メイン コンテンツへスキップ
ビジネス向け Windows
ノートパソコンで Windows 10 Pro 画面を開いたままデスクに座っている女性
さらにスマートに作業する
Windows 10 Pro を使用すれば、働く時間を増やさずに、さらに多くの作業を行えます。

Windows 10 Pro (ダウンロード)

Microsoft

Windows 10 Home オペレーティング システムのすべての機能に加えて、リモート デスクトップ、Windows 情報保護*、BitLocker**、業務用に設計されたツールのスイートをご利用ください。1 台の PC または Mac を対象にライセンスが付与されます。 *Windows 情報保護には、設定を管理するために、Mobile Device Management か System Center Configuration Manager のどちらかが必要です。これらの製品は別売りです。Active Directory があると管理がより容易になりますが、必須ではありません。 ** TPM ベースのキー保護には、TPM 1.2 以上が必要です。

Microsoft 365 Personal なら、1 TB ストレージといつでも最新版の Word・Excel・PowerPoint 等が使えて月々1,284 円。年間契約なら2か月分お得です。
詳しくはこちら

ご購入時ダウンロードを選択した場合、購入後すぐにダウンロードいただけます。USB を選択した場合は、ご指定の住所に USB の配送となります。

¥28,380 (税込)

法人向け Windows 11 について詳しくご覧ください。
詳しくはこちら

あなたの働き方に合わせて、生産性を向上させます

Windows 10 Pro は、今どのように作業するかと同時に、明日の作業に備えることを目的として設計されています。

Asus Viv0Book デスクトップを操作している男性。

リモート デスクトップ

リモート デスクトップを使用すると、あらゆるデバイスからインターネット経由で自分のマシンにアクセスし、ロックを解除してすべてのファイル、フォルダー、アプリを使用することができます。3

自宅で Windows 10 搭載ノートパソコンを使用している女性

Microsoft 365⁴ Business

従業員は、プライバシーとセキュリティを犠牲にすることなく、実質的に共同作業を行うことができます。Microsoft Teams を使用すれば、チャット、ミーティング、通話、コラボレーションをすべて 1 か所で行えます。

シンプルで柔軟な管理

Windows 10 Pro は、あなたがビジネスに専念できるように、ID、デバイス、アプリケーション管理を簡素化します。IT インフラストラクチャを直感的に管理できるため、何に対しても対応できます。

シームレスな作業、摩擦のない管理

Windows 10 その他の Microsoft サービスでシングル ログインを利用してユーザーの時間を節約しましょう。Azure AD Join を使用すればクラウド内ですべての ID とアクセスを管理できます。

複数のデバイスを同時に追加および管理

ドメイン参加&グループ ポ リシーを使用すると、1 つの管理コンソールから、ネットワークに新しいデバイスを追加したり、複数のデバイスのセキュリティ ポリシーを一度に設定したりできます。

PC だけでなく、モバイル デバイスも管理できます。

モバイル デバイス管理 (MDM) を通じてプライバシーを損なうことなく、チームのデバイスで会社のセキュリティ ポリシーとビジネス アプリケーションを管理  できます。5

信頼できる強力なプロテクション

Windows 10 には、データ、機器、人に対する保護機能が組み込まれています。デバイスが紛失や盗難に遭った場合でも、ビジネス情報や個人 ID を保護します。

シンプルで安全な多因子認証

Windows 10 Pro は、電話、テキスト、またはスマートフォンやタブレット用の Microsoft 認証アプリを使用して、簡単で安全な多因子認証6を提供します。7, 8

ハード暗号化で簡単に

BitLocker2 暗号化によって、デバイスが紛失または盗難に遭っても情報は保護されます。BitLocker To Go を使用すると、外付けドライブやリムーバブル ドライブにも同じ保護機能が提供されます。

データ リークは発生する前に止める

Windows 情報保護 1 (WIP) は、デバイス上のビジネス データを暗号化し、個人データから分離することにより、意図しないデータ損失を防ぎます。

マシン起動時の攻撃に対するハードウェア ベースの防御

Windows Defender System Guard9 は、最新のデバイスでハードウェア ベースの信頼のルートを使用して、マシン起動時の攻撃をブロックし、他に伝播しないようにします。

