de:code

参加登録 Sold Out

Sessions

「技術者こそが主役」そんな思いで、IT 技術者の方々が抱えている課題にお応えできるよう、可能な限りたくさんの重要な情報をお届けすることに注力し、考え抜き作成した至極のセッションをお届けします。
また、米国サンフランシスコで開催された開発者向けイベント Build 2016 の情報をはじめ、その他あらゆる最新情報についてもご紹介します。

ブレイクアウト セッションの動画、資料公開中

※各セッション概要欄に動画と資料へのリンクがございます (一部非公開あり)。

May 24 tue

9:15Door Open 
AMKeynote 
 Lunch EXPO
PMSessionsEXPO
 Party 

May 25 wed

9:00Door Open 
AMSessions EXPO
 LunchEXPO
PMSessionsEXPO
   

セッションは Development、Data Platform、Infrastructure、Client、Productivity、Architecture、DevOps & OSS、Special、Chalk Talk、Sponsor の 10 トラックで構成されます。

非公開情報が含まれるセッションに関しては、事前に秘密保持契約を結んでいただく必要がございます。該当するセッションを受講される方は、下記の秘密保持契約書に署名のうえ、当日セッションに参加される前にスタッフにお渡しいただけるようお願いいたします。

フィルターを表示する
トラック
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
製品/テクノロジ
00
00
00
00
00
00
00
00
その他の製品/テクノロジも表示
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
その他の製品/テクノロジを隠す
オーディエンス
00
00
00
セッションで使用する言語
00
00
00
すべてのセッション
概要を閉じる
DEV-001

オープンソース エディタ Visual Studio Code の極意

詳細を見る
写真:戸倉 彩

戸倉 彩 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

写真:池田 尚史 氏

池田 尚史 氏 GitHub, Inc
Solutions Engineer

今年 4 月に正式リリースしたばかりの「Visual Studio Code」。Web 開発からさまざまな使いこなしもできるマイクロソフトの多機能で軽量なコード エディターです。主要 OS (Windows/Mac OS/Linux) に対応し、オープンソースとして GitHub 上に公開され、今、開発者が「使ってみたい」と話題のソフトウェアです。本セッションでは、実際の製品デモを交えながら OS 環境や言語にとらわれない開発手法から Visual Studio Code のオープンな世界を一挙にご紹介します。

受講対象:MacBook で Sublime Text や Vim を使って Web/スマホアプリ開発をされている方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DEV-002

.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来

詳細を見る
写真:井上 章

井上 章 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

新しく登場した .NET Core 1.0 と ASP.NET Core 1.0 は、Windows 環境に加えて Linux や Mac OS X にも対応する、新しい .NET ランタイムとフレームワークです。サーバー サイドのクロスプラットフォームに対応するフット プリントの軽いこれらのランタイムとフレームワークの登場は、本格化するクラウド環境へ柔軟に適応できるスケーラブルなアプリケーション構築において、重要な役割を果たします。本セッションでは、.NET Core と ASP.NET Core の登場の背景やそれらが目指す将来像もふまえつつ、その仕組みや使用方法などを解説します。

受講対象:.NET や クラウド アプリケーション開発に携わる開発者の皆様。新しい .NET Core の動向に興味をお持ちの方はぜひご参加ください!

詳細を閉じる
DEV-003

新しく生まれ変わったデータ アクセス テクノロジ ~Entity Framework Core 1.0 の全貌~

詳細を見る
写真:井上 大輔

井上 大輔 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

2008 年に登場した Entity Framework (EF) は継続してバージョンアップを続け、現在は EF6 が提供されています。ただし時代は変わりました。.NET のオープンソース化、マルチプラットフォーム対応の流れに沿って EF は新しく Entity Framework Core 1.0 (以前はEntity Framework 7 という名前) として生まれ変わります。本セッションでは従来の EF と比較して一体何が変わったのか? という疑問にお答えします。

受講対象:新しい開発技術に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DEV-004

ここを使うだけで、大幅に業務効率改善! Visual Studio 2015 update 2 の最新便利機能をピックアップ

詳細を見る
写真:藤原 祐之

藤原 祐之 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクノロジースペシャリスト

アジャイル開発や DevOps など、さらなる迅速性が求められている開発現場において "同じコードを何度も書く" "ユニットテストを新規に作成する" "原因不明のバグを調査する" など、日々の作業は手間のかかることが多くあります。本セッションでは、知っていれば得する Visual Studio 2015 update 2 の最新機能をそれぞれのデモによって詳細にご紹介します。

詳細を閉じる
DEV-005

200 時間以上お客様と向き合って見えた Team Foundation Server による開発業務効率化の実現方法

詳細を見る
写真:武田 正樹

武田 正樹 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクノロジー スペシャリスト

本セッションでは、講師が 5 か月で 200 時間以上向き合ったお客様の声を基に、Team Foundation Server/Visual Studio Team Services で実現する開発業務効率化のポイントと失敗しない導入方法をご紹介します。

受講対象:開発業務の効率化に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。マイクロソフト技術だけでなく、Java, iOS 開発者の方も必見です。

詳細を閉じる
DEV-006

The Future of Visual Studio

詳細を見る
写真:Drew Robbins

Drew Robbins 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
 

Come to hear the future of Visual Studio. This session will illustrate how Visual Studio is evolving demo by demo. We’ll show you the latest capabilities to enable any developer to build any apps. We’ll provide a preview of the streamlined acquisition experience for the next release of Visual Studio. You will see the cutting edge features we are working on to bring your productivity to the next level. We’ll even provide a back stage peek into how we’re using your feedback to continuously improve Visual Studio.

詳細を閉じる
DEV-007

Building Cloud Connected Xamarin Apps

詳細を見る
写真:Chris Risner

Chris Risner Microsoft Corporation
TED Services & Devices
Sr. SDE Manager

Xamarin and Microsoft empower .NET developers to develop native Android, iOS, and Windows apps without learning a new language or IDE. Azure App Service Mobile Apps is a cloud app service that integrates everything you need on the server side to empower your mobile apps. In this session, we’ll go over how Xamarin works and how you can reuse your existing .NET skills to build out client apps for all platforms as well as your app backend running on Azure. We’ll cover the basics of sharing code, discuss how and when to go platform specific, walk through integrating the Mobile Apps SDK into your apps and start making use of it’s features, and more. You’ll leave this session with the know how to get started with Xamarin and Azure to build your mobile apps today!

詳細を閉じる
DEV-008

Developing on the Edge. ~Web プラットフォームと Cordova~

詳細を見る
写真:物江 修

物江 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

HTML5 はその機能性、相互運用性の高さから Web ブラウザーの枠を飛びだし、プラットフォームの垣根を越える開発フレームワークとして利用されています。本セッションでは EdgeHTML を利用するユニバーサル Windows アプリの開発と Cordova を使用したハイブリットアプリの開発についてご紹介します。

受講対象:ハイブリッド アプリ、Web フロントエンドにかかわる方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DEV-009

ここまでできる! Visual Studio 2015 ~強化された C/C++ クロスプラットフォーム開発解説~

詳細を見る
写真:太田 寛

太田 寛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

最新の Visual Studio 2015 は、Android や iOS の Native アプリ開発ができるだけでなく、GNU コンパイラによるコンパイル & ビルド、GDB によるデバッグが可能です。これにより、Linux サーバーや組み込み OS 上の C/C++ によるアプリ開発が可能になりました。本セッションでは、強化された C/C++ によるクロスプラットフォーム開発を中心に、MFC をはじめとする従来機能も含め、C/C++ による Native アプリ開発の最新機能を解説します。

受講対象:C/C++ 言語でソフトウェア開発を行っているすべての開発者の皆様、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DEV-010

エンプラ系業務 Web アプリ開発に効く! 実践的 SPA 型モダン Web アプリ開発の選択手法

詳細を見る
写真:赤間 信幸

赤間 信幸 日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズサービス統括本部
プリンシパルコンサルタント

昨今、インターネット界隈では HTML5 技術を駆使した SPA 型モダン Web アプリが増えており、エンタープライズ系の業務システムでも同様の機運が高まってきています。しかし、低水準開発の必要性、高すぎる開発自由度、ライブラリ選択の難しさなどがあり、ハードルの高さを感じている .NET 開発者の方も多いと思います。本セッションでは、業務 Web アプリを SPA 型で開発する際に問題となりやすい、アーキテクチャ デザイン上のポイントについて解説します。

受講対象:業務 Web システム開発に SPA 技術を導入し、より洗練された Web アプリを開発したいと考えられている開発者の皆様。現在 Web フォームで開発しており、モダン Web アプリへの取り組み方に悩まれている方には特にオススメです。

詳細を閉じる
DEV-011

TypeScript ~Any browser. Any host. Any OS. Open Source~

詳細を見る
写真:井上 章

井上 章 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

JavaScript のスーパーセットとして登場した "TypeScript" は、大規模 Web アプリケーション開発を大きくスケールさせることができる多くの利点を持ち揃えています。そして、2014 年 4 月 2 日の TypeScript 1.0 リリースから 2 年が経った今、"Any browser. Any host. Any OS." のビジョンの下で着実に進化をしている TypeScript を、言語仕様やツール サポートといった観点から詳しく解説します。

受講対象:JavaScript を使った Web アプリケーション開発に携わる開発者の皆様。特に、大規模開発で JavaScript を利用、もしくは利用検討されている方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DEV-012

.NET言語 (C#) と .NET コンパライ プラットフォーム (Roslyn) 最新情報

詳細を見る
写真:渡辺 弘之

渡辺 弘之 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

本セッションでは、.NET 系プログラミング言語の最新情報をお伝えします。特に C# の最新バージョン C#7 の新機能 (タプル、パターン マッチングなど) や、.NET コンパイラ プラットフォーム (Roslyn) について興味のある方は、ご参加ください。

詳細を閉じる
DEV-013

まだまだ進化が止まらない!
開発者のための Microsoft Azure 最新機能
非公開情報あり

詳細を見る
写真:稲葉 歩

稲葉 歩 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
クラウドソリューションアーキテクト

本セッションでは、Microsoft Azure の新機能やアップデート情報をまとめてご紹介します。Azure で今どんな変化が起きているのか、何ができるようになったのかを大雑把な概要を把握したい方、忙しい毎日の中でキャッチアップしきれない! という方、そして他のどのセッションを聞けばよいのか迷っている方に向けたセッションです。
※こちらのセッションは一般公開されていない情報が含まれているため、事前に秘密保持契約を結んでいただく必要がございます。

詳細を閉じる
DEV-014

アプリ 環境は Azure にお任せ! ~Azure App Service 基本の "き"~

詳細を見る
写真:佐藤 直樹

佐藤 直樹 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

必要な時にアプリケーション サーバー環境をすぐ調達できる Azure App Service。Web サーバーはもちろん、モバイル アプリ向けプラットフォームや、各種サービス API 作成、サービス間接続など、アプリ開発環境を整えるサービスや開発に役に立つ機能を数多くご用意しています。本セッションでは Azure App Service の各種サービスや機能を改めて紹介し、活用方法をデモを交えながらご紹介します。

受講対象:アプリケーション開発に携わる開発者の皆様、Azure が提供するアプリ環境サービス (App Service) を知りたい方

詳細を閉じる
DEV-015

実践! App Service 徹底活用 ~一貫したビジネスロジックの実現~

詳細を見る
写真:酒井 達明

酒井 達明 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
クラウドソリューションアーキテクト

本セッションはビジネス シナリオを基にして、App Service をどのようにソリューションへ適用していくかをご紹介します。特に App Service のうちビジネス ロジックを実現するサービスである Mobile Apps、API Apps そして Logic Apps にフォーカスし、App Service を活用したビジネス ロジックの設計~インプリメントの流れを紹介しつつ、サービス構築の手法をご紹介します。

