Home > 動画ライターの砂流さんが伝授! 動画クリエイターになるためのステップ

家族 3 人の写真

スマホにデジカメ、ビデオ カメラ、など手軽に動画が撮れるようになり、今や誰でも自分の作品をネットで配信できる時代。YouTube などの動画サイトで活躍する動画クリエイターは、大きな社会現象にもなっているほどです。憧れのクリエイターに自分もなってみたいけど、動画を投稿するのに何が必要かわからない・・・。そんな方のために、動画づくりのテクニックをライターの砂流さんが教えます。

動画クリエイターというとプロフェッショナルな感じがして「高価な機材が必要じゃないの?」と思う人も少なくないでしょう。しかし、普段使っているものを組み合わせれば、すぐにでも動画の撮影や編集を始められるのです!

まず必要になるのが、動画を撮るためのカメラ。より高いクオリティで撮影するなら、ビデオ カメラか一眼レフ カメラがおすすめです。ビデオ カメラはどんな場所でも撮影するのに向いているタイプのものを選びましょう。ズームの性能が良い製品も多いので、好みのアングルでの撮影がしやすいのがポイントです。
一眼レフ カメラは、背景をぼかすなど「プロっぽい」絵作りができるタイプのものを。アングルにこだわった動画を作るときに使うと、仕上がりがグンと良くなります。

カメラの写真

手軽に高いクオリティで撮影するならビデオ カメラ。見栄えにこだわったクオリティの高い動画を撮るなら一眼レフ カメラがおすすめです。 


ビデオ カメラや一眼レフ カメラの難点はコストがかかること。新しく買うとなるとそれなりの出費が必要になります。まず動画を始めてみるというスタンスなら、スマートフォンのカメラ機能を活用するのも良いでしょう。最近のスマートフォンは 4K 動画の撮影ができるものもあり画質はそれほど気になりませんが、注意したいのは手ぶれ。手ぶれの多い動画は観づらく、視聴者には敬遠されがちです。手ぶれを抑える「スタビライザー」を使えば、動いて撮影してもスムーズな動画を撮影できます。
 

スタビライザーの写真

「まずは動画を撮りたい!」という場合なら、スマートフォンを使いましょう。ただし、手ぶれがしやすいので、手ぶれを軽減する「スタビライザー」を活用すると高いクオリティの動画を撮れます。


固定のアングルを撮影するとき、手持ちだと手ぶれが生じがち。三脚でカメラを固定するとクオリティがぐんと上がります。スマホなら、壁などに立てかけて撮影するのも良いでしょう。

 

動画というと映像に気を惹かれがちですが、重要なのは音声。映像が目に届くよりも音声が耳に届く速度が速いため、視聴者は映像よりも音声のクオリティが気になってしまうのです。つまり、音質が悪かったりノイズが走ったりすると、数秒でウィンドウを閉じられてしまいます。多くの人に観てもらえる動画を作るなら、音声には十分な注意が必要です。
例えば、実況動画を作るなら卓上マイクを活用するのがおすすめ。指向性が強いものを選ぶと、話している人以外の音を拾いにくいので、周囲の雑音をカットできます。
 

マイクの写真

指向性とは、どの方向の音を集音できるかという特性のこと。実況のように定位置で話す人の声を録音したい場合は、その人からの方向の音声を録音するのに優れたマイクを選びましょう。指向性が高いほど、周りの雑音を拾いにくくなります。


動いている人のおしゃべりをキレイに録音するなら、本人に取り付けられるピン マイクが向いています。移動しながらさまざまな音を一緒に収録するのに向いているのが、カメラに取り付ける外付けマイク。カメラの内蔵マイクではキレイに録音できないので、環境音が重要な動画の場合は必須のアイテムです。

 
外付けマイクの写真

ピン マイクは動きながらのおしゃべりを録音するのに最適。最近はワイヤレスで録音できるものもあります。波の音や街の音といった環境音も収録するなら、カメラに取り付けられる外付けマイクを使いましょう。屋外での録音をするなら、風の音を防止する風防があると良いでしょう。


撮影した動画を作品にまとめるのに必要なのが PC と動画編集アプリです。動画編集の PC を選ぶときにポイントとなるのが「GPU」で、グラフィック関連の全般を処理する部品です。GPU が搭載されていると、動画編集が快適になり、編集した動画をファイルに変換する「エンコード」と呼ばれる作業も劇的に速くなります。GPU を搭載した PC でおすすめなのが「ゲーミング PC」。3D グラフィックスを多用したゲームをスムーズに動作させるためにハイスペックな GPU と CPU が搭載されているので、動画の編集も楽々こなせます。ただし、スペックが上がるほど高価になるので、新たに購入するときはお店の方に相談すると良いでしょう。
 

PC のイメージ写真

ゲーミング PC は、ハイスペックな CPU と GPU を搭載。動画の編集も快適にこなせます。持ち歩くならノート型、家でじっくり編集するならデスクトップ型がおすすめです。


動画編集ができるアプリは数多くありますが、より手軽にクオリティの高い動画を作りたいなら、Windows 10 の「フォト」アプリを活用しましょう。素材を選ぶだけで AI が動画を自動で作成する機能もあるので、とにかく手軽に作れます。もちろん、自分で編集することも可能。3D エフェクトといった高度な編集も手軽にできるので、はじめての動画編集にピッタリなアプリです。さらに高度な編集が必要な場合は、有料の動画編集アプリを使うのもいいでしょう。
 

