Windows 10 エディションの比較

貴社に最適な Windows がきっと見つかります

  • ビジネス エクスペリエンス

  • モバイル エクスペリエンス

Windows 10 Core Experiences

特徴

Home
Pro
Enterprise
Education

Continuum for Phones1

Cortana2

Windows Ink3

スタート メニューとライブ タイル

タブレット モード

音声、ペン、タッチ、ジェスチャ4

Microsoft Edge


特徴

Home
Pro
Enterprise
Education

グループ ポリシー

モバイル デバイス管理5

DirectAccess

AppLocker

Azure Active Directory による Enterprise State Roaming6

ビジネス向け Windows ストア7

Assigned Access

管理されたユーザー エクスペリエンス

動的プロビジョニング

Microsoft Application Virtualization (App-V)8

Microsoft User Environment Virtualization (UE-V)

Windows Update

Windows Update for Business

共有 PC 構成

Take a Test (テスト受験)


特徴

Home
Pro
Enterprise
Education

Windows Hello9

Windows Hello コンパニオン デバイス10

Windows 情報保護11

デバイスの暗号化12

BitLocker13

Credential Guard14

Device Guard

トラスト ブート

Windows デバイス正常性構成証明サービス15


特徴

Home
Pro
Enterprise
Education

ドメイン参加

クラウドでホストされているアプリにシングル サインオンできる Azure Active Directory ドメイン参加16

エンタープライズ モード Internet Explorer (EMIE)

リモート デスクトップ

クライアント Hyper-V

Windows To Go

BranchCache

特徴

Mobile
Mobile Enterprise

カスタマイズ可能なスタート画面とアクション センター

音声、タッチ、ジェスチャ

Continuum for Phones1

Cortana2

Microsoft Edge 読み取りビュー PDF リーダー

Outlook Mail、カレンダー、Office、OneDrive for Business がプレインストール済み

リモート デスクトップ

Outlook Mail、カレンダー、Office、OneDrive for Business がプレインストール済み

リモート デスクトップ


特徴

Mobile
Mobile Enterprise

モバイル デバイス管理

条件付きアクセス

ビジネス向け Windows ストア

LOB アプリのサイドローディング

自己署名アプリ (20 個までの制限付き)

自己署名アプリ (無制限)

AppLocker

動的プロビジョニング

Assigned Access

IoT 向けバックグラウンド アプリ

更新プログラムの管理

Current Branch for Business

テレメトリの制御


特徴

Mobile
Mobile Enterprise

トラスト ブート

ハードウェア ベースの資格情報保護

BitLocker

Windows Hello3

Windows Hello コンパニオン デバイス4

生体認証のサポート

Azure AD デバイスへの参加と、クラウドでホストされているアプリへのシングル サインオン

Windows 情報保護5

データの分割および格納

Device Guard

VPN のアプリ機能

Windows 10 モバイルの詳細については、ここをクリックしてください。

貴社に最適な Windows がきっと見つかります

生産性 & ユーザー エクスペリエンス

使い慣れた操作性と生産性の高いエクスペリエンス:Continuum for phones1、Cortana2、Windows Ink3、スタート メニューとライブ タイル、タブレット モード、音声、ペン、タッチ、ジェスチャ4、Microsoft Edge。


管理と展開

デバイスおよびアプリの管理と展開に威力を発揮する強化された管理機能:モバイル デバイス管理5、Windows Update。


セキュリティ

優れたセキュリティ性能を持ち、システムとアプリの更新プログラムが利用可能なほか、高い互換性も実現。最新の脅威からデバイスやインフラストラクチャを保護:Windows Hello9、Windows Hello コンパニオン デバイス10、デバイスの暗号化12、トラスト ブート、Windows デバイス正常性構成証明サービス15

 

生産性 & ユーザー エクスペリエンス

使い慣れた操作性と生産性の高いエクスペリエンス:Continuum for phones1、Cortana2、Windows Ink3、スタート メニューとライブ タイル、タブレット モード、音声、ペン、タッチ、ジェスチャ4、Microsoft Edge。


