AI

第 3 次 AI ブームという言葉がもはや議論されることもなく、AI は定着の時期になってきています。検証から実ビジネスのフェーズ、つまり普及期に入ったのです。そこで重要なのは、専門家がいないと開発、運用ができないシステムではなく、多くのソフトウェア技術者の方が扱えるシステムである事でもあります。AI トラックでは、機械学習におけるデータの準備、モデルの学習、そして推論がどう使いやすくなっているのか? カスタマイズができる Azure Cognitive Services の最新情報。そして、HoloLens 2 や、Smart Speaker などの新しいデバイスでの体験を実現するボット開発を。作っただけではなく、運用に耐えうる AI システムのためのノウハウを披露します。
 

写真:畠山 大有

畠山 大有

コマーシャルソフトウェアエンジニアリング本部
プリンシパル ソフトウェア デベロップメント エンジニア

AI セッション リスト

Client and Mixed Reality

ついに発表された HoloLens 2、Azure Kinect DK、そして Surface Hub 2 など、マイクロソフトのデバイスは革新的な進化を続けています。
さらに、Mixed Reality によって Windows だけではなく iOS や Android 搭載デバイスなどさまざまなデバイス間で空間とデータを共有することで、これまでは考えられなかった人とコンピューターのかかわりを実現できるようになります。
Client & Mixed Reality トラックでは、「開発技術」「デバイス」「クライアントアプリケーション」の 3 つの視点でセッションをお届けします。.net から Mixed Reality まで Deep な開発 & デバッグ情報と、最新のデバイスやアプリケーションの情報をしっかりとキャッチアップしてください。
 

写真:鈴木 敦史

鈴木 敦史

マイクロソフトテクノロジーセンター
テクノロジーアーキテクト 
上智大学理工学部講師

Client and Mixed Reality セッション リスト

Cloud

クラウドの活用形態は日々進化しています。旧来の IaaS 中心からサーバーレスへ。
こうしたトレンドを踏まえ、Cloud トラックでは、Azure Kubernetes Service (AKS) や PaaS 、ブロックチェーンなどの最先端かつ実践的な活用方法から、旧来の組織へのクラウド ネイティブ化アプローチや Cloud Modern な運用、ネットワーク、認証/セキュリティ など、従来の IaaS 中心から一歩踏み出すために参考になるコンテンツまで幅広く取り揃えています。
ぜひ、クラウドの活用を一段階前に進めていきましょう。
 

写真:内藤 稔

内藤 稔

パートナー事業本部 パートナー技術統括本部
ソリューション開発技術本部
パートナー ソリューション プロフェッショナル 

Cloud セッション リスト

Data Platform

ますます増加し多様化するデータを処理、分析、活用し、ビジネス価値を生み出すことは、企業システムにおいては常に重要な課題です。テクノロジの観点では、従来のリレーショナル データベースに加えて、NoSQL データベースや Apache Spark といった新世代のテクノロジが広まりつつあります。
本トラックでは、Microsoft Azure が提供している幅広いデータベース サービス群 (Azure Cosmos DB、Azure SQL Database など)、データ分析サービス群 (Azure Databricks など)、そしてリレーショナル データベース「SQL Server 2019」に関する、多彩なセッションをご用意しています。データ処理、分析に興味のあるアーキテクト、エンジニアの皆様のご参加をお待ちしています。
 

写真:佐藤 直生

佐藤 直生

パートナー事業本部 パートナー技術統括本部
クラウドプラクティス技術本部
Azure テクノロジスト

Data Platform セッション リスト

Developer Tools

祝 Visual Studio 2019 リリース!!
Developer Tools トラックは 「Visual Studio 2019 をはじめとした Visual Studio Family + Microsoft Azure による開発生産性の向上」というテーマでお届けします。「Visual Studio 2019 新機能」、「.NET Core 3.0」、「OSS アプリケーションのコンテナー化」、「日本に来た! Azure Application Insights」といったキーワードに関心のある .NET 開発者の皆様、OSS 開発者の皆様のご来場を心からお待ちしています。
 

写真:武田 正樹

武田 正樹

クラウド & ソリューション事業本部
インテリジェントクラウド統括本部
Azure アプリケーション開発 技術営業本部
テクノロジ-ソリュ-ションプロフェッショナル

