患者が必要なときに遠隔医療を受けられるようにする

ワシントン州知事が外出禁止令を発表したとき、私の心は沈みました。理学療法の個人開業医として、たちまち慌て始めました。どのように患者の世話をしたらよいのでしょうか。どのように 88 人の従業員の面倒を見たらよいのでしょうか。  

理学療法は、現場で行う、関係性が重要な分野です。大学院を卒業した後、多くの療法士が研修医制度に参加し、用手療法のスキルを習得します。有資格の指導者が、腰痛や反復性足首捻挫などの状態の根本原因に対処するために、関節や軟部組織を動かして操る方法を療法士に教えます。 

最も効果的な治療法は、用手療法と運動を組み合わせて理想的な動きと機能を回復するものです。ケアは 1 週間に複数回 1 対 1 で行われ、前向きな結果を得るには療法士と患者の関係が重要です。対面による親密な体験です。私は、オンライン プラットフォームを通じて効果を上げられるかどうか懐疑的でした。 

私の懐疑的な態度に加えて、保険会社などの支払者が遠隔医療に対して支払いを行わなかったことがハードルとなりました。COVID-19 の危機が急速に高まったため、理学療法士と議員は医療費支払者に遠隔治療に対する払い戻しを迫っています。

各支払者の計画に関する大量の情報が毎日受信トレイに届きました。24 時間後、細部が矛盾する新しい発表がありました。遠隔医療での診察に対して支払いが行われるかどうかについて明確な回答はありませんでした。 

それでも、愛する高齢者たちの姿が私の頭の中を駆け巡りました。基礎疾患もある手術から回復した何十人もの患者のことを考えました。 

肩の腱の裂傷を治すために広範な手術を受けた後、理学療法を開始する必要があった友人の話を考えると、夜も眠れませんでした。彼女はまた、自宅で高齢の親戚を介護してもいました。 

彼女はどうするはずだったのでしょうか。治療を遅らせると、長期的に悪影響が及び、場合によっては追加の手術が必要になります。対面ケアを進めると命が危険にさらされました。 

外来理学療法 (OPT) は、後で支払いが行われないとしても、その友人のような患者が遠隔医療を利用できるようにするために必要でした。そして、すぐに始められるようにプロセスを簡単にする必要がありました。さらに、療法士と患者の両方にとって信頼できるオンライン会議ソリューションを必要としていました。 

仮想診察により、私は療法士を雇用し続け、必要とするすべての患者のケアを続けることができました。オンラインで可能な限り最高のケアを提供できるように療法士をすばやく訓練し、最もリスクの高い患者をすぐに移行させました。  

そして、驚きながらも喜ばしいことに、うまくいっています。  

“私は、肩の問題のため理学療法を受けています。最初の何回か対面の予定でしたが、知事が外出禁止令を出した後、PT の予定を遠隔医療に変更しました。うまくいっています。私は、療法士とテレビ会議をし、療法士は私が行う自宅での運動を実際に見て、新しい運動をデモンストレーションしてくれます。そして、進捗と目標について有効な会話をし、それに応じて計画を立てます。もちろん、画面を通じて療法士に肩をマッサージしてもらうことはできませんが、少し我慢するだけで、対面での診察に代わってリモートまたは仮想での遠隔医療診察を行うことにより (私たち双方にとって) 安全性が高まります。”

– Sandra W.、外来理学療法 (OPT) の患者 

遠隔医療のおかげで、OPT によって引き続き最善を尽くすことができる (患者の世話をする) ので、もう慌てる必要はありません。仮想診察により、雇用を維持しつつ、患者の健康を維持できるため、COVID-19 のまん延を食い止めるために私たち全員が協力できます。  

Microsoft 365 の使用を開始する

使い慣れた Office にチームワークを加速するツールが加わり、いつでも、どこでも、生産性を高めることができます。

今すぐ購入
関連コンテンツ
ビジネス テクノロジ

クラウド ストレージ VS オンプレミス サーバー: 頭に入れておきたい 9 つのこと

続きを読む
ビジネス テクノロジ

無料のビデオ会議を最大限に活用する

続きを読む
ビジネス テクノロジ

無料の画面共有は簡単ですが、正しく行っていますか?

続きを読む

ビジネス インサイトは、専門家による税務または財務の助言を行うものではありません。税務または財務の現状についての相談をご希望の場合は、お客様の顧問である専門家にお問い合わせください。