Home > キャンペーン > Surface Book スペシャルサイト > フォトグラファーのための Surface Book 活用術【第 1 回】

高解像度ディスプレイに、取り外し可能なフルサイズのキーボードを備えた Surface Book。一見タブレットのようだが、フォトグラファーの使用にも十分応える Windows ノートだ。そこで、BOCO 塚本氏がその性能を 3 回連載で検証する。第 1 回は、ノート PC としての基本性能について詳しく見ていく。
マイクロソフトといえば、Windows OS や Word、Excel などの Office で有名なソフトウェアメーカーです。そのマイクロソフトが、2016 年 2 月にノート PC の Surface Book を発売しました。マイクロソフトのハードウェアとしては、Surface と Surface Pro が先に発売されていますが、これらはタブレットです。Surface Book は、タブレットではなくノート PC です。

写真:Surface Book
皆さんは、2 in 1 タイプの Windows ノートというのをご存知でしょうか。液晶モニター部分を分離してタブレットとしても使用できるタイプのノート PC を 2 in 1 と呼ぶようです(モニターが取り外せなくて回転するタイプも含む)。恥ずかしながら私は、Surface Book のテストをするまで 2 in 1 を知りませんでした。モニター部が外せるタイプが存在することは知っていましたが、撮影や画像処理に使用するにはスペック不足の機種が多いため、興味がなく、全くチェックしていませんでした。

しかし、この Surface Book はフォトグラファーの作業に充分使える性能を持っています。処理速度・バッテリー駆動時間の長さ・正確なディスプレイ表示などトータルで使える 1 台です。

Surface Book は、13.5 インチ液晶の1サイズのみとなっていて、CPU・メモリー・SSD・GPU(グラフィックカード)の有無によってモデルが異なります。外観の違いからモデルを見分けることはできません。重さは GPU の有無で 63g の差があるだけで、GPU ありモデルが 1,579g、GPU 非搭載モデルが 1,516g です。13 インチクラスの Windows ノートは 1,000g 前後のものが多いので、このクラスとしては重量級です。ハイパワーな CPU を 12 時間駆動させるためには、どうしてもこれくらいの重量になるのでしょう。サイズと重さに関しては、MacBook Pro 13 インチとほぼ同じです。
写真:Surface Book
無駄がなく美しいデザイン。

写真:Surface Book 表面
マグネシウムアルミ合金のボディには継ぎ目がない。

「Surface Book」は、ボディにマグネシウムアルミ合金を使用し、表面は金属光沢のあるマット調です。アルミと比べて、少し濃いグレートーンで高級感のある仕上がりになっています。また、ボディの加工は削り出しのようで、継ぎ目がありません。写真ではわかりにくいですが、非常に高い質感を持っていますので、ぜひ実物を確認してください。

写真:Surface Book ディスプレイ部分側面
ディスプレイ部の側面には、細かい放熱孔が空いている。

CPU、SSD、メモリーなどのメインパーツは、ディスプレイの裏側に収められています。熱を持つのはディスプレイ側なので、ぐるっと放熱孔が見られます。これに内蔵ファンで冷却しますが、大量の RAW 現像を行なうとかなり熱を持ちます。ファンの音は小さめですが、高い音を出しますので人によっては少しうるさく感じるかもしれません。

作りで特徴的なのは、キーボード部とディスプレイ部をつなぐヒンジの構造です。「Surface Book」は、タブレットとして駆動するためにディスプレイ部にもバッテリーを搭載しています。結果、キーボード部のほうが軽くなるため、通常の単純なヒンジでは後ろに倒れてしまうのです。閉じるとキレイに二つ折りになりますが、開くとキーボード側の奥行きが延びる形になり、うまい具合にバランスがとれます。また、ヒンジには 4 ヵ所の可動部があり、開くときにはキーボード側から順に動いていきます。それぞれの固さが変えてあって、開き始めはキーボード部を押さえなくても片手で軽く動きます。90° あたりから抵抗が増え、重いディスプレイ部をしっかり支えています。こういった細部の作りにも、質感へのこだわりが感じられます。

写真:Surface Book ヒンジ部分開きはじめ
独特の動き方をするヒンジ部分。

写真:Surface Book ヒンジ部分 90%開いた状態
写真:Surface Book 閉じた状態の側面
ディスプレイを閉じた状態を横から見たところ。

このヒンジのおかげで、ディスプレイを閉じた時にキーボードとの間に少し隙間ができます。移動時にカバンに詰め込むとしなりそうですが、ヒンジ部とボディがしっかりしているので手で押したぐらいではビクともしません。この隙間でディスプレイ表面とキーが触れることがなく、ディスプレイのキズ防止にもなっているようです。
ディスプレイは、3000pixel × 2000pixel の 3:2 のアスペクト比です。16:9 の FHD 比率が多い中で、これは写真向きと言えるでしょう。16:9 だと、縦位置写真を扱う場合に無駄な面積が増えてしまうので、これは嬉しい設定です。解像度が 267ppi で、sRGB100% カバーの IPS パネルを採用しているので、大変細かく印刷に近い状態で表示できます。

