課題

大気汚染は、今日の環境衛生における最大の脅威です。死亡者数は年間 700 万人にも上り、世界経済は年間 5 兆米ドルの支出を強いられています。 大気質データは、限られた数の観測ステーションからのみ取得できます。観測ステーションは大型で範囲が限定されており、通常リアルタイムでデータを送信することができません。 これらのパブリック データ ソースから洞察を引き出すのは、困難を伴います。機器のコストが高く、利害関係者間でデータを分析できず、データ解析のコンテキストが限られているからです。

ソリューション

Breeze Technologies はすべての一般的な大気汚染物質を検出する、独自の低コスト大気質センサーを配備します。 センサーは大気質データをリアルタイムで収集し、それを Microsoft Azure に送信します。そこでは AI およびトレーニングされた機械学習アルゴリズムが、ハイパーローカルな大気質マップを作成します。 センサーは、クラウド キャリブレーション テクノロジを使用して 30 秒ごとに再キャリブレーションし、非常に正確なデータを生成します。 ローカライズされたマップを使用して、大気質の課題を 3,500 を超える一連の空気清浄アクションと照合します。 AI は最も効率的な対策を推奨し、潜在的に空気清浄アクション プランの有効性を 10 倍に引き上げます。

Breeze Technologies の Azure の活用方法

山脈にかかる虹。

Breeze は大気質の理解と改善をサポート

レンガの壁に取り付けられた Breeze Technologies の大気センサー デバイス。