クラウドへワークロード移行時、Hyper-V で節約

Hyper-V 上でワークロードを実行し、オンプレミスからクラウドの Windows Server 仮想マシンに容易に移行できます。

Windows Server ライセンスをクラウドに拡張して節約する

仮装ワークロード専用の搭載セキュリティを活用

シールドされた Virtual Machines を使用して BitLocker で仮想マシンを暗号化し、Host Guardian サービスで承認されたホスト上でのみ実行できます。

ダウンタイムなしでアップグレード

アプリケーションやワークロードのダウンタイムを懸念することなく Hyper-V およびスケールアウト ファイル サーバー クラスターを Windows Server 2016 にアップグレード。新しいハードウェアは不要です。

オープンで柔軟

複数のオペレーティング システム上にアプリケーションを展開して、Hyper-V 上の Linux に関するクラス最高のサポートを利用できます。

データセンターのフットプリントを削減

Nano Server インストール オプションを使用すると、可用性を向上しながらリソース使用量を削減できます。Windows Server 2016 を完全に配置した場合に比べて 1/25 になります。

Back To Top
close-button