Windows Server 2008/R2
SQL Server 2008/R2
サポート終了

残り 2 年を切ったサポート終了。確実な移行には、時間を要します。
Azure に移行いただくと無償の更新プログラムの提供を 2023 年まで延長いたします。
この機会に Azure への移行をご検討ください。

3 年間延長サポート移行ガイド(Windows Server 用)

サーバー移行についてのご相談はこちら

0120 39 8185

移行パートナー紹介

パートナーが貴社に合わせた導入支援をサポートいたします。
この機会に高性能サーバー機の導入を是非ご検討ください。

Azure 移行支援パートナー

※掲載順は順不同
※計 60 社 (2018 年 12 月 20 日現在)

サーバー移行支援パートナー

マイクロソフトが新たなオプションでサポートしますAzure への移行で、無償セキュリティ更新プログラムの提供を 3 年間延長します

残り 2 年を切ったサポート終了。確実な移行には、時間を要します。
マイクロソフトでは、Azure への移行で無償セキュリティ更新プログラムをさらに 3 年間ご利用いただけます。
Windows Server 2008/R2 をお使いのお客様は、アプリケーション コードを変更することなく、ワークロードを Azure に直ちに移行して、セキュリティ更新プログラムを引き続き取得し、ワークロードを保護しながら最新化の計画に取り組むことができます。
SQL Server のお客様はワークロードを Azure SQL Database マネージ インスタンスに移行することもできます。

長期運用を見据えた移行もご検討ください

クラウドの移行には以下 4 つの方法があります。
長期の運用を視野にいれ、貴社のアプリケーションに最適な組み合わせをご確認ください。

  • 再ホスト: コードを編集することなく既存のアプリケーションをすばやく Azure に移行
  • リファクタリング:  クラウドを最大限に活用するための必要なアプリケーション コードの変更や構成変更を最小限の対応で適応
    アプリケーションのコード ベースを変更または拡張し、クラウドのスケールに合わせてアプリケーション アーキテクチャを最適化。
  • 再設計: アプリが最先端のものとなり、回復性とスケーラビリティに優れ、単独でのデプロイが可能なアーキテクチャが実現。
  • 再構築: クラウド ネイティブ テクノロジを使って、アプリケーションをゼロからリビルド

Azure で支払いを減らし、コストを削減しましょう

AWS は Windows Server と SQL Server 向けの Azure と比べて 5 倍のコストがかかります。
どちらを選ぶべきかは一目瞭然です。

Azure への移行に関するお役立ち情報

移行の手順や最新情報、Azure への移行で得られるメリットなど移行に役立つ情報はこちらから確認いただけます。

サーバー移行についてのご相談

サーバー移行支援センター

0120 39 8185

9:00 ~ 17:30 土日祝日、弊社指定休業日を除く

  • [Windows 7、Office 2010 - 2020 年サポート終了] 詳しくはこちら
  • [Windows Server 2016 が切り開く未来] 詳しくはこちら
  • [新しい Windows PC でより多くをこなそう] 詳しくはこちら
  • Windows Server をフォロー
  • アイコン:FaceBook
  • アイコン:Twitter
  • このページを共有
  • アイコン:FaceBook
  • アイコン:Twitter