Windows 7 新機能 簡単「Aero スナップ」操作

Windows 7

Windows 7で追加された便利な機能、「Aeroスナップ」と「Aeroシェイク」。デスクトップ上で、ウィンドウの大きさを揃えたり見やすくしたりするためのこの新しい機能を使いこなす、マウス操作をご紹介します。

  1. ウィンドウを最大化する
    ウィンドウを画面の上端から追い出すようなイメージでマウスポインターを動かし、ウィンドウのタイトルバーをドラッグ & ドロップすると、ウィンドウが最大化します。このような操作が「Aeroスナップ」ですが、画面スタイルが「Windows Aero」モード以外でも、この操作は有効です。
  2. ウィンドウを半面表示する
    1. と同様に、マウスポインターでウィンドウのタイトルバー をデスクトップ画面の左端にドラッグ & ドロップすると、デスクトップの左側でウィンドウが半面表示になります。同じように右端に行えば、右側で半面表示になります。これで2つのウィンドウを見比べたりすることができます。
  3. ウィンドウを垂直方向に最大化する
    ウィンドウの上端または下端の境界線をマウスでドラッグした状態で、マウスポインターをデスクトップ画面の上端または下端にドロップすると、ウィンドウが同じ横幅のまま垂直方向に最大化します。また、ウィンドウの上端(下端)の境界線をダブルクリックしても、垂直方向に最大化できます。
  4. アクティブウィンドウ以外を最小化/復元する
    デスクトップで複数のウィンドウを展開しているときに、1つのウィンドウだけを残して他のウィンドウを最小化したい場合。「Aeroシェイク」でウィンドウのタイトルバーを左右に数回ドラッグ(シェイク)し最小化することができます。最小化したウィンドウを再びデスクトップに表示したい場合も、同じようにタイトルバーを左右に数回ドラッグします。
ページトップへ

「Microsoft 製品 ご購入情報」詳しくはこちら