WPF によるデスクトップ アプリケーション


WPF (Windows Presentation Foundation) はデスクトップ アプリケーションにリッチな UI を提供するためのプラットフォームです。WPF の画面構築は XAML を用いて行いますが、デスクトップ アプリケーションとしては画面の表示・設定、入力項目のチェック、アプリケーションの配布について考慮する必要があります。

本セミナーでは、WPF アプリケーション構築の際の基礎となる、画面と入力項目、配布、設定ファイルの取り扱いについて、ハンズオンを交えて解説します。

※ XML による新しい UI デザイン手法である XAML を用いた画面設計については、別セミナー「C# ではじめる次世代 UI プログラミング」にて解説します。

概要


セッション コンテンツ概要
  • アプリケーションとウィンドウ
  • コントロール: ユーザー入力への反応
  • 配置と設定ファイル、国際化
受講対象 (必須知識)
 C#
WPF
XAML
テクノロジについて、まったく知識がない
テクノロジについて、どのようなものかは知っている/理解している
テクノロジについて、開発/利用を検討している
テクノロジについて、利用している/開発経験がある
開催日時、会場、 連絡先について
開催日時
現在、このセミナーは募集を行っておりません。
連絡先
Microsoft AI & Innovation Center 事務局 へお問い合わせください。