ビジネス TOP > 導入事例 > 株式会社セゾン情報システムズ

株式会社セゾン情報システムズ

  印刷用ページを表示する印刷用ページを閉じる

掲載日: 2017 年 1 月 17 日

ギフト業務向けクラウド サービスの提供基盤を自社仮想環境から Microsoft Azure へ移行。信頼性が高いクラウド基盤を採用することで、よりセキュアかつ利便性の高いサービスへのリニューアルを実現

写真:セゾン情報システムズが提供する、STORES-GIFT

セゾン情報システムズが提供する、STORES-GIFT

ファイル転送ミドルウェア「HULFT」シリーズの開発、販売、サポート サービス等をはじめ、カードシステム事業や流通・ITソリューション事業など、数多くのソリューションを手がける、株式会社セゾン情報システムズ。同社は、2016 年 11 月、小売業向けギフト販売管理ソリューション「GIFT クラウドサービス」について、全面的なサービス リニューアルを実施。提供基盤を従来の自社仮想環境から Microsoft Azure へと移行し、よりセキュアかつ利便性の高い「STORES-GIFT」として、新たに提供を開始しました。

同リニューアル プロジェクトは、わずか 3 か月という短期間でシステムの再構築を完了。リニューアルにおける重視事項であった「料金体系」と「利便性」、「セキュリティ」の改良を実現しています。さらに、約 50% もの運用工数の削減も実現し、サービス稼動の安定性も大幅に高めています。

<導入の背景とねらい>
顧客要望を踏まえたサービス価値のさらなる向上を目指し、提供基盤の移行を検討

お中元、お歳暮における贈答品需要はもちろん、誕生日や各種イベントに至るまで、ギフト サービスにはさまざまなニーズが存在します。近年では、店舗から直接発送するサービスを提供する小売事業者も増加しており、エンド ユーザーはこれまで以上に、手軽にギフトが贈れるようになりました。こうした流通小売事業者におけるギフト関連業務を、インターネット上のサービスで支援しているのが、株式会社セゾン情報システムズ (以下、セゾン情報システムズ) の提供する「STORES-GIFT」です。

同ソリューションは、商品の注文承りから配送管理業務までを、通年で包括的にサポートするというものです。流通小売業者はこれにより、新たにシステムを構築することなく、Web ブラウザー経由で、ギフト サービスの提供が実現できます。

株式会社セゾン情報システムズ 流通・ITソリューション事業部 流通ソリューション部 ソリューション二課 高坂 亮多 氏は、同サービスの概要について、次のように説明します。

写真:株式会社セゾン情報システムズ 流通・ITソリューション事業部 流通ソリューション部 ソリューション二課 高坂 亮多 氏

株式会社セゾン情報システムズ
流通・ITソリューション事業部
流通ソリューション部
ソリューション二課
高坂 亮多 氏

写真:株式会社セゾン情報システムズ 流通・ITソリューション事業部 流通ソリューション部 ソリューション二課 長谷 有希 氏

株式会社セゾン情報システムズ
流通・ITソリューション事業部
流通ソリューション部
ソリューション二課
長谷 有希 氏

「2011 年に提供を開始した STORES-GIFT (当時、GIFT クラウドサービス) は、クラウド サービスゆえの採用ハードルの低さが評価され、業界大手のお客さまから地場の小規模スーパー マーケットにいたるまで、規模を問わず、幅広い流通小売業のお客さまにご利用いただいています。さらに近年では、お中元やお歳暮といった贈答需要が高まる時期だけでなく、母の日やクリスマス、誕生日など、予約販売におけるニーズも増加し、年間を通じてご利用いただける傾向が高まっています。サービス提供当初では構想していなかったお客さまの要望も増加してきたことを受け、より利便性の高いサービスを目指すべく、2016 年 11 月に大幅なリニューアルを実施しました」(高坂 氏)。

高坂 氏の説明のとおり、STORES-GIFT は 2016 年 11 月、前身である「GIFT クラウドサービス」から、全面的なリニューアルを実施しました。同リニューアルにおいては、顧客ニーズに即し、「料金体系」と「利便性」、「セキュリティ」の 3 点が、大きく改良されています。

業務系 SE として、顧客ニーズのキャッチ アップとその製品への反映を担う、株式会社セゾン情報システムズ 流通・ITソリューション事業部 流通ソリューション部 ソリューション二課 長谷 有希 氏は、先の 3 点を改良した背景について、次のように説明します。

