課題

アフリカの小規模農家の 96% (人口の 60%) は、農業で灌漑を利用せず雨に頼っています。 しかし、アフリカの降雨量は 1970 年代から毎年 100 mm 以上減少しており、農家はいつどのように農業を行うかについて極めて正確でなければなりません。 農家は従来の天気予報に頼りながら植栽、施肥、収穫を行っていますが、天気予報がカバーするエリアは、農家が耕作する小さな土地に対してあまりにも広すぎます。 その結果、これらの収穫量は世界平均を下回ることがよくあります。 さらに、農家は通常、家庭用品および農業用品に対して 20〜30% 過剰に支払っており、このことが利益の最大化と生計の維持に影響を与えています。

ソリューション

SunCulture は、インテリジェントなハードウェア、IoT、ビッグ データ、ニューラル ネットワークを組み合わせて、農家が精密農業を実践できるように支援します。 AgOptimized アプリは、地面の土壌センサー、ローカルおよび METAR 気象ステーション、気象衛星から、土壌や気象についてのデータを収集します。 AgOptimized はデータを Azure IoT Hub にアップロードし、機械学習を使用して、過去の気候モデルに照らして分析します。 このアプリは、農地区画における詳細な予測に加え、低コストで収穫量を最大化するための植栽、灌漑、施肥、害虫駆除に関する推奨事項を農家に提供します。 また農家は、アプリのマーケットプレイスを通じて SunCulture パートナーへ農業用品を注文することもできます。このマーケットプレイスでは適正な価格で商品が販売され、農家を経済的にサポートする融資オプションも提供します。

SunCulture の Azure の活用方法

SunCulture は、以下の Azure サービスを使用しています。

  • Azure Event Hubs および IoT Hub により、AgOptimized の気象、灌漑、肥料、害虫センサーからの IoT 時系列データを取り込み表示できます。
  • Azure GPU の最適化された VM は、小規模農家が灌漑、施肥、害虫駆除、病気の管理を最適化するのに役立つセンサー データのディープ ラーニング モデルをトレーニングします。
  • Azure Blob Storage は、IoT センサー データと天気予報データを保存します。
ホースで作物に水を撒く農業従事者。

SunCulture が AI を使用して小規模農家を支援

新芽の横の土壌に設置された SunCulture センサー。