詳細を閉じる
DEV-016

止まらないサービスを! ~マイクロサービス プラットフォーム「Azure Service Fabric」~

詳細を見る
写真:佐藤 直生

佐藤 直生 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:Eduardo Gonzalez 氏

Eduardo Gonzalez 氏日本ビジネスシステムズ株式会社
社会システムデザインセンタープロト開発部
テクニカルマネージャー

Azure Service Fabric は、Cortana や Azure 自体の内部で使われているマイクロサービスのためのアプリケーション プラットフォームです。Azure Service Fabric は、Azure、Azure Stack など幅広い環境で実行でき、当初は Windows Server ベースで .NET SDK のみを提供していましたが、Build 2016 では Linux や Java SDK のサポートも追加されるなど、機能拡張を続けています。本セッションでは、Azure Service Fabric の最新の全体像、サービスの開発モデル、開発から運用に至る DevOps のための機能などをご紹介します。そして、日本ビジネスシステムズ株式会社様での実装例をご紹介します。

受講対象:マイクロサービスの開発、運用に興味のあるアーキテクト、開発者、IT プロの皆様は、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DEV-017

Azure Functions overview and under the hood

詳細を見る
写真:亀渕 景司 氏

亀渕 景司 氏 株式会社 pnop
Senior Fellow

新しく Azure のサービスに加わった Functions。イベント駆動なサービスを作ることができ、いわゆるサーバーレス コンピュートと呼ばれている、この新しいサービスの仕組みや概要、さらには詳細までデモも交えながら踏み込んでご紹介します。

受講対象:イベント駆動なサービスやジョブに興味のあるエンジニアの方

詳細を閉じる
DEV-018

Azure Search Deep Dive ~検索エクスペリエンス向上のためのノウハウ徹底解説~

詳細を見る
写真:川崎 庸市

川崎 庸市 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
クラウドソリューションアーキテクト

今日、検索機能は、Web 検索、 適合性の高い検索結果を提供する e コマース サイトやソーシャル アプリ、入力時の検索候補、ファセット、強調表示、関連キーワードなどのさまざまな機能がユーザーの主要な操作手法として活用されています。Azure Search は これら検索機能を提供するための、クラウドにおけるフルマネージド型全文検索サービスです。本セッションでは Azure Search を使うことで実現可能なさまざまな検索エクスペリエンスをご紹介します。さらにテキスト分析やランキング処理といった検索エンジン特有の仕組みの解説、音声認証やレコメンデーション技術との連携技を交えつつ、Azure Search が持っている能力を最大限に引きだすためのノウハウを徹底解説します。

受講対象:アプリケーションの開発にかかわる皆様、検索機能に関心のある皆様、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DEV-019

Programmable Video ~Azure Media Services でのビデオ サービス開発~

詳細を見る
写真:畠山 大有

畠山 大有 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

コンテンツの種類として文字/写真に加えて、ビデオを活用するサービスが多く出始めました。自身のサービスの中でいかに効率的にビデオが活用できるのか? そのための映像配信、メタデータ作成のために Azure の各種機能をどう使えばいいのか。本セッションでは、動画のワークフローを司る Azure Media Services と Azure CDN を中心に、開発者のための API による動画の制御についてご紹介します。機械学習の成果でもある Azure Cognitive Services についても触れます。

詳細を閉じる
DEV-020

Bot Framework & Cognitive Services ~自動応答ソリューション開発に挑戦~

詳細を見る
写真:ジニアス平井 (平井 昌人)

ジニアス平井 (平井 昌人) 日本マイクロソフト株式会社
マイクロソフトテクノロジーセンター
テクニカルアーキテクト

既存のシステムやアプリケーションに Bot 機能を追加したり、新しい自動応答ソリューションとして構築するなど、今後、話型インタフェースを使った自動応答サービスはますますニーズが増えてきます。本セッションでは、//Build 2016 で発表された Microsoft Bot Framework と Microsoft Cognitive Services (旧 Project Oxford) をテーマにその仕組みや実装方法、開発手法をご紹介します。かなり開発者向けの内容となりますが、わかりやすいデモも多数ご用意し、どなたでもお楽しみいただけるよう配慮します。

受講対象:Bot Framework や Cognitive Services に関心をお持ちの方や自動応答ソリューションの開発に興味があるデベロッパーの皆様

詳細を閉じる
DEV-021

Integrate GitHub Into Your Organization

詳細を見る
写真:Brendan Forster

Brendan Forster GitHub, Inc

GitHub provides an API and webhooks to let external services interact with your repositories. This unlocks opportunities for customization, automation and integration between your GitHub repositories and other systems in your organization. In this talk, Brendan will introduce the API and webhooks, describe various scenarios that GitHub and our customers have built integrations for, and show how to write some custom integrations yourself.

詳細を閉じる
DEV-022

これから始める Xamarin ~環境構築から iOS/Android/UWP アプリのビルドまで~

詳細を見る
写真:千代田 まどか

千代田 まどか日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

写真:田淵 義人 氏

田淵 義人 氏 エクセルソフト株式会社
ソフトウェア事業部 
Business Development Manager

写真:砂金 信一郎

砂金 信一郎 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
部長 エバンジェリスト

写真:高橋 忍

高橋 忍 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
プラットフォーム エバンジェリスト

C# だけでモバイル アプリを開発できる、クロスプラットフォーム開発ツール「Xamarin (ザマリン)」の入門セッションです。iOS/Android/UWP アプリをすべて C# で書けるうえに、コードも (一部の UI 部分以外) 共通化することができ、開発においての大きなコスト削減が可能となります。IDE として Visual Studio を使用でき、UI を共通化するライブラリ Xamarin.Forms の開発手法を用いることで、Visual Studio 開発者になじみの深い XAML で UI を記述することも可能です。モバイル開発に興味のある開発者の方は、2016 年 4 月からの無償化で大きな話題を集めている Xamarin を、ぜひご覧ください。

受講対象:モバイル開発に興味のある開発者の方

詳細を閉じる
DEV-023

Xamarin Deep Dive - Xamarin.Forms の可能性

詳細を見る
写真:田淵 義人 氏

田淵 義人 氏 エクセルソフト株式会社
ソフトウェア事業部 
Business Development Manager

Xamarin.Forms は、iOS/Android/UWP アプリの UI をシングルソースで記述できるライブラリです。2014 年 6 月に発表にされてから絶え間ない進化を続けてきており、2016 年 4 月 28 日の Evelove 2016 で、ついに Xamarin.Forms Previewer が発表され、リアルタイムでプレビューを見ながら XAML での開発ができるようになりました。本セッションでは、Xamarin.Forms ではどこまで表現できるのか、その可能性を探りつつ活用方法をご紹介します。

受講対象:モバイル アプリ開発に興味のある開発者の方。特に、Xamarin を使ったクロスプラットフォーム モバイル アプリケーション開発に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-001

SAP on Azure 移行事例の紹介

詳細を見る
写真:広木 太 氏

広木 太 氏フリーランス

クラウド サービスへのニーズが高まり、企業の中核業務を担う SAP ソフトウェアにおいてもクラウド化のニーズは高まっています。一方で SAP のクラウド化には、クラウドの特性/SAP というパッケージ製品の特性の両方の理解が必要です。本セッションでは実際の事例などを基に SAP on Azure の移行の実際についてお話しします。

受講対象:エンタープライズ システムの Azure への移行や、IaaS の Azure Virtual Machines、VM 上の SQL Server、Azure Site Recovery による DR などに興味のある技術者の皆様、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-002

データ分析のさらに一歩先へ Cortana Intelligence Suite

詳細を見る
写真:笹木 幸一郎

笹木 幸一郎 日本マイクロソフト株式会社
Global Black Belt
アナリティクス テクノロジーソリューションプロフェッショナル

マイクロソフトは Cortana Intelligence Suite (CIS) という名の基にデータ分析、データ インテリジェンスを包括的に支える仕組みを提供しています。CIS はデータ収集から分析、可視化までを一気通貫で行えるサービス群と共に画像、音声のマルチメディア解析 API である Cognitive Services や自動応答エージェントである Bot Framework も含んでいます。本セッションでは、CIS が何であり、どのように使っていただくのがよいかをご説明します。

受講対象:データ分析や AI に関する仕事に携わる皆様、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-003

Azure IoT Suite を活用したカスタム ソリューションの作成方法

詳細を見る
写真:長谷部 寛之

長谷部 寛之日本マイクロソフト株式会社
カスタマー サービス&サポート
プレミアフィールドエンジニア

Azure IoT Suite を使用すると、クラウドに接続されたデバイスから大量のデータを収集し、監視や分析を行うような IoT ソリューションを、シナリオに合わせてすぐに展開することができます。本セッションでは事前に構成されたソリューションのカスタマイズ方法やデバイスの開発方法について、デモを交えながら解説します。

詳細を閉じる
DBP-004

クラウドファーストをリードする Azure SQL Database の仕組みと新機能

詳細を見る
写真:北川 剛

北川 剛 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&エンタープライズビジネス本部
エグゼクティブ プロダクト マネージャー

SQL Server をベースとした PaaS のリレーショナル データベースである Azure SQL Database は、SQL Server のテストヘッドも兼ね、新しい機能が次々に実装されています。また、V12 として識別される現行バージョンでは、SQL Server 2016 の機能が先行搭載され、PaaS のデータベースとして豊富な機能を提供しています。本セッションでは、Azure SQL Database のアーキテクチャを解説すると同時に、現行バージョンで利用できる新機能 (Preview) を含めご紹介します。

受講対象:リレーショナル データベースを使用するうえで PaaS を検討されている方や、PaaS のリレーショナル データベースに興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-005

SQL Server 2016 Operational Analytics によるデータ活用

詳細を見る
写真:平山 理

平山 理 日本マイクロソフト株式会社
プレミア フィールド エンジニアリング部
シニア プレミア フィールドエンジニア

SQL Server 2016 では Operational Analytics という概念に基づいた、新たなデータ活用方法が提唱されています。従来のデータ利用方法との比較を交えながら、そのメリットや実現できること、さらには考慮点などについてご紹介します。

詳細を閉じる
DBP-006

SQL Server 2016 Analysis Services のアーキテクチャとその活用方法

詳細を見る
写真:高木 充弘

高木 充弘 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
ソリューションアーキテクト

SQL Server Analysis ServicesはSQL Server の標準機能として搭載されている "データ分析" のためのサーバー機能で、バージョンアップと共に機能が拡張されてきました。本セッションでは、分析モードの使い分けの方法をわかりやすくご説明し、活用方法、SQL Server 2016 からの新機能をご紹介します。

受講対象:ビジネス インテリジェンスの構築/運用にかかわる開発者、IT Pro の方、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-007

SQL Server 2016 R Services、Microsoft R Server の構成と実行アーキテクチャ

詳細を見る
写真:笹木 幸一郎

笹木 幸一郎 日本マイクロソフト株式会社
Global Black Belt
アナリティクス テクノロジーソリューションプロフェッショナル

SQL Server 2016 で R 言語を並列分散実行できる R Services 機能が追加されます。また、Linux など向けに Microsoft R Server を提供しています。これら R に関する機能がどのようなアーキテクチャで動き、どのように構成がとれるのかについてご説明します。なお、R 言語自体の説明は本セッションには含みませんが、本セッションは実行基盤にフォーカスした内容のため R 言語の詳細な知識は不要です。

受講対象:R 言語を実システムの 1 構成要素としたいデータ分析担当者、IT プロの皆様

詳細を閉じる
DBP-008

SQL Server on Azure VM 最新情報とベスト プラクティス

詳細を見る
写真:小澤 真之 氏

小澤 真之 氏 フリーランス

SQL Server を Azure 仮想マシンで使用する場合、構築や運用で押さえておきたいポイントがいくつかあります。本セッションでは、SQL Server を Azure 仮想マシン上で使用する際の最新の情報とベスト プラクティスをお伝えします。

受講対象:SQL Server の構築/運用にかかわるすべての皆様

詳細を閉じる
DBP-009

クラウドで実現するスケーラブルなデータ ウェアハウス Azure SQL Data Warehouse 解説

詳細を見る
写真:高木 英朗

高木 英朗 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
ソリューションアーキテクト

ペタバイト規模のデータ分析を実現する PaaS 型のリレーショナル データ ウェアハウスである Azure SQL Data Warehouse が間もなく正式リリースされます。本セッションでは他社のクラウド型データ ウェアハウスと比べて何が良いのかをお伝えすると共に、マイクロソフトの長年のデータベース開発のノウハウが結集された他社には真似できない高いスケーラビリティを支えるアーキテクチャ、より実践に目を向けた設計/構築のポイントについて解説します。

受講対象:データ ウェアハウスの設計/構築にかかわる方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-010

Using Azure Data Services for Modern Data Applications

詳細を見る
写真:Lara Rubbelke

Lara Rubbelke Microsoft Corporation
Developer Experience and Evangelism
Principle Software Development Engineer Manager

Azure データ サービスを使った次世代データ アプリケーションの構築方法を学びます。本セッションでは、モダンなデザイン パターンにおける一般的な段階を紹介し、各サービスの強みと、これらのサービスを使ったクラウドにおける大規模データ分析の一般的なアプリケーション パターンを解説します。これらの一般的なデザイン パターンとコード サンプルを通して、データの処理と提供を行うためにモダンなアプリケーションで Azure サービスを適用する方法をより理解できます。
"Using Azure Data Services for Modern Data Applications" - Learn how to build next generation data applications using the scale of Azure Data Services. This session will walk through the common stages in modern design patterns and drill into the strengths of each service and common application patterns for integration of large scale data analysis in the cloud using these services. Through these common design patterns and code samples you will better understand how modern applications are applying Azure services to process and serve data.

