スキップしてメイン コンテンツへ

イベント/セミナー

注目のウェビナー

レガシー ERP から柔軟でコスト効果の高いクラウド ERP への移行講座 (新しいウィンドウで開きます)

「入れてはみたものの ERP の効果が出ていない」「メンテナンス費用が高くて乗り換えを視野に入れている」「これからの時代はクラウド」「移行したくても費用が出ない」などなど、旧来からの ERP にご不満をお持ちの方や次期システムへの移行を検討されておられる方々へ、ヒントとなる「使えるクラウド ERP への移行虎の巻」をご紹介します。

  • クラウド ERP をご検討中の方
  • ERP をクラウド利用することに不安をお持ちの方
  • 経営企画、財務部門、IT 部門など、業務改革を検討されている方
  • レガシー ERP ユーザー共通の悩みと解決方法
  • クラウド ERP へのスムーズな移行

イベント/セミナー

Dynamics 365 営業データの「見える化」からはじめる即戦力マーケティング (新しいウィンドウで開きます)

【共催: ディスカバリーズ株式会社、日本マイクロソフト株式会社】

「マーケティング」はもはやマーケティング部門だけの仕事ではありません。営業の現場でもビジネス データを活用した営業力強化が求められています。
本セミナーでは、Dynamics 365 と Office 365 を連携した営業ポータルによる情報共有をはじめ、Power BI による営業データの可視化、分析結果からマーケティング施策への展開について事例を交えてご紹介します。
現場力を「売上拡大」につなげたいとお考えの営業部門、経営企画部門の皆様におすすめのセミナーです。

無料開催! 製造業のグローバル戦略を支える ERP 展開 (新しいウィンドウで開きます)

【共催: 新日鉄住金ソリューションズ株式会社】

海外需要が拡大し続ける一方で、海外現地子会社の事情が掴めない、日々の問題解決に追われ内部統制強化が後手に回る、など、グローバルに事業を展開されるお客様本社の悩みは尽きません。また、海外事業拡大・統廃合へのスピーディーな追従、業務の高度化や標準化範囲の拡充など、グローバル戦略の実行において業務改善テーマが年々レベルアップしています。
こうした事業環境を背景に、本セミナーでは、お客様の課題に沿ったスピーディーな海外展開・グローバル統制の姿をご紹介します。

  • グローバル経営を支える ERP プラットフォーム展開
  • グローバル標準 ERP としての Microsoft Dynamics 365 の活用
  • Q & A
  • 個別相談
ライブ中継で実感! Dynamics 365 活用でのフィールド サービス現場の働き方改革と営業現場へのナイス パス! (新しいウィンドウで開きます)

【共催: 横河ソリューションサービス株式会社、株式会社シーイーシー、日本マイクロソフト株式会社】

フィールド現場での人手不足・技術伝承には喫緊の課題となっています。また、保守メンテナンス ビジネスのプロフィット化には各社頭を悩ませているものと思われます。
Dynamics 365 を中心にマイクロソフトの技術を使ってフィールド現場の効率化の事例をお届けします。加えて、フィールド現場と営業の情報共有によって、利益の出る保守メンテナンスの秘訣をお伝えします。

  • 最新 Web 会議ツールとバーチャル オフィスを活用した働き方と業務の改善方法
    スピーカー 日本マイクロソフト 春原
  • フィールド現場のノウハウを若手技術者に伝承できていますか?
    スピーカー 横河ソリューションサービス 枝村
  • サポート部門の情報を受注につなげる!
    スピーカー シーイーシー 土岐
  • デモ機による操作体験
    ※ 5 台程度 (Field Service 3 台、SFA 2 台)
クラウド ERP の本命「Dynamics 365 for Finance and Operations」概要 (新しいウィンドウで開きます)

あらゆる業種や業務でクラウド サービス (SaaS) を活用する企業が増えていますが、とりわけ企業活動の基盤となる基幹業務~ ERP へクラウドを採用する動きが加速しています。一方で、様々な理由により基幹業務はオンプレミスでというご要望も根強く、「クラウドかオンプレミスか」の一択ではなくお客様のニーズに柔軟に応えられる "使える" ソリューションが求められています。

