支援技術製品開発のための情報

障碍 (しょうがい) などにより機能や認知に制限のある方のコンピューター利用を支援する支援技術製品を開発するためには、何が必要でしょうか?支援技術製品の中には、特に支援技術ということを意識せずに作られた製品が結果として障碍のある方にも役立つ、ということもありますが、例えばコンピューターの画面に表示されている情報を読み上げるスクリーン リーダーを開発しようとすると、Windows の情報を取得するという特別なテクノロジが必要になります。マイクロソフトは支援技術製品の開発を促すために、下記のテクノロジを提供しています。