照明が点灯している都市の夜景を上から眺めたようす。

クラウド対応のハイパーバイザーを取得

世界最大のデータセンターである Azure を実行するハイパーバイザーを使用して、これまで以上に容易にクラウドに移行できます。Gartner によって x86 サーバー仮想化のリーダーとして評価され、アナリストが仮想化の競争に変革をもたらすと予測する Windows Server 2016 プラットフォームがお役に立ちます。

クラウドにワークロードを移行するときに Hyper-V で節約する

Hyper-V 上でワークロードを実行し、オンプレミスからクラウドの Windows Server 仮想マシンに容易に移行できます。

仮想ワークロード専用の組み込みセキュリティを活用

シールドされた Virtual Machines を使用して BitLocker で仮想マシンを暗号化し、Host Guardian サービスで承認されたホスト上でのみ実行できます。

ダウンタイムなしでアップグレード

アプリケーションやワークロードのダウンタイムを懸念することなく Hyper-V およびスケールアウト ファイル サーバー クラスターを Windows Server 2016 にアップグレード。新しいハードウェアは不要です。

オープンで柔軟

複数のオペレーティング システム上にアプリケーションを展開して、Hyper-V 上の Linux に関するクラス最高のサポートを利用できます。

データセンターのフットプリントを削減

Nano Server インストール オプションを使用すると、可用性を向上しながらリソース使用量を削減できます。Windows Server 2016 を完全に配置した場合に比べて 1/25 になります。

Back To Top
close-button