受講対象:クラウドにおける大規模データ分析に興味のある技術者の皆様、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-011

Apache Spark for Azure HDInsight ~新世代の Big Data 処理基盤~

詳細を見る
写真:佐々木 邦暢

佐々木 邦暢 日本マイクロソフト株式会社
パートナーセールス統括本部
パートナーテクノロジーストラテジスト

当初は "Isotope" というコード ネームで呼ばれていた HDInsight も誕生から早 5 年。この間に Hadoop エコシステムも大きく進化しました。最近の話題はインメモリ データ構造を活用して低遅延の繰り返し処理を得意とする "Apache Spark" の隆盛でしょう。本セッションでは、HDInsight での Spark クラスタのさまざまな活用方法、特に標準で含まれる Anaconda を利用した機械学習の実践、さらに Event Hubs からのデータ取り込みや Power BI での可視化といった Azure 上のサービスとの連携について解説します。

受講対象:Big Data 分析や機械学習に興味のある方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-013

Cortana Intelligenceに切り込む! ~未来予測の仕組みと実装~

詳細を見る
写真:大田 昌幸

大田 昌幸 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

写真:佐藤 直生

佐藤 直生 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

故障検知や顧客分析など「状態が時間で変わる対象の解析」に役立つ時系列解析の仕組みと実現方法をご紹介します。具体的には Big Data 解析基盤 Cortana Intelligence (CI) を用い、メンテナンス予測シナリオを通して理解します。CI にはさまざまな機能が含まれており、数百万イベント/秒を受信できる Event Hubs でデータを取り込み、リアルタイム処理基盤 Stream Analytics や大量ログのバッチ処理が得意な Hive で加工し、Azure Machine Learning で予想する一連の処理を Step by Step で解説します。

受講対象:時系列を使った解析に興味がある方/Azure データ プラットフォームの全体像と詳細に興味がある方/蓄積から活用までのデータの一連の変化に興味がある方

詳細を閉じる
DBP-014

機械学習の実践ノウハウ提供します! ~AI で広がる夢を現実にする方法~

詳細を見る
写真:大田 昌幸

大田 昌幸 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

写真:來田 泰樹 氏

來田 泰樹 氏 株式会社アロバ
取締役 CTO

写真:今西 杉広 氏

今西 杉広 氏 株式会社ディビイ
取締役 CTO

写真:町 裕太 氏

町 裕太 氏 株式会社ウサギィ
代表取締役 CEO

AI/Deep Learning というキーワードで夢は広がり「AI を取り入れた製品を開発しよう!」と事業部門から依頼されたけれど、「具体的にはどうやって実装するんだろうか?」と悩んでいる開発者の皆様、その悩み de:code で解決しましょう! 本セッションでは、実案件の中での AI 的機能実装方法/アーキテクチャ/メタデータをご紹介します。主に人を識別する Cognitive Services の活用ノウハウ、顧客分析のための Apache Spark での数値解析方法、Deep Learning を実現するライブラリ CNTK の使用方法を一般的画像解析を例に解説します。

受講対象:実案件の中での AI 的機能実装方法やノウハウに興味がある開発者/アルゴリズムを理解しているわけではないが、ソリューションには AI 的機能を組み込みたいと思っている開発者/AI という言葉に疲れた開発者はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-015

Pepper × Microsoft Azure 協業の舞台裏 ~未来の商品棚から広がる世界~

詳細を見る
写真:宮原 誠治

宮原 誠治 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
クラウド ソリューション アーキテクト

Softbank Robotics 様との協業によるリテール向けソリューションを発表していますが、そこで利用されるアーキテクチャ、技術について解説します。Pepper や Surface Hub を始めとしたデバイスとクラウドの連携方式、Azure IoT Hub、Stream Analytics、Machine Learning、SQL Database、Data Lake、Power BI の各サービスの利用方式、スケーラビリティを確保するためのアプリケーション実装について解説します。

受講対象:クラウド AI & エッジ AI、IoT、デバイス間連携、Big Data などに興味のあるクラウド アプリケーション開発者の方は、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-016

NoSQL in Azure ~ドキュメント指向データベース Azure DocumentDB 徹底解説~

詳細を見る
写真:佐藤 直生

佐藤 直生 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

RDBMS に代わるデータベースの選択肢として、各種の NoSQL データベースが登場しています。本セッションでは、Azure におけるさまざまな NoSQL の選択肢を概説します。そして、JSON データを格納できるドキュメント指向データベース サービス「Azure DocumentDB」について、データ モデル、クエリや API をはじめとして、Azure DocumentDB を使う開発者に必要な情報をお伝えします。

受講対象:Azure での NoSQL、ドキュメント指向データベースの活用に興味のある開発者、アーキテクトの皆様、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-017

Power BI Service のアーキテクチャとエンタープライズ利用におけるデザイン パターン

詳細を見る
写真:伊藤 歩

伊藤 歩 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

従来 BI システムは一般的に導入効果を示しづらいと言われてきましたが、導入/運用コストを大幅に低減できるクラウド BI の登場により導入の敷居が下がってきました。一方でエンタープライズで導入する際には、セキュリティやデータの特性に応じた構成などの考慮が必要となります。本セッションではマイクロソフトが提供するクラウド BI である Power BI Service の認証やアクセス制御、さまざまなクラウド サービスやオンプレミスのデータソースとの接続などのアーキテクチャとデザイン パターンについて、デモを交えてご説明します。

受講対象:クラウド BI を提案する方、導入を検討される方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-018

有能な AI アシスタントを手に入れる! Microsoft Cognitive Services 入門

詳細を見る
写真:大森 彩子

大森 彩子 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:得上 竜一 氏

得上 竜一 氏 

株式会社オークファン
技術統括部

人間の行動をコンピューターで実現する技術である AI (人工知能)。この技術により、画像や音声の認識、自然言語によるコミュニケーションなど、人間の認知機能がモデル化され、今やそのモデルを簡単に利用できる時代になってきています。Build 2016 でも大きく取り上げられた Microsoft Cognitive Services (旧称: Project Oxford) は、そのような人間の認知機能モデルを API 経由で取り入れることができるサービスです。本セッションでは、Cognitive Services と関連サービスを活用した、人間にとって自然に感じられる "AI アシスタント" のコアとなるサービスの開発について、デモを交えながら解説します。

受講対象:機械学習 API を活用したインテリジェントなアプリケーション開発に興味のある技術者の皆様、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-019

りんなを徹底解剖。"Rinna Conversation Services" を支える自然言語処理アルゴリズム

詳細を見る
写真:砂金 信一郎

砂金 信一郎 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
部長 エバンジェリスト

写真:坪井 一菜

坪井 一菜 マイクロソフト ディベロップメント株式会社
STC Japan
プログラム マネージャー

写真:Wu Xianchao

Wu Xianchao マイクロソフト ディベロップメント株式会社
STC Japan
ソフトウェアディベロップメントエンジニアⅡ

「女子高生 AI りんな」を基にチューニングされた bot サービス "Rinna Conversation Services (RCS)" を使うと、自分の Twitter アカウントで "rinna" がしゃべりだします。本セッションでは、RCS の根幹である RNN(再帰型ニューラル ネットワーク)による自然言語処理アルゴリズムや、Azure 上のアーキテクチャを解説し、りんなの仕組みを徹底解剖します。参加者には、一足先に RCS を利用するための「呪文」をご提供します。

受講対象:bot 開発を検討されている方、自然言語処理に興味のある方、AI との対話で未来を感じたい方、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DBP-020

いざ無制限のデータの彼方へ! ~Azure Data Lake 開発の知識とベストプラクティス~

詳細を見る
写真:畠山 大有

畠山 大有 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

データを蓄積/解析するエンジンとして、フラット ファイルを扱う時代から、データベースへと進化しました。RDBMS が導入した "SQL文" は、多くの技術者に受け入れられています。noSQL の世界でも SQL ライクなデータ操作が扱われています。本セッションでは、マイクロソフト自身が Big Data を扱うために開発した Cosmos をベースにして開発された Azure Data Lake と、U-SQL についてそのアーキテクチャ、開発手法およびベスト プラクティスをご紹介します。

詳細を閉じる
INF-001

詳説 Azure IaaS ~私はインフラが好きだ~

詳細を見る
写真:佐々木 邦暢

佐々木 邦暢 日本マイクロソフト株式会社
パートナーセールス統括本部
パートナーテクノロジーストラテジスト

App Services や SQL Database など、マネージド サービスの使いこなしが Azure 活用のコツ、とよく言われます。だが、ちょっと待ってほしい。私はサーバーを作りたい。ストレージを工夫したいしネットワークにこだわりたい。そしてそれらの「中身」が知りたい。そう、私はインフラが好きだ! そんなあなたはぜひ本セッションへ。データセンターの物理的配置、仮想マシンの内部構造、ロード バランサーの動作原理…雲の向こうで蠢く秘密を解き明かしましょう。

受講対象:Azure の中身が気になるインフラ エンジニアの方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-002

Azure IaaS 最新動向

詳細を見る
写真:池田 祐一

池田 祐一 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部 Azure技術部
クラウド ソリューション アーキテクト

本セッションでは、数ある Azure サービスの中でも引き合いの多い Azure IaaS の最新動向についてわかりやすく解説します。これから主流となっていく Azure IaaS V2 の利点、VM Scale Set など、ここ最近強化された IaaS 周りの新しいテクノロジや、今後のロードマップについてご紹介します。

受講対象:Azure IaaS V1 を既にご利用いただいている方はもちろん、これから Azure IaaS をご検討されている方は、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-003

Azure でのセキュア ネットワーキング

詳細を見る
写真:土居 昭夫

土居 昭夫 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部 第二Azure技術部
クラウド ソリューション アーキテクト

仮想ネットワークのセキュリティをどのように実現するか、仮想ネットワークでどこまでできるのか。ARM になってより柔軟に、より安全に (できるように) なった仮想ネットワークについて、従来との差、オンプレミスとの差を交えて解説します。

受講対象:Microsoft Azure でインフラ設計を担当する皆様に。特にネットワークを含めたサーバー サイドの構築を行う方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-004

