対象者: 企業、団体のビジネス意志決定者の方

10:00-12:00

2020 年からのセキュリティ 
~マイクロソフトの考えるデータファースト、デジタルガバメント~

概要: 政府 CIO が掲げる「デジタル ガバメント実現のためのグランド デザイン」では、データファーストや API の官民共同利用、クラウドを活用したモダンな IT 環境の構築などについて積極的に取り組んでいます。これに対するマイクロソフトの考えやセキュリティ基盤のあり方について解説します。
登壇者: 日本マイクロソフト株式会社 技術統括室 チーフ セキュリティ オフィサー
河野 省二​

基調講演 1: Society 5.0 に向け取り組むべきサイバー セキュリティ対策
概要: 2020年を迎え、サイバーセキュリティ対策の官民連携した取り組みはよりいっそう必要になってきています。Society5.0に向けた、NISCの取組と今後について紹介します。
登壇者: 内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター 山内 智生 様 

お客様事例: 情報セキュリティが健全に機能するために必要なこと
登壇者: 株式会社資生堂 情報セキュリティ部長 (CISO)
斉藤 宗一郎 様

基調講演 2: DX 時代における DX-Ready の考え方と Security-Ready に向けた取り組み 
概要: デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるためには、企業のデータ利活用によるビジネス創出がかかせませんが、それに伴い、サイバー セキュリティや個人情報保護に対する実務ニーズも進化しています。本セッションでは経団連で取組んでいる DX と、これからの社会全体に必要なセキュリティのあり方について考察します。
登壇者: 日本経済団体連合会 デジタルエコノミー推進委員会 企画部会長 浦川 伸一 様

パネル ディスカッション: データ駆動型社会(Data Driven Society)パーソナルデータの保護と利活用~トラストの実現に向けて~ 
概要: データ駆動型社会を迎える中、パーソナル データの利活用を巡る様々な社会的課題に対処することの重要性はいうまでもありません。本セッションでは、人間中心の Society5.0 を目指すために、パーソナルデータの利活用に際してトラストを実現・維持すること、アカウンタビリティを保障することに向けて取り組むべき方策についてディスカッションします。
登壇者: 中央大学 国際情報学部教授  石井 夏生利 様
中外製薬株式会社 執行役員 デジタル・IT 統轄部門長  志済 聡子 様
政策渉外・法務本部 デジタル政策部長 片山 建

ライブ配信を視聴する>

12:00-12:50

特別セッション: WVD で在宅勤務応援キャンペーン開始! WVD だから実現できる早急なリモートワーク環境構築
概要: マイクロソフトはお客様のリモートワークへの切り替えをサポートするために、「セキュアリモートワーク相談窓口」を開設し、その一つの柱として Windows Virtual Desktop (WVD) の PoC キャンペーンをパートナー企業様と一緒に推進いたします。
登壇者: Azure ビジネス本部 製品マーケティング&テクノロジ部 樋口 拓人
WVD 支援パートナー様: 株式会社日商エレクトロニクス、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、日本ビジネスシステムズ株式会社、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

ライブ配信を視聴する>

対象者: 企業、団体のビジネス意志決定者、または、IT・セキュリティ担当の方

13:00-14:20

基調講演 3: 2020 年からのセキュリティ ~防御から予防へ 持続可能なセキュリティの実現~

概要: サイバーレジリエンス、ゼロトラストなど、多くのキーワードが飛び交う中、これからの IT、セキュリティの計画に役立つ考え方をと、それをまとめあげるプラットフォームについて、RSA カンファレンスでの発表をベースに、マイクロソフトの取り組みについてお話しします。 

登壇者: Microsoft 365 ビジネス本部 本部長

山崎 善寛


お客様事例: 働き方改革とセキュリティを両立させるゼロトラストとは

登壇者: NTTコミュニケーションズ株式会社 情報セキュリティ部長
小山 覚様


お客様事例: 資生堂が目指す情報分類・活用・監視のガバナンス

登壇者: 株式会社資生堂 情報セキュリティ部長 (CISO)

斉藤 宗一郎 様

ライブ配信を視聴する>

14:30-15:15

A1: ゼロトラストを DX の原動力に
~ そのセキュリティ モデル、DX の阻害になっていませんか? ~

概要: ID ベースのゼロトラストの考え方と、実際のセキュリティ事故と照らし合わせたゼロトラストの実現イメージについてご説明します。
登壇者: クラウド & ソリューション事業本部 モダンワークプレイス統括本部 山野 学

ライブ配信を視聴する>

B1: Symantec 製品ご利用中のお客様に捧げる、Microsoft セキュリティへの移行のススメ
概要: Microsoft セキュリティポートフォリオをベースに移行のベストプラクティスをお伝えします。
登壇者: クラウド & ソリューション事業本部 モダンワークプレイス統括本部 和田 健太

