ビジネス TOP > 導入事例 > 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

 印刷用ページを表示する印刷用ページを閉じる

掲載日: 2013 年 1 月 9 日

Microsoft SQL Server Fast Track Data Warehouse で経営情報分析システムを改善
導入コストの抑制と、レスポンス & ユーザビリティの飛躍的な向上を実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

「CTC」のブランド ネームと共に、システム インテグレーター業界のリーディング カンパニーである伊藤忠テクノソリューションズ株式会社。同社では 2012 年、社内の経営情報分析システムを SQL Server 2008 R2 によって改善しました。導入にあたっては、検証済みデータ ウェアハウス構成 Microsoft SQL Server Fast Track Data Warehouse (FTDW) を活用して、省コストで効率的な開発を実現。各種の業務データ抽出のスピードアップを始め、データ分析と活用におけるレスポンスと作業効率の向上など、自社の情報活用基盤の大幅な強化に成功しています。

<導入の背景とねらい>
既存の BI システムに代わる
効率良いデータ活用基盤の構築を決意

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
情報システム部
部長
仙北谷 仁 氏

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
情報システム部
部長代行
植本 与七 氏

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
情報システム部
アプリケーションシステム第1課
田邉 和男 氏

変化を続けるシステム インテグレーション ビジネスの中で、自社の業務状況をリアルタイムで把握し、精度の高い経営判断や施策を迅速に打ち出すことは、激しい市場競争での生き残りに不可欠の課題です。そのために、社内の基幹システムから膨大なデータを収集し、分析、提供する BI システムには、より高いパフォーマンスとユーザビリティ、そして何よりもコスト パフォーマンスが要求されます。そうした社内からの要請を実現するべく、SQL Server 2008 R2 による新たな BI システム「MI-Cube」を導入し、「ユーザーが欲しいデータを、欲しいときに引き出せる BI システム」を実現したのが、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 (以下、CTC) です。

CTC 情報システム部 部長 仙北谷 仁 氏は、今回の導入目的を、より高い作業効率を実現でき、かつ使いやすい BI システムを実現するためだったと語ります。同社では既に、他のベンダー製品による BI システムが稼働していました。しかしこの旧システムには、かねてから改善を望む社内ユーザーの声が多く寄せられていたと言います。

「第 1 に、レスポンスを速くして欲しいという要望です。従来だと、たとえば決算日にデータ抽出を行おうとした場合、抽出コマンドを実行してからデータが来るまでに 30 分~ 1 時間ほどかかるのが通常でしたので、この間の待ち時間は、明らかに多くのロス タイムが発生していたのです」。

それにも増して要望が多かったのが、使い勝手の改善でした。同社の BI システムの主なユーザーは本社および事業会社の分析担当者ですが、各人が自分の要件に最適な情報をそのつど抽出するうえで、既存のシステムには難しい点が多く、実現しようとすればさまざまな部分の改修が必要になってきます。加えて同社では BI システムから抽出したデータを基に資料作成を行う際、いったん Microsoft Excel に落とし込んで加工することがほとんどで、この二度手間も現場の効率アップの妨げになっていました。

こうした状況に、基幹システムに蓄積されたデータ資産を活用するには、抜本的な BI システムの改善が避けられないことを痛感していたと、CTC 情報システム部 部長代行 植本 与七 氏は明かします。

「実はこの当時、BI システムの実際のユーザー数が、なぜか登録数を大きく下回っていました。そこで理由を調査したところ、データ抽出に非常に時間がかかるのを嫌って、抽出の作業は誰か 1 人に任せ、その人間が取ってきたデータを部署内で使い回しているケースがあることが分かったのです」。

一方では、経営層から資料提出を求められる機会の多い分析担当者から、「こういう分析軸でデータを見たいという要望があっても思うように軸が変えられず、毎回要求に応えるのが大変だ」という悩みも寄せられていました。