App Service を利用したウェブサイト構築における運用管理とセキュリティ対策

詳細を見る
写真:鈴木 祐巳

鈴木 祐巳 日本マイクロソフト株式会社
クラウドプラットフォーム技術部
テクノロジースペシャリスト

PaaS は管理不要と思っていませんか? IaaS と比較すると管理を低減できますが、ゼロになるわけではありません。本セッションでは、Azure の PaaS である、App Service の仕組みを解説すると共に、ウェブサイト運用時に必要な、ログ取得、バックアップ、死活監視、セキュリティ対策などの方法を解説します。

受講対象:App Service を安心して導入したい技術者

詳細を閉じる
INF-005

ハイブリッド クラウド環境でのネットワークとセキュリティ ~Azure とのプライベート接続~

詳細を見る
写真:水谷 広巳

水谷 広巳 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部 Azure 技術部
クラウドソリューションアーキテクト

本セッションではすでに本格化しつつあるハイブリッド クラウド環境を実現するためのネットワークやセキュリティの手法をご紹介します。オンプレミス環境のインフラストラクチャと Azure とのプライベート接続である ExpressRoute を中心として、実際に利用するうえでの考慮点からデモやユーザー事例を交えた最新情報までご説明します。

詳細を閉じる
INF-006

サーバー 1 台、1 ファイルから始める、Azure を活用したバックアップ/DR
~高コスト DR 環境の乗り換えにもどうぞ~

詳細を見る
写真:公森 義貴

公森 義貴 日本マイクロソフト株式会社
クラウドプラットフォーム技術部
テクノロジーソリューションズプロフェッショナル

インターネットさえつながれば、どこからでも、誰でも、クラウドへのバックアップ、DR が可能な時代となりました。サーバー 1 台、1 ファイルから今すぐ開始できます。インフラとしては物理サーバー、VMware を含む仮想ホスト、OS としては RedHat を含む Linux、Windows などヘテロな環境に対応しています。本セッションでは、Azure を活用したバックアップ/DR について、実際の DR 対象システム要件を複数例示しながら徹底解説します。高コストな DR 環境に課題をお持ちの方も必見です。

詳細を閉じる
INF-007

ハイブリッドな Active Directory の設計 ~Windows Server 2016 版~

詳細を見る
写真:安納 順一

安納 順一 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
プリンシパル テクニカル エバンジェリスト

Azure Active Directory が着々と進化し続ける中、社内 Active Directory は以前以上に重要な役割が求められています。それは IT ガバナンスの要としての役割です。オンプレミスには、クラウド化できない多くのリソースが残されています。これを無視して認証基盤の設計は行えません。IT 部門はクラウド化の波も意識しつつ、オンプレミスもこれまでどおり安全に守り続ける必要があるのです。そうしたニーズを吸収するには、Azure Active Directory とオンプレミスの Active Directory を 1 つのアイデンティティ プロバイダーとして設計することです。安全に確実なアクセス制御を行うためには、それぞれに適切な役割を持たせコントロールする必要があります。本セッションでは、Azure Active Directory と最新の Windows Server 2016 Active Directory によるハイブリッドなアイデンティティ プロバイダーの設計手法を整理し、詳しく解説します。なお、難易度は少し高めに設定しています。

受講対象:認証基盤の設計に興味があるエンジニア

詳細を閉じる
INF-008

Azure Active Directory 最新動向 ~今後の Active Directory はどうあるべきか~

詳細を見る
写真:須澤 英彰

須澤 英彰 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
テクノロジーソリューションズプロフェッショナル

継続的に機能拡張が進められている Azure Active Directory、提供開始から 3 年が経過した現在では、オンプレの Active Directory と併せ、今後の認証基盤を検討するうえで欠かせないものになりつつあります。本セッションでは、Azure Active Directory の機能拡張、その用途に応じた B2E/B2B/B2C などの提供形態のご紹介も含め、今後の Active Directory がどうあるべきかを解説します。

詳細を閉じる
INF-009

PowerShell を 使いこなして、自動化対応 エンジニア になろう!!

詳細を見る
写真:東屋 善昭

東屋 善昭 日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズパートナー営業統括本部 クラウド&アーキテクチャ技術本部
クラウドソリューションアーキテクト

オンプレミス Windows 環境、Microsoft Azure、Microsoft Azure Stack などで使用する PowerShell。もう既に、PowerShell を使える人と使えない人で、スキル差が発生しています。クラウド技術の要素に自動化技術があるように、インフラ側のエンジニアにとっても必須スキルです。Azure と共に進化して PowerShell が、5.0 にメジャー バージョンアップしました。本セッションでは、PowerShell 5.0 の紹介、Azure 上のお客様システム (本番/開発環境) を自動運用させる新機能/機能拡張をご紹介します。

受講対象:本番環境、開発テスト環境 を構築する際も、操作ミス ゼロで行えますので、インフラ & 開発者の方で、PowerShell 初級中級者の方、Azure で自動運用を行いたい方は、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-010

そのログ、ただ集めているだけではありませんか? ~IT 運用の世界にも Big Data の活用を!~

詳細を見る
写真:佐藤 和

佐藤 和 日本マイクロソフト株式会社
クラウドプラットフォーム技術部
シニアテクノロジースペシャリスト

IT 運用の世界では数多くのシステムから、ログをはじめさまざまな情報が出力されます。担当者はこれらの膨大な情報と日々格闘されているのではないでしょうか。そして、せっかく集めた情報を有効活用することができず、ただ保存しているだけではないでしょうか。本セッションでは、Azure Log Analytics を中心に、IT 運用の世界でも膨大なデータを活用するための仕組みについてわかりやすく解説します。

受講対象:このタイトルを見てドキッとされた方、このセッションの中に解決のヒントがあるかもしれません。Big Data の活用というと、少し敷居が高いものに感じるかもしれません。しかしながら、本セッションでは SaaS 型のソリューションを中心にご紹介していきますので、すぐに利用することができます。皆様のご参加をお待ちしています。

詳細を閉じる
INF-011

驚愕! Azure リソース マネージャを利用した Infrastructure as Code 実践

詳細を見る
写真:勇 大地

勇 大地 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部 Azure 技術部
クラウドソリューションアーキテクト

企業戦士諸君、数十ページにわたる環境構築手順書作成や手順通りのインフラ構築作業はしんどいですよね。あげく、正しく設定されている保証は何もないなんて・・・今回、皆様にご紹介するのは「Azure リソース マネージャのテンプレート機能」です。そこのあなた! クラウド時代に乗り遅れないためにも Azure での Infrastructure as Code を学び、手順書地獄から抜け出しましょう!

詳細を閉じる
INF-012

デスクトップ仮想化の実践 ~powered by Windows Server 2016 & Azure~

詳細を見る
写真:前島 鷹賢

前島 鷹賢 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
テクノロジーソリューションズプロフェッショナル

写真:戸嶋 一葉

戸嶋 一葉 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
テクノロジーソリューションズプロフェッショナル

デスクトップ環境もクラウドへ。マイクロソフトでは、"Azure desktop hosting - Reference architecture" 新しいウインドウで開く として、 Windows Server 2012 R2 ベースの RDS on Azure 設計ガイドを公開しています。本セッションでは、Windows Server 2016 の RDS/VDI 新機能や Azure の最新機能を組み合わせることによって、最適なシステム構成がどのように進化するのかを解説します。また、Windows 10 on Azure などのロードマップもお伝えする予定です。

受講対象:デスクトップ仮想化 (RDS, VDI など) の設計/実装に携わる方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-013

Azure Stack 徹底解剖

詳細を見る
写真:高添 修

高添 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Azure の技術をそのまま自社データセンターに持ち込める Azure Stack。Azure Resource Manager ベースで動作し、Azure と同じ UI、同じコマンド、同じテンプレートで運用が可能な点などが注目されていますが、その内部を掘り下げていくとマイクロサービスやサービス ファブリックにまでたどり着くことがわかりました。本セッションではデモを交えながら、Azure Stack の内部構造を徹底解説します。

受講対象:Azure Stack というツールに興味がある方はもちろんのこと、プライベート クラウド、パブリック クラウド、SDN、SDS、自動化、セルフサービスなどに興味がある方は、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-014

Azure Pack、Azure Stack で作るハイパフォーマンス DB as a Service

詳細を見る
写真:小塚 大介

小塚 大介 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
オーディエンスエバンジェリズムマネージャー

プライベート クラウドの有力な選択肢となった Windows Azure Pack ですが、実は DB as a Service 機能の利用率がとても高いのをご存知ですか? 本セッションではプライベート クラウドで DBaaS を提供するメリットと、高速なハードウェアと組み合わせたハイパフォーマンス DBaaS の魅力をご紹介します。さらに、現在開発中の Azure Stack の DBaaS についてもご紹介します。

受講対象:プライベートクラウドに興味のある皆様、インフラ エンジニアの皆様はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-015

そこのコンテナ、うまく積めてるね! ~Windows アプリケーション コンテナの展開と運用~

詳細を見る
写真:白山 貴之

白山 貴之 日本マイクロソフト株式会社
クラウドプラットフォーム技術部
テクノロジーソリューションズプロフェッショナル

サーバー アプリケーションの構築、展開に関する諸問題を解決するのに力を発揮するということで、近年注目を浴びているコンテナ技術。これまで LAMP などでしか使えなかったコンテナも Windows Server Container の登場により活躍の場を広げつつあります。本セッションは、Windows Server のコンテナとはどのようなものか、インフラとしてどう取り扱っていくべきかを見ていきます。

詳細を閉じる
INF-016

比べて納得! Windows Server 2016 Hyper-V の新機能すべて見せます!

詳細を見る
写真:吉田 薫 氏

吉田 薫 氏 NECマネジメントパートナー株式会社
人材開発サービス事業部
シニアテクニカルエバンジェリスト

次期サーバー OS である Windows Server 2016 には、新しいバージョンの Hyper-V が搭載される予定です。この新しい Hyper-V には、今日のサーバー仮想化の問題を解決する大小さまざまな新機能や変更点があります。本セッションでは、Hyper-V のこれらの新機能や変更点にスポットを当てて解説していきます。それ以外のことは行いません! その代わり、新機能や変更点の 1 つ 1 つを現行の Windows Server 2012 R2 Hyper-V と比較したり、デモをお見せしたりしながら、丁寧に、そしてわかりやすく解説します。

受講対象:現行の Hyper-V について知識をお持ちですとより理解が深まります。また、新しい Hyper-V について知識をお持ちの方も、知識を整理するのに役立ちます。

詳細を閉じる
INF-017

Windows Server 2016 の Software Defined Storage のしくみと活用

詳細を見る
写真:山本 美穂

山本 美穂 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

Software Defined な技術はもう既にコモディティー化しているといっても過言ではありません。ストレージの世界も同様で、Hyper Converged をはじめとした Software Defined Storage は、プライベート/ハイブリッド クラウドを支える基本のコア技術である Windows Server においてもさまざまな機能を提供しています。本セッションでは、次期 Windows Server で実装される Storage Spaces Direct や Storage Replica といった新機能を中心に、マイクロソフトの Software Defined Storage への取り組みを解説します。

受講対象:サーバー管理者、ストレージ管理者、物理インフラの導入に携わる方

詳細を閉じる
INF-018

OS の中で SDN 抗争勃発!? ~主役を争う VXLAN vs NVGRE~

詳細を見る
写真:高添 修

高添 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:後藤 諭史 氏

後藤 諭史 氏 ビットアイル・エクイニクス株式会社
テクノロジー・サービス本部
IT基盤技術部

Azure Stack は VXLAN で動作する? そんな噂が囁かれている中、本セッションでは、マイクロソフト SDN の柱として Azure でも使われている NVGRE と、Windows Server 2016 に新機能として実装予定の VXLAN、NFV や Network Controller など、OS 標準搭載の SDN 最新技術の動向と技術者目線の活用法を徹底解説します。

受講対象:Azure や Azure Stack のネットワークを詳しく知りたい方。特に、社内がまだ SDN になっておらず、VLAN の定義を頻繁に行わないといけない企業の方は必見です。

