大事な中堅中小企業のお客様を担当。
大成功だったWindows 10イベント。

現在の仕事内容

日本の企業の 9 割以上を占める中堅中小企業は、Microsoft の重要なお客様。その中堅中小企業のお客様を対象に、イベント開催や販促ツールの制作、IT メディアへの広告出稿などを通じて自社製品の正しい情報やメッセージを届け、新たな需要を生み出すことで売上げ拡大につなげるのが、マーケティングスペシャリストとしての私の仕事です。また Microsoft の製品やサービスは、全国で数千社を数える販売代理店を通じて中堅中小企業のお客様に提供されます。その大切なパートナーの販売活動を支援するマーケティング施策の企画・展開も、もうひとつの重要な仕事です。所属するマーケティングチームは少数精鋭。一人で幅広い業務を担当できるので仕事が楽しいです、営業部門をはじめ社内のさまざまな部署と連携しながら業務にあたるので、多くの人と接することができて学ぶこともいっぱい。営業チームから異動して 2 年足らずの私には、毎日が新たな発見の連続です。

これからの目標

「MACH(マッハ= Microsoft Academy for College Hires)」は、新卒入社の社員を対象にした次世代リーダー育成のプログラム。MACH 出身の社員は互いに強い連帯意識で結ばれ、仕事でも部門を超えて協力し合っています。そんな MACH 出身の一人としてキャリアを重ね、後輩社員の良き手本となるロールモデルを示すことが今の私の目標です。Microsoft には、特定分野で豊富な知識と経験を持つキャリア入社の方が多く活躍しておられます。反面、新卒入社のプロパー社員は、どのように能力発揮の場を見つけ、ステップアップしていけばいいのか、不安を抱えていることも事実。あとに続く後輩たちが、キャリアとして Microsoft を選択し、ステップアップを遂げる上で指標となる存在に成長し、後輩たちが活躍できる環境づくりをサポートすることは私たちの世代の責任でもあると思っています。
※本取材は2016年に実施したものであり、組織名称など現在のものと合致しない呼称が含まれている場合があります。