「従来のサービスは、月額固定制の料金体系を敷いていました。エンド ユーザーのギフト需要は、ニーズが多様化してきたとはいえ、時期によって大きく増減するものです。そのような季節変動性のあるビジネスであっても投資対効果が最適になるよう、まず料金体系を従量課金制へ変更することを検討しました。また、システム操作に慣れ親しんでいないパートやアルバイトの方でも抵抗なく簡単に操作できるよう UI 面の改良も必要でした。さらに、お客さまの増加によって、システム上で取り扱う個人情報は当然増加しますから、セキュリティ面のさらなる強化も重要でした」(長谷 氏)。

こうしたサービスの全面的なリニューアルにおいて、自社仮想環境で運用していた提供基盤からの移行が不可欠だったといいます。従来のシステムでは、仮想化した基盤上で DB サーバーと アプリケーション サーバー、Web サーバー、そして監視機能を兼ねた帳票サーバーを稼働していました。そこでは当然、顧客数の増加に比例し、サーバーの増強や DB 運用、メンテナンスにかかる負荷が増大することとなります。

高坂 氏は、従来のシステムにおける課題について、次のように当時を振り返ります。

「システム運用の負担は増加の一途をたどっており、加えて定期開発における工数も膨大でした。本来は、サービスの改良や機能拡充にリソースを割く必要がありましたが、それが難しかったというのが実情でした。全面的なリニューアルを進めるには、まず提供基盤を見直す必要があったのです」(高坂 氏)。

<システム概要と導入の経緯、構築>
各種条件を高水準に満たすことに加え、構築における懸念を払拭する手厚いサポートを評価し、Azure の採用を決定

全面的なサービス リニューアルに向け、セゾン情報システムズは 2016 年 5 月より、新たな提供基盤の検討を開始しました。リニューアルで構想した 3 つの改良を実現すべく、同社は「高いセキュリティ性を有していること」、「料金体系が柔軟であること」、そして「運用管理のリソース削減が期待できること」、以上 3 点を要件とし、データセンター サービスや複数パブリック クラウドから比較検討を実施。その結果、それらすべてを高水準で満たしていることを評価し、Azure の採用を決定したといいます。

高坂 氏はまず、Azure が有する高い信頼性とセキュリティ レベルを評価します。

「東日本と西日本にデータセンターが設置されており、物理的に冗長化されるため、ハードウェアに依存した環境と比較し高い信頼性が確保できると感じました。加えて、クラウドセキュリティ ゴールドマークも取得しており、第三者機関からセキュリティの高さが認定されています。仮に、同様のセキュリティ強度を自社で構築する場合、コストも当然ですが、運用に要する工数がこれまで以上に増大するでしょう。こうした堅牢なセキュリティと、『止まらないサービス』の基盤として重要な信頼性が容易に担保できる点は大きなメリットでした」(高坂 氏)。

また、Azure が敷いている、日本の商慣習に合致した料金体系も、高く評価したといいます。Azure は、初期費用が不要かつ従量課金制を敷いており、日本円での決済や請求書ベースでの支払にも対応。日本企業において契約しやすい体系をとっています。

さらに高坂 氏は、Azure の備える豊富な PaaS を活用することで、大幅な運用工数の削減が期待できたと続けます。

「パブリック クラウドは、自社環境と比べ運用管理にかかるリソースを大幅に削減できる点が魅力でした。さらに Azure の場合、Azure SQL Database や Azure Web Apps といった有用な PaaS が充実しているため、他のパブリック クラウドと比べても、リソースの削減効果が高いと推測しました。また、こういった PaaS は、移行や運用時だけでなく、今後同サービスの機能やラインアップを拡充するうえでも有用だと感じました」(高坂 氏)。

Azure は、ここまでに挙げたとおり、多くの利点がありました。しかしその一方、移行においては、懸念材料もあったといいます。今回リニューアルに携わったメンバーは、これまでオンプレミスや自社仮想環境でのシステム構築を主としていました。そのため、外部のパブリック クラウド環境での本格的なシステム開発は未知の領域だったのです。