詳細を閉じる
INF-019

Nano Server だけでここまでできる! ~極小サーバーの使い方~

詳細を見る
写真:小塚 大介

小塚 大介 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
オーディエンスエバンジェリズムマネージャー

写真:太田 卓也

太田 卓也 日本マイクロソフト株式会社
カスタマーサービス & サポート ビジネス統括本部
エスカレーション マネージャー

数百 MB の C ドライブで動く Nano Server は、多機能こそがすべてだった企業向け製品の歴史を打ち砕き、小さいことが武器になり得ることを証明してくれようとしています。本セッションでは、Nano Server だけでどれほどのシステムが実現できるのかを、プライベート クラウド基盤構築と仮想マシンやコンテナの上で動作するワークロードの 2 つをテーマに、デモを交えながら解説します。

受講対象:DevOps や Immutable Infrastructure を志すうえで重要となる、小ささにこだわったサーバー OS に興味を持ってくださる方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-020

メーカーがおしえてくれない正しいクラウドについて

詳細を見る
写真:山本 美穂

山本 美穂 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

写真:小川 大地 氏

小川 大地 氏 日本ヒューレット・パッカード株式会社
プリセールス統括本部 サーバー技術本部
テクノロジーエバンジェリスト

写真:高橋 優亮 氏

高橋 優亮 氏 ユニアデックス株式会社
戦略マーケティング部
エバンジェリスト

写真:工藤 真臣 氏

工藤 真臣 氏 株式会社ネットワールド
SI技術本部
ソリューションアーキテクト

VMware 社とマイクロソフトの両方の技術に精通している、vExpert たちでお送りするパネルディスカッション。本セッションでは、仮想化からクラウドへの変遷にまつわる話や、これからのクラウドについてのお話しをわかりやすいトーンでお送りします。

受講対象:仮想化とクラウドの違いって何? VMware の技術に詳しい人たちにはこれからのクラウドがどんなふうに見えているのか、興味がある方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-021

実践! Windows as a Service との上手な付き合い方 ~新しい OS 更新管理の徹底解説~

詳細を見る
写真:胡口 敬郎

胡口 敬郎 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
テクノロジー スペシャリスト

Windows 10 は、Windows as a Service の概念の元、定期的に機能強化がなされる "成長するOS" となっています。更新プログラムの提供方法や機能アップグレード モジュールの展開など、従来の Windows OS と管理方法が異なってきます。本セッションでは Windows 10 の更新プログラム管理と機能アップグレードの運用管理を、既存インフラ上で行うための手法や留意点についてご紹介します。

受講対象:組織のインフラ上で Windows 10 がインストールされた PC の運用管理をしているすべての皆様

詳細を閉じる
INF-022

情報漏えいを責めるべからず。今必要な対策とは? ~Windows 10 セキュリティ機能徹底解説~

詳細を見る
写真:武藤 健史

武藤 健史 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
ソリューションスペシャリスト

2016 年に発生すると予測される新しいマルウェアの数は 200 万種類以上。近年急速に増加し変化し続けるセキュリティ脅威に対してユーザーを守る対策が非常に重要となっていきます。本セッションではユーザーが情報漏えいを意識せずに、「安心」して日々の業務を行うための対策が Windows 10 のセキュリティ機能でどう実現できるかを機能詳細から実装方法まで徹底的に解説します。

受講対象:最新のセキュリティ機能に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
INF-023

マイクロソフトの特権管理ソリューションの全貌 ~永続的な管理者特権の廃止への道~

詳細を見る
写真:成田 翔

成田 翔 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
テクノロジーソリューションズプロフェッショナル

サイバー セキュリティの最も基本的な対策は、意図されたユーザー本人だけがそのユーザーの ID を利用できるようにすることです。ファイル サーバーのアクセス権設定や MDM による持ちだし端末の管理などのさまざまなセキュリティ対策を実施していても、ID の不正利用 (サイバー攻撃や内部者による攻撃など) が発生すると、たちまち対策の効果が無効化されてしまいます。特に、多くの攻撃者は管理者特権の ID を得ることを目的としているため、近年のセキュリティ対策では特権管理が重要になっています。クラウドとオンプレミスの両方の環境におけるマイクロソフトの特権管理ソリューションの全貌とその効果をご紹介します。

詳細を閉じる
INF-024

Windows 10 の展開 ~プロビジョニング? いやワイプ & ロードでしょ!~

詳細を見る
写真:Samir Hammoudi

Samir Hammoudi 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
テクノロジーソリューションズプロフェッショナル

Windows 10 が一般提供されてから約 10 か月。その 10 か月を振り返って、Windows 10 と共に導入された新たな展開手法 (インプレース アップデート & プロビジョニング) の現状やチャレンジを解説します。また本セッションでは、Windows 10 の複数のプロビジョニング手法にて、できること/できないことを切り分けながら、適切な Windows 10 展開手法の選択にたどり着く道をご案内します。
※こちらは日本語のセッションとなります。

詳細を閉じる
INF-025

企業で使える Windows 10 ~現実的なアプリ & デバイス管理~

詳細を見る
写真:東條 敏夫

東條 敏夫 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
テクノロジーソリューションズプロフェッショナル

Windows 10 がリリースされて間もなく 1 年あまり。企業内で利用するには、やはり管理面と互換性が気になります。適切に管理されたデバイスは、管理者にとってはもとより、利用者としても安心して使うことができます。本セッションでは、デスクトップ アプリ/UWP アプリ/Web アプリ (IE/Edge) の管理手法を中心に、Windows 10 を違和感なく展開するための『現実的な』管理方法についてご紹介します。

詳細を閉じる
INF-026

真のクラウドベース EMM ~マイクロソフトのモビリティ戦略はいかにユニークか~

詳細を見る
写真:高橋 大志

高橋 大志 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
テクノロジーソリューションズプロフェッショナル

マイクロソフトのモビリティ製品である Enterprise Mobility Suite が実現するエンタープライズ モビリティマネジメント (EMM) の理想の姿をご紹介します。その中でも、特に Microsoft Intune を中心としたデバイス管理、アプリケーション管理、および条件付きアクセスについて、他社ソリューションとの仕組みの違いを交えながら解説します。Windows 10 Mobile 端末の管理およびキオスク化についてもご紹介します。

受講対象:企業において PC を含めたデバイスの管理に携わっている方、およびワークスタイル変革を推進されている方

詳細を閉じる
INF-027

セキュリティ マニアックス -サイバー攻撃の手口と防御手法- ~敵を知り、己を知れば百戦危うからず~

詳細を見る
写真:蔵本 雄一

蔵本 雄一 日本マイクロソフト株式会社
マイクロソフト テクノロジーセンター
セキュリティアーキテクト

近年のサイバー攻撃では、情報漏えいだけでなく、ユーザー ID やパスワードといった資格情報を狙った攻撃も目立ちます。攻撃者は高い権限の資格情報を狙って攻撃を行うことで、より重要度の高いシステムへの侵入を試みます。本セッションでは、攻撃者目線から見た際のインフラへのサイバー攻撃の流れを実際の画面を見ながら理解し、Windows 10 や ATA といったマイクロソフトの製品やテクノロジを利用した防御方法について解説します。

受講対象:セキュリティに興味のあるすべての皆様。特にサイバー セキュリティの脅威を知りたい方はぜひともご参加ください!

詳細を閉じる
INF-028

そのエラーやお困りごと、ツールを使えば解決できるかも! ~Sysinternals や OS 標準ツールの徹底活用術~

詳細を見る
写真:三浦 俊平太

三浦 俊平太 日本マイクロソフト株式会社
クラウドプラットフォーム技術部
テクノロジーソリューションプロフェッショナル

写真:前島 鷹賢

前島 鷹賢 日本マイクロソフト株式会社
クラウドプラットフォーム技術部
テクノロジーソリューションプロフェッショナル

日々の運用やトラブルの時に「いきなり Web 検索」に頼りきっていませんか? 情報が見つかればよいですが、そうでもないと検索にばかり時間がとられてしまうことも。。。そんな時に目を向けていただきたいのが、Sysinternals や OS 標準のツールです。「サーバーの負荷が高いけど、何をどう見たらよいの?」「OS の動きが怪しいけど、何が原因?」「Stop Error が表示されたけど、どうすればよいの?」などなど、ツールを使いこなせば、さまざまな視点からシステムが見えてくることがあります。本セッションでは、デモを交えながら、さまざまなツールの使い方をご紹介します。

受講対象:IT の運用やアプリケーションのトラブルシューティングなどを行う必要があるエンジニアの方は、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
CLT-001

今だからもう一度確認したい、クライアント テクノロジの概要と選択

詳細を見る
写真:高橋 忍

高橋 忍 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
プラットフォーム エバンジェリスト

新たに UWP が登場した Windows のクライアント プラットフォーム。 私たちは Web、Windows フォーム、WPF、Windows ランタイムに UWP、さらにはハイブリッド アプリなどさまざまな技術を用途に合わせて選択することができます。そこで本セッションではそれらの各テクノロジを改めて紐解きながら、どういった場面でどういったテクノロジを採用したらよいのか、また今後の変化を見据えたうえで、クライアント アプリケーションの実装モデルをどのように構築したらよいのか、といった点にフォーカスしながら、デモを交えて解説します。

受講対象:開発のためのセッションですが、実装方法というよりも開発技術を理解するといった内容ですので、どのタイプのエンジニアの方でも興味があればぜひご参加ください。

詳細を閉じる
CLT-002

Windows 10 デバイスと UWP 完全解説

詳細を見る
写真:高橋 忍

高橋 忍 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
プラットフォーム エバンジェリスト

Raspberry Pi 2 のような IoT デバイスから PC、スマートフォン、タブレットはもちろん、Xbox から HoloLens に至るまでさまざまなデバイスに対応した Windows 10。その各デバイスと UWP はどのような関係にあり、各デバイスへの対応はどのようしたらよいのか? これから Windows 10 アプリに対応するために押さえておかなければならないこのポイントをしっかり解説します。皆様のアプリをいつか、HoloLens で起動させるためにも、ここはしっかり押さえておいてください。

受講対象:Windows アプリケーション開発にかかわるすべての皆様、そしてそこに興味がある皆様はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
CLT-003

UWP で業務パッケージやエンタープライズ LOB は行けるのか? ~UWP アプリによる業務システムの開発と展開~

詳細を見る
写真:佐藤 直樹

佐藤 直樹 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

企業システムと親和性の高い Windows 10 や Windows 10 Mobile への関心の高まりと共に、業務のベスト プラクティスを UWP アプリとして開発や展開する事例が増えてきています。本セッションでは、業務アプリ開発に利用できる UWP の API や、ビジネス向けのアプリ配置に活用できる Windows ストアやサイドローディングにおける留意点、UWP アプリの開発から展開について解説します。

詳細を閉じる
CLT-004

Windows 10 におけるアプリの互換性と移行

詳細を見る
写真:荒井 省三

荒井 省三 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 では、アプリの動作モードが変更されて、Windows 7 と同じウィンドウを持つようになりました。利用者からは、デスクトップ アプリと UWP アプリの見え方に違いはなく、目的に応じてシームレスとにアプリが使えることが求められます。本セッションでは、アプリの互換性を確保するために必要な作業を初めとして、UWP アプリへ移行する方法とタッチと親和性の高い UWP アプリを組み合わせるための相互連携技術までご説明します。

受講対象:Windows 10 対応を考えている開発者の皆様

詳細を閉じる
CLT-005

今こそ WPF ~モダン デスクトップ アプリケーション開発再考~

詳細を見る
写真:東 賢 氏

東 賢 氏 インフラジスティックス・ジャパン株式会社
代表取締役/シニアUXアーキテクト

写真:山口 慧 氏

山口 慧 氏 インフラジスティックス・ジャパン株式会社
ソリューションコンサルタント

Windows 10 世代においてもデスクトップ アプリケーション開発は非常に重要な分野です。しかしながら、多くの開発組織において Windows フォーム時代のままで前提が時間を止めていることを多くのお客様の現場から感じています。本セッションではまず WPF に対する誤解を解き、Windows の持つパワーを最大限に活かす WPF の実力を再確認したうえで、ClickOnce による配布や UWP への移行も視野に含めたアプリケーションに対する考え方について解説します。

