Xamarin.Forms で始めるクロスプラットフォーム アプリ

 

Visual Studio で開発できるのは、Windows アプリだけではありません。Xamarin を使用して、iOS, Android アプリを開発することも可能です。Xamarinl.Forms により、クロスプラットフォーム アプリを Visual Studio 上で開発することができます。
本セミナーでは、Xamarin.Forms の基本的な使用方法と開発手順、プラットフォーム固有機能の利用方法について、Android, UWP を中心にハンズオンを含めて解説します。

概要


セッション コンテンツ概要
  • Xamarin とは
  • 開発環境の構築
  • XAML を使用した画面の作成
  • バインディング
  • プラットフォーム依存機能の利用
※ XAML については別セミナー「C# で始める次世代 UI プログラミング XAML 基礎編、応用編」で詳しく取り上げますが、XAML に関する解説もセミナー内でいたします。
受講対象 (必須知識)
C#
WPF/XAML/UWP
Xamarin
テクノロジについて、まったく知識がない
テクノロジについて、どのようなものかは知っている/理解している
テクノロジについて、開発/利用を検討している
テクノロジについて、利用している/開発経験がある
※上記の内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
 
開催日時、会場、 連絡先について
開催日時
現在、このセミナーは募集を行っておりません。
連絡先
Microsoft AI & Innovation Center 事務局 へお問い合わせください。
 
 
※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。