このセミナーでは、「使えるクラウド ERP」の導入をご検討の方を対象にマイクロソフトの最新クラウド ビジネス アプリケーション「Dynamics 365 for Finance and Operations」の概要をご紹介いたします。

  • Dynamics 365 とは?
  • Dynamics 365 for Finance and Operations の機能および業務概要
  • 機能拡張について
  • マイクロソフトを選択する意味
  • Q & A

次のような方に特にお勧めいたします。
・クラウド ERP をご検討中の方
・ERP をクラウド利用することに不安をお持ちの方
・経営企画、財務部門、IT 部門など、業務改革を検討されている方

満足していますか? Dynamics 365 for Sales の活用術と定着化への道 (新しいウィンドウで開きます)

【主催: 株式会社シーイーシー、日本マイクロソフト株式会社】

昨今、SFA や CRM などのクラウド ソリューションを導入したものの、うまく活用できていない、浸透していない、また、未導入だが、ソリューションの選定に迷われているケースもあるのではないでしょうか。
本セミナーでは、約 20 年にわたり CRM/SFA の導入支援を牽引されてきた CEC 様に、Dynamics 365 for Sales をどう使いこなし、システムを定着化させていくのかを、実績豊富な経験からご説明いただきます。

  • Microsoft Dynamics 365 概要と最新動向
    日本マイクロソフト株式会社
  • 満足していますか? Dynamics 365 for Sales の活用術と定着化への道
    株式会社シーイーシー
【今話題のクラウド ビジネス アプリケーションをわかりやすく! 】 実演デモで学ぶ Dynamics 365 解説セミナー (新しいウィンドウで開きます)

【主催: HOYAサービス株式会社】

HOYA グループの基幹業務システムとして、 グローバルでも展開中の Microsoft のクラウド ERP「Microsoft Dynamics 365」について、分かりやすく解説いたします。

  • Dynamics 365 の特徴・概要についてのご説明
  • Dynamics 365 が選ばれる理由
  • Dynamics 365 の導入事例
AI と IoT でパラダイム シフトするフィールド サービスのこれから~ Mixed Reality 技術を活用した数年後の姿もお見せします! ~ (新しいウィンドウで開きます)

【共催: 株式会社日立ソリューションズ、日本マイクロソフト株式会社】

製造業のお客様を中心に、多くの企業が取り組みつつあるのが、メンテナンスなどのアフター マーケットのサービス向上です。本セミナーでは特に、フィールド サービス領域の強化を検討しているお客様向けに、AI, IoT の最新テクノロジーとクラウド サービスを使ったフィールド サービスの今後の潮流について触れるとともに、『現場力』を駆使し、カスタマー エンゲージメントを高めていくためのアイデアを、事例を交えてご紹介いたします。

  • AI・IoT を組み込んだ Connected Field Service とグローバル最新事例のご紹介
  • モノからコトへ、AI と IoT による製造業の保守メンテナンス業務改革の現状と近未来
    ~保守メンテナンス業務改善事例のご紹介~

次のような方に特にお勧めいたします。
・製造業の IT 部門
・経営企画部門
・営業部門
・フィールド調査/保守部門

クラウド ERP の本命「Dynamics 365 for Finance and Operations」概要 (新しいウィンドウで開きます)

あらゆる業種や業務でクラウド サービス (SaaS) を活用する企業が増えていますが、とりわけ企業活動の基盤となる基幹業務~ ERP へクラウドを採用する動きが加速しています。一方で、様々な理由により基幹業務はオンプレミスでというご要望も根強く、「クラウドかオンプレミスか」の一択ではなくお客様のニーズに柔軟に応えられる "使える" ソリューションが求められています。

このセミナーでは、「使えるクラウド ERP」の導入をご検討の方を対象にマイクロソフトの最新クラウド ビジネス アプリケーション「Dynamics 365 for Finance and Operations」の概要をご紹介いたします。

  • Dynamics 365 とは?
  • Dynamics 365 for Finance and Operations の機能および業務概要
  • 機能拡張について
  • マイクロソフトを選択する意味
  • Q & A

次のような方に特にお勧めいたします。
・クラウド ERP をご検討中の方
・ERP をクラウド利用することに不安をお持ちの方
・経営企画、財務部門、IT 部門など、業務改革を検討されている方