「これでは、とても各人が必要や関心に応じて自由にデータを活用できる環境とは言えません。まして当社は、多くの企業に最新の ICT ソリューションをご提供することを使命とする企業です。そこで一刻も早く、そうした会社にふさわしい機能とユーザビリティを備えた BI システムを構築しなくてはならないと考えたのです」 (植本 氏) 。

<導入の経緯>
FTDW と POC の 活用で
省コスト & ベスト プラクティスの導入を実現

新しい BI システムの具体的な検討が始まったのは、2010 年 4 月のことでした。その結果、2010 年 8 月に SQL Server 2008 R2 の導入が決まりました。CTC の社内システムとしては初の導入となる SQL Server 2008 R2 を選択した理由を、今回のプロジェクト リーダーを務めたCTC 情報システム部 アプリケーションシステム第1課 田邉 和男 氏は、「やはり圧倒的なコスト パフォーマンスだった」と語ります。

「SQL Server のライセンス料は、今回の BI ツールに利用した Analysis Services のようなオプションまで全部ライセンスに含んでいるのに対して、他社の製品は、オプションはすべて別の見積もりになります。こうしたイニシャル コスト 1 つとっても、SQL Server には、他の製品にないコスト面での大きなアドバンテージがありました」。

ちなみに、SQL Server のライセンス料と開発費の総計見積額が、旧 BI システムのライセンス料単体とほぼ同額だったという事実からも、プラットフォーム移行によるコスト抑制効果は大きいと確信したと言います。

もちろん、コストに加えてユーザー視点での使いやすさも、SQL Server の採用を決めるうえでは重要な評価ポイントになったと田邉 氏は付け加えます。

「これまでも社内のクライアント ユーザーのレベルでは、抽出したデータは、最終的にほぼ Excel に落として資料化していました。それなら最初から同じマイクロソフト製品でダイレクトにデータ抽出できる SQL Server の方がずっと便利だし、省力化や作業ミスの防止にもなると考えたのです」。

またこの時期、情報システム部では、Microsoft Windows Server 2008 や Microsoft Office 2010 による社内のサーバー、クライアント環境のアップグレードを展開しており、これらの最新機能と SQL Server 2008 R2 のマッチングがもたらす多彩なメリットからも、導入は必然的な選択でした。

こうして順調に採用が決まったものの、同社ではまた新たなコストの課題に突き当たります。当初、同社では新 BI システムのデータ ウェアハウス (以下、DWH) を、既存の社内の基幹システム内部のデータ ストレージに置く予定でした。しかし、この設計では DWH のコストが大幅に予算を上回ってしまうことが判明したのです。

その打開策を探る中、たまたま訪れた日本マイクロソフトのイベントで着目したのが、SQL Server Fast Track Data Warehouse (以下、FTDW) でした。SQL Server とパフォーマンス検証済みの標準的なハードウェアをパッケージ化した FTDW は、x86 サーバーなどの安価で高性能な機器を利用でき、しかも開発工程での検証作業が不要なため、大幅なコスト削減に加え、迅速な導入やパフォーマンス向上を実現できる点を大きな特長としています。

「これならばコストの問題はもちろん、パフォーマンスがあらかじめ保証されているため、開発の工数も大幅に削減できると考えて、日本マイクロソフトと日本ヒューレッド・パッカード株式会社 (日本HP) による FTDW の利用を決めました。今回はすべて自社内で開発を行ったのですが、構築中にパフォーマンスが出なかった時なども、両社のアドバイスを参考に FTDW の保証基準まで持っていくことができました。これをずっと試行錯誤していたら、かなりの時間のロスが生じてしまったと思います」 (田邉 氏) 。

またこの開発フェーズでは、日本マイクロソフトがデータ ウェアハウスの機能を実機検証し、精度の高いシステム構築を支援する「POC (Proof of Concept) ファクトリー」も活用しました。通常は製品検討の参考としてプロト タイプ作成などに利用されることの多いこのサービスを、CTC では既に SQL Server の導入を決定していたため、開発作業のプロセスに組み込むという珍しい試みとなりました。