写真:Surface Book ディスプレイ
3:2 のアスペクト比を持つディスプレイ。

表面は光沢(グレア)仕上げで、1800:1 のコントラストと相まって、締まった黒を再現できるメリハリのある画面表示になっています。ノングレア(非光沢)の設定はありません。屋外での画像チェックには少し厳しいかもしれません。ノングレア(非光沢)が選べるようになると嬉しいですね。

このディスプレイは表面の仕様以外は非常に良くできていますので、この連載の後半で更に詳細なレポートをお届けしようと思います。パネル表面保護を兼ねてノングレアのシートを貼ってみようと思っていますので、レポートを楽しみにしてください。

写真:Surface Book ポート部分
左: MiniDisplayPort 電源、右: USB3.0 FullSD

ドッキングステーション
別売のドッキングステーション。

ほとんどの 13 インチノートがそうであるように光学ドライブは搭載されていません。ポート類も、USB 3.0 が 2 ポートとフルサイズ SD カードスロットとミニディスプレイポートが各 1 つずつあるだけです。写真には写っていませんが、ディスプレイの上端左側には、電源ボタンと音量調整ボタン、右側にはイヤホンジャックが装備されています。ただし有線 LAN と HDMI のインターフェイスはありません(別売の変換アダプターを併用すれば、有線 LAN も HDMI も対応可能)。

撮影作業では、これくらいの拡張性で充分に満足できるでしょう。このクラスのノート PC は本来、サブノートとして使用されることが前提です。デスクトップ PC などがあって、データを共有する方法が一般的なのでしょう。そして有線 LAN ポートはありませんが、ほぼ同じ通信速度の 802.11ac 規格の無線 LAN を装備しているので、問題はないでしょう。ただし、Wi-Fi 環境が 802.11ac に対応している必要があります。

これ以上に拡張性を求めるなら、別売のドッキングステーションがあります。これを使えば有線 LAN とミニディスプレイポート × 2、USB ポート × 4 の追加ができます。ドッキングステーションは、Surface Book に外部モニターを接続して、デスクトップ PC の代わりに使用する際のアダプターです。
写真:Surface Book キーボード
ディスプレイ部の取り外しキー。

写真:Surface Book ディスプレイ取り外し時の表示
取り外しできます

Surface Book の大きな特長である 2 in 1 デバイスとしての使い勝手を見ていきましょう。キーボード右上デリートキーの隣の取り外しキーを長押しすると、「ガチャ」っと少し大きめの機械音がしてロックが外れます。「取り外しできます」のサインが出たら、ディスプレイ部を上に持ち上げるだけで簡単に外れます。

写真:Surface Book ディスプレイ取り外し時
3:2 のアスペクト比を持つディスプレイ。

タブレットとしてはかなり大きなサイズで、重量もそこそこあります。片手で持てなくはありませんが、長時間は辛いでしょう。また、取り外したキーボードとは通信をしないので、キーボードとして使用するにはもう一度取り付ける必要があります。

ディスプレイ部は、逆向きに取り付けることができます。完全に閉じると写真のように少し傾斜がつくので、ペンタブレット PC として使う場合に便利でしょう。この状態をマイクロソフトではキャンバスモードと呼んでいますが、GPU 内蔵モデルではこの状態で GPU が動作するというメリットがあります。

どちらのスタイルであってもキーボードは使えなくなりますので、Adobe Photoshop や Lightroom のように、キーボードショートカットが使いたいソフトには少しつらいです。そこで、こんな風に Bluetooth キーボード&マウスを組み合わせてみました。「出先で簡単にレタッチ」というには少し大げさですが、とても快適です。

写真:Surface Book ディスプレイを逆向きに取り付けた状態
写真:Surface Book ディスプレイを逆向きに取り付けて閉じた状態
ディスプレイを逆向きに取り付けた状態をキャンバスモードと呼ぶ。

写真:Surface Book と Bluetooth キーボード&マウス
キャンバスモードの Surface Book と、Bluetooth キーボード&マウスの組み合わせ。

マイクロソフトの Surface シリーズには、10.8 型タブレットの「Surface 3」と 12.3 型タブレットの「Surface Pro 4」があります。「Surface Pro 4」は、Intel Core シリーズの CPU を搭載し、パワーでは「Surface Book」に近いのですが、「Surface Book」はタブレットではなくれっきとしたノート PC です。名称やデザインが近いので混乱しそうですが、違うカテゴリーだと考えてください。

「Surface Book」の CPU は Intel Core i5 と i7 から選べます。マイクロソフトの製品 Web ページでは CPU モデルなど詳細はわかりませんが、今回のテストモデルは、Intel Core i7 6600U でした。

必ずしも正確な情報ではありませんが、私が集めた情報では、下記のような性能でしょう。
Intel Core i7 6600U
Intel Core i5 6300U
コア数
2 コア
2 コア
スレッド
4 スレッド
2 スレッド
動作周波数
2.6 GHz
2.4 GHz
最大動作周波数
3.4 MHz
3 MHz

