場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を目指す個人の方へ:「暮らす場所」と「働く場所」は、同じじゃなくてもいい。

テレワークのスキルを学んで、インターンで実践。

日本では約 350 万人の女性が、場所や時間などの様々な理由で働きたいけど、働けないという現状があります。
やる気や能力がある個人の皆様が、働きたいのに働けない。一方で、人材獲得に課題を感じておられる企業が全国で増え続けております。
そんな個人の皆様の可能性を広げる、働き方の新しい選択肢が「テレワーク」です。
マイクロソフトでは、個人の皆様には、テレワークのスキルを身につけ、さらに企業でのテレワーク インターン体験も可能な実践プログラムを、
企業の皆様には、テレワークの導入・活用ノウハウを学び、
テレワーク スキルを身につけた個人の皆様をインターンとして受け入れて実践できるプログラムをご用意しました。

テレワークとは?

テレワークとは、メールや電子会議システムなど、ICT (情報通信技術) を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと。総務省の働き方改革の一環として推奨され、最近は、フリーランスなどの個人事業者だけでなく、企業に勤務する人が自宅やサテライト オフィスなどで勤務する雇用型テレワークを取り入れる企業も増えてきています。

※総務省統計局「労働力調査」等を基に Trist にて算出


キャリア デザインから実践スキル習得までサポート

本プログラムは、個人の皆様にテレワークのスキルを身につけていただき、さらに企業でのテレワーク インターン体験も可能な
約 3 週間の実践プログラムです (一日平均 3 時間程度)。

初年度対象

場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を目指す女性
 

  • 子育てがひと段落してもう一度働きたい
  • ワークライフ バランスのとれた働き方をしたい
  • 卒業後に地元に残ってやりがいのある仕事に就きたい など

期間中はパソコンやテレワークに必要な環境を無償で提供いたします


課題提案型インターン (イメージ)

(1) 会社の採用 HP を見て、フィードバック・提案を行う
(2) 会社の商品を見て、フィードバック・提案を行う
(3) 自由課題 (会社の方からフィードバックが欲しい観点を提示する)

1 日目

2 日目

3 日目

4 日目

5 日目

概要

オリエンテーション

企業調査

企業分析

スライド作成

プレゼンテーション

参加者

テレワークでのコミュニケーションに慣れる

課題に取り組みながら企業理解を深める

テレワークでの業務推進に慣れる

課題に対して成果を出すことに慣れる

課題をプレゼンし、自己アピールをする

企業

テレワーカーに必要な環境やツールの整備、タスクの依頼の仕方などに慣れる

テレワーカーを不安にさせないコミュニケーションを知る

テレワーカーの業務管理に慣れる

テレワーカーのアウトプット (成果) の確認方法を知る

テレワークの導入に向けて社内を巻き込む方法を知る

会場のご案内


[参加条件]
 

テレワークを通じて働きたい意思があること

ご自身の経歴をテレワーク インターン受入れ企業に公開可能であること

約 3 週間の講座、1 週間のテレワーク インターンに原則全て参加可能であること (突発的な事情等は除く)

スケジュールに関するご相談は事務局までお知らせください
 

 

[注意事項]
 

人材紹介や斡旋プログラムではございません。採用に関する責任は一切負いません

  • 託児については各運営団体で用意する予定です。 (人数が多い場合は先着順になる可能性があります。ご了承ください。) 詳細は事務局にお問い合わせください

テレワーク インターンは原則無給型で設計されています

必ずしもご希望の企業・団体にテレワーク インターンできるわけではございません

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。