詳細を閉じる
CLT-006

HoloLens 概要 ~世界を見る新しい方法~

詳細を見る
写真:千葉 慎二

千葉 慎二 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

ホログラムはコンピューティングにおける大きな革命です。クリエーターや開発者など多くの人たちが心に描いたハードウェア、ソフトウェアを目に見えるかたちにできます。Microsoft HoloLens は光を放つことによってイメージを造り、音により臨場感を増し、そしてコントロールすることによってホログラムの世界を変えることのできる新しいデバイスです。本セッションでは、ホログラフィック プラットフォームの基本的な考え方と類似プラットフォームとの比較、それによる開発スタイルの変革や活用アイデアについてご紹介します。

詳細を閉じる
CLT-007

HoloLens アプリ開発 ~世界を変えてしまうテクノロジ~

詳細を見る
写真:千葉 慎二

千葉 慎二 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

ホログラフィック コンピューティングを実現する Microsoft HoloLens は、パワフルかつまったく新しいホログラフィック プラットフォームであり、Microsoft Windows 10 ファミリーです。Microsoft HoloLens を使用すると現実世界と仮想世界の時間と空間を融合 (Mixed Reality) させることができますが、そのためにはデバイスの機能と特長を理解しておく必要があります。本セッションでは Microsoft HoloLens の重要かつ特長的な機能と Mixed Reality の設計、アプリ開発手法およびアプリ モデルについてご紹介します。世界を変えてしまうテクノロジにいち早く触れてください。

詳細を閉じる
CLT-008

みんなで作る Windows 10 ! ~Windows Insider からのフィードバック データの活用方法~

詳細を見る
写真:渡邊 飛雄馬

渡邊 飛雄馬 マイクロソフトディベロップメント株式会社
Windows & Devices 開発統括部
プログラムマネージャー

写真:入谷 優

入谷 優 マイクロソフトディベロップメント株式会社
Windows & Devices 開発統括部
ソフトウェア エンジニア

Windows 10 は皆様からのフィードバックや利用データを基にして開発が行なわれています。本セッションでは、実際の Windows の開発プロセス、そして皆様からのフィードバックや利用データの活用方法を大胆に公開します。データの収集、分析、可視化、そして製品に反映させるまでを、実際に使用しているツールの紹介も交えてご紹介します。

受講対象:Windows 10 の開発舞台裏や、データ ドリブン開発に興味のある皆様、そして Windows Insider の皆様はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
CLT-009

Windows 10 アプリとシングルサインオン ~Microsoft Passport の意義とその実装方法~

詳細を見る
写真:安納 順一

安納 順一 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
プリンシパル テクニカル エバンジェリスト

シングルサインオン (SSO) はセキュリティの要です。その理由はセッション内でいやというほど詳しくお話ししますが、安全性を追求すると必然的に SSO になってしまうのです。問題は SSO の実装方法です。Windows 10 から新たに実装された Microsoft Passport、そしてそれとともに動作する生体認証機能 Windows Hello をご存知でしょうか? これもセッション内で詳しく解説しますが、「安全性」と「手軽さ」を兼ね備えた、現時点では究極の認証方法と言えるでしょう。本セッションでは、「シングルサインオン」に主眼を置き、アプリケーションが実装すべき安全性と、Windows 10 アプリを Microsoft Passport および Windows Hello に対応させる方法について詳しく解説します。皆様のアプリケーションのパンフレットに「生体認証対応!」と書かれていたらどんなにすばらしいか想像してみてください。

受講対象:アプリケーション開発者、インフラ アーキテクト設計者

詳細を閉じる
CLT-010

クラウドで広げる広がる UWP アプリの世界

詳細を見る
写真:田中 達彦

田中 達彦 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

クラウドファースト、モバイルファーストの世界において生まれてきた UWP アプリは、さまざまなデバイス上で動くだけでなく、もちろんクラウドとの相性も抜群です。本セッションでは、Azure を使わない方法から Azure を活用する方法まで、やりたいこと、できることベースに UWP アプリの世界をどのように広げていけるのかについて解説します。

詳細を閉じる
CLT-012

インサイド UWP アプリ

詳細を見る
写真:荒井 省三

荒井 省三 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 では、Windows ランタイムの発展形である UWP へのアプリ環境へと更新されています。新しいスタート メニューの提供と共に、Windows のシェルである Windows Explorer も目に見えないところで、Windows 8.1 から改良が行われています。本セッションでは、アプリ環境である UWP と Windows シェルとの関係をご説明します。

受講対象:UWP アプリ開発に携わる皆様。特に、UWP アプリのトラブル シューティングに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
CLT-013

Windows 10 × Gaming × Feature × Development

詳細を見る
写真:鵜木 健栄

鵜木 健栄 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 は最強のゲーミング プラットフォームです。実際 Windows 10 はゲーミング プラットフォームとして急速に普及しており、多くのゲーマーが Windows 10 を利用しています。本セッションでは最強たらしめているテクノロジ、サービス、それらを使ったアイディア、開発ソリューション、開発環境についてちょっとイイ話をします。

受講対象:UWP のみならずゲーム/エンターテインメント開発に興味のある方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
CLT-014

ゲーム開発だけじゃない! Unity で作る UWP アプリ

詳細を見る
写真:伊藤 周 氏

伊藤 周 氏 Unity Technologies Japan 合同会社
Unity エバンジェリスト

Unity はゲーム開発においてスタンダードな開発環境になりつつありますが、昨今はゲーム開発にとどまらず各種産業でビジュアライゼーション ツールとしてさまざまな利用をされています。本セッションではそういったさまざまな実例と共に、実際に HoloLens 用 AR アプリや Oculus Rift 用 VR アプリのビルドを通して簡単な Unity での使い方をご紹介します。(HoloLens 用アプリは実機上ではなくエミュレーター上での実演になります)。

受講対象:Unity に興味があるけど、まだ触ったことがない開発者の皆様。内容はゲーム開発には限定しませんので、お気軽にご参加ください。

詳細を閉じる
CLT-015

音声を活用した UWP アプリの拡張 ~Cortana、音声合成、音声認識~

詳細を見る
写真:田中 達彦

田中 達彦 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 の特長的な機能の 1 つのパーソナル アシスタントである Cortana。Cortana はアプリと連動させることができるため、単なるアシスタント以上の活躍をさせることができます。本セッションでは、アプリと Cortana の連動や、Cortana を使わずにアプリを音声の入出力に対応させる方法を解説し、アプリの可能性を広げるヒントをご紹介します。

詳細を閉じる
CLT-016

拝啓 『変わらない開発現場』を嘆く皆様へ ~エンプラ系 SI 開発現場の「今」を変えていくために~

詳細を見る
写真:赤間 信幸

赤間 信幸 日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズサービス統括本部
プリンシパルコンサルタント

de:code で取り上げられる最先端技術の数々にワクワクしながらも、ふと翌日から戻る開発現場のことを思うと暗くなってしまうという方、実は多いのではないでしょうか? エンタープライズ系の業務システム開発の世界では、未だ 10 年以上前のやり方から進化しておらず、進化の糸口が見つけられず悩まれている方も多いと思います。本セッションでは、(de:code ですが) あえて最新開発テクノロジの話は一切しません。エンプラ系 SIer の PL/PM/SE の方々向けに、設計やテスト手法の改善テクニックの要点などを通して、開発現場を改善していくための考え方を解説します。

受講対象:「Excel 方眼紙」「Excel 設計書」に身に覚えのある SIer の SE/PM/PL の皆様、日々の現場の忙しさのあまり心が折れそうになっている方々、セッション タイトルを見て共感を覚えた皆様はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
PRD-001

Office 365 Enterprise E5 による
高度な音声プラットフォームの展開
非公開情報あり

詳細を見る
写真:森 健太郎

森 健太郎 日本マイクロソフト株式会社
CSS ASG Unified Communications Support
Premier Field Engineer

Skype for Business Online による Cloud PBX の構成と展開についてご説明します。
※こちらのセッションは一般公開されていない情報が含まれているため、事前に秘密保持契約を結んでいただく必要がございます。

詳細を閉じる
PRD-002

SharePoint Server 2016 & Online ハイブリッド環境での業務活用

詳細を見る
写真:西岡 真樹 氏

西岡 真樹 氏 インフォシェア 株式会社
代表取締役社長

SharePoint Server 2016 は、SharePoint Online と連動した、クラウド & オンプレミスのハイブリッド環境を意識して機能強化されています。本セッションでは、実際に構築した SharePoint のハイブリッド環境を使って、ハイブリッドならではの新機能をご紹介しながら、実際の業務での活用シーンを検討していきます。

詳細を閉じる
PRD-003

わかる! ExpressRoute for Office 365

詳細を見る
写真:廣瀬 望

廣瀬 望 日本マイクロソフト株式会社
Security, Identity and Networking Technology Solutions Professional

Office 365 を ExpressRoute で使用すると何が実現できるのか、昨年 12 月より提供を開始している ExpressRoute for Office 365 についてわかりやすく解説します。

受講対象:導入をご検討中のエンド ユーザー様や提案をご検討中のパートナー様はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
PRD-004

ここまでできる! Azure AD と Office 365 連携開発の先進手法

詳細を見る
写真:松崎 剛

松崎 剛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Office 365 のアプリケーション開発は、データの読み書きだけではありません。本セッションでは、Office 365 の認証基盤である Azure Active Directory (Azure AD) と Office 365 API の最近プレビュー公開 (またはリリース) された新機能を用いて、高度なシナリオを実現する開発手法を実際のデモを交えてご紹介します。

受講対象:Office 365 の連携開発の経験者や、これから開発を始めようとお考え方は、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
PRD-005

Skype Developer Platform によるアプリケーション開発の最新情報

詳細を見る
写真:松崎 剛

松崎 剛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Skype の開発基盤は Web の標準化と共に進化していきます。本セッションでは、ブラウザーやスマートフォンを使ったビデオ会議など、オンプレミスとクラウドにおける Skype の最新 API と今後のマイルストーンをご紹介します。

受講対象:Skype for Business および Skype for Business Online を使った開発に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
PRD-006

機械学習で顧客対応はこう変わる! Azure ML と Dynamics で造る次世代 CRM

詳細を見る
写真:河野 高也

河野 高也 日本マイクロソフト株式会社
カスタマー サービス&サポート
Dynamics Global Domain プレミアフィールドエンジニアリング

写真:河野 高也

西澤 貴志 日本マイクロソフト株式会社
Dynamics ビジネス統括本部
プリンシパル テクノロジー スペシャリスト

データセットからモデルを作成し、コンピューターが不特定のデータに対する意思決定を行う機械学習。機械学習を用いることによって、業務の効率や精度が向上するでしょう。本セッションでは、Azure ML と Dynamics CRM の連携手法およびシナリオをデモを交えてお届けします。

詳細を閉じる
PRD-007

モバイル アプリ開発で利用する Dynamics CRM Online 2016 新 Web API

詳細を見る
写真:中村 憲一郎

中村 憲一郎 日本マイクロソフト株式会社
カスタマー サービス&サポート
PMC Delivery

写真:鈴木 章太郎

鈴木 章太郎 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

Dynamics CRM 2016 から OData v4 REST ベースの新しい Web API が追加されました。これにより、これまで ERP や CRM を使ったことのないモバイル アプリ開発者も、Dynamics CRM のアプリ開発が容易になりました。また認証には、Azure サービスや Office 365 と共通の認証基盤である Azure Active Directory を使うことができます。そのため、iOS/Android、Xamarin、Windows 10 などのモバイル アプリから、Azure Storage、SQL Azure Database、Office 365 などと同様のバックエンドとして Dynamics CRM を自由に利用できます。本セッションでは、Mobile Engagement などさまざまなテクノロジと連携しつつ、具体的なシナリオに基づいたアプリをご紹介し、その開発に必要な情報をご提供します。