Developer Tools セッション リスト

IoT

IoT は、リアルな世界のモノやコトをバーチャルな IT 空間と結びつけるための重要なテクノロジです。IoT というキーワードが取りざたされてから早 5 年ですが、IoT を構築するための技術はいまだに進化を続けており、それら技術を活用したソリューションも増えてきています。IoT トラックでは、進化を続けるデバイス側、クラウド側両面の技術と、最新技術を活用した事例を解説するセッション群と共に、最新技術を開発者が獲得するためのコミュニティの活用方法なども併せて提供します。
 

写真:太田 寛

太田 寛

マーケティング & オペレーションズ部門
クラウド & エンタープライズビジネス本部
クラウドネイティブ & デベロッパーリレーション部

IoT セッション リスト

Mobile and Web

多くのプラットフォームがクラウドに移行している今、モバイル アプリや Web アプリの開発においてもクラウドを中心としたテクノロジやサービスの活用が必須となっています。フロントエンドの開発だけではなく、バックエンドを含むアーキテクチャ全体設計も含めた、クラウド ネイティブを目指すにあたって必要な情報や知識を広く学ぶことができる開発者向けのセッションをお届けします。
 

写真:井上 章

井上 章

マイクロソフト コーポレーション
グローバル ブラックベルト
テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

Mobile and Web セッション リスト

Productivity

「働き方改革」を実現するには、仕事の生産性を向上させることが不可欠です。コミュニケーションや会議の運営方法を変えて業務時間を削減するのはもちろんのこと、業務フローやプロセスを効率化、自動化することにより仕事の仕方そのものを変革する必要があります。
Productivity トラックでは、Microsoft 365 のチームワークのハブである Microsoft Teams と Web アプリケーションやボットを連携させてアプリケーションを開発する手法や、Microsoft 365 のサービスや蓄積されたデータを活用する Microsoft Graph、アプリケーション開発を劇的に変える Power Platform などをご紹介し、生産性を向上させるアプリケーション開発に必要な情報を提供します。
 

写真:武田 新之助

武田 新之助

パートナー事業本部 パートナー技術統括本部
クラウドプラクティス技術本部
パートナーテクノロジーアーキテクト

Productivity セッション リスト

Security

ビジネス メール詐欺や標的型攻撃などの手法は洗練され続けています。国内でも個人情報などの機密情報の流出や重要なシステムへの侵入事案が頻繁に発生しておりサイバー セキュリティ/情報セキュリティ対策も考え方や手法を大きく変える必要があります。
Security トラックでは、Microsoft 365 が提供するセキュリティに関するレポート/制御や自動化の機能を通じて被害を検知しそれを軽減する手法や、従来の境界防御ではなく ID をベースとしたアクセス制御、いわゆるゼロ トラストへのシフトを検討されている IT Pro 向けのセッションを提供します。
 

写真:松井 大

松井 大

クラウド & ソリューション事業本部
モダンワークプレイス統括本部
セキュリティ技術営業部
テクノロジ-ソリュ-ションプロフェッショナル Identity 

Security セッション リスト

Special

Special トラックでは、毎年、他のトラックの枠に収まらない面白い内容を用意していますが、今回は、特にエンジニア向けのヒューマン スキルに注力し、デジタル トランスフォーメーション時代にエンジニア自身がどのようにトランスフォームするか? に注力したセッション構成を予定しています。皆様の今後のキャリア開発や、新規事業などにお役立ていただけると思いますので、ぜひ楽しみにしてください。
 

写真:平野 和順

平野 和順

クラウド & ソリューション事業本部
インテリジェントクラウド統括本部
Azure アプリケーション開発
技術営業本部 本部長

Special セッション リスト

CONTACT

マイクロソフトイベント・セミナーお問合せ窓口
TEL: 0120-37-0196 (9:00-17:30 土日祝を除く)
※お問い合わせの際は、必ずイベント名および開催日をお申し出ください。