Windows 10 の「フォト」アプリイメージ図

Windows 10 の「フォト」アプリは、動画の編集もできるアプリ。素材を選ぶだけで AI が自動で動画を作成する機能があり、そのできた動画を自分でアレンジするといった使い方もできます。もちろん、カット割りや演出などこだわって編集することも可能です。


YouTube などの動画サイトでは自分のアイコンが表示されますが、アイコンに好きな画像を設定することもできます。動画を投稿していくなら、自分だという目印のアイコンもこだわって作っておきたいところ。「ペイント 3D」アプリを使えば、アイコンを簡単に作れます。

YouTube の動画の下に投稿者の名前が表示されていますが、その横にあるのがアイコンです。アイコンを作るのに手軽なのは、自分の写真や好きな写真を加工して作る方法。まず、アイコンにしたい範囲を、「ペイント 3D」アプリでトリミングしてみましょう。 
 

「ペイント 3D」アプリのトリミング: ドラッグ アンド ドロップイメージ図

「ペイント 3D」アプリを起動したら「新規作成」をクリックします。キャンバスが表示されたら、「フォト」アプリなどから、アイコンの素材になる写真をドラッグ アンド ドロップします。


「ペイント 3D」アプリのトリミング: トリミングイメージ図
「ペイント 3D」アプリのトリミング: トリミング完成イメージ図

「トリミング」をクリックしたら、「1:1」のアイコンをクリックします。これで正方形のトリミングができるようになりました。あとはアイコンにしたい範囲を指定して、「完了」をクリックします。


正方形の画像が用意できたら、次に大きさを変更します。YouTube では、アイコン サイズは 800 × 800 ピクセルの画像が推奨されているので、そのサイズに変更して保存します。これでアイコン作りは完了です!
 

「ペイント 3D」アプリのキャンパス: キャンパス編集画面イメージ図
「ペイント 3D」アプリのキャンパス: キャンパス編集画面保存イメージ図

「キャンパス」をクリックします。「縦横比を固定する」にチェックが入っていることを確認したら、「幅」と「高さ」に「800」と入力。これでサイズが変更できました。あとは画面左上の「メニュー」アイコンをクリックし、「名前を付けて保存」を選択してファイルを保存します。


「ペイント 3D」アプリは、写真の加工だけでなく、自分でイラストを描くこともできるので、手書きのオリジナル アイコンを作るのもカンタンです。また、3D モデルを組み合わせれば、ユニークなアイコンが作れるので、ぜひ試してみましょう!
 

「ペイント 3D」アプリのブラシ: ブラシ編集画面イメージ図

準備ができたら YouTube を設定してみましょう。YouTube には「マイ チャンネル」というページがあり、ここに自分の動画が公開されます。はじめに作成したアイコンを設定し、そのあと動画を作って投稿してみましょう。

YouTube のアイコンを設定するには、Google アカウントを使って YouTube にログインします。もし、Google アカウントを持っていない場合は、あらかじめ作成しておきましょう。
 

YouTube : マイ チャンネル画面イメージ図
YouTube : マイ チャンネル編集画面イメージ図
YouTube : 写真アップロード編集画面イメージ図

YouTube を表示したら、画面右上の自分のアイコンをクリックし、「マイ チャンネル」を選択します。マイ チャンネルが表示されるので、自分のアイコンをクリック。「写真をアップロード」をクリックし、アイコンの画像ファイルを選択すれば設定できます。なお、アイコンが反映されるまでに時間がかかることがあります。


YouTube へ動画をアップするにはいくつか方法がありますが、「フォト」アプリなら YouTube へ直接アップロードが可能。もっとも手軽な方法なので、まずは試してみるのがおすすめです。
 

Windows 10 「フォト」アプリ: 編集画面イメージ図
Windows 10 「フォト」アプリ: YouTube アップロードイメージ図
Windows 10 「フォト」アプリ: YouTube アップロード編集イメージ図

「フォト」アプリで動画を作成して保存したら、「ソーシャル メディア~」をクリックし、「YouTube にアップロード」をクリックします。あとは、動画のタイトルや説明、公開範囲を選択し、「アップロード」をクリックすれば、動画が公開されます。なお、操作の途中でログイン画面が表示されたら、Google アカウントでログインします。


動画の作成は一昔前に比べたらとてもカンタンにできるようになりました。スマートフォンやパソコンをお持ちなら、とりあえずその機材だけでも動画が作れます。いろいろ試してみて、みんなが楽しめる動画作りに挑戦してみましょう!
 

砂流恵介氏の写真

砂流恵介 (すながれ・けいすけ) 動画ライター
1983 年広島県生まれ。秋葉原の PC ショップ販売員を経て、日本エイサーにて宣伝・広報を担当。2014 年 1 月に独立。動画ライターの先駆け的存在として幅広い分野で活躍中。


ニュースレター

購読にはマイクロソフトアカウントが必要です。

Microsoft atLife

Microsoft 製品、サービスに関する最新情報、
さまざまなキャンペーン情報を、毎月お届けします。

Microsoft の最新情報やキャンペーン情報はこちら

Windows ニュースレター

Windows の最新情報、お得なキャンペーン情報、
便利な使いこなしなどを毎月お届けします。

Windows の最新情報やキャンペーン情報はこちら

Microsoft Office

Office の製品情報やお役立ち情報を、
毎月お届けします。

Office の製品情報やお役立ち情報はこちら

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。