管理と展開

デバイスおよびアプリの管理と展開に威力を発揮する強化された管理機能:グループ ポリシー、モバイル デバイス管理5、Azure Active Directory による Enterprise State Roaming6、ビジネス向け Windows ストア7、Assigned Access、動的プロビジョニング、Windows Update、Windows Update for Business、共有 PC 構成、Take a Test (テスト受験)。


セキュリティ

優れたセキュリティ性能を持ち、システムとアプリの更新プログラムが利用可能なほか、高い互換性も実現。最新の脅威からデバイスやインフラストラクチャを保護:Windows Hello9、Windows Hello コンパニオン デバイス10、Windows 情報保護11、デバイスの暗号化12、BitLocker13、トラスト ブート、Windows デバイス正常性構成証明サービス15


Windows の基本的な機能

Windows の基本機能:ドメイン参加、クラウドでホストされているアプリにシングル サインオンできる Azure Active Directory ドメイン参加16、エンタープライズ モード Internet Explorer (EMIE)、リモート デスクトップ、クライアント Hyper-V。

 

生産性 & ユーザー エクスペリエンス

使い慣れた操作性と生産性の高いエクスペリエンス:Continuum for phones1、Cortana2、Windows Ink3、スタート メニューとライブ タイル、タブレット モード、音声、ペン、タッチ、ジェスチャ4、Microsoft Edge。


管理と展開

デバイスおよびアプリの管理と展開に威力を発揮する強化された管理機能:グループ ポリシー、モバイル デバイス管理5、DirectAccess、AppLocker、Azure Active Directory による Enterprise State Roaming6、ビジネス向け Windows ストア7、Assigned Access、管理されたユーザー エクスペリエンス、動的プロビジョニング、Microsoft Application Virtualization (App-V)8、Microsoft User Environment Virtualization (UE-V)、Windows Update、Windows Update for Business、共有 PC 構成、Take a Test (テスト受験)。


セキュリティ

優れたセキュリティ性能を持ち、システムとアプリの更新プログラムが利用可能なほか、高い互換性も実現。最新の脅威からデバイスやインフラストラクチャを保護:Windows Hello9、Windows Hello コンパニオン デバイス10、Windows 情報保護11、デバイスの暗号化12、BitLocker13、Credential Guard14、Device Guard、トラスト ブート、Windows デバイス正常性構成証明サービス15


Windows の基本的な機能

Windows の基本機能:ドメイン参加、クラウドでホストされているアプリにシングル サインオンできる Azure Active Directory ドメイン参加16、エンタープライズ モード Internet Explorer (EMIE)、リモート デスクトップ、クライアント Hyper-V、Windows to Go、BranchCache。

 

生産性 & ユーザー エクスペリエンス

使い慣れた操作性と生産性の高いエクスペリエンス:Continuum for phones1、Windows Ink3、スタート メニューとライブ タイル、タブレット モード、音声、ペン、タッチ、ジェスチャ4、Microsoft Edge。


管理と展開

デバイスおよびアプリの管理と展開に威力を発揮する強化された管理機能:グループ ポリシー、モバイル デバイス管理5、DirectAccess、AppLocker、Azure Active Directory による Enterprise State Roaming6、ビジネス向け Windows ストア7、Assigned Access、管理されたユーザー エクスペリエンス、動的プロビジョニング、Microsoft Application Virtualization (App-V)8、Microsoft User Environment Virtualization (UE-V)、Windows Update、Windows Update for Business、共有 PC 構成、Take a Test (テスト受験)。


セキュリティ

優れたセキュリティ性能を持ち、システムとアプリの更新プログラムが利用可能なほか、高い互換性も実現。最新の脅威からデバイスやインフラストラクチャを保護:Windows Hello9、Windows Hello コンパニオン デバイス10、Windows 情報保護11、デバイスの暗号化12、BitLocker13、Credential Guard14、Device Guard、トラスト ブート、Windows デバイス正常性構成証明サービス15