Core i5 と i7 には動作周波数とスレッドの違いがあります。処理の速さは、コアの数と最大動作周波数の影響が大きく、動作周波数 0.4MHz の差は約 10% です。スレッドは同時に処理できる数で、i7 は i5 の 2 倍の 4 スレッドとなっていますが、i5、i7 ともに 2 コアのモデルですので、単純に 2 倍にはなりません。処理内容によって違いがありますが、Adobe Lightroom での RAW 現像では、10%~15% の差になります。

今回は両方を比較テストすることはできませんでしたが、あわせて 20% 強の違いになると予想できます。Surface Book には、Core i7 の 4 コアモデルは用意されていません。消費電力との兼ね合いで見送られているようです。動作周波数が同じなら、4 コアの方が 50% ほど処理時間が短くなります。多少バッテリー駆動の時間が短くなっても、選べるようになると良いですね。

Surface Bookと MacBook Pro の処理能力比較は、Shuffle の別記事で御園生大地さんが検証結果を掲載されています。MacBook が 15 インチなので、Core i7 の 4 コア CPU になっています。その分だけ MacBook Pro の方が処理が速くなっています。

《フォトグラファーのためのタブレット PC 活用術》
写真のプロから見た Surface Book の実力(御園生大地)

http://shuffle.genkosha.com/special/tablet/9084.html (別ウィンドウで開きます)

私は、Mac は OS 8 から、Windows は 2000 からのユーザーで、今でも両方の OS を併用しています。現在は、メインのデスクトップ PC が Intel Core i7 搭載の Windows 10 で、ロケ用のノート PC が MacBook Pro と Windows 10 ノートです。CPU・メモリー・ストレージなどハードウェアが同じ性能であれば、Mac と Windows の性能差はあまり感じません。ソフトによって Mac 版のほうが良い物と、Windows 版の方が良い物がありますが、処理速度に関しては比較的 Windows が有利です。私が普段使用しているソフトに限定すると、アドビの Photoshop CC、Photoshop Lightroom、Nikon の Capture NX-D は、Windows の方が快適に動作します。

Phase One の Capture One Pro、Canon の DPP は、私の常用ソフトではありませんので検証の必要があります。

さて、画像を扱う上で大事なカラーマネジメントの問題です。Windows はカラーマネジメントができていないから、写真やグラフィックには向かないと言われていた頃がありました。Windows 10 のカラーマネジメントは、全く問題ありません。ただ、OS がしっかり対応していても、ソフトウェアがその仕組を使わなければ効果はありません。

すべて検証できたわけではありませんが、Windows 付属ソフトウェアの「ペイント」と「フォト」は、カラーマネジメントに対応していませんでした。「ペイント」は古くから Windows に付属しているソフトウェアで、カラーマネジメントの概念すらなかった頃のソフトウェアです。「フォト」は最近のソフトウェアなので、いずれカラーマネジメントに対応すると思います。撮影やレタッチでは使用することのないソフトウェアですが、Windows ユーザーとのデータ共有の際は、相手がどのソフトを使用して見ているか確認した方が良いでしょう。

sRGB、AdobeRGB、ProPhotoRGB、それぞれの見え方
カラーマネジメントに対応している Windows Explorer での見え方。

一方、Mac の Finder にあたる Windows Explorer での表示では、サムネイルアイコン、プレビュー共に問題なく表示されています。こちらは、ソフトウェアではなくて Windows の基本機能です。

Mac と違ってフリーソフトウェアが多い Windows は、ソフトウェアがカラーマネジメントに対応していないものが多く見られます。写真を扱う場合は、フリーのソフトウェアは使わないようにしてください。

先にも書きましたが、私が使用している Mac OS マシンは MacBook Pro が唯一ですが、スペックや OS だけで判断するとしたら、私には Mac OS はほとんど必要ありません。「Mac OS の必要性がない」というよりも、Mac OS のメジャーアップグレード時に互換性の問題が多発したので、できれば Windows にしたいというのが本音です。私の環境下では、Windows の方がメジャーアップデート時の互換性や安定性に優れている印象です。

それなのに MacBook Pro を使い続けているのは、気に入ったデザインの Windows ノートがなかったからです。性能だけで選ぶといくらでも候補が上がります。Surface Book は、そんな中にあって性能デザイン共に妥協していないモデルで、Windows オンリーで良いかなと思わせる仕上がりです。

今回は、Surface Book の基本性能と、道具としての質の高さを中心にご紹介しました。仕掛けが満載の Surface Book ですが、大事なのはギミックじゃなくて基本性能です。そこもしっかり押さえています。

次回は、Surface Book を撮影現場に投入して、実際の使用に際しての評価をしたいと思います。どうぞお楽しみに。


Surface Book スペシャルサイトへ戻る>

※ 本情報の内容 (リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。