XAML と非同期プログラミング・マルチスレッド プログラミング


ユーザーインターフェースデザインの新しい手法である XAML を使用する WPF、Windows ストア アプリ において、常に応答可能なユーザー インターフェイスを実現することは、快適なユーザー エクスペリエンスを提供するうえで重要なポイントです。
このような常に応答可能な快適なユーザーインターフェースは、非同期・マルチスレッド処理を理解し、活用することで実現出来ます。従来では煩雑なコーディングが必要でしたが、 .NET Framework 4 で提供される TPL (Task Parallel Library) を利用することで、非常に簡単に作成することができます。

本セミナーでは、WPF を中心にデスクトップ・Windows ストア アプリ における非同期・マルチスレッド処理の基本とその利用方法について、ハンズオンを交えて解説します。

概要


セッション コンテンツ概要
  • マルチスレッドの原則
  • 非同期処理の実装と進行状況の報告
  • 並列処理の実装とキャンセル・例外処理
受講対象 (必須知識)
C#
WPF
Windows ストア アプリ 
テクノロジについて、まったく知識がない
テクノロジについて、どのようなものかは知っている/理解している
テクノロジについて、開発/利用を検討している
テクノロジについて、利用している/開発経験がある
※上記の内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
 
開催日時、会場、 連絡先について
開催日時
現在、このセミナーは募集を行っておりません。
連絡先
Microsoft AI & Innovation Center 事務局 へお問い合わせください。