「最もデータの大きいキューブのプロト タイプを日本マイクロソフトと一緒に作成してパフォーマンスを検証し、その結果をもとに開発を展開する手法を採りました。SQL Server は開発が容易なので、私たち自身でも十分に満足のいく機能が実現できますが、やはりパフォーマンスを最大化し、ベスト プラクティスを実現するという点で、ベンダーの技術陣からアドバイスをもらえたことは大変有益でした」 (田邉 氏) 。

<導入効果>
処理スピードが大幅に短縮され
ニーズに応じたシステム改修も容易に

新しい BI システムは、CTC の基幹システム「Next MI」の分析機能を担うシステムとして「MI-Cube」と命名されました。「MI-Cube」は、基幹システムのデータ ウェアハウスに集積された業務データを SQL Server Analysis Services サーバーに抽出し、ユーザーの指示する分析軸に沿ったデータ分析を実行します (図参照) 。現在の登録ユーザー数は 1,700 ユーザー。データ量は、最も大きいキューブで、8,000 万~ 9,000 万件の規模に上ります。

仙北谷 氏は、「MI-Cube」のもっとも大きな特長の 1 つに、システムの柔軟さを挙げます。

「情報系システムというのは、頑張って最初から細部まで固めて作り込んでも、すぐに陳腐化してしまいます。特に、ユーザーのニーズに合わせてデータの抽出、加工が容易に行えることが重視される BI システムでは、ビジネス モデルやユーザーの要望に応じてシステム側を随時変化させていける柔軟さが不可欠です。その点で、SQL Server の特長である開発の容易さが大きく貢献しています」。

今回の「MI-Cube」で、基幹データを 1 つのシステムに集約するというステップはクリアした。次はそのデータをどう活用するかというフェーズに入っていくと仙北谷 氏は指摘します。

「そうなれば、分析担当者だけでなく、さまざまな部署の社員が自由にデータを引き出し、それらを自分の疑問や関心に合わせて簡単に加工、分析できる環境が、さらに強く求められてきます。そうしたときに、SQL Server ならではの開発、改修の容易さが、ますます価値を発揮してくると考えています」。

もちろん現場のユーザー レベルでは、既にさまざまな導入効果が表れています。最も際立っているのは、やはり最初からの獲得目標だったパフォーマンスの飛躍的な向上です。

「以前は 1 時間から早くても 30 分もかかっていたようなデータ抽出が、わずか数秒で完了するようになりました。このため担当者ごとの待ち時間やストレスが減ったのはもちろんのこと、各工程でのデータ処理に起因するロス タイムが消滅し、作業フロー全体がスピードアップしたのを実感しています」。

また一方では、経営層などからの要求に合わせて分析軸の入れ替えが簡単に行えるため、依頼があればすぐに資料を提出できるようになったという、オンデマンドのスピードアップ効果も出ていると田邉 氏は語ります。

システム構成図

システム構成図 [拡大図] 新しいウィンドウ

<今後の展望>
判断指標の見える化などで
経営の一角を担う BI システムを完成させ、
将来的には、ビッグ データ活用を目指す

田邉 氏は新しい BI システム「MI-Cube」の今後について、「まだ稼動開始から 5 か月と日が浅いので、これから使い込んでいくにつれて、さまざまな要望が現場から出てくると思います。それらを積極的に盛り込みながら、より現場に近い BI システムに育てていきたいと願っています」と抱負を語ります。

その一方では、「経営層に見せる」ためのデータ環境の整備にも前向きな姿勢を示しています。

「そのためにも、見やすさにこだわったダッシュボードの開発や、Microsoft SharePoint Server との連携などを図り、データの "見える化" に重点を置いた取り組みを行いたいですね。さらには、積極的に経営層の情報ニーズのすくい上げを行うことで、私たち自身の情報感度を高め、デシジョン メイキングの材料として最適化された資料を提供できるよう努力していきたいと思います」。

