Windows 10 注目の新機能 「仮想デスクトップ」 で複数の画面を自由自在に!

毎日使っている PC のデスクトップ画面。あれもこれも作業しているうちに、デスクトップがファイルや開きっぱなしのソフトウェアでいっぱいになっていることはありませんか? Windows 10 の新機能 「仮想デスクトップ」 を使えば、仕事用、プライベート用など用途に合わせてデスクトップを切り替えて、作業を効率化することができます。

仮想デスクトップとは?

これまでの OS はデスクトップ画面が一つのみでしたが、これを複数作れるのが 「仮想デスクトップ」 という機能です。用途ごとにデスクトップの切り替えが可能なので、作業を効率的に進めることができます。またデスクトップの数は上限なく追加することができるので、限られた画面を分割せずに、一つのソフトウェアをそれぞれ全画面で表示して使うことも可能です。

たとえば、デスクトップ 1 に仕事用の Excel (エクセル) と PowerPoint (パワーポイント) を開き、デスクトップ 2 にプライベート用のブラウザーと OneNote (ワンノート) を開きます。ひとつのデスクトップに 4 つのウィンドウを開いて使い分けるのに比べ、用途に合わせてデスクトップが切り替え可能なので、目的の異なる作業を並行して進められて効率的です。
それでは早速具体的な使い方を見ていきましょう。

仕事で資料を作るとき、Excel の集計データを PowerPoint で加工して報告書を作成するというケースは多くあります。
ここでは、まず 「仕事用のデスクトップ」 と仮定して Excel と PowerPoint を開きます。タスク バーにある「タスク ビュー」のアイコンをクリックすると「タスク ビュー」が開き、ウィンドウの一覧が表示されます。

次に画面右下に現れる「新しいデスクトップ」をクリックすると 「デスクトップ 2」 が作成されます。
こちらは 「プライベート用のデスクトップ」 と仮定してブラウザーと OneNote を起動します。
デスクトップ画面を切り替えたい時は最初と同じように 「タスク ビュー」 のボタンをクリックすれば、任意のデスクトップを選ぶことができます。

TipsTips「仮想デスクトップ」 のショートカット キーでもっと時短!

仮想デスクトップのショートカット キーを使えば、毎回タスク ビューを開くことなくキーボードの操作だけで仮想デスクトップを開いたり、切り替えたりすることが可能です。

新しいデスクトップを作成

[Windows ロゴキー ] + [Ctrl] + [D]

デスクトップを切り替える

[Windows ロゴキー ] + [Ctrl] + [←]/[→]

使わない仮想デスクトップを閉じる

[Windows ロゴキー ] + [Ctrl] + [F4]

タスク ビューを使いこなすコツ

タスク ビューは、上記でご紹介した仕事用、プライベート用など用途ごとに作成した仮想デスクトップを切り替えるのに役立つほか、同時進行している別作業などにも応用できます。
たとえば、Excel のデータを使って PowerPoint で資料を作っている最中に同じ Excel のデータを別の用途でも使いたい場合は、開いているソフトウェアをそのまま別のデスクトップへ移動させることも可能です。

「タスク ビュー」ボタンをクリックして、仮想デスクトップで開いているウィンドウを任意のデスクトップにドラッグすると、簡単に移動することができます。

TipsTips「タスク ビュー」のショートカット キーも活用しよう!

タスク ビューのショートカット キーを覚えれば、すばやくソフトウェアやデスクトップの切り替えが可能です。

タスク ビューの起動、終了

[Windows ロゴキー ] + [Tab]

ウィンドウの切り替え

[←]or[→] + [Enter]

「タスク ビュー」の基本的な使い方を応用すれば、同じ仕事用でもプロジェクトごと、あるいはワークフローごとにデスクトップを作り必要なデータのみを移動することも可能です。毎回ソフトウェアを開いたり閉じたりする必要がなくなるので、時間の節約にも繋がります。

また、作成した仮想デスクトップは、PC をシャットダウンしても次回起動時まで維持されるので、毎日行う作業がある場合でも、同じ環境で進められるので安心です。ウィンドウやデスクトップを自由に切り替えることが出来る便利な「タスク ビュー」。Windows 10 で強化されたこのマルチタスク機能を使えば仕事やプライベートだけでなく、あなたのアイデア次第で作業はもっと効率化できます。

このページの TOP に戻る

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。