【今話題のクラウド ビジネス アプリケーションをわかりやすく! 】 実演デモで学ぶ Dynamics 365 解説セミナー (新しいウィンドウで開きます)

【主催: HOYAサービス株式会社】

HOYA グループの基幹業務システムとして、 グローバルでも展開中の Microsoft のクラウド ERP「Microsoft Dynamics 365」について、分かりやすく解説いたします。

  • Dynamics 365 の特徴・概要についてのご説明
  • Dynamics 365 が選ばれる理由
  • Dynamics 365 の導入事例
クラウド ERP の本命「Dynamics 365 for Finance and Operations」概要 (新しいウィンドウで開きます)

あらゆる業種や業務でクラウド サービス (SaaS) を活用する企業が増えていますが、とりわけ企業活動の基盤となる基幹業務~ ERP へクラウドを採用する動きが加速しています。一方で、様々な理由により基幹業務はオンプレミスでというご要望も根強く、「クラウドかオンプレミスか」の一択ではなくお客様のニーズに柔軟に応えられる "使える" ソリューションが求められています。

このセミナーでは、「使えるクラウド ERP」の導入をご検討の方を対象にマイクロソフトの最新クラウド ビジネス アプリケーション「Dynamics 365 for Finance and Operations」の概要をご紹介いたします。

  • Dynamics 365 とは?
  • Dynamics 365 for Finance and Operations の機能および業務概要
  • 機能拡張について
  • マイクロソフトを選択する意味
  • Q & A

次のような方に特にお勧めいたします。
・クラウド ERP をご検討中の方
・ERP をクラウド利用することに不安をお持ちの方
・経営企画、財務部門、IT 部門など、業務改革を検討されている方

【今話題のクラウド ビジネス アプリケーションをわかりやすく! 】 実演デモで学ぶ Dynamics 365 解説セミナー (新しいウィンドウで開きます)

【主催: HOYAサービス株式会社】

HOYA グループの基幹業務システムとして、 グローバルでも展開中の Microsoft のクラウド ERP「Microsoft Dynamics 365」について、分かりやすく解説いたします。

  • Dynamics 365 の特徴・概要についてのご説明
  • Dynamics 365 が選ばれる理由
  • Dynamics 365 の導入事例
クラウド ERP の本命「Dynamics 365 for Finance and Operations」概要 (新しいウィンドウで開きます)

あらゆる業種や業務でクラウド サービス (SaaS) を活用する企業が増えていますが、とりわけ企業活動の基盤となる基幹業務~ ERP へクラウドを採用する動きが加速しています。一方で、様々な理由により基幹業務はオンプレミスでというご要望も根強く、「クラウドかオンプレミスか」の一択ではなくお客様のニーズに柔軟に応えられる "使える" ソリューションが求められています。

このセミナーでは、「使えるクラウド ERP」の導入をご検討の方を対象にマイクロソフトの最新クラウド ビジネス アプリケーション「Dynamics 365 for Finance and Operations」の概要をご紹介いたします。

  • Dynamics 365 とは?
  • Dynamics 365 for Finance and Operations の機能および業務概要
  • 機能拡張について
  • マイクロソフトを選択する意味
  • Q & A

次のような方に特にお勧めいたします。
・クラウド ERP をご検討中の方
・ERP をクラウド利用することに不安をお持ちの方
・経営企画、財務部門、IT 部門など、業務改革を検討されている方

Microsoft Dynamics AX/365 for Operations トレーニング (新しいウィンドウで開きます)

【主催: 株式会社エヌティ・ソリューションズ】

開発者と、コンサルタント向けの各コースをご用意しております。受講者に Microsoft Dynamics 365 for Operations、Dynamics AX 2012 の開発技術・パラメータ設定技術を学んで頂くと共に、技術習得に応じて設定されたコースより、業務やプロジェクトの方針に適合するトレーニングコースを選択して頂くことができます。

●Dynamics 365 for Operations トレーニング コース

  1. 開発者育成トレーニング (4 日間)
  2. LCS 機能紹介コース (半日)
  3. 開発環境構築トレーニング (半日)
  4. 紹介コース (3 時間)
  5. コンサル育成トレーニング (財務会計編) (2 日間)
  6. コンサル育成トレーニング (ロジスティクス編) (2 日間)