ライブ配信を視聴する>

15:25-16:10

A2:  アクセス制御では防げない!? パスワード漏えいの仕組みと対策講座
概要: 多くのお客様で観測しているパスワード スプレー攻撃の現状を共有するとともに、Identity Protection や Password Protection、Password-less を活用した対策をお伝えします。
登壇者: クラウド & ソリューション事業本部 モダンワークプレイス統括本部  成田 翔

ライブ配信を視聴する>

B2: セキュリティ エコシステム時代のマネージド サービス パートナーの選び方
概要: マイクロソフトではモダンな IT 環境へ変革することで、セキュリティの全てのフェーズにおいて対応の省力化が可能になる提案をしています。
登壇者: 技術統括室 チーフ セキュリティ オフィサー 河野 省二​​
SB テクノロジー株式会社 松木 和彦 様
日本ビジネスシステムズ株式会社 秋葉 俊明 様

ライブ配信を視聴する>

16:20-17:05

A3: クラウドからエンドポイントまで企業に内在するリスクを管理する
~Microsoft Compliance ソリューションのご紹介~

概要: 昨今の複雑なコンプライアンスの課題に対応するため Microsoft Compliance 製品群を活用したソリューションをご紹介いたします。
登壇者: クラウド & ソリューション事業本部 モダンワークプレイス統括本部  山本 明広

ライブ配信を視聴する>

B3: Azure セキュリティのキーポイント - ソリューションとベスト プラクティス
概要: Azure のセキュリティソリューションを利用して、どのようにセキュリティ対策をしていけるかご紹介します。
登壇者: クラウド & ソリューション事業本部 テクニカルスペシャリスト 大井 喜智

ライブ配信を視聴する>

17:15-18:00

A4: 本日限り! MS の失敗と経験から学ぶ社内コンプライアンスの過去・現在・未来
概要: マイクロソフト社内で進化してきたコンプライアンスを IT 視点で紹介しながら、コンプライアンスの未来とIT部門の役割について考えます。
登壇者: 業務執行役員 政策渉外・法務本部 副本部長 弁護士  舟山 聡

ライブ配信を視聴する>

B4: ゼロトラスト徹底議論~トラストは何処へ~
概要:オライリージャパンから出版されているゼロトラスト ネットワークの翻訳者鈴木様と株式会社クラウドネイティブ齊藤様との議論を通してゼロトラストの理解を深めていただければと思います。
モデレーター: Microsoft 365 ビジネス本部 プロダクトマーケティングマネージャー  山本 築
パネリスト: 株式会社クラウドネイティブ 代表取締役社長 齊藤愼仁 様、
株式会社LayerX シニアセキュリティアーキテクト 鈴木 研吾 様

ライブ配信を視聴する>

イベント アンケートにご協力ください

今後、皆様により有益な情報を提供させていただくため、ぜひご協力ください。
ご回答いただいた方全員に、本イベントの全セッションをオンデマンドで視聴いただける Web サイトのご案内をメールにて、
また、貴社のセキュリティ対策にお役立ていただける Microsoft セキュリティに関する資料を郵送にてお送りいたします。

 

さらに抽選で 200 名様に、Microsoft Digital Trust Security オリジナルグッズ (5 点の防災グッズがボトルに入って持ち出し/保管に便利な「スマート エマージェンシー ボトル」) をプレゼントいたします。

アンケートはこちら

開催概要

  • 名称: Microsoft Security Forum 2020 ~変化に備える、2020 年のセキュリティ対策~
  • 主催: 日本マイクロソフト株式会社
  • 日時: 2020 年 3 月 12 日(木)10:00 ~ 18:00
  • 対象: 企業、団体の IT、セキュリティ担当役員、部門長、またはそれに準ずる方
  • 参加費: 無料 (事前登録制)

登壇者

ご注意

【サービスの内容の変更、中断、停止】

■当社は、当社の判断により、参加登録者の承諾を得ることなく、また参加登録者への事前の告知を行うことなく、任意に本イベントおよび関連するサービスの全部または一部を変更または中止することができるものとします。
■当社は、以下に該当する場合、参加登録者の承諾を得ることなく、また参加登録者への事前の告知を行うことなく、本イベントおよび関連するサービスの全部または一部を一時的に中断または停止する場合がございます。
 ・関連するサービスを提供するデータベース管理システムの定期的または緊急な保守または更新を行う場合。
 ・火災、停電、天災などの不可抗力により、関連するサービスの提供が困難になった場合。
 ・その他、不測の事態により関連するサービスの提供が困難と当社が判断した場合。


 

【不可抗力について】

天災地変、戦乱、暴動、官公庁の命令、その他、当社の支配できない事由が生じた場合において、本イベントの開催が困難または不可能と判断した場合、当社は、参加登録者の承諾を得ることなく、本イベントの開催を中止する場合がございます。


 

【掲載情報について】

■セッション開催時間は目安で、状況により変更する場合がございます。
■掲載日程は催行を保証するものではございません。
■スピーカー、企画内容は変更になる場合がございます。 

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。