よく寄せられる質問

  • Microsoft 365、Teams、および Microsoft Dynamics 365 クラウド アプリにアクセスするために、デバイスを 登録し、ワークアカウントを追加する方法については、 をご覧ください。所属組織 のネットワークに ワーク アカウントを追加できます。ただし、 仮想プライベート ネットワーク (VPN)  または  Windows 10 Home  デバイスからドメインに参加している場合、 アクセスが制限される可能性 があります。会社で Azure Active Directory への参加が実装されている場合、 Windows 10 Home  デバイスは、 管理機能や セキュリティ 機能 も制限されます。 ユーザーがドメインに完全に アクセスする必要がある場合は、 Windows 10 Home デバイスを Windows 10 Pro にアップグレードすることをお勧めします。 さまざまなバージョンの Windows の詳細については、 当社の比較表をご覧ください。 
  • 企業 は、 リモート作業に 移行するにつれてセキュリティの強化と管理の容易さが必要なことを認識しつつあります。Windows 10 Pro には、Azure Active Directory、ドメイン参加、Windows 情報保護1、 BitLocker2、リモート  デスクトップ3、法人向けに設計されたツールのスイートなど、高度な機能が追加されています。  Windows 10 Home マシンを Windows 10 Pro へ  アップグレードすることをお考えの場合、Microsoft Store 経由でライセンスをアップグレードすることによって、 リモートでアップグレードを行うことができ ます
  • Windows 10 Pro を搭載したデバイスの購入をお勧めしますが、早急にデバイスが必要な場合もあります。そのよう  な状況では、 いくつかの方法が考えられます。選択肢としては 

     Windows 10 Home PC を購入する方法があります。「ワーク アカウントを追加」を使用して Windows 10 Home PC を  Azure AD に追加すると、従業員が Microsoft 365、OneDrive、Teams などの生産性リソースにアクセスできるようになります。 最初の実行中に Azure AD を使用して新しい Windows 10 デバイスに参加する方法。 

     よう従業員に依頼してデバイスを登録し、組織のネットワークにワーク アカウントを追加します 。これにより、必要に応じて Microsoft 365、Teams、および  Microsoft Dynamics 365  クラウド アプリにアクセスできます。 会社のドメインに完全にアクセスするには、Windows 10 Home PC を Windows 10 Pro ライセンスにアップグレードしてください。

Windows ビジネス エディションの比較

Windows 10 Pro と Windows 10 Enterprise は、ビジネス ニーズに対応する強力な機能を、セキュリティで保護されたパッケージで備えています。

働く人々のためのデバイス

最高のデバイスで Windows 10 Pro を実行します。
HP ファミリーのノートパソコン, テント モード, ノートパソコン モード, タブレット モード。
全色揃った Surface Pro 7 の特徴画像。

