Windows 7 のアクセシビリティ機能

Windows 7 では、Windows Vista で採用された「コンピュータの簡単操作センター」が搭載されています。 Windows XP までは「ユーザー補助のオプション」にあった「固定キー」などの設定、「ユーティリティ マネージャー」や「アクセサリ」などから起動した「拡大鏡」や「スクリーン キーボード」、さらには「コントロール パネル」から行っていたマウスなどの詳細な設定まで、パソコンをより使いやすくするためのあらゆる設定が行えるようになっています。まず、「コンピュータの簡単操作センター」へのアクセス方法とコンテンツを見てみましょう。