●Dynamics AX 2012 トレーニング コース

  1. 開発者育成トレーニング (入門編 : 3 日間)
  2. 開発者育成トレーニング (即戦力編 : 5 日間)
  3. コンサル育成トレーニング (財務会計編 : 2 日)
  4. コンサル育成トレーニング (ロジスティクス編 : 2 日)
  5. その他のカスタムコース
超入門! クラウド ERP の本命、「Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations」(基本編) (新しいウィンドウで開きます)

【主催: 日本マイクロソフト株式会社】

昨今、あらゆる業種や業務でクラウド サービス (SaaS) を活用する企業が増えていますが、とりわけ企業活動の基盤となる基幹業務~ ERP へクラウドを採用する動きが加速しています。
一方で、様々な理由により基幹業務はオンプレミスでというご要望も根強く、「クラウドかオンプレミスか」の一択ではなくお客様のニーズに柔軟に応えられる "使える" ソリューションが求められています。

本セッションでは、「使えるクラウド ERP」の導入をご検討の方を対象にマイクロソフトの最新クラウド ビジネス アプリケーション「Dynamics 365 for Finance and Operations」の超基礎をご紹介いたします。

アジェンダ
・Dynamics 365 とは?
・Dynamics 365 for Finance and Operations の概要
・マイクロソフトを選択する意味

次のような方に特にお勧めいたします。
・クラウド ERP をご検討中の方
・ERP をクラウド利用することに不安をお持ちの方
・経営企画、財務部門、IT 部門など、業務改革を検討されている方

超入門! クラウド ERP の本命、「Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations」(基本編) (新しいウィンドウで開きます)

【主催: 日本マイクロソフト株式会社】

昨今、あらゆる業種や業務でクラウド サービス (SaaS) を活用する企業が増えていますが、とりわけ企業活動の基盤となる基幹業務~ ERP へクラウドを採用する動きが加速しています。
一方で、様々な理由により基幹業務はオンプレミスでというご要望も根強く、「クラウドかオンプレミスか」の一択ではなくお客様のニーズに柔軟に応えられる "使える" ソリューションが求められています。

本セッションでは、「使えるクラウド ERP」の導入をご検討の方を対象にマイクロソフトの最新クラウド ビジネス アプリケーション「Dynamics 365 for Finance and Operations」の超基礎をご紹介いたします。

アジェンダ
・Dynamics 365 とは?
・Dynamics 365 for Finance and Operations の概要
・マイクロソフトを選択する意味

次のような方に特にお勧めいたします。
・クラウド ERP をご検討中の方
・ERP をクラウド利用することに不安をお持ちの方
・経営企画、財務部門、IT 部門など、業務改革を検討されている方

イベントからリードを作る! 現場担当者にうれしい! 営業活動 "ちょい足し" マーケティングとは (新しいウィンドウで開きます)

【主催: 日本マイクロソフト株式会社】

ここ数年日本において、MA のニーズが増しており、さまざまな MA ツールが利用可能です。このセッションでは、マーケティング部門と営業部門の協業を促進し、ROI の可視化を促す”Dynamics 365 for Marketing”を活用した、営業部門により近い、”ちょい足し”マーケティングについて、ご紹介させていただきます。

次のような方に特にお勧めいたします。
・経営企画
・営業部門のマネジメント クラスの方
・社長室付きの方

ノンコーディングで業務アプリ開発第 1 弾!「PowerApps」と「Microsoft Flow」とは (新しいウィンドウで開きます)

PowerPoint の操作と Excel の関数さえ分かればアプリ開発ができます!
本セッションでは「PowerApps」と「Microsoft Flow」の利用方法と、どのような時に活用できるか具体的な事例も交えてご紹介します。

  • 低コスト/2 週間で業務アプリを作りたい方
  • Excel の業務をシステム化させたい方
  • 基幹システムを拡張させたいけど、時間も予算もない方
ノンコーディングで業務アプリ開発第 2 弾!「PowerApps」と「Microsoft Flow」で実用レベルのアプリを作る (新しいウィンドウで開きます)

