Windows 10 エディションの比較

Windows 10 Pro と Windows 10 Enterprise では、ビジネス ニーズに合わせたパワフルな機能の数々を、すべてセキュリティ パッケージと共にお届けします。

お客様のビジネス向けのすべての Windows 10 エディション

Windows 10 の スタート メニューを表示している HP のノート PC

Windows 10(S モード)

Firstline Worker に最適。

Windows 10 の スタート メニューを表示している Lenovo のノート PC

Windows 10 Pro

すべてのビジネスに強固な基盤。

Windows 10 の スタート メニューを表示している HP のノート PC

Windows 10 Enterprise

高度なセキュリティと管理が必要な組織に。

インテリジェント セキュリティ

あなたのビジネスを積極的に保護する、クラウドインテリジェンスによる高度なセキュリティ。

詳細を見る
セキュリティの比較
機能 Windows 10(S モード)Windows 10 ProWindows 10 Enterprise
Windows Hello for Business1
BitLocker と BitLocker to Go2
Windows Information Protection3
Windows Defender Credential Guard4Windows 10 Enterprise(S モード)のみ
Windows Defender System Guard5
Windows Defender Application Guard6Windows 10 Enterprise(S モード)のみ
Windows Defender Application Control
Windows Defender Exploit Guard7
Windows Defender ウイルス対策
Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)

簡易化されたアップデート

展開と更新を簡素化する、 信頼できる IT ツールで、リソースを解放してビジネスの価値を向上させます。

詳細を見る
更新とコンプライアンスの比較
機能 Windows 10(S モード)Windows 10 ProWindows 10 Enterprise
Windows Server Update Service(WSUS)
Windows Update for Business
Desktop Analytics Upgrade Readiness
Desktop Analytics Update Compliance
Desktop Analyticsデバイスの正常性 Windows 10 Enterprise(S モード)のみ
Windows Insider Program for Business
Express Updates
配信の最適化
9 月のターゲットリリースの 30 か月サポート Windows 10 Enterprise(S モード)のみ
Windows 10 LTSC Access

柔軟性の高い管理

オンプレミス、クラウド、またはその両方をサポートする、ニーズに合わせた包括的なデバイス管理。

詳細を見る
IT管理の比較
機能 Windows 10(S モード)Windows 10 ProWindows 10 Enterprise
キオスクモード
Windows の共有デバイス
Windows AutoPilot
クラウドのアクティブ化 Windows 10 Enterprise(S モード)のみ
Hybrid Azure Active Directory Join8
ビジネス向けMicrosoft Store9
モバイル デバイス管理(MDM)10
モバイル アプリケーション管理(MAM)
ユーザー エクスペリエンスの管理 Windows 10 Enterprise(S モード)のみ
Windows Virtual Desktop Use Rights Windows 10 Enterprise(S モード)のみ
Microsoft Application Virtualization(App-V)11
Microsoft User Environment Virtualization(UE-V)

さらなる生産性の向上

効率的な共同作業や仕事を支援する標準搭載のツールや機能による直感的なユーザー エクスペリエンス。

詳細を見る
生産性機能の比較
機能 Windows 10(S モード)Windows 10 ProWindows 10 Enterprise
Windowsでの Microsoft Search 12
Windows ユーザー エクスペリエンス
Microsoft Edge
Cortana13
Office 36514
Microsoft Whiteboard
Windows 10 向けの OneNote
デバイス間での仕事15
ユーザー補助
Windows Ink16

Microsoft Store のみ

Windows 10 での 3D17

Windows 10 エディションの詳細を見る

Windows 10 は最新のセキュリティ保護、生産性機能、 IT 向けの高度なツールで常に最先端を保ちます。Windows 10 はビジネスに最適なプラットフォームです。

他の人々がデバイスを見る中ホワイトボードに記入している女性

Windows 10 Pro(S モード)