写真:株式会社セゾン情報システムズ 流通・ITソリューション事業部 流通ソリューション部 ソリューション二課 白鳥 詩織 氏

株式会社セゾン情報システムズ
流通・ITソリューション事業部
流通ソリューション部
ソリューション二課
白鳥 詩織 氏

こうした不安を払拭したのが、マイクロソフトの提供する「クラウド スターター パック」です。これは、国内ソフトウェア ベンダー (ISV) が提供する既存アプリケーションの Azure へのクラウド移行を支援するプログラムであり、Azure の提供に加え、技術トレーニングやアプリケーション移行支援サービスなどがセットになっています。

システム構築を担当する、株式会社セゾン情報システムズ 流通・ITソリューション事業部 流通ソリューション部 ソリューション二課 白鳥 詩織 氏は、クラウド スターター パックの優位性について、次のように説明します。

「SE が本業 (サービスの改良や機能拡充) に集中するためには、運用に要する工数削減が不可欠であり、PaaS の活用が最善です。しかし、担当チームとしては外部のパブリック クラウドの本格採用自体が初めての試みであり、実際どのように構築すべきかが手探りの状態でした。そのような構築段階において手厚いサポートが期待できたクラウド スターター パックの存在は、プロジェクトを進めるうえで大きな助けになりました。相談に乗ってもらいながら、共同でシステムを構築してくれるというのは、非常に心強かったのです」(白鳥 氏)。

こうしてセゾン情報システムズでは、2016 年 7 月に、提供基盤への Azure の採用を決定。監視機能を兼ねる帳票サーバーのみ Azure Virtual Machine を採用し、DB や Web サーバーなど全面的に PaaS を採用した、新システムの構築と移行を開始しました。

図.システム概要図

Azure への移行前 (左) と移行後 (右) のシステム構成図。Azure 上では、Azure SQL Database や Azure Web Apps など、PaaS を全面的に採用している

<導入の効果>
顧客側のコスト負担を下げながら、従来よりセキュアで利便性の高いサービス提供を実現

セゾン情報システムズの流通・ITソリューション事業部にとって初となるパブリック クラウドの本格採用ながら、提供基盤の移行と、それと並行した全面的なサービス リニューアルは、わずか 3 か月という短期間で完了。STORES-GIFT は、11 月 1 日より、正式にサービス インしています。

高坂 氏と白鳥 氏は、Azure の有する優れた開発環境と密接なサポートにより、短期構築が実現できたと評価します。

「従来と同じ環境でシステム構築する場合、最低でも 5 か月は期間が必要だったと思います。今回、Azure の選定や検証に 2 か月ほど要したにもかかわらず、プロジェクトを開始した 5 月当初で目標としていた 11 月のサービス インに間に合わせることができたのは、Azure の柔軟性と手厚いサポートがあったおかげだと感じています。たとえば、今回初めての PaaS 採用だったことがあり、システムの相互影響を含め、多くのテストを行いました。このテストは複数人で同時作業することが多いのですが、Azure では同じ環境を簡単かつ短時間に複製できるため、期間短縮に大きく貢献しているといえます」(高坂 氏)。

「クラウド スターター パックによる手厚いサポートに加え、Oracle 製の旧 DB から SQL Database への移行ツールが整備されていたのは、非常に助かりました。DB の移行は特に手間と時間を要するものなので、ツールのおかげで工数を大幅削減できたことは嬉しい限りです。また、従来環境は .NET を用いたシステムが多かったのですが、Azure はこちらとの親和性が高く、.NET を用いたサーバーに関しては、ほとんど手を入れることなく移行することができました」(白鳥 氏)。

Azure を提供基盤とし、STORES-GIFT として新たに提供開始した同サービスは、サービス価値も大きく向上しています。リニューアルにおける重視事項であった「料金体系」と「利便性」、「セキュリティ」は、すべて改良されたほか、運用工数が削減されたことで、今後さらなるサービス拡充を進めていくこともできます。

図.システム概要図

2016 年 11 月におけるサービス リニューアルでは、UI も全面的に改良され、これまで以上に高い利便性となった

高坂 氏はその中でも、Azure が有する、セキュリティ面と運用面のメリットを強調します。

「これまでお客さまからは、いくつかセキュリティ関連のご要望をいただいていました。仮にそれらを従来のシステム環境で実現する場合、相当なコストが必要になるため、サービスの提供金額との折り合いをつけることができなかったでしょう。今回 Azure を採用したことにより、お客さまへのコスト負担を下げながら、従来より多様なニーズに応えられるセキュリティ環境を構築してサービスを提供できるようになりました。また、これまでは DB を中心とし、運用上では経験者によるチューニングが必要不可欠でしたが、Azure の場合、こうした属人的な要素が自動化できます。運用工数は約 50% 削減できており、これはサービスの安定稼動という面でも大きく貢献していると考えます」(高坂 氏)。

