課題

自然保護活動家および土地所有者は、管理目標をサポートする意思決定と理解のために、森林資源を調査する必要があります。 このデータは、気候変動が持続可能な土地慣行に与える影響を判断し、種の生息をサポートまたは改善し、より持続可能な木材収穫を促進するのに役立ちます。 しかし、森林資源調査には多大な労力がかかります。 森林監督官は、何千エーカーにもわたって生息する木を手作業で数えなければなりません。これは、時間とコストがかかり、時には信頼性の低いプロセスです。

ソリューション

SilviaTerra は、衛星画像と機械学習を組み合わせてデータの精度と品質を向上させながら、手作業のフィールドワークを削減することで、森林資源調査の実行方法に大変革をもたらしています。 Microsoft Azure を活用している SilviaTerra は、高解像度の衛星画像を収集し、それを既存のフィールド データと組み合わせて、15 m の解像度で森林の詳細なマップを作成します。 自然保護活動家、政府、土地所有者は、これらのマップを使用して森林を評価し、従来の森林資源調査にかかる時間とコストの数分の一で、持続可能な管理計画を策定できます。

山林地域

SilviaTerra は AI を活用して森林を調査

陽だまりの立ち木