Windows の基本的な機能

Windows の基本機能:ドメイン参加、クラウドでホストされているアプリにシングル サインオンできる Azure Active Directory ドメイン参加16、エンタープライズ モード Internet Explorer (EMIE)、リモート デスクトップ、クライアント Hyper-V、Windows to Go、BranchCache。

 

生産性 & ユーザー エクスペリエンス

使い慣れた操作性と生産性の高いエクスペリエンス:カスタマイズ可能なスタート画面とアクション センター、音声、タッチ、ジェスチャー、Continuum for phones1、Cortana2、Microsoft Edge 読み取りビュー PDF リーダー、Outlook Mail、カレンダー、Office と OneDrive for Business がプレインストール済み、リモート デスクトップ。


セキュリティ

優れたセキュリティ性能を持ち、システムとアプリの更新プログラムが利用可能なほか、高い互換性も実現。最新の脅威からデバイスやインフラストラクチャを保護:トラスト ブート、ハードウェア ベースの資格情報保護、BitLocker、Windows Hello9、Windows Hello コンパニオン デバイス10、生体認証のサポート、Azure AD デバイスへの参加とクラウドでホストされているアプリへのシングル サインオン、Windows 情報保護11、データの分割および格納、Device Guard、VPN のアプリ機能、FIPS 140 および情報セキュリティ国際評価基準 (Common Criteria) 認証済み17


管理と展開

デバイスおよびアプリの管理と展開に威力を発揮する強化された管理機能:モバイル デバイス管理、条件付きアクセス、ビジネス向け Windows ストア、LOB アプリのサイドローディング、AppLocker、動的プロビジョニング、Assigned Access、IoT 向けバックグラウンド アプリ。

Windows 10 モバイルの詳細については、ここをクリックしてください。

生産性 & ユーザー エクスペリエンス

使い慣れた操作性と生産性の高いエクスペリエンス:カスタマイズ可能なスタート画面とアクション センター、音声、タッチ、ジェスチャー、Continuum for phones1、Cortana2、Microsoft Edge 読み取りビュー PDF リーダー、Outlook Mail、カレンダー、Office と OneDrive for Business がプレインストール済み、リモート デスクトップ。


セキュリティ

優れたセキュリティ性能を持ち、システムとアプリの更新プログラムが利用可能なほか、高い互換性も実現。最新の脅威からデバイスやインフラストラクチャを保護:トラスト ブート、ハードウェア ベースの資格情報保護、BitLocker、Windows Hello9、Windows Hello コンパニオン デバイス10、生体認証のサポート、Azure AD デバイスへの参加とクラウドでホストされているアプリへのシングル サインオン、Windows 情報保護11、データの分割および格納、Device Guard、VPN のアプリ機能、FIPS 140 および情報セキュリティ国際評価基準 (Common Criteria) 認証済み17


管理と展開

デバイスおよびアプリの管理と展開に威力を発揮する強化された管理機能:モバイル デバイス管理、条件付きアクセス、ビジネス向け Windows ストア、LOB アプリのサイドローディング、AppLocker、動的プロビジョニング、Assigned Access、IoT 向けバックグラウンド アプリ、更新プログラムの管理、Current Branch for Business、テレメトリの制御。

Windows 10 モバイルの詳細については、ここをクリックしてください。

ビジネスを Windows 10 にアップグレードビジネスを Windows 10 にアップグレードビジネスを Windows 10 にアップグレードビジネスを Windows 10 にアップグレード