詳細を閉じる
PRD-008

クラウド ネイティブ ERP ~Dynamics AX のアーキテクチャ/環境構築から開発/運用まで~

詳細を見る
写真:鈴井 洋介

鈴井 洋介 日本マイクロソフト株式会社
Dynamics ビジネス統括本部
プリンシパル テクノロジー スペシャリスト

クラウド ネイティブ ERP である Dynamics AX は Microsoft Azure を含むさまざまなマイクロソフトのテクノロジ スタックの上に実現しています。本セッションでは、SaaS 型 ERP が構築/開発/運用の中でどのようなメリットがあるかをお伝えします。

受講対象:ホスティングではない SaaS 型のビジネス アプリケーションの運用や構築に興味のある方。AX の技術者だけでなく、他 ERP の運用や開発にかかわっている方にもお勧めセッションです。

詳細を閉じる
PRD-009

クラウドの ERP による業務システム開発 ~OData エンド ポイントから Power BI 連携~

詳細を見る
写真:Leo Guo

Leo Guo マイクロソフト コーポレーション
AX Localization APAC, Global Financial Management, Business Applications, Platform and Intelligence
Senior Program Manager

写真:Jessie Yao

Jessie Yao 

【日本語セッション】
新 Dynamics AX は、最新技術で外部連携を含めた業務アプリケーションをより迅速に開発できるようになりました。OData 準拠のエンド ポイントを利用して、C# プログラムから AX のデータを操作する作法をご紹介します。AX に標準装備されている Power BI を使ったシステム連携も見どころです。マイクロソフトの製品開発者が紹介するコーディングのテクニックもお見逃しなく。

受講対象:C#、Visual Studio を使う、すべての業務アプリケーション開発者にお届けするセッションです。この最新版 Dynamics AX では、固有の技術が必要と思われがちな ERP の開発、その多くが標準的な開発技術で可能になりました。本セッションで、開発技術をスキルアップしてください。

詳細を閉じる
PRD-010

一挙紹介! Office 365 でおさえておくべき最新機能
非公開情報あり

詳細を見る
写真:秋本 尚吾

秋本 尚吾 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
プリンシパルテクノロジースペシャリスト

本セッションでは、Office 365 の新機能やアップデート情報をまとめてご紹介します。Office 365 で最近どのような変化が起きているのか、何ができるようになったのか概要を把握したい方、Office 365 の現在の姿を確認したい方、そして少し未来の Office 365 の姿を覗いてみたい方に向けたセッションです。
※こちらのセッションは一般公開されていない情報が含まれているため、事前に秘密保持契約を結んでいただく必要がございます。

受講対象:Office 365 に携わるすべての皆様。特に、Office 365 の提案、展開、そして運用を行う方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
ARC-001

Updated: 5 年後のアプリケーション アーキテクチャを考える

詳細を見る
写真:萩原 正義

萩原 正義 日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズパートナ営業統括本部
パートナー・クラウドソリューションアーキテクト

de:code 2015 で行った同一テーマの最新動向を 3 つの技術で解説します。分析系ではバッチとストリーム データのリアルタイム データ分析、更新系では新しいハードウェアによる高性能 OLTP とデータベース技術、そして、ステートフルなマイクロサービス アーキテクチャです。技術の出現の背景と普及のための条件、今後のアプリケーション開発への影響と、性能、耐障害性、プログラミング モデルなどを議論します。

詳細を閉じる
ARC-002

認証強度を高めるための "多要素認証" 活用 Deep Dive

詳細を見る
写真:安納 順一

安納 順一 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
プリンシパル テクニカル エバンジェリスト

既に多くの皆様にご利用いただいている Azure Active Directory 多要素認証 (MFA) は、アプリケーションに依存しないだけでなく、MFA を呼びだす条件を指定するなど、きめの細かな制御が可能です。本セッションでは、さらに深く MFA を使いこなしていただくための認証基盤の設計手法や、新たに独自の認証要素を追加するための開発手法について解説します。

詳細を閉じる
ARC-003

モダン Web: たった今と、ほんの少し未来の話

詳細を見る
写真:物江 修

物江 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Web の誕生以来、関連技術は加速度的に進歩しており、今後もそのスピードが緩まることはないでしょう。HTML5、スマートデバイス、IoT など、エポック メイキングな要素に事欠きません。これからの Web システムはその進歩のメリットを享受しつつ、変化に耐えられることが肝要です。本セッションでは "たった今"の Web 技術をスナップショットとして切り取り整理し、"ほんの少し先"の Web についてご紹介します。

詳細を閉じる
ARC-004

Big Data/機械学習がソフトウェア開発手法を変える! ~静的アルゴリズムから動的アルゴリズム生成への道~

詳細を見る
写真:田丸 健三郎

田丸 健三郎 日本マイクロソフト株式会社
技術統括室
ナショナルテクノロジーオフィサー

クラウドが一番活用されるシナリオとして Big Data があります。その恩恵を一番受けるのが機械学習というアプローチです。本セッションでは、機械学習がソフトウェア開発にどういうインパクトを与えるのかを考察します。いくつか出始めた実事例に基づいた、実践的な内容をご紹介します。本セッションでは Azure Machine Learning の説明はしません!

詳細を閉じる
ARC-005

あなたもハマるかもしれない "Azure あるある" ~アーキテクトがクラウド導入の現場で見た課題の傾向と対策~

詳細を見る
写真:吉松 龍輝

吉松 龍輝 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューション ビジネス統括本部 第二 Azure 技術部
クラウド ソリューション アーキテクト

エンタープライズ企業のクラウド導入が加速する中で、マイクロソフトでは CSA (Cloud Solution Architect) と呼ばれるアーキテクトが Azure を導入するお客様の技術支援を行っています。お客様が Azure を活用しようと考えたとき、さまざまな課題に直面します。「IaaS と PaaS をどう使い分ければ良いのか?」 「権限はどのように管理するのか?」など、どのお客様でも直面する "Azure あるある" について、CSA の観点から傾向と対策を解説します。

詳細を閉じる
ARC-006

サイバー セキュリティ、IT Pro、開発、経営 それぞれの視点

詳細を見る
写真:高橋 正和

高橋 正和 日本マイクロソフト株式会社
チーフセキュリティアドバイザー

日本においても、2011 年頃から深刻なサイバー セキュリティ被害が目立つようになりました。現在の攻撃側が有利な状況に対応していくためには、IT 部門ばかりではなく、製品開発や経営的な分野でも深くかかわる必要があります。本セッションでは、現在の脅威を俯瞰し、脅威に対応し、IT をビジネスに活用するための、開発、IT、経営の課題と必要とされる対応についてご提案します。

詳細を閉じる
ARC-007

企業アプリケーション アーキテクチャ トレンドを読め!! 変革の時代に備える ~MSA、OSS、DevOps~

詳細を見る
写真:森屋 英治 氏

森屋 英治 氏 株式会社アークウェイ
代表取締役社長

ASP.NET、OSS、マイクロサービス、Dev/Ops などの動向が有機的につながり、大きく、そして今までにないスピードで変化をしようとしています。このような激動の時代には、トレンドを正しく捉え変化の行く先を見据えながらアーキテクチャを検討していく必要があります。企業アプリケーションで直面している問題を共有し、ASP.NET、マイクロサービス、マルチプラットフォーム、OSS をいかに融合し、活用していくべきか一緒に考察してきたいと思います。

詳細を閉じる
ARC-008

Azure IoT ソリューション アーキテクチャ

詳細を見る
写真:中田 光昭

中田 光昭 日本マイクロソフト株式会社
Global Black Belt
IoT テクノロジーソリューションプロフェッショナル

本セッションでは、IoT Hub、Stream Analytics などの Azure IoT 関連サービスを利用した Azure IoT ソリューションのアーキテクチャについて、その実現性も踏まえてデモを交えながら解説します。

詳細を閉じる
ARC-009

RDB 技術者のための NoSQL ガイド

詳細を見る
写真:佐藤 直生

佐藤 直生 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:渡部 徹太郎 氏

渡部 徹太郎 氏 株式会社リクルートテクノロジーズ
ビッグデータ部
テクニカルエンジニア

写真:原沢 滋 氏

原沢 滋 氏 DataStax Inc,.
Business Development

「今」の NoSQL のこと、わかっていますか? まだ、こんな勘違いをしたり、不正確な情報、古いイメージで見ていたりしませんか?
・バッチが高速になる
・トランザクションが高速になる
・Big Data を分析できる
・非構造データが効率的に扱える
・RDB から置き換えると速くなる
・オープンソースしかない
・スキーマがない
・SQL が使えない
本セッションは、書籍「RDB 技術者のための NoSQL ガイド」の著者陣が、RDB エンジニアを対象に、エンタープライズ環境で NoSQL をどのように活用すべきかをご説明します。NoSQL の全体像、MongoDB、Cassandra、Azure DocumentDB などを取り上げます。
Azure DocumentDB については、セッション DBP-016 にもご参加ください。

受講対象:NoSQL に興味ある RDB 技術者の皆様、ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DOO-001

Azure を利用したエンタープライズ Java アプリケーション開発の今とこれから!!

詳細を見る
写真:寺田 佳央

寺田 佳央 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
シニア テクニカル エバンジェリスト

写真:寺田 佳央

山本 裕介 氏 株式会社サムライズム

本セッションは、今すぐエンタープライズ環境で利用可能な Java on Azure の利用方法について、デモを交えながらご紹介します。前半部では、Twitter4J など OSS アプリ開発者として著名な、株式会社サムライズム CEO の 山本 裕介氏をお迎えし、Java の開発者で人気の統合開発環境である IntelliJ IDEA から Azure を利用したデモを行うほか、Twitter4J を利用してリアルタイムの Twitter データ解析/可視化などのデモなども行います。後半では、ミッション クリティカルなサービスを安全に提供させるための Java on Microsoft Azure の活用方法をご紹介します。

受講対象:Java アプリケーションの開発に携わる皆様、最新の Java on Azure に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DOO-002

Building Automated Tooling for Datacenters

詳細を見る
写真:Mitchell Hashimoto 氏

Mitchell Hashimoto 氏 Hashicorp
Creator of Vagrant, Packer, Consul. CEO of Hashicorp

【英語セッション】
HashiCorp has send out Vagrant into world, which changed game on DevOps, Microservices and datacenter management. Mitchell Hashimoto, CEO will show their world-hottest automated tooling, written by Go language, and broadly embraced with those simplicity working on Azure as well as multi-cloud services.

受講対象:OSS に興味のある ITPro の皆様、開発者の皆様はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DOO-003

Jenkins 作者が語る、Docker コンテナによる継続的デリバリのオススメと新機能のご紹介

詳細を見る
写真:川口 耕介 氏

川口 耕介 氏 米クラウドビーズ(CloudBees)
CTO

継続的インテグレーション/継続的デリバリ環境が大規模になるにつれて、Jenkins やビルド マシンをメンテナンスする手間や、ビルドやテストの手順を管理する手間が気になってきます。本セッションでは、Azure 上の Docker を活用しスケーラブルなビルド環境を構築します。また、新バージョンとなる Jenkins 2.0 のパイプライン機能を活用して、プロジェクトが多数ある環境での設定方法の効率化もご紹介します。

受講対象:アプリケーション開発者からインフラの運用/管理者まで、開発/運用の効率化に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DOO-004

楽天での DevOps 実践事例と Azure ベスト プラクティス

詳細を見る
写真:川口 恭伸 氏

川口 恭伸 氏 楽天株式会社
プロダクト戦略部
アジャイルコーチ

写真:Kanio Dimitrov 氏

Kanio Dimitrov 氏 Azure Architect, Smart Device Technology Department,
Mobile Services Group
Development Lead

【英語セッション】
クラウドのパワーを使って、どのように DevOps プラクティスを実装しているのかをお話しします。Azure PaaS と PowerShell が私たちをアジャイルで、高品質な本番環境の世界に導いてくれます。現場での生々しい経験談をお楽しみください!

