スキップしてメイン コンテンツへ

ID 中心のセキュリティ

マイクロソフト インテリジェント セキュリティ グラフでセキュリティを強化

マイクロソフト インテリジェント セキュリティ グラフにより、マイクロソフトの多数のユーザーや企業から収集された膨大なシグナルを Azure AD の条件付きアクセスで利用できます。さらに、これらのデータを基に、リスク ベースの実践的なポリシーが作成されます。

入り口での保護

データ侵害の 63% 以上は、データ漏洩や盗難された資格情報を利用して、攻撃者は管理の行き届いていない企業のネットワークに侵入しています。Azure の条件付きアクセスは、ユーザー ID のセキュリティに焦点を当てた機能です。特権を与えられているかどうかにかかわらずユーザー ID を管理し、保護することで、資格情報の盗難を防止します。

現在の脅威と新たな脅威の防止

AI と機械学習を使用して、損害が発生する前に攻撃を防ぐという、切望された優位性を組織に提供します。

セッション内の不正アクセスから守る

SharePoint Online、OneDrive for Business、および Microsoft Cloud App Security とのネイティブな統合によって、だれが、どのデバイスで、どのデータにアクセスできるかを制御することでアクセスを制限できます。

条件付きアクセスとは

条件付きアクセスを利用する

データ侵害の 63% 以上では、攻撃者が脆弱な資格情報、管理が行き届いていない資格情報、または盗んだ資格情報を利用して、企業のネットワークに侵入しています。Azure の条件付きアクセスは、ユーザー ID のセキュリティに焦点を当てた機能です。特権を与えられているかどうかにかかわらずユーザー ID を管理し、保護することで、資格情報の盗難を防止します。

詳細はこちら

Azure AD の条件付きアクセスに関連する製品

Back To Top
close-button