ビジネスを Windows 10 にアップグレード

デバイスを Windows 10 にアップグレードして、史上最も安全な Windows にアクセスしましょう。

Windows 10 Enterprise を試す

90 日間の試用版、導入に役立つツール、ステップ バイ ステップ ガイド、その他のリソースをご確認ください。

法的情報
  • 1Continuum 対応スマートフォンに限定されます。外部モニターで HDMI 入力がサポートされている必要があります。アプリのエクスペリエンスは異なります機能には別売りの Continuum 対応アクセサリが必要な場合があります。
  • 2Cortana は、一部の市場でのみご利用いただけます。エクスペリエンスは、地域やデバイスによって異なる場合があります。Cortana は Education edition では無効化されています。
  • 3タッチスクリーンを備えたタブレットもしくは PC が必要です。
  • 4ハードウェア依存の機能になります。ペンは別売りの場合があります。
  • 5Home SKU では MDM の一部の機能はご利用いただけません。MDM には Microsoft Intune や他社製のソリューション(別売り)が必要です。
  • 6Azure Active Directory Premium のサブスクリプションが別途必要です。
  • 7一部の市場でのみご利用いただけます。機能とアプリは市場とデバイスによって異なります。
  • 8App-V サーバー (Windows 10 アセスメント & デプロイメント キットの一部として追加料金なしで利用可能) または System Center Configuration Manager (別売り) が必要です。
  • 9生体認証を伴う Windows Hello を使用するには、指紋リーダー、照明付き IR センサー、その他の生体認証センサーなど、専用のハードウェアが必要です。Windows Hello の資格情報/キーのハードウェア ベース保護には、TPM 1.2 以上が必要です。TPM が存在しない場合または構成されていない場合は、資格情報/キーの保護がソフトウェア ベースになります。
  • 10コンパニオン デバイスは、Bluetooth で Windows 10 PC とペアリングする必要があります。サインイン中の Windows 10 PC にある Windows Hello 資格情報によってユーザーが Windows Hello コンパニオン デバイスを使用する場合、Pro または Enterprise エディションが必要です。
  • 11Windows Information Protection (以前のエンタープライズ データ保護 (EDP)) では、設定管理のためにモバイル デバイス管理 (MDM) または System Center Configuration Manager が必要です。Active Directory を使用すると管理が容易になりますが、必須ではありません。
  • 12InstantGo、またはデバイス暗号化 HCK テストに合格したデバイスが必要です。
  • 13TPM ベースのキー保護には TPM 1.2 以上が必要です。
  • 14トラスト ブート UEFI 2.3.1 以上が必要です。Intel VT-x、AMD-V、SLAT などの仮想化拡張機能を有効にする必要があります。64 ビット バージョンの Windows にのみ対応し、Intel VT-d、AMD-Vi などの IOMMU が必要です。BIOS Lockdown。デバイス状態構成証明には TPM 2.0 が推奨されます (TPM 2.0 がない場合はソフトウェアを使用)。
  • 1515 - Windows Device Health Attestation Service はアクセス制限を実施したい場合に使用できます。アクセス制限はモバイル デバイス管理 (Microsoft Intune など) やその他の管理システム (SCCMなど) により有効化できます。
  • 16Azure Active Directory のサブスクリプションが別途必要です。
  • 1Continuum 対応スマートフォンに限定されます。外部モニターで HDMI 入力がサポートされている必要があります。アプリのエクスペリエンスは異なります機能には別売りの Continuum 対応アクセサリが必要な場合があります。
  • 2Cortana は、一部の市場でのみご利用いただけます。エクスペリエンスは、地域やデバイスによって異なる場合があります。
  • 3生体認証を伴う Windows Hello を使用するには、指紋リーダー、照明付き IR センサー、その他の生体認証センサーなど、専用のハードウェアが必要です。Windows Hello の資格情報/キーのハードウェア ベース保護には、TPM 1.2 以上が必要です。TPM が存在しない場合または構成されていない場合は、資格情報/キーの保護がソフトウェア ベースになります。
