Microsoft Dynamics 365

Microsoft Dynamics 365 とは

Microsoft Dynamics 365 は、企業の成長、進化、変革を支援するインテリジェントな次世代ビジネス アプリケーションです。これらのアプリケーションは、CRM と ERP の機能を統合したもので、特定のビジネス機能を管理できるように、シームレスに連携する新しい目的別のアプリケーションを提供します。

テクノロジを利用することで、お客様との関係強化、従業員の能力向上、業務の最適化、製品やビジネス モデルの改革など、企業は適応力を向上させ成長することができます。Microsoft Dynamics 365 は、お客様の変化するニーズに対応し、将来の新規ビジネス チャンスを獲得できるようにデジタル改革を促進します。

Dynamics 365

Microsoft Dynamics 365 に関するよく寄せられるご質問

Dynamics 365 では、ビジネス アプリケーションのライセンスがシンプルになります。主なライセンス方式は、名前付きのユーザー サブスクリプションによるものです。Dynamics 365 のユーザー サブスクリプションでは、ユーザーを "フル ユーザー" と "ライト ユーザー" という 2 種類のタイプに分類します。

フル ユーザーとは、業務上、ビジネス アプリの豊富な機能を使用する必要があるユーザーを指します。フル ユーザーの例としては、営業担当者、カスタマー サービス担当者、財務部門の従業員、経理部長、サプライ チェーン マネージャーなどが挙げられます。このようなユーザーは従来、"プロ ユーザー" または "パワー ユーザー" とも呼ばれていました。Dynamics 365 のライセンス モデルでは、フル ユーザーには Dynamics 365 Plan サブスクリプションまたは Dynamics 365 アプリケーション サブスクリプションのライセンスが適用されます。

多くの場合、企業内のユーザーの大多数は、ライト ユーザーと見なされます。ライト ユーザーとは、基幹業務システムから取得したデータやレポートを利用するなどして、時間や費用の入力や人事部のレコード更新といった簡単なタスクを実行するユーザーを指します。Dynamics 365 のライセンス モデルでは、ライト ユーザーには Dynamics 365 for Team Members サブスクリプションのライセンスが適用されます。

Dynamics 365 Plan サブスクリプションは、Dynamics 365 で新たに導入されたサブスクリプションです。単一ユーザー サブスクリプションとしては最もコスト効率に優れたオプションで、非常に高い柔軟性を実現し、業務を遂行するために必要なすべての Dynamics 365 の機能に対してユーザー アクセスを許可します。たとえば、営業パイプラインの情報に基づいてお客様の与信限度額を管理する経理部長などがこのようなユーザーに該当します。Dynamics 365 Plan サブスクリプションでは、個別の Plan アプリのすべての機能に加えて、モバイル アプリケーション プラットフォーム サービスの Microsoft PowerApps を使用する権利がユーザーに付与されます。

アプリケーション サブスクリプションとは、単一のアプリケーションのみのライセンスをユーザーに供与する名前付きのユーザー サブスクリプションです。たとえば、Sales アプリケーションのみのライセンスを供与された営業担当者などがこのようなユーザーに該当します。従来は、ビジネス アプリケーションの大部分がこのライセンス方法で提供されていました。アプリケーション サブスクリプションには、PowerApps の使用権も含まれており、モバイル アプリを作成して Dynamics 365 のデータに対して使用することができます。

Dynamics 365 for Team Members サブスクリプションとは、Dynamics 365 アプリ間で基本的なプロセスを実行する権利 (該当する場合)、知識を共有する権利、組み込みビジネス インテリジェンスを提供する権利を含む名前付きのユーザー サブスクリプションです。ライト ユーザーは、1 つの Team Members サブスクリプションによって、任意の Dynamics 365 アプリケーションから読み取りを実行することができます。そのため、企業全体で導入された Dynamics 365 アプリケーションが増えた場合、以前に Team Members サブスクリプションのライセンスが適用されたユーザーには、これらの追加のアプリケーションにアクセスするためのライセンスが既に供与されたことになります。

Placeholder

製品情報

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。