受講対象:DevOps の実際の事例をお聞きになりたいすべての皆様ぜひお見逃しなく。

詳細を閉じる
DOO-005

裏 Inside Azure ~OSS 視点で理解する、Azure のテクノロジ & アーキテクチャ~

詳細を見る
写真:真壁 徹

真壁 徹 日本マイクロソフト株式会社
EPG / クラウド&ソリューションビジネス統括本部 / データセンター&Azure営業本部 / 第一Azure技術部
クラウド ソリューション アーキテクト

Azure における OSS 活用やコミュニティへの貢献が話題です。本セッションでは、OSS がどのように Azure を支えているか、また、クラウド OSS の代表格である OpenStack、Cloud Foundry との比較という切り口で、Azure のテクノロジとアーキテクチャを解説します。Azure の内部や技術動向を意識して設計したいアーキテクト必見のセッションです。

詳細を閉じる
DOO-006

Mobile DevOps ~モダンなモバイル アプリ開発から障害対応まで~

詳細を見る
写真:鈴木 章太郎

鈴木 章太郎 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト

本セッションでは、DevOps 誕生の経緯、コンセプト、導入メリットなどを紹介し、モバイル アプリ開発にフォーカスした DevOps の実践方法をご紹介します。モバイル アプリの開発において迅速なサービスの開発/展開はとても重要で、これを実現するための各種プロセスの自動化も重要です。iOS や Xamarin のアプリ開発からデバッグ、継続的インテグレーション、デリバリー、デプロイ、運用の自動化や障害解析にも強い環境を、Visual Studio Team Services や Hockey App などのツールを使いながら、デモを中心にご紹介します。

受講対象:Xamarin、iOS、Android などモバイル アプリケーション開発に携わるすべての皆様、モバイル アプリの開発/運用プロセスを改善し、利用状況や障害対応を容易にしたいと考える方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DOO-007

How to run containers in production, at scale!

詳細を見る
写真:Aaron Williams 氏

Aaron Williams 氏 Mesosphere, Inc.
Head of Developer Advocacy

【英語セッション】
Container technology enables software delivery safety and rapidly than ever. It gives more flexibility for developers, and solution on environment dependency for operation managers through desktop and production server. What could be happen on running container into production where needs scalability? This session will introduce real-world showcases and show those solutions with end-to-end CI/CD demo using DC/OS and Azure Container Services.

受講対象:DevOps と Microservices に興味があるすべての皆様へ。世界最新がここにあります。

詳細を閉じる
DOO-008

マイクロソフトが実践した Scrum 導入 7 年間の旅、そして DevOps への進化

詳細を見る
写真:Sam Guckenheimer

Sam Guckenheimer  Microsoft Corporation
Partner PM Manager

【英語セッション】
マイクロソフトは急激に変化し、もの凄いスピードでイノベーティブな製品を生みだしています。マイクロソフトの DevOps チームのリーダで世界的に著名な Sam Guckenheimer が来日、失敗を含めた生々しい事例を余すところなく語ります。彼はアジャイルや、DevOps の多くの著作を発表、世界最大のアジャイル カンファレンスのキーノート スピーカでもあります。マイクロソフトの開発力の秘密、DevOps 実践の究極の姿を知りたい人はぜひご参加ください。

受講対象:マイクロソフトが実施した DevOps の事例について興味のある方

詳細を閉じる
DOO-009

Powering High Velocity Development for your Infrastructure

詳細を見る
写真:James Casey 氏

James Casey 氏 Chef
VP of Partner Engineering

【英語セッション】
Chef is now as known as de-facto standard tools for Infrastructure as Code, configuration management solution. It enables automated deployment in same manner both of Windows and Linux. VP of Chef will describe its up-to-date technology, and show how this works effective on Azure.

受講対象:Infrastructure as Code に興味のある方

詳細を閉じる
DOO-010

Microsoft Loves Red Hat ~企業サービスをより迅速に提供できるようになる、Docker ベースの PaaS を活用した継続的インテグレーションの実践~

詳細を見る
写真:新井 真一郎

新井 真一郎 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&エンタープライズビジネス本部
OSS戦略担当 OSSエバンジェリスト

写真:大溝 桂 氏

大溝 桂 氏 レッドハット株式会社
サービス事業統括本部 ソリューション・アーキテクト部
OpenShiftソリューションアーキテクト

ハイブリッドなクラウド環境の利活用の課題を解決するために、マイクロソフトとレッドハットは戦略的なパートナーシップを締結しました。本セッションでは、2 社の提携により実現したテクノロジについて、その最新動向を解説します。Azure とレッドハットの PaaS 基盤である OpenShift を連携させることで、ハイブリッドなクラウド環境を活かしたアプリケーションのデプロイが可能となり、それぞれのメリットを活用できるようになりました。OpenShift の具体的な利活用例や、開発者、運用者にとっての活用ポイントを、デモを交えてご紹介します。

詳細を閉じる
DOO-011

クラウド時代のセキュアな企業システム構築 ~OSS + Azureで 実現する安心な企業システム~

詳細を見る
写真:吉田 雄哉

吉田 雄哉 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューション ビジネス統括本部 第二 Azure 技術部
クラウド ソリューション アーキテクト

本セッションではクラウド時代に何に考慮すればセキュアな企業システムを構築できるかを考えます。そして、オープンソースを活用し、Azure のサービスを組み合わせることでどのように実現するかを解説します。適切なサービス利用により、自由と安全を手に入れましょう!

詳細を閉じる
DOO-012

FinTech だけじゃモッタイない! ブロックチェーンとクラウドが作る未来

詳細を見る
写真:増渕 大輔

増渕 大輔 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:廣瀬 一海

廣瀬 一海 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部
クラウドソリューションアーキテクト

FinTech 分野で注目されているブロックチェーンという技術が世に登場し、その新しい技術を金融分野をはじめとした、さまざまな企業が実証実験も始めています。資金決済、証券だけでなく、土地取引、ナショナル プロジェクトなど、幅広い分野での応用が見込まれています。本セッションでは、そもそもブロックチェーンを支える主要技術と今後の見込まれる技術の展開がどうなるのか?日本国内で活躍するブロックチェーン ベンチャーと共に、進み続けるブロックチェーンの技術と今後の展望や応用などについて熱く語り合います。

受講対象:ブロックチェーン に興味のあるすべてのエンジニアの方向けです。

詳細を閉じる
DOO-013

Docker 最新動向と Azure Container Service 入門

詳細を見る
写真:久森 達郎

久森 達郎 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:前佛 雅人 氏

前佛 雅人 氏 クリエーションライン株式会社

昨今の IT で注目されているコンテナ技術ですが、その中でも Docker は多くのエンジニアから注目され、Windows Server 2016 でも対応が表明されています。本セッションでは、Docker の基本から最新動向、Azure Container Serviceによるサービス環境への展開についてご紹介します。

受講対象:Container 技術、Docker に興味のあるすべての方

詳細を閉じる
DOO-014

日本でもできる! マイクロソフト技術をフル活用した DevOps の具体的実現手法!

詳細を見る
写真:牛尾 剛

牛尾 剛 マイクロソフト コーポレーション
ITPro - Japan
シニア テクニカル エバンジェリスト

Dev と Ops が協力しソストウェアのライフサイクルを改善し、1 日 10 回もの本番環境へのデプロイが可能なほどのリード タイムを実現する DevOps。こんなことが本当に日本でも可能なのでしょうか? 本セッションでは、事例を基にした具体的な DevOps の導入の仕方から、DevOps のマインドセットと、プラクティス、ツールを具体的なデモと共にお届けします。今年の de:code のゲストに代表される、米の西海岸で起こっているような「ソフトウェア産業の革命」の最新プラクティスがマイクロソフト技術を使うことで、皆様も簡単に実施できるようになります。ぜひお見逃しなく!

受講対象:DevOps に興味がある方、マイクロソフト テクノロジに興味がある方

詳細を閉じる
DOO-015

Azure/Windows Server 2016 から学ぶ Windows 系インフラ エンジニアのための DevOps

詳細を見る
写真:高添 修

高添 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:小塚 大介

小塚 大介 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
オーディエンスエバンジェリズムマネージャー

Windows Server 2016 や Azure Stack の新機能の説明には DevOps というキーワードがたくさん出てきます。また、最近のマイクロソフトは OSS との連携をより強力にしていることに気付いているかもしれません。ただ、これまで Windows Server を担当していたエンジニアの方々には遠い存在だったのも事実。そこで本セッションでは、Windows Server 2016 や Azure の新機能を絡めながら、DevOps とは何か、マイクロソフトが注目した OSS の魅力とは何かを改めてご紹介します。

受講対象:これまでマイクロソフト製品を扱ってきたエンジニアの皆様で Windows Server 2016 の新しい機能や Azure Stack に興味を持ってくださる方はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
CHK-001

All about DevOps ~DevOps 第一人者のガチトーク バトル! ~

詳細を見る
写真:牛尾 剛

牛尾 剛 マイクロソフト コーポレーション
ITPro - Japan
シニア テクニカル エバンジェリスト

写真:吉羽 龍太郎 氏

吉羽 龍太郎 氏 Agile , DevOps, Cloud コーチ

写真:前佛 雅人 氏

前佛 雅人 氏 クリエーションライン株式会社

写真:高添 修

高添 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

元 AWS、アジャイル/DevOps コーチで著名な吉羽 龍太郎氏、日本人唯一の公式 Docker トレーナーそして、HashiCorp エバンジェリスト、クリエーションラインの前佛 雅人氏、MS 系 ITPro の人気エバンジェリスト高添 修、そしてマイクロソフト コーポレーション DevOps シニアテクニカルエバンジェリストの牛尾でお届けする日本の DevOps の現状と、技術について語りつくす最高に刺激的なチョーク トーク セッションです。本セッションは過激な内容が予想されるので、レコーディングされないかもしれません。DevOps の動向と、技術の実際のところについて知りたい人、DevOps を実践していきたい人には最高におすすめのセッションになっています。お早めに!

受講対象:DevOps にかかわるすべての皆様

詳細を閉じる
CHK-002

No Things No Life ~モノ、IoT の達人集合、何ができるか聞いてみよう! ~

詳細を見る
写真:太田 寛

太田 寛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:今村 博宣 氏

今村 博宣 氏 ドローンワークス株式会社
代表取締役 CEO

写真:一階 武史 氏

一階 武史 氏 株式会社DMM.comラボ
システム本部 事業サービス開発部 チーフ

写真:松岡 貴志 氏

松岡 貴志 氏 日本ガイシ株式会社
製造技術本部 情報システム部 基幹システムグループ
主任

IT 業界、組み込み業界も含め、産業界で注目を集めている IoT。しかしてその実態は、適用範囲が広すぎてよくわからないと感じている人も多いことでしょう。本セッションでは、IoT を構築するのに必須なモノやサービスを提供している、あるいは、実際にIoTの構築/運用に携わっているプロフェッショナルの皆様に、IoT を実際に構築するときの壁や留意点も交えながら、モノと IT が融合して描く未来を語りつくしていただきます。

受講対象:IoT にかかわるすべての皆様はぜひご参加ください。

詳細を閉じる
CHK-003

認証とか認可でもやもやしている方のための公開相談室

詳細を見る
写真:安納 順一

安納 順一 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:松崎 剛

松崎 剛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:村木 由梨香

村木 由梨香 日本マイクロソフト株式会社
セキュリティプログラムマネージャー

写真:富士榮 尚寛 氏

富士榮 尚寛 氏 MVP for Enterprise Mobility

ユーザー管理や認証、そして認可を正しく理解するには、膨大な量の読書と長い経験が必要です。でも、なかなかそんな時間が取れないのが実情。本セッションは、皆様がお持ちの疑問に対して、テクニカル エバンジェリストに加え、セキュリティ サポート担当