Windows 10 のブラウザー Microsoft Edge の知って得する使い方 - Microsoft atLife

Windows 10 標準搭載ブラウザー!知って得する Microsoft Edge (マイクロソフト エッジ) の使い方

普段インターネットで検索している情報を、もっと上手に活用したい! という方にオススメの新しいブラウザーが誕生しました。それが Windows 10 に搭載された Microsoft Edge (マイクロソフト エッジ) です。Microsoft Edge のまったく新しい機能によって、インターネット上の情報がより使いやすいものになります。

Microsoft Edge (マイクロソフト エッジ) とは?

Microsoft のブラウザーといえば Internet Explorer (インターネット エクスプローラー、通称 IE) を想像する方も多いと思います。Microsoft Edge とは、Windows 10 から標準搭載されたブラウザーです。
Windows 10 には、使い慣れた Internet Explorer 11 も搭載されていますが、こちら が従来の Web ブラウザーの特長を受け継いでいるのに対し、Microsoft Edge は積極的にインターネットの情報を「活用」する工夫が凝らされています。

Internet Explorer 11 と Microsoft Edge はどう違う?

「IE の延長では?」と考える方も多いかも知れませんが、Microsoft Edge は Internet Explorer 11 とは違うレンダリング エンジンを搭載しているので、中身がまったく違うシステムのブラウザーになります。
使ってまず驚くのが「スピードの速さ」です。起動時や検索時の速度を Internet Explorer と比べると明らかにすばやく動くのがわかります。
また、今までにない機能として、Web ページに手書きができる「Web ノート」があります。新しく作成した手書きやテキストのメモを Web ページに保存し、OneDrive (ワン ドライブ) や OneNote (ワン ノート) を利用して情報を共有するなどして、これまでとは違った Web ページの使い方と楽しみ方ができるようになっています。

将来的には Cortana (コルタナ) による音声指示や拡張機能の搭載なども予定されており、これからどのように進化していくか楽しみなブラウザーが Microsoft Edge なのです。


Internet Explorer 11 のスタート画面


Microsoft Edge のスタート画面
Microsoft Edge はかなりシンプルなインターフェイスとなります。

それでは実際に Microsoft Edge で新しく使えるようになった機能の一部を詳しくご紹介します。

目次

  1. 1. Web ページに手書き入力ができる
  2. 2. 読み取りビューで必要な情報だけを表示する

 1. Web ページに手書き入力ができる

たとえば、気になる記事にハイライトしたりコメントを入れたり、それを即座に共有したい時、Microsoft Edge ならタッチスクリーンやマウスでマーカーやペンを使って画面へメモや注釈が書き込めます。また、加工したページは画像としてメールに添付したり、OneNote や SNS などで共有したりすることもできます。
これまで画面キャプチャを取ってから画像に加工していた手間に比べると、Microsoft Edge であれば 1 ステップでこれらの操作が可能です。

Web ノートを作ってみよう!

Web ページ上の情報を分かりやすく加工した、自分専用の「Web ノート」が簡単に作れます。Web ページを開いたら、左上にある [Web ノートの作成] ボタンをクリックして操作します。

1. 気になる記事にマーカーでチェック!

[Web ノートの作成] ボタンを押すと表示される [ペン] や [蛍光ペン] をタッチスクリーンやマウスを使って操作すれば、Web ページ内に思いとおりに加工できます。文字の強調、手書きコメント、また [コメントの追加] では詳細なコメントを書き込むこともできます。

2. クリップ

Web ページを画像として保存するには [クリップ] を使います。画像はクリップボードにコピーされるので、ペイントなどの画像編集ソフトを使ってファイルとして保存すれば、メールに添付することができます。

3. 共有

作成した Web ページは、[共有] ボタンで OneNote や Twitter、メッセージなどですぐに情報を共有することができます。

TipsTipsOneNote で自分だけのスクラップブックを作ろう!

気になるニュースや行きたいお店、後でゆっくり見返したいコンテンツなどは、Microsoft Edge で「Web ノート」を作成して、OneNote で OneDrive 内に保存すれば、スマホや他の PC、タブレットを使ってもチェックできます。自分だけのスクラップ ブックを作って、Web ページを上手に活用しましょう!


Microsoft Edge の [共有] ボタンから手書き入力したページを OneNote に貼り付け可能!

このページの TOP に戻る

 2. 読み取りビューで必要な情報だけを表示する

「読み取りビュー」とは、Web ページの中の必要な情報だけを表示するモードです。記事とは関係ない画像や広告などを取り除いて、シンプルで読みやすい形に表示して記事を持ち運ぶことも可能です。

アドレス バーの右横にある [読み取りビュー] ボタンをクリックすると、表示が簡略化されて読みたい記事だけを読むことができます。
※すべての Web ページが対応しているわけではありません。


通常時の表示 [拡大図] 新しいウィンドウで開きます


読み取りビュー [拡大図] 新しいウィンドウで開きます

TipsTipsリーディング リストに保存してみよう!

リーディング リストとは?

後で読みたいコンテンツを時系列で整理して管理できる機能が「リーディング リスト」です。これと似ている機能に「お気に入り」がありますが、「お気に入り」がよく開く Web サイトを登録するのに適しているのに対し、「リーディング リスト」はニュースなどの記事を登録するのに適しています。最初に最近追加された項目が表示され、古い項目はスクロールできるタイムラインに沿って表示されるので、気になる記事や後で読みたい記事を「リーディング リスト」に登録しておけば、外出先や移動中に効率よく読むことができます。

★マークをクリックして [リーディング リスト] を選び、[追加] ボタンを押します。
左上にある [リーディング リスト] ボタンを押すと、登録したページがリストとして表示されます。

※ Microsoft Edge に Microsoft アカウント (MS アカウント) でサインインすれば、Windows 10 がインストールされているすべてのデバイスで、「リーディング リスト」をみることができます (PC、タブレット、Windows phone など)。

このページの TOP に戻る

使いこなせばわかる超便利ブラウザー「Microsoft Edge」

Windows 10 から加わった Microsoft Edge は、使うほどに便利さを実感できるブラウザーです。これまでのブラウザーはインターネットから情報見やすくするための機能を追求してきましたが、これからは情報をカスタマイズし、いつでもどこからでもアクセスし、上手に活用する時代へと変化していきます。Microsoft Edge はこれからもバージョンアップを重ねる度に、使いやすく、機能も充実していきます。新登場した Windows 10 の新しいブラウザー Microsoft Edge を体験してみてください。

このページの TOP に戻る

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。