ビジネスの現場を一変させる HoloLens。
使い方提案で、ゼロから市場をつくる。

現在の仕事内容

IT コンサルタントを 7 年間務めた後、2016 年 7 月、自ら志願してマーケティング部門に異動。現在 Windows10、Windows Mobile、HoloLens のプロダクトマーケティング担当として、3 つの製品をユーザー、特に企業のお客様にプロモーションする仕事をしています。いま特に力を入れているのは、米国、カナダに次いで 2017 年 1 月から日本市場に投入され、立ち上げ期にあるヘッドマウントディスプレイ HoloLens のプロモーション。Microsoft の先進技術が生み出したこの革新的テクノロジーを市場に浸透させる足がかりとしてビジネスユースにフォーカスし、「次世代のビジネスインフラ」として広く認知を拡大するために、企業のお客様と業務アプリ開発に携わるパートナーやエンジニアを対象にした施策を展開しています。例えば企業のお客様には、建築、航空、自動車などさまざまな業種の先進企業をパートナーとして、どんなビジネスシーンで、どんな使い方ができるのか、具体的な活用のシナリオを提案、実際にプロトタイプの業務アプリを運用していただき、成果を検証するという取り組みを行なっています。またパートナー向けには HoloLens の認知度アップをめざした体験イベントや、 アプリ開発のハウツーを提供するセミナーなどを開催し、活発なオープンイノベーションの環境づくりを進めています。

これからの目標

Microsoft では、グローバルで Windows 10 を稼働させる目標を掲げています。日本は、PC で米国に次ぐ世界第 2 の市場規模。Windows10 の企業ユーザー向けプロモーションを担当するマーケッターとして、このグローバルビジョン達成に貢献することは絶対の使命です。また HoloLens は、今後仮想 3D の市場が 2020 年にむけて急拡大することが予想され、ビジネスの現場を一変させる可能性を秘めています。例えば大手の航空会社とは、HoloLens を使ってコックピット内部やエンジン構造をリアルに再現し、パイロットや整備士のトレーニングに活用するアプリを共同で開発。実証実験がすでに始まっている他、建築会社向けに 3D の CAD データから建物の完成イメージを周囲の風景と重ね合わせて表示するアプリも開発するなど、活用事例も着実に広がっています。業種、業態を問わず、多くの企業の業務革新と生産性向上を実現し、PC にとって代わる新たなビジネスインフラとして市場に定着させる――。そんな個人的な野望を、ぜひ実現させたいと思っています。
※本取材は2016年に実施したものであり、組織名称など現在のものと合致しない呼称が含まれている場合があります。