スキップしてメイン コンテンツへ

アクセシビリティ ホーム > 製品情報> Windows 10 のアクセシビリティ機能

Windows 10 のアクセシビリティ機能

Windows 10 を使いやすくする機能 (アクセシビリティ機能) をご紹介します。
2017 年 10 月 17 日から順次提供を開始した「Windows 10 Fall Creators Update」についての記述を追加しています。

単操作への2つのアクセス方法

① [設定] から [簡単操作]

1:[スタート ボタン] をクリックし、[設定] をクリックします。 2:[設定] ウィンドウが表示されます。[簡単操作] をクリックします。 3:[簡単操作] が表示されます。MEMO: [簡単操作] を右クリックして、[スタートにピン留め] をクリックすると、素早く起動できます。

② [コントロール パネル] から [簡単操作センター]

(Creators Update では [コントロール パネル] は [設定] に集約されています)

1:[スタート ボタン] を右クリックし、一覧から [コントロールパネル] をクリックします。 2:[コントロールパネル] が表示されます。[コンピューターの簡単操作] をクリックします 3:[コンピューターの簡単操作センター] をクリックします。 4:[コンピューターの簡単操作センター] が表示されます。

ページトップへ

コンピューターを画面なしで使用したり、見やすくしたりします

ナレーター : 入力したキーやフォーカスがあたっている場所を音声で読み上げます。

1 [スタート ボタン] から [設定] をクリックし [簡単操作] をクリックします。

2 [簡単操作] の左側ナビゲーションの [ナレーター] が選択されていることを確認し、[ナレーター] を [オン] にします。

音声の選択、スピードや高さの変更ができます。 ボタン、リンク、一覧項目、スライダーなどの共通項目の使い方についてのヒントをナレーターが読み上げるようにします。 有効にすると入力するキーや単語を読み上げます。 有効にすると他のアプリの音量が下げられ、ナレーターの音声が聞きやすくなります。 特定の操作を行うときにナレーターによって再生される追加サウンドを有効にすることができます。 有効にすると、画面上のナレーターの位置を強調表示するボックスが表示されます。

●ナレーター起動 Windows ロゴ キー + Enter キー (Creators Update では Ctrl キー + Windows ロゴ キー + Enter キーとなります)●ナレーター終了 Ctrlキー + Alt キー + Esc キー

Creators Update では [ブライユ点字] 機能が追加されましたが、日本語には対応していません。

拡大鏡 : 画面を拡大して見やすくすることができます。

1 [簡単操作] の左側ナビゲーションの [拡大鏡] を選択し、[拡大鏡] を [オン] にします。

●拡大鏡起動 Windows ロゴ キー + (+)  キー ●拡大鏡終了 Windows ロゴ キー Esc キー

2 画面上に表示された かタスクバーの をクリックすると、拡大鏡の設定が行えます。

倍率 : (+) (-) のボタンで、100% から 1600% まで 16 段階の倍率調整が可能です。
b表示 : 拡大画面の表示方法を [全画面表示] [レンズ] [固定] の 3 種類から選べます。
c拡大鏡のオプション : 詳細設定が行えます。拡大 / 縮小、倍率や色の反転、レンズのサイズなどが設定できます。

ハイ コントラスト : 通常の配色では画面がまぶしい場合などに設定します。

1 [簡単操作] の左側ナビゲーションの [ハイ コントラスト] を選択し、[テーマの選択] の一覧から見やすいテーマを選択します。

Creators Update では [設定] - [ディスプレイ] に [夜間モード設定] が追加されました。有効にすると睡眠を助けるためにより暖かい色が表示されます。

ページトップへ

キーボードやマウスを使いやすくします

固定キー : 2 つ以上のキーを同時に押すことが困難な場合は、「固定キー」機能が役に立ちます。

オプションが表示されます。 ショートカット:固定キーの起動 shift × 5 回連続押し MEMO:通知領域に表示される、固定キー機能が有効のアイコン

1 [簡単操作] の左側ナビゲーションの [キーボード] を選択し、[固定キー機能] の [キーボード ショートカットで一度に 1 つずつキーを押す] を [オン] にします。

