アクセシビリティ ホーム > 支援技術情報 > 支援技術製品開発のための情報 > 開発者用アクセシビリティ モデル (UI Automation)

開発者用アクセシビリティ モデル (UI Automation)

Microsoft Windows User Interface Automation (UI Automation) は、グラフィカル ユーザー インターフェイスにプログラマティックにアクセスすることにより、支援技術製品と自動テストのフレームワークのニーズに対応するために設計されたアクセシビリティとオートメーションの新しいモデルです。マイクロソフトはプラットフォーム間共通で無償ライセンスの UI Automation を提供していて、業界全体の発展を促進するために、すべてのオペレーティング システム上で一貫性のあるアクセシビリティとテスト モデルの導入を奨励します。

はじめに

UI Automation はアプリケーションのインターフェイスと豊かな意味情報を表現し、その情報を支援技術製品や自動テスト ユーティリティの開発に使用するためのモデルです。単一で正確なアプリケーション全体のグラフィカル UI 情報ソースを提供できるよう設計されていて、テスト開発者と支援技術開発者がどのような GUI アプリケーションでも動作する一貫性のあるモデルを作成することを可能にします。

UI Automation モデルは各 UI 要素、状態変更の通知、コントロールの動作についての意味情報を提供し、巧みに定義されたクラスを通して UI 要素を直接操作することを可能にします。さらに、ドキュメント コンテンツおよび情報テーブルと相互に作用する一貫したモデルも提供します。Microsoft Windows XP 以降の OS でサポートされていて、アクセス可能なアプリケーションを開発するコストを削減し、さらに強力な支援技術と自動テスト ツールの作成が可能になると考えられています。

UI Automation は、UI Automation プロバイダー と UI Automation クライアントという 2 つの部分から成っています。UI Automation プロバイダーは Microsoft Word、Excel あるいは 別の Windows オペレーティング システムに基づいたアプリケーションです。UI Automation クライアントはスクリーン リーダー、拡大鏡、代替入力およびその他の支援技術アプリケーションです。自動テストのための自動テスト スクリプトで UI Automation を利用することもでき、自動テスト スクリプトも UI Automation モデルのクライアントと見なされます。
UI Automation はプラットフォーム間共通のオートメーション モデルとして、業界全体に利益をもたらし、支援技術と自動テストの可能性において大きな改革をもたらしています。

支援技術開発サポート

UI Automation を使用すると支援技術開発者がプログラムから UI に関する情報を容易に取得できるようになります。現在の技術では、支援技術開発者はアプリケーション UI とシステム全体の状況についての情報を収集するために異なる多くの技術を駆使しています。UI Automation は単一の情報ソースを提供するため、開発コストを削減し、支援技術産業が製品の改善に集中することを可能にすると見込まれています。プラットフォーム間共通の開発環境とコントロール フレームワークが組み合わさったときに、UI Automation は多様なプラットフォームで共通のアプリケーションを提供するという業界の目標を達成することに貢献するでしょう。

自動テスト

支援技術製品と自動テスト ツールの要件は非常によく似ているため、UI Automation はその両方の開発グループの要求に応えるよう設計されました。この強力なモデルを使用すると、支援技術製品あるいは自動テスト スクリプトの開発者は一貫した方法でアプリケーションの UI 情報を取得し、文字の入力、ボタンの押下といった UI との情報のやり取り、あるいは UI に関する情報を収集してユーザーに伝えることが可能になります。