  • 4コンパニオン デバイスは、Bluetooth で Windows 10 PC とペアリングする必要があります。サインイン中の Windows 10 PC にある Windows Hello 資格情報によってユーザーが Windows Hello コンパニオン デバイスを使用する場合、Pro または Enterprise エディションが必要です。
  • 5Windows Information Protection (以前のエンタープライズ データ保護 (EDP)) では、設定管理のためにモバイル デバイス管理 (MDM) または System Center Configuration Manager が必要です。Active Directory を使用すると管理が容易になりますが、必須ではありません。
  • 6Microsoft は Lumia 950、950 XL、550、635 で動作する Windows 10 Mobile の情報セキュリティ国際評価基準 (Common Criteria) 認証を取得しており、適切に実装されたセキュリティ制御と暗号化機能のもと安心してご利用いただけます。
  • 1Continuum 対応スマートフォンに限定されます。外部モニターで HDMI 入力がサポートされている必要があります。アプリのエクスペリエンスは異なります機能には別売りの Continuum 対応アクセサリが必要な場合があります。
  • 2Cortana は、一部の市場でのみご利用いただけます。エクスペリエンスは、地域やデバイスによって異なる場合があります。Cortana は Education edition では無効化されています。
  • 3タッチスクリーンを備えたタブレットもしくは PC が必要です。
  • 4ハードウェア依存の機能になります。ペンは別売りの場合があります。
  • 5Home SKU では MDM の一部の機能はご利用いただけません。MDM には Microsoft Intune や他社製のソリューション(別売り)が必要です。
  • 6Azure Active Directory Premium のサブスクリプションが別途必要です。
  • 7一部の市場でのみご利用いただけます。機能とアプリは市場とデバイスによって異なります。
  • 8App-V サーバー (Windows 10 アセスメント & デプロイメント キットの一部として追加料金なしで利用可能) または System Center Configuration Manager (別売り) が必要です。
  • 9生体認証を伴う Windows Hello を使用するには、指紋リーダー、照明付き IR センサー、その他の生体認証センサーなど、専用のハードウェアが必要です。Windows Hello の資格情報/キーのハードウェア ベース保護には、TPM 1.2 以上が必要です。TPM が存在しない場合または構成されていない場合は、資格情報/キーの保護がソフトウェア ベースになります。
  • 10コンパニオン デバイスは、Bluetooth で Windows 10 PC とペアリングする必要があります。サインイン中の Windows 10 PC にある Windows Hello 資格情報によってユーザーが Windows Hello コンパニオン デバイスを使用する場合、Pro または Enterprise エディションが必要です。
  • 11Windows Information Protection (以前のエンタープライズ データ保護 (EDP)) では、設定管理のためにモバイル デバイス管理 (MDM) または System Center Configuration Manager が必要です。Active Directory を使用すると管理が容易になりますが、必須ではありません。
  • 12InstantGo、またはデバイス暗号化 HCK テストに合格したデバイスが必要です。
  • 13TPM ベースのキー保護には TPM 1.2 以上が必要です。
  • 14トラスト ブート UEFI 2.3.1 以上が必要です。Intel VT-x、AMD-V、SLAT などの仮想化拡張機能を有効にする必要があります。64 ビット バージョンの Windows にのみ対応し、Intel VT-d、AMD-Vi などの IOMMU が必要です。BIOS Lockdown。デバイス状態構成証明には TPM 2.0 が推奨されます (TPM 2.0 がない場合はソフトウェアを使用)。
  • 1515 - Windows Device Health Attestation Service はアクセス制限を実施したい場合に使用できます。アクセス制限はモバイル デバイス管理 (Microsoft Intune など) やその他の管理システム (SCCMなど) により有効化できます。
  • 16Azure Active Directory のサブスクリプションが別途必要です。
  • 17Microsoft は Lumia 950、950 XL、550、635 で動作する Windows 10 Mobile の情報セキュリティ国際評価基準 (Common Criteria) 認証を取得しており、適切に実装されたセキュリティ制御と暗号化機能のもと安心してご利用いただけます。