フィルター キー : キーを長く押しすぎて同じ文字が連続して入力されたり、同時に隣のキーに当たったりする場合に役に立ちます

オプションが表示されます。 ショートカット:フィルター キー起動 shift 右 × 8 秒間長押し MEMO:通知領域に表示される、フィルター キー機能が有効化のアイコン

1 [簡単操作] の左側ナビゲーションの [キーボード] を選択し、[フィルター キー機能] の [速いキーボード操作または繰り返し入力されたキーボード操作は無視または減速して、キーボードのリピート間隔を調整します] を [オン] にします。

マウス キー : マウス操作が困難な場合にテンキーでマウス ポインターを操作することができます

オプションが表示されます。 MEMO:通知領域に表示される、マウス キー機能が有効化のアイコン

1 [簡単操作] の左側ナビゲーションの [マウス] を選択し、[マウス キー機能] の [テンキーを使って画面上でマウスを移動する] を [オン] にします。

テンキーの 5 のキーを中心に、8 のキーを押すと上、2 のキーを押すと下にマウス ポインターを移動させることができます。
斜めの移動やクリック、ダブルクリックもできます。

5クリックドロップ
+ダブルクリック-右ボタン選択
0ドラッグ開始/右ボタン選択

MEMO:テンキーがないノート パソコンの場合、マウス キーを有効にしても、マウス キー機能が利用できません。通知領域には×印のついたマウス キー機能の通知が表示されます。ノート パソコンの [Num Lock]  などのキーを押すことで、ノート パソコンのキーをテンキーとして使用することができます。

ページトップへ

タッチ機能とタブレットを使いやすくします

タッチ フィードバック : タッチした場所が分かるようにタッチ部分が薄い丸で表示されます。

1 [簡単操作] の左側ナビゲーションの [その他のオプション] を選択し、[タッチ フィードバック] の [スクリーンをタッチしたときに視覚的フィードバックを表示する] を [オン] にします。
[より濃くて大きい視覚的フィードバックを使う] をオンにすると、タッチ フィードバックがより強調されます。

タッチ機能とタブレットを使いやすくする

MEMO:タブレットを使う際に、ここで選択した機能を、[Windows ロゴ] ボタンと [音量を上げる] ボタンで起動することができます。

1 [コントロールパネル] の [コンピューターの簡単操作] から [タッチ機能とタブレットを使いやすくする] をクリックします。

タッチ対応パソコンでナレーターを使用する
( 4 点タッチ対応 PC でナレーターを使用する際の主なタッチ操作です。)

タッチ操作目的
2 本の指で 1 回タップ (軽くたたく)ナレーターの読み上げ停止
ダブルタッププライマリ動作をアクティブにする

ページトップへ

Cortana (コルタナ) を使えば、音声やテキストを認識して様々な検索などができます

1 検索窓のマイクのボタンをタップするか「コルタナさん」と呼びかけます。

2 質問を話します。
自動的に音声認識し、文字が表示されます。

3 回答が音声とともに表示されます。

MEMO:Cortana を利用する際には、Microsoft アカウントとインターネット接続が必須です。

Creators Update では Windows 10 のインストール時も Cortana に対応し、音声と字幕で説明をし、Cortana に話しかけることでインストールを進めることができます。

Windows 10 アクセシビリティ ガイドブック

写真: Windows 10 アクセシビリティ ガイドブックの表紙

Windows 10 のアクセシビリティ機能を説明したガイドブックです。

ダウンロードはこちらから
アクセシビリティ ガイドブックをダウンロードする (PDF 3.03 MB)
※ 本 PDF は、音声読み上げを行った場合、内容が正確に読まれない場合があります。

その他のアクセシビリティ ガイドブックについてはこちらをご覧ください。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

ページトップへ