BRIDGESTONE is NOW ON Azure

BRIDGESTONE is NOW ON Azure

ブリヂストンのデジタル ソリューション戦略
「つながるタイヤ」の実現でモビリティの未来をつくる

 

乗用車から、トラック・バス、鉱山でのダンプ、飛行機までモビリティのインフラをタイヤで支えてきたブリヂストン。
現在、タイヤに関する全ての情報を「いつでもどこでも」管理し、リアルタイムに対応できるデジタル ツールをリリース。世界中に拡大しています。
「より安全で、品質が高く、地球にも優しい。」そんな未来を目指し、ブリヂストンは今、タイヤとデジタルをつなぐことでモビリティの進化に取り組んでいます。

ブリヂストンについて

 

ブリヂストンは、世界 150 カ国以上に販売網を持つ、世界最大のタイヤ・ゴム会社です。
世界中にいる従業員は、14 万人以上。売上は 3 兆円を超え、タイヤ生産ゴム量は、180 万トンに達します。
※ 2016 年実績より。

 

世界地図とタイヤのイラスト

世界地図とタイヤのイラスト

販売網 世界 150 カ国以上

従業員14 万人以上

売上3 兆円以上

ブリヂストンが目指すのは

 

タイヤ業界をグローバルに牽引する存在となったブリヂストン。
人々がより快適に移動し、生活し、働き、そして楽しむことで、経済発展が進む、そんな新しいモビリティ社会を目指して、
ブリヂストンは、独自の技術活用による「安全・安心」な人や物の移動を支えるとともに、
お客様視点に立ったイノベーションと改善を通じてより魅力的な「品質」を提供しています。
また、再生タイヤ利用による原材料・廃棄量の削減や低燃費タイヤによる CO2 削減など、「環境」負荷低減にも努めています。

 

この「安全」「品質」「環境」の 3 つの軸をさらに進化・拡大するため、

世界最大のタイヤ・ゴム メーカーならではの独自技術×デジタルを推進しています。

 

タイヤ ライフサイクルのすべてに

 

タイヤの一生に寄り添うブリヂストン。
タイヤを使い、リペアやリトレッドし、最終的に廃棄するまでの全てのタイヤ データをクラウドや IoT を活用して高い精度でリアルタイムに把握する事で、
パンクや事故といった運行トラブルを事前に防止、安全性を高めるとともに、リトレッドタイヤのさらなる活用により地球環境にも優しい仕組みを構築しています。
また、一連のサイクル全てで取れる膨大なデータを蓄積、分析することで、新しいタイヤを企画・開発する源泉としています。

 

駐車・点検で

【ToolBox】

 

お客様とタイヤの基本情報、装着タイヤ情報、タイヤ点検結果、テスト タイヤ等の
タイヤに関する情報を管理するデジタル プラットフォーム。
世界 80 カ国以上で使用。

駐車・点検でAzureを活用しているイメージイラスト

駐車・点検でAzureを活用しているイメージイラスト

走行中で

【Tirematics】

 

タイヤ リアルタイム遠隔モニタリング システム。
センサーを用いて、トラック・バスなどのタイヤの空気圧、温度を計測し、
車両位置情報とともにタイヤの状態をモニタリングする IT システム。

車両位置情報とともにタイヤの状態をモニタリングしているイメージイラスト

車両位置情報とともにタイヤの状態をモニタリングしているイメージイラスト

修理・リトレッドで

【BASys】

 

リトレッドタイヤの製造、品質、在庫管理システム。
リトレッドタイヤは、使用済みのタイヤのトレッド部分(外表面)を
新たなゴムに取り換え、再使用できるようにしたタイヤのこと。

リトレッドタイヤの製造、品質、在庫管理システムのイメージイラスト

リトレッドタイヤの製造、品質、在庫管理システムのイメージイラスト

Azure

Azure

Azure 導入の背景

 

ブリヂストンは、単にタイヤを製造・販売する企業から、
デジタルを活用したソリューションを提供する企業へ変貌することで、
より安全で快適な移動を支えるモビリティの進化へ貢献していきます。

Bridgestone Azure

Bridgestone Azure