諸注意

【参加における諸注意事項】

■本イベントは事前登録制となっており、当日の参加受付は対応しておりません。定員になり次第登録を締め切らせていただきますため、参加申し込み開始後、お早目のご登録をお願いいたします。
■本イベントは、企業の方を対象として開催しております。なお、20 歳未満の方のご登録/ご参加はお受けいたしかねます。
■本イベントではすべての参加者の皆様に、丁寧で友好的、差別のない体験をしていただけるよう努めています。このため、参加者の皆様が不快に思う、もしくは尊厳を傷つけられるような行動はお断りしております。具体的には次のような例が該当しますが、これに限りません。
 ・講演者ならびに講演者の所属先に帰属する情報を当事者ないし主催者の許可なく撮影、録音する行為。
 ・イベント参加者または関係者の個人が特定できる画像や映像を当事者の許諾なく、公の場で掲出したり、他人と共有する行為。
 ・会場内に私物を放置したり、区画を占有する行為。
 ・イベント主催者もしくは会場側の利用規則に反する行為。(会場設備の無断借用など)
■登録手続完了後や参加証発行後においても、弊社の判断により本イベントへのご参加をお断りする場合がございます。なお、お断りする理由などについては、ご説明はいたしかねます。
■1 日単位でのご登録は受け付けておりません。2 日間連続の受講となります。
■会場内での事故 (病気、けが、盗難、紛失など) に関しましては、責任を負いかねますので、各自管理/対応をお願いいたします。
■会場仕様の都合上、十分な数の椅子を用意できない場合があり、立ち見となる可能性がございます。
■チケット代金をお支払後、本イベントの全体または一部に参加されない場合でも、チケット代金の全額または一部の返金は行いません。
■EXPO の各社展示ブースにおいて、QR コードを提示されたお客様の個人情報は、日本マイクロソフトより該当企業各社に第三者提供いたします。

【参加登録者の変更について】

■本イベントは、開催期間中、参加登録者ご本人のみの参加となります。参加登録者ご本人以外による代理参加はお断りしています。
■参加権利の譲渡、参加証の他人への貸与、譲渡は禁止です。参加登録者ご本人以外の方による参加などの不正行為が判明した場合は、参加証を没収し、その後の本イベントへの参加をお断りさせていただきます。なおこの場合、チケット代金の返金は行いません。

【参加登録のキャンセルについて】

■参加登録をキャンセルされる場合は、2019 年 5 月 14 日 (火) 午後 5 時半までに お電話にて マイクロソフト イベント・セミナー お問合せ窓口までご連絡ください。
■2019 年 5 月 14 日 (火) 午後 5 時半以降のキャンセルについては、お申し込みいただいたチケット代金全額をキャンセル料として申し受けさせていただきます。予めご了承ください。

【サービスの内容の変更、中断、停止】

■当社は、当社の判断により、参加登録者の承諾を得ることなく、また参加登録者への事前の告知を行うことなく、任意に本イベントおよび関連するサービスの全部または一部を変更または中止することができるものとします。
■当社は、以下に該当する場合、参加登録者の承諾を得ることなく、また参加登録者への事前の告知を行うことなく、本イベントおよび関連するサービスの全部または一部を一時的に中断または停止する場合がございます。
 ・関連するサービスを提供するデータベース管理システムの定期的または緊急な保守または更新を行う場合。
 ・火災、停電、天災などの不可抗力により、関連するサービスの提供が困難になった場合。
 ・その他、不測の事態により関連するサービスの提供が困難と当社が判断した場合。

【不可抗力について】

天災地変、戦乱、暴動、官公庁の命令、その他、当社の支配できない事由が生じた場合において、本イベントの開催が困難または不可能と判断した場合、当社は、参加登録者の承諾を得ることなく、本イベントの開催を中止する場合がございます。その場合、参加登録者に対し、本イベントで予定されていたセッションの資料を、オンラインでご提供いたします。その他の損害の補償、チケット代金の返金は行いませんのでご注意ください。

【掲載情報について】

■セッション、プログラム開催時間は目安で、状況により変更する場合がございます。
■セッションによっては、満席の際に立ち見となる可能性やご参加いただけない可能性がございます。
■座席指定はできません。
■掲載されている、イベント会場や参加者特典などの写真はすべてイメージです。
■掲載されているメニューは、日にちにより変更される場合がございます。
■掲載日程は催行を保証するものではございません。
■スピーカー、企画内容は変更になる場合がございます。

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。