第一線で働く人々のための安価なクラウド対応デバイス。

Windows 10 Pro

すべてのビジネスに強固な基盤。

Windows 10 Enterprise

高度なセキュリティと管理が必要な組織に。

  • 1 生体認証を伴う Windows Hello for Business の利用には、有効化する認証方法によって、指紋リーダー、赤外線センサーまたはその他の生体認証センサーなどの特別なハードウェアが必要です。
  • 2 TPM ベースのキー保護には TPM 1.2 以上が必要です。Pro エディションの BitLocker には追加のカスタマイズ オプションが含まれ、 InstantGo デバイスまたは Hardware Security Testability Specification テストを通るデバイスを必要としません。
  • 3 Windows Information Protection では、設定管理のためにモバイル デバイス管理(MDM)または System Center Configuration Manager が必要です。これらの製品は別売りです。Active Directory を使用すると管理が容易になりますが、必須ではありません。
  • 4 トラスト ブート搭載の UEFI 2.3.1 以上が必要です。 インテル VT-x 、 AMD-V 、 SLAT などの仮想化拡張機能を有効にする必要があります。64 ビット バージョンの Windows にのみ対応し、インテル VT-d 、 AMD-Vi などの IOMMU 、 BIOS Lockdown が必要です。
  • 5 Windows Defender System Guard のブート時整合性保護には Secure Boot 搭載の UEFI 2.3.1 以上の使用が必要です。Windows Defender System Guard のクラウド サービスを使ったオプションのリモート整合性検証機能には、 TPM 1.2 以上とリモートの構成証明機能をサポートする管理システム(例: Intune および System Center Configuration Manager) が必要です。
  • 6 トラスト ブート搭載の UEFI 2.3.1 以上が必要です。 インテル VT-x 、 AMD-V 、 SLAT などの仮想化拡張機能を有効にする必要があります。64 ビット バージョンの Windows にのみ対応し、インテル VT-d 、 AMD-Vi などの IOMMU 、 BIOS Lockdown が必要です。
  • 7 Exploit Guards Hypervisor Code Integrity(HVCI)機能には トラスト ブート搭載の UEFI 2.3.1 以上が必要です。 インテル VT-x 、 AMD-V 、 SLAT などの仮想化拡張機能を有効にする必要があります。64 ビット バージョンの Windows にのみ対応し、インテル VT-d 、 AMD-Vi などの IOMMU 、 BIOS Lockdown が必要です。
  • 8 Windows デスクトップ オペレーティング システム搭載デバイスで、サポートされるバージョンは Windows 10 1607 以降です。Windows ダウングレード デバイス(Windows 7 および 8.1)の登録は移動プロファイルを使用しているデバイスではサポートされていません。移動プロファイルまたは設定が必要な場合は、 Windows 10 をご利用ください。Azure AD Connect の最新バージョンを実行していることが必要です。
  • 9 一部の市場でのみご利用いただけます。機能とアプリは市場とデバイスによって異なる場合があります。
  • 10 MDM には Microsoft Intune またはその他のサード パーティ ソリューションなどの MDM 製品(別売り)が必要です。
  • 11 App-V Server (Windows 10 アセスメント & デプロイメント キットの一部として追加費用なしで利用可能) または System Center Configuration Manager(別売り) が必要です。
  • 12 Bing for business が必要です。Office 365 サブスクリプションは別売りです。
  • 13 Cortana は、一部の市場でのみご利用いただけます。エクスペリエンスは、地域やデバイスによって異なる場合があります。Android および iOS デバイス(Android バージョン 4.1.2 以降、または iOS 8.0 と iPhone 4 以降が必要)には Cortana アプリが必要です。
  • 14 Office 365 サブスクリプションが必要です(別売り)。
  • 15 ユーザーは PC の設定から携帯電話を PC にリンクする必要があります。ユーザーは Microsoft から送られるアプリを携帯電話にダウンロードし、セットアップの指示に従う必要があります。
  • 16 タッチスクリーンを備えたタブレットもしくは PC が必要です。ペン アクセサリは別売りの場合があります。