ニーズ

クリケットは、世界中に熱心なファンがいる、伝統あるスポーツです。 クリケットへの関心が高まる中、プロやアマチュアはプレーの質を向上させる方法を模索しています。

アイデア

選手は、プレーの質を向上させるために、データに基づく支援を求めています。 Spektacom は、クリケットのバッドにセンサー テクノロジを使用して獲得した実際のプレーからのデータを活用し、クラウド駆動のデータ分析、機械学習、AI から洞察を作成します。

ソリューション

シール式センサーは、ワイヤレス センサー テクノロジとクラウド分析を通じてデータを取り込み、影響特性を分析します。 データは Azure で開発された AI モデルで分析され、エッジに転送して継続的なフィードバックを行います。

Spektacom に関する技術的な詳細

Power Bats は革新的なシール式センサーを使用し、ワイヤレス センサー テクノロジとクラウド分析を通じてデータを取り込み衝撃特性を分析することで、選手のショットの質を測定します。 このユニークで邪魔にならないセンサーの重量は 5 グラム未満で、バットの裏に貼付可能です。 パフォーマンス統計は、データに基づいたフィードバックを選手やコーチに返すために使用されます。

Power Bats からのデータは、Azure で開発された強力な AI モデルで分析され、エッジに転送して選手に対し継続的にフィードバックを行います。 プロの試合では、シール式センサーは Bluetooth Low Energy (BLE) を使用して、ウィケットの裏に埋め込まれた Stump ボックスと呼ばれるエッジ デバイスと通信します。 Stump ボックスからのデータは Azure に転送されて分析され、ショットの特性はリアルタイムで放送事業者と共有されます。

クリケット スタジアムには無線アクセスの制限と厳しいセキュリティ要件があることを考慮して、バットとエッジ デバイス、Azure 間の安全な通信を確保するために、Stump ボックスには Microsoft Azure Sphere ベースのハードウェア プラットフォームが搭載されています。

アマチュア選手の場合、スマート バットは Spektacom モバイル アプリとペアになり、シール式センサーからのデータを Azure に転送して分析します。 このソリューションは、Azure Sphere (Stump ボックス)、Azure IoT Hub、Azure Event Hub、Azure Functions、Azure Cosmos DB、Azure ML 2.0 によって駆動されています。

リソース:

Spektacom に関連するプロジェクト

ビジネス シナリオのプロジェクトをもっと見る

AI の可能性を探る

Microsoft AI の学習リソースと開発ソリューションで、独自の AI イノベーションをすぐに始めることができます。