<今後の展望>
Log Analytics を活用した監査への対応など、サービス価値のさらなる向上を目指す

「STORES-GIFT」へのサービス リニューアルにより、サービス品質のさらなる改良を実現した、セゾン情報システムズ。同社は、提供基盤に Azure を採用したことで、ユーザー ニーズに即した機能拡充や、今後見込まれる顧客数の増加へも対応できる基盤を獲得しました。

セゾン情報システムズは、今回のリニューアルをあらたなスタートとし、今後さらなる、サービス価値の向上を目指した取り組みを計画しています。

「予約販売のような、配送を伴わない注文商品での利用など、お客さまからはさまざまな場面で活用したいとの要望をいただいています。これらに対応すべく、近い将来に、EC サイトで注文した商品を店舗で受け取れるといった、オムニチャネル展開の機能を強化していく予定です。そしてもうひとつ、お客さまから要望の多い監査への機能対応も進めていきたいですね。そこでは、システムへのアクセス ログや外部からの攻撃ログを収集し見える化する必要がありますが、Operations Management Suite (OMS) のコンポーネントである Log Analytics を活用することで、実装できると考えています」(長谷 氏)。

セゾン情報システムズは現在、リニューアルを遂げた「STORES-GIFT」だけでなく、Azure が持つ強みを活かした他ソリューション ラインアップの拡充についても計画しています。ギフトのみでなく、流通小売業界にさらなる活性化をもたらすセゾン情報システムズの取り組みに、期待が高まります。

写真

ダウンロード

Download File 6068-WI1.pdf

PDF ファイル 2,027 KB
Adobe Reader のダウンロードはこちら 外部サイトへ移動するため、別ウィンドウで開きます

ソリューション概要

プロファイル

株式会社セゾン情報システムズ外部サイトへ移動するため、別ウィンドウで開きますは、西武流通グループ (当時) の情報処理機能の統合と新しい情報サービス業の創造を目的として 1970 年 9 月に設立。クレジット カード ビジネス、流通小売業を中心とする IT システム構築、運用と共に、ファイル転送ミドルウェア「HULFT」製品群などを提供。長年培った技術力、専門スキル、業務ノウハウと最新テクノロジーを活かし、時代環境変化に適応した製品、サービスの創出、安定供給に取り組んでいます。

導入製品とサービス

導入メリット

  • Azure を基盤に採用することで、セキュリティ レベルや利便性の向上した「従来以上に価値の高いサービス」を、顧客側のコスト負担を下げて提供できるようになった
  • クラウド スターター パックをはじめとしたマイクロソフトの厚いサポートにより、3 か月という短期での構築が実現できた
  • これまで経験者によるチューニングが必要だったシステム運用の多くが自動化されたことで、運用工数を約 50% 削減。サービスの安定稼動に大きく貢献した

ユーザーコメント

「これまでお客さまからは、いくつかセキュリティ関連のご要望をいただいていました。仮にそれらを従来のシステム環境で実現する場合、相当なコストが必要になるため、サービスの提供金額との折り合いをつけることができなかったでしょう。今回 Azure を採用したことにより、お客さまへのコスト負担を下げながら、従来より多様なニーズに応えられるセキュリティ環境を構築してサービスを提供できるようになりました。また、これまでは DB を中心とし、運用上では経験者によるチューニングが必要不可欠でした。Azure の場合、こうした属人的な要素が自動化できます。運用工数は約 50% 削減できており、これはサービスの安定稼動という面でも大きく貢献していると考えます」

株式会社セゾン情報システムズ
流通・ITソリューション事業部
流通ソリューション部
ソリューション二課
高坂 亮多 氏

  • 日本のデジタルトランスフォーメーション浸透度は? (新規ウィンドウで開きます)
  • IT 担当者向け Microsoft 365 オンライン セミナー公開中! (新規ウィンドウで開きます)
  • オンデマンド配信中! Microsoft Tech Summit 2017 Online (新規ウィンドウで開きます)

本ケーススタディに記載された情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。
本ケーススタディは情報提供のみを目的としています。Microsoft は、明示的または暗示的を問わず、本書にいかなる保証も与えるものではありません。

ページのトップへ