ニーズ

Accidental Suffocation and Strangulation in Bed (ASSB: ベッドでの偶発的な窒息と絞殺) は、新生児の重大な死因です。 ベビー モニターは、状況やデータに対応したり、赤ちゃんに ASSB のリスクがある場合に保護者へ予防的に警告したりするのに十分なほどスマートである必要があります。

アイデア

スマート ベビー モニターは、AI を使用して、乳児とその周辺の状況を見守ります。 システムは常時オンで、継続的に監視し、保護者に警告します。 デバイスは非侵入型で、物理的な制限なしに外部から監視します。

ソリューション

Angel Eyes は、温度と湿度のカメラおよびセンサーに Microsoft Azure を使用しています。 室温が高い、ベビー ベッド内に物体がある、または赤ちゃんの位置が危険などのリスクを検出すると、保護者に措置を講じるよう警告します。

Angel Eyes に関する技術的な詳細

Accidental Suffocation and Strangulation in Bed (ASSB: 偶発的な窒息とベッドでの絞殺) は、乳児の重大な死因です。ASSB の 85% 以上は生後 6 か月までの間に起こります。 低出生体重児は、ABBS と SIDS のリスクが高くなります。 2016 年に米国で ASSB により死亡した赤ちゃんは 900 人いたと報告されています。 多様な状況に適応したり、さまざまなシナリオやデータ ポイントに対応したり、適切な修正措置を講じたりできるようにするためには、早急に従来型のベビー モニターをスマート モニターに改良する必要があります。

調査では、スマート モニタリング システムの主要な要件がいくつか特定されています。

  1. Always On: 赤ちゃんとその周囲の状態を継続的に監視します。
  2. 予防的: 周囲の状況が変化した場合には、何かが起こる前に保護者へ通知します。
  3. 非侵入的: 乳児の環境を邪魔することなく外部から観察することにより、乳児に限りなく自由な環境を与えることができます。

Angel Eyes は、近年におけるディープ ラーニングの進歩を生かし、市場に出回っているベビー モニター カメラの先を行くような、安全かつ非侵入的な方法で乳児を監視するために作成されました。 Angel Eyes は、邪魔にならない安全で効率的な監視システムです。環境や乳児の体位が変化したときに、保護者へ予防的に警告します。

システムの主要コンポーネントには Microsoft Azure と Raspberry PI デバイス、Pi-Camera、DHT11 温度および湿度センサーを使用しており、Microsoft Azure スタックを利用して保護者に伝達情報を返します。 この方法は、複数のユース ケースを解決するのに役立ちます:

a. 乳児が仰向けに寝ていて物体が検出されない場合、安全を示すライトが見えます。
b. Angel Eyes は、乳児が横向きになったり、オブジェクトがベビー ベッドにあることを視覚的に検出すると、保護者に警告を送信します。
c. Angel Eyes の環境センサーが室温が高いことを検出すると、保護者に警告が送信され、修正措置を講じるよう通知します。

リソース:

Angel Eyes に関連するプロジェクト

社会のための AI のプロジェクトをもっと見る

AI の可能性を探る

Microsoft AI の学習リソースと開発ソリューションで、独自の AI イノベーションをすぐに始めることができます。