OLYMPUS is NOW ON Azure

OLYMPUS is NOW ON Azure

AI・ICT 技術の応用で医療品質の向上に貢献
オリンパスが目指す未来とは?

 

医療・科学・映像事業を持つオリンパスは、2019 年に創立 100 年を迎える精密機器メーカーです。

なかでも、オリンパスの売り上げの 70 %以上を支える医療事業は、医療品質の向上や患者様への負担軽減など、
新たな医療支援を実現するため、デジタルトランスフォーメーションを推進しています。

全体70%の円グラフのイラスト

全体70%の円グラフのイラスト

オリンパスの売り上げの

70 %以上が医療事業

Azureを活用した医療支援のイメージイラスト

Azureを活用した医療支援のイメージイラスト

2019 年、創立 100 年を迎える

オリンパスが目指す未来

オリンパスが目指す医療機器の進化

 

ロボティック技術の応用による内視鏡医療の進化

 

・手術支援ロボットによる、内視鏡先端の精密な動作の実現

・処置具の多関節化の実現による、操作性の向上

・内視鏡治療における操作性の向上により、医療品質の向上に貢献


医療機器の使用状況データを蓄積・解析

 

・内視鏡などの医療機器の使用状況データを蓄積、解析

・膨大な機器データにより得られた知見に基づき、ICT を活用した医療支援の実現

・機器の安全使用、効率使用の支援により、患者様への提供価値を最大化

医療機器の使用状況データを蓄積・解析のイメージイラスト

医療機器の使用状況データを蓄積・解析のイメージイラスト

医療品質向上への貢献を目指して

 

・オリンパスは、診断支援や機器の洗浄作業の効率化、
・さらには機器データ分析によるトレーニング支援にも寄与することを目指しています。
・今後も Azure を活用し、医療現場の品質向上に貢献することを目指します。

OLYMPUS Azureのイメージイラスト

OLYMPUS Azureのイメージイラスト

「本情報には、医薬品医療機器等法未承認品(開発中のものも含む)に関する情報が含まれていますが、その内容は宣伝広告、医学的アドバイスを目的としているものではありません。
また、あくまでもオリンパス社の技術開発の一例としてご紹介するものであり、将来の販売を約束するものではありません。」