ビジネス向け Surface

Microsoft Store をお選びいただく理由

配達を待つ必要はありません。 全てのソフトウェアが購入後にダウンロードできます。詳細はこちら 

ソフトウェアのダウンロード

配達を待つ必要はありません。 全てのソフトウェアが購入後にダウンロードできます。

ストアコンシェルジュ

マイクロソフトのサポート スタッフが、ご購入前の疑問や不安を電話やチャット サポートで解決。

  • こちらは、Windows 10 の完全バージョンです。インストールの前にファイルのバックアップをお勧めします。更新は、サポート期間中であれば、自動で有効になります。追加のストレージやハードウェアの要件が今後更新に適用されます。アプリと機能はマーケットによって異なることがあります。Windows Media Center はサポート対象外です。互換性、サポート期間、その他の重要なインストール情報の確認は、お使いのデバイスの製造元の Web サイトや windows.com/windows10specs をご覧ください。
  • [1] Windows 情報保護を使用するには、モバイル デバイス管理またはシステム センター構成マネージャーのいずれかによって設定を管理する必要があります。これらの製品は別売りです。Active Directory を使用すると管理が簡単になりますが、必須ではありません。
  • [2] TPM ベースのキーのプロテクションには TPM 1.2 以上が必要です。
  • [3]  リモート デスクトップ アプリは、Windows、iOS、Android、Mac に対応しています。アクセスするコンピューターがオンになっている必要があります。
  • [4] サブスクリプションは別売です。
  • [5]  Azure AD または Microsoft 365 が必要です。別売りです。モバイル デバイス管理の詳細はこちら https://docs.microsoft.com/windows/client-management/mdm/
  • [6]  Windows Hello、生体認証についてもご確認ください
  • [7] Android または iOS 向けの無料の Microsoft 認証アプリを手に入れてください https://www.microsoft.com/ja-jp/security/mobile-authenticator-app
  • [8]  Microsoft 認証アプリを使用する方法  https://support.microsoft.com/help/4026727/microsoft-account-how-to-use-the-microsoft-authenticator-app
  • [9]  Windows Defender System Guard のブート時の整合性プロテクションには、UEFI 2.3.1 以上を使用したセキュリティで保護されたブートが必要です。Windows Defender System Guard クラウドサービスを使用するオプションのリモート整合性検証機能には、TPM 1.2 以上と、リモート認証機能をサポートする管理システム (例: Intune およびシステム センター構成マネージャー) が必要です。

よく寄せられる質問

  • Microsoft 365、Teams、および Microsoft Dynamics 365 クラウド アプリにアクセスするために、デバイスを登録し、ワーク アカウントを追加する方法については、ワーク アカウントを追加する方法をご覧ください。所属組織のネットワークにワーク アカウントを追加できます。ただし、仮想プライベート ネットワーク (VPN) または Windows 10 Home デバイスからドメインに参加している場合、アクセスが制限される可能性があります。会社で Azure Active Directory への参加が実装されている場合、Windows 10 Home デバイスには管理機能やセキュリティについても制限があります。ユーザーがドメインに完全にアクセスする必要がある場合は、Windows 10 Home デバイスを Windows 10 Pro にアップグレードすることをお勧めします。さまざまなバージョンの Windows の詳細については、比較表をご覧ください。
  • 企業 は、 リモート作業に 移行するにつれてセキュリティの強化と管理の容易さが必要なことを認識しつつあります。Windows 10 Pro には、Azure Active Directory、ドメイン参加、Windows 情報保護1、 BitLocker2、リモート  デスクトップ3、法人向けに設計されたツールのスイートなど、高度な機能が追加されています。 Windows 10 Home マシンを Windows 10 Pro へ  アップグレードすることをお考えの場合、Microsoft Store 経由でライセンスをアップグレードすることによって、 リモートでアップグレードを行うことができ ます
  • Windows 10 Pro を搭載したデバイスの購入をお勧めしますが、早急にデバイスが必要な場合もあります。そのよう  な状況では、 いくつかの方法が考えられます。選択肢としては 

     Windows 10 Home PC を購入する方法があります。「ワーク アカウントを追加」を使用して Windows 10 Home PC を  Azure AD に追加すると、従業員が Microsoft 365、OneDrive、Teams などの生産性リソースにアクセスできるようになります。 最初の実行中に Azure AD を使用して新しい Windows 10 デバイスに参加する方法。 

     よう従業員に依頼してデバイスを登録し、組織のネットワークにワーク アカウントを追加します 。これにより、必要に応じて Microsoft 365、Teams、および  Microsoft Dynamics 365  クラウド アプリにアクセスできます。 会社のドメインに完全にアクセスするには、Windows 10 Home PC を Windows 10 Pro ライセンスにアップグレードしてください。

  • [1] Windows 情報保護を使用するには、モバイル デバイス管理またはシステム センター構成マネージャーのいずれかによって設定を管理する必要があります。これらの製品は別売りです。Active Directory を使用すると管理が簡単になりますが、必須ではありません。
  • [2] TPM ベースのキーのプロテクションには TPM 1.2 以上が必要です。
  • [3]  リモート デスクトップ アプリは、Windows、iOS、Android、Mac に対応しています。アクセスするコンピューターがオンになっている必要があります。
タブに戻る