笑)  インタフェースはもちろん、動作アルゴリズムも見直しが図られ、今回のお披露目にいたりました。  ただし、VSSから脈々と受け継がれた「家族愛」の部分(イベント)はもちろんそのまま。  また、これまで別々だった「男の子用」「女の子用」両VFSを統合し、誰でも楽しめるようになりました。 6.「VFS/10」(2020)  そして今回、内容を大幅に見直し、令和のVFSが登場です。

Screenshots

Additional information

Published by

エイエヌソフト 永田氏

Copyright

ANSoft(C)1993/2009/2020

Developed by

http://ansoft1984.com/

Release date

6/17/2020

Approximate size

9.45 MB

Age rating

For all ages

Category

Entertainment

This app can

Access all your files, peripheral devices, apps, programs and registry
Microsoft.storeFilter.core.notSupported_8wekyb3d8bbwe

Installation

Get this app while signed in to your Microsoft account and install on up to ten Windows 10 devices.

Language supported

日本語 (日本)




Report this product

Sign in to report this app to Microsoft