PowerPoint の操作と Excel の関数さえ分かればアプリ開発ができます!
大好評の PowerApps と Microsoft Flow のウェビナー第 2 弾! 本セッションでは「PowerApps」と「Microsoft Flow」のさらなる活用方法と、どのような時に活用できるか具体的な事例も交えてご紹介します。

  • 低コスト/2 週間で業務アプリを作りたい方
  • Excel の業務をシステム化させたい方
  • 基幹システムを拡張させたいけど、時間も予算もない方

アジェンダ
・PowerApps と Microsoft Flow 概要
・業務アプリを 50 分で-「PowerApps」と「Microsoft Flow」の使い方応用編

ノンコーディングで業務アプリ開発第 3 弾!「PowerApps」と「Microsoft Flow」の活用準備から展開まで (新しいウィンドウで開きます)

PowerPoint の操作と Excel の関数さえ分かればアプリ開発ができます!
大好評の PowerApps と Microsoft Flow のウェビナー第 3 弾!
本セッションでは、「PowerApps」と「Microsoft Flow」の活用準備段階ですべきことや開発体制、実際の展開まで、実際の事例 (ロンドン ヒースロー空港) をご紹介しながら具体的にご説明します。

  • 低コスト/2 週間で業務アプリを作りたい方
  • Excel の業務をシステム化させたい方
  • 基幹システムを拡張させたいけど、時間も予算もない方
超入門! クラウド ERP の本命、「Dynamics 365 for Finance and Operations」のすべて (新しいウィンドウで開きます)

あらゆる業種や業務でクラウド サービス (SaaS) を活用する企業が増えていますが、とりわけ企業活動の基盤となる基幹業務~ ERP へクラウドを採用する動きが加速しています。 一方で、様々な理由により基幹業務はオンプレミスでというご要望も根強く、「クラウドかオンプレミスか」の一択ではなくお客様のニーズに柔軟に応えられる "使える" ソリューションが求められています。 このウェビナーでは、「使えるクラウド ERP」の導入をご検討の方を対象にマイクロソフトの最新クラウド ビジネス アプリケーション「Dynamics 365 for Finance and Operations」の超基礎をご紹介いたします。

  • Dynamics 365とは?
  • Dynamics 365 for Finance and Operations の概要
  • マイクロソフトを選択する意味
  • Q & A

次のような方に特にお勧めいたします。
・クラウド ERP をご検討中の方
・ERP をクラウド利用することに不安をお持ちの方
・経営企画、財務部門、IT 部門など、業務改革を検討されている方

もうここまでできる! AI 活用による営業支援 (新しいウィンドウで開きます)

【主催: 日本マイクロソフト株式会社】

顧客のニーズ・要望が複雑化する今日、それに対応するため、営業担当者の働き方は高いレベルが求められ、タスクも多岐に渡ります。企業においても、営業担当者の働き方をいかに効率性、生産性を上げるために支援するか、が大きな課題となっています。このセッションでは、AI を活用した実用的な営業支援と、その変革がもたらす生産性と効率性について、ご紹介いたします。

Online
登録後すぐに視聴可能です
ERP と CRM の統合とは? (Dynamics 365 Basic) (新しいウィンドウで開きます)

【主催: 日本マイクロソフト株式会社】

マイクロソフトは 2016 年秋、ERP と CRM 機能を統合した新しいソリューション Dynamics 365 を発表しました。"デジタル時代" のいま、単なる IT 化では、この波に生き残っていくことはできません。時代に応える形で生まれた Dynamics 365 について、ERP と CRM の "統合" 活用例を含め、分かりやすく、ご紹介いたします。

  • マーケットの状況
  • Dynamics 365
  • ERP x CRM 統合活用例
  • Q & A
営業担当者の働き方が変わる! AIxSFA 最前線~その先へ~(新しいウィンドウで開きます)

【主催: 日本マイクロソフト株式会社】

顧客の要望は高度化、ニーズも複雑化している昨今、それに対応するための、ツールの変革に加え、営業担当者の働き方も、従来のやりかた・手段からの変革がますます求められています。営業担当者の働き方をいかに効率よく、生産性を上げるために支援するか、悩まれている企業は少数ではありません。 このセッションでは、営業担当者の働き方変革を支援する実用的な AIxSFA の紹介と、それがもたらす生産性と効率性について、お話させていただきます。