また植本 氏も、「経営層に資料を提出する業務に携わっているメンバーから、 "MI-Cube" になってから、データを集めるよりも、集めたデータをどう活用するかに時間とエネルギーを集中できるようになったという評価を聞いて、本来の BI システムが目指しているところに一歩近づけたと確信しています。2013 年 3 月いっぱいで全社展開が完了するので、私たち情報システム部としてもそれからが本番だと考え、より業務の効率化と品質向上に貢献できるよう、社内でのサポートを強化して行こうと考えています」と意気込みます。

今後に向けて仙北谷 氏は、情報システム部ではこれまでもいろいろなツールやベンダー製品を組み合わせて社内システムを提供してきましたが、それを知る人はまだまだ少ないと語ります。

「 "MI-Cube" は、そうした私たちの取り組みを社員の皆さんに知ってもらう良い機会になりました。また何よりも、当社は時代の ITC 技術の最先端を提案する会社です。たとえ社内システムであっても、そうした最新テクノロジを積極的に採り入れている事実を社内外に発信していくことが、自社のシステム インテグレーターとしての評価を高める一助になれば嬉しいと考えています」と語ります。

情報資産のさらなる活用を目指す「MI-Cube」が、わが国有数のシステム インテグレーターの経営基盤を強力な BI パワーで力強く支えていきます。

ダウンロード

Download File 5401-SE1.pdf

PDF ファイル 1,117 KB
Adobe Reader を利用して PDF ファイルを閲覧・印刷することができます。ダウンロードはこちら 外部サイトへ移動するため、別ウィンドウで開きますからできます。

ソリューション概要

プロファイル

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 (略称 : CTC) 外部サイトへ移動するため、別ウィンドウで開きますは、1972 年 4 月 1 日に創立。システム インテグレーター業界のリーディング カンパニーとして、時代の最先端テクノロジをいち早く採り入れ、ソリューションとしてお客様に提供してきました。近年はクラウドの分野に全社を挙げて注力しており、時代のニーズに即した IT インフラをクラウドで提供する仮想化ホスティング サービス TechnoCUVIC (テクノキュービック) を始め、先進的なソリューションを積極的に展開しています。

導入ソフトウェアとサービス

導入メリット

  • SQL Server の高度な BI 機能と包括的なライセンス体系が、高いコスト パフォーマンスを実現
  • Fast Track Data Warehouse や POC ファクトリーなどの導入支援が、省コストで迅速な導入と高パフォーマンスを約束
  • 開発が容易で、ビジネス モデルやニーズの変化に応じた BI システムの構築および改修が、自社内で簡単に実現可能

ユーザーコメント

「情報系システムは、最初から細部まで固めて作り込んでも、すぐに陳腐化してしまいます。特に BI システムでは、各ユーザーが自由にデータ抽出、加工を行えることが大切であり、それにはビジネス モデルやユーザーの要望の変化に迅速かつ柔軟に対応できなくてはなりません。その点で、SQL Server の開発の容易さは、ユーザー オリエンテッドな BI システムの実現に大きく貢献します」

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
情報システム部
部長
仙北谷 仁 氏

  • 日本のデジタルトランスフォーメーション浸透度は? (新規ウィンドウで開きます)
  • IT 担当者向け Microsoft 365 オンライン セミナー公開中! (新規ウィンドウで開きます)
  • オンデマンド配信中! Microsoft Tech Summit 2017 Online (新規ウィンドウで開きます)

本ケーススタディに記載された情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。
本ケーススタディは情報提供のみを目的としています。Microsoft は、明示的または暗示的を問わず、本書にいかなる保証も与えるものではありません。

ページのトップへ