HIBIYA 2018 - Microroft for Business

Microsoft Azure で変わる、近未来ショッピング体験 HIBIYA 2018 Chanter HIBIYA Azure

日本のブロードウェイと呼ばれる日比谷が新しく生まれ変わり、
「日比谷シャンテ」でも、お客さまに近未来のショッピングと
エンターテイメントを
体験できるプロジェクト「HIBIYA 2018」を展開。
マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の
AI (人工知能) サービスと、
現実とバーチャル空間との融合が
体験できる「Microsoft HoloLens」を活用し、
もっと楽しく快適に、進化し続ける日比谷を、どうぞご堪能ください。

  • Facebook
  • Twitter

カメラ顔認識で、あなたへの
オススメ映画をご案内

休憩スペースに設置されたモニターにはカメラが搭載されており、マイクロソフトの AI プラットフォーム「Microsoft Cognitive Services」の AI が、モニターの前にいる人の年齢、性別、表情などを分析。オススメ映画の予告編を自動編成して放映します※。

『恋は雨上がりのように』 5月25日 (金) 公開 ©2018「恋は雨上がりのように」製作委員会『恋は雨上がりのように』 5月25日 (金) 公開 ©2018「恋は雨上がりのように」製作委員会
Microsoft Azure (クラウドサービス)
  • ● 上記サイネージの画像はイメージです。デザインや放映するムービーが実際とは異なる場合がございます。
  • ※ 本サービスは、株式会社アロバ ( https://www.arobaview.com/ 新規ウィンドウで開きます ) の「アロバビューコーロ」と連携しています。

飲食店の空き状況を
リアルタイムで
館内モニターに表示

日比谷シャンテ内のサービス実施店舗に混雑状況を管理するセンサーを設置。「Microsoft Azure」で構成されたリアルタイム空席管理プラットフォーム「VACAN」※を通じて、館内に設置されたデジタルサイネージに、各店の空き状況がリアルタイムで表示されます。

Microsoft Azure (クラウドサービス)
  • ● 上記の画像はイメージです。実際とは異なる場合がございます。
  • ※ 本サービスは、株式会社バカン (https://www.vacancorp.com/新規ウィンドウで開きます) のリアルタイム空席管理プラットフォーム「VACAN」と連携しています。

注文も支払いもスマホで完結。
レジ待ち、注文待ちが不要の
新・飲食体験

日比谷シャンテ地下 2 階の一部店舗では、「Microsoft Azure」を活用した注文・決済システム「Putmenu」を導入※。お店に入って食べたいメニューをすぐにスマホで注文して決済も完了。あとは料理が出来たら取りに行くだけの「レジ待ち、注文待ちの無駄な待ち時間がない」スマートな飲食体験をご提供します。

Microsoft Azure (クラウドサービス)
  • ● 上記の画像はイメージです。実際とは異なる場合がございます。
  • ※ 本サービスは、ボクシーズ株式会社が開発する「Putmenu」 (http://putmenu.com/新規ウィンドウで開きます) と連携しています。
  • ※ Microsoft、Azure、HoloLens、Windowsは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • ※ Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
  • ※ その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • ※ 本情報の内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。