次のような方に特にお勧めいたします。
・経営企画、営業部門のマネジメントクラスの方、社長室付きの方

保守サービスに求められる、今そこにある近未来の姿~ IoT を活用した予兆保全~(新しいウィンドウで開きます)

"モノ" のメンテナンスを手掛ける保守サービス組織には、単なる故障時の修理の提供を超え、複雑かつ高度なレベルのサービス提供を目指すことで、他社と差別化し、熾烈な競争に勝ち残ることが可能となります。Dynamics 365 は、バック オフィスと現場の担当者間で、システムを切り替えることなく、意識することもなくシームレスに業務をサポートします。クリティカルに効率が求められる保守サービス業務における、IoT を活用した予兆保守・エンジニアの派遣から案件管理までの姿を、解説します。

次のような方に特にお勧めいたします。
・メンテナンス、保守サービスの提供を展開する企業の方
・経営企画、社長室、新規事業開発に所属されている方

そのプロジェクト、収益に貢献していますか? 脱却! プロジェクトのコストセンター化(新しいウィンドウで開きます)

ビジネスを取り巻く環境は、劇的に変化しており、デジタル時代のいま、経営課題にアプローチする方法として、テクノロジを活用した解決方法の提案はもはや当然のこととなってきております。しかしながら、サービスを提供している企業自体が、サービス プロセスから得られる収益を可視化できず、リソース確保難のために、コストだけが膨れ上がって見える状態に陥ってしまうー
そのような課題をどのように解決できるか、事例を交えてお話させていただきます。

  • プロジェクトの自動化について考える
  • Dynamics 365 for Project Service Automation でプロジェクトから収益を得る
  • 事例紹介

次のような方に特にお勧めいたします。
・プロジェクト形式のサービスの提供を展開する企業の方
・経営企画、社長室、新規事業開発に所属されている方

Online
登録後すぐに視聴可能です
AI を活用した次世代の営業スタイルとは (新しいウィンドウで開きます)

【主催:日本マイクロソフト株式会社】

今日のデジタル時代において、顧客との接点は多様化、要望も複雑になっています。それに対応するための、ツールの投入に加え、組織の体制・人材の確保は難しくなっており、営業担当者の働き方も、従来のやりかた・手段からの変革がますます求められています。このセッションでは、AI を活用した、営業担当者の次世代の働き方と、その変革がもたらす効率性について、ご紹介いたします。

  • カスタマージャニーの変遷に伴う営業活動の課題と傾向
  • 営業活動における AI 活用の事例
  • AI 活用による営業担当者の働き方変革の姿
  • Q & A
Online
登録後すぐに視聴可能です
ご存知ですか? CRM と Outlook 連携で実現する SFA 効率化 (新しいウィンドウで開きます)

【主催:日本マイクロソフト株式会社】

CRM の導入目的として、案件管理、売上予測、営業強化が挙げられますが、これらは、営業担当者がいかにデータを入力するか、にかかっている、と言っても過言ではないでしょう。CRM/SFA 導入後、効果を得るために、だれもが使うメール機能をフル活用― Microsoft だからこそ実現可能な Outlook 連携による SFA/CRM 効率化について、目からウロコの方法をお伝えいたします。

経営企画、情報システム部門のマネジメントクラスの方、営業部門のマネジメントクラスの方におすすめのセミナーです。

  • 一般的な CRM/SFA 導入の位置づけ、期待と現実的な課題
  • CRM/SFA を定着させ、効果を得るためには
  • Outlook 連携による案件管理~営業強化
  • Q & A
いま製造業界でこのトピックが熱い! IoT 活用で攻めの保守へ! (新しいウィンドウで開きます)

【主催: 日本マイクロソフト株式会社】

製造業のアフター サービスのエリアにおける、ビジネス モデルの変革を進めている企業が増えています。日本の大手企業の事例を通し、デジタル化の狙い、そしてその効果をご紹介します。

  • 製造業におけるデジタル トランスフォーメーション モデルとは?
  • 事例から学ぶ! Connected Field Service の狙いとその効果

次のような方に特にお勧めいたします。
・製造業界の方、経営企画室、社長室、新規事業立ち上げ、メンテナンス事業部など

条件にマッチするセミナーはありません。

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube
  • Facebook