.NET Core

Mac でも、Linuxでも、Windows でも
「新しい .NET」が、あらゆる開発者に
「新しい未来」を提供します。

「Windows の .NET」から、「OSS およびクロス プラットフォームの .NET」へ──
.NET 技術がオープン ソース化され、Mac、Linux、そして Windows のクロスプラットフォーム対応が実現されています。すべての開発者が、さまざまな革新のアイデアを、.NET で自在に具体化させる──。
そんな未来がすぐそこに見えています。

デプロイをシンプルに管理できる Docker 上でも稼働
進むオープンイノベーション

.NET のオープンソース化により Mac でも、Linux でも、Windows でもあらゆる開発者が .NET アプリケーションを構築、運用することが可能。また、軽量なコンテナ型仮想化ソフトウェア環境の Docker 上でも稼働し手間なくアプリケーションの展開と管理ができます。

豊富なライブラリの活用を可能に
効率の良い開発環境

.NET は、 サーバー & クラウド環境に最適化されたオープンソースの軽量ランタイム。さらに、.NET Core と Visual Studio Code で Mac や Linux でも Windows と同じように豊富なライブラリを活用しコンソールアプリや最新の Web アプリ、モバイル アプリの開発を効率的に行えます。

.NET Framework インストール不要
アプリを迅速に展開

.NET Framework のインストール不要、ビルド不要で簡単にアプリケーションを展開。完全な Side by Side 配置と実行、高速起動、低いメモリ使用量と高いスループットを実現します。

新しい .NET を始める

.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来

新しく登場した .NET Core 1.0 と ASP.NET Core 1.0 は、Windows 環境に加えて Linux や Mac OS X にも対応する、新しい .NET ランタイムとフレームワークです。サーバー サイドのクロスプラットフォームに対応するフット プリントの軽いこれらのランタイムとフレームワークの登場は、本格化するクラウド環境へ柔軟に適応できるスケーラブルなアプリケーション構築において、重要な役割を果たします。本セッションでは、.NET Core と ASP.NET Core の登場の背景やそれらが目指す将来像もふまえつつ、その仕組みや使用方法などを解説します。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

.NET 初期ビジョンの実現

“To move beyond today’s world of stand-alone Web sites to an Internet of interchangeable components where devices and services can be assembled into cohesive, user-driven experiences”

“Web サイトが個々に独立している状態から、交換可能なコンポーネントからなるインターネットへと移行し、さまざまな デバイスとサービス を組み合わせることで一貫性のあるユーザー主導のエクスペリエンスを実現する”

Bill Gates on the goal for .NET Forum 2000

デジタル・イノベーションを支える、あらゆる開発者の成功に「.NET」を

アプリケーション開発と展開のスピードを上げることは、開発者に共通した課題です。とりわけ、デジタル・テクノロジーを駆使した顧客との関係強化、顧客体験の洗練化が強く求められる今日においては、さまざまなビジネス・アイデアを、クラウドのサービス、あるいは Web アプリケーションとして短期間で具体化させ、さまざまなプラットフォームを通じて提供することが強く求められています。

こうしたなか、開発生産性の高さで数多くの開発者から支持されている「.NET」が、新たな変化と飛躍のときを迎えています。

その変化とは、クロスプラットフォーム化です。目的はもちろん、.NET のコア・テクノロジーを、あらゆる開発者の生産性向上と成功のためにご利用いただくことです。

ご存じのとおり、Windows Server と Linux は重要なアプリケーション プラットフォームです。マイクロソフトもLinux 重視の姿勢を貫き、Microsoft Azureにおいても、すでに5つの主要なLinuxディストリビューションを正式にサポートし、Azure 上で動作するVM(仮想マシン)の20%強がLinuxで占められています。

.NETのオープンソース化は、そうした Linux / OSS に対するマイクロソフトの取り組みの一環と言えるものです。コアフレームワークの「ASP.NET」やコンパイラ、ランタイムをオープンソース化し、そのディストリビューションを、Linux / Mac OS X、そして Windows の各プラットフォーム向けに提供することで、プラットフォームの制約から、.NET 環境を解き放ち、あらゆる開発者に、.NET の生産性の高さを享受していただくことを目指しています。

.NET のオープンソース化とクロスプラットフォーム化により、さまざまなプラットフォームのフレームを一本化し、開発生産性をグンとアップさせることが可能になるでしょう。また今後、マイクロソフトとあらゆる開発者による .NET のオープンイノベーションも進むことになり、 .NET 自体の先鋭化にも一層の拍車がかかるのは間違いはありません。

.NET の革新は、これからが本番です。


Close