スキップしてメイン コンテンツへ

アクセシビリティ ホーム > 製品情報 > Windows Vista のアクセシビリティ機能

Windows Vista のアクセシビリティ機能

Windows Vista では、「コンピュータの簡単操作センター」から、従来「ユーザー補助のオプション」にあった「固定キー」などの設定、「ユーティリティ マネージャ」や「アクセサリ」などから起動した「拡大鏡」や「スクリーン キーボード」、さらには「コントロール パネル」から行っていたマウスなどの詳細な設定まで、パソコンをより使いやすくするためのあらゆる設定が行えるようになりました。
まず、「コンピュータの簡単操作センター」へのアクセス方法とコンテンツを見てみましょう。

コンピュータの簡単操作センターへのアクセス

  1. スタートメニューの [コントロール パネル] をクリックします

    画面イメージ: Windows Vista のスタート メニューにある [コントロール パネル]



  2. 「コントロール パネル」が開いたら、[コンピュータの簡単操作] をクリックします

    画面イメージ: コントロールパネルにある [コンピューター簡単操作]



  3. 「コンピュータの簡単操作」ウィンドウが開いたら [コンピュータの簡単操作センター] をクリックします

    画面イメージ:「コンピュータの簡単操作」ウィンドウにある [コンピュータの簡単操作センター]



    ショートカット

    「コンピュータの簡単操作センター」はショートカットでも起動します。

    ショートカットの説明。Windows ロゴキーを押しながら「U」キーを押すとコンピュータの簡単操作センターが起動します。Windows XP ではユーティリティマネージャが起動します。



コンピュータの簡単操作センターのコンテンツ

ツールへのクイックアクセス

よく使われる 4 つの機能にすぐアクセスできます。

推奨案で設定する

パソコンを利用する際に不便な点などをガイドに沿って選んでいくと、必要な機能や設定の推奨案が提示されます。

目的別に設定する

目的にあわせて、パソコンを設定することができます。

画面イメージ: Windows Vista のコンピュータの簡単操作センター

ツールへのクイック アクセス

よく使われる 4 つの機能にすぐアクセスできます。

画面イメージ: 拡大鏡で一部を拡大した画像

拡大鏡で画面の一部を拡大



画面イメージ: スクリーン キーボード

画面上のキーボードをマウスやスイッチで操作



画面イメージ: ハイコントラストを設定した画面

画面を見やすいように設定する



拡大鏡
虫眼鏡のように画面の一部を拡大して見ることができます。拡大した画面の色を反転させたり、拡大鏡のウィンドウの大きさや場所を自由に変更することができます。
ナレータ
別途日本語エンジンを組み込むことで、画面のテキスト情報を読み上げます。
スクリーン キーボード
通常のキーボードの操作が難しい場合、画面上のキーボードをマウスやスイッチなどで操作して文字を入力することなどが可能です。直接キーをクリックして選択するほか、自動的にスキャンさせて選択するなど、入力モードも選択できます。
ハイ コントラスト
通常の画面の配色では、まぶしいなどの理由で見にくい場合、画面の見やすさを調整できます。

目的別に設定する

目的にあわせて、パソコンを設定することができます。

画面イメージ: 解像度の大きい画面と小さい画面

画面を見やすいように設定する



画面イメージ: マウスポインタの色とサイズを変更する画面

マウス ポインタの色やサイズを設定



画面なしで使用します
パソコンを画面を使わずに使用する場合の設定を行います。
パソコンの画面を見やすくします
画面の解像度を変更したり、文字やアイコンの大きさを変更したり、詳細な設定を行うことができます。
マウスやキーボードを使わずに
スクリーン キーボードや音声認識の設定を行います。
マウスやその他のポインティング デバイスの設定をします
マウス ポインタの大きさを変えたり、キーボードでマウス ポインタを操作することができます。
キーボードを使いやすくします
2 つ以上のキーを同時に押すことが難しい場合に有効な [固定キー機能] や速いキー入力や繰り返しの入力を無視することで誤操作を減らせる [フィルタ キー機能] などを設定することができます。
サウンドの代替を設定します
サウンドの代わりに画面を点滅させたりすることができます。
タスクに集中
読み取りや入力の設定を調節して作業に集中できる環境をつくります。

ログオン時にアクセシビリティ機能を利用する

  1. ログオン画面の [コンピュータの簡単操作] アイコンをクリックします

    画面イメージ: Windows Vista のログオン画面左下にある [コンピュータ簡単操作] ボタン



    ショートカット

    ログオン画面でも「コンピュータの簡単操作」はショートカットで起動します。

    ショートカットの説明。Windows ロゴキーを押しながら「U」キーを押すとコンピュータの簡単操作センターが起動します。Windows XP ではユーティリティマネージャが起動します。



    メモ

    Tab キーを押して「コンピュータの簡単操作」アイコンにフォーカスをあて、Enter キーで起動することもできます。



  2. 「コンピュータの簡単操作」ウィンドウが現れます。「ナレータ」「拡大鏡」「ハイ コントラスト」「スクリーン キーボード」「固定キー」「フィルタ キー」の 6 つの機能を設定できるので、これらの機能を使ってログオンすることができます。
    「コンピュータの簡単操作」では順番に機能がフォーカスされます。目的の機能がフォーカスされているときにスペース キーを押すことで、その機能を設定できます。

    画面イメージ: Windows Vista のログオン画面に現れた [コンピュータ簡単操作] ウィンドウ

    メモ

    ログオン画面で設定した「コンピュータの簡単操作」の設定は、ログオンするときのみ有効です。
    ログオンした後は、コントロール パネルの「コンピュータの簡単操作センター」の設定が有効になります。

Windows Vista アクセシビリティ ガイドブック

写真: Windows Vista アクセシビリティ ガイドブックの表紙

Windows Vista のアクセシビリティ機能をまとめた 40 ページのガイドブックです。

ダウンロードはこちらから
アクセシビリティ ガイドブックをダウンロードする (PDF 2.93 MB)
※ 本 PDF は、音声読み上げを行った場合、内容が正確に読まれない場合があります。

その他のアクセシビリティガイドブック、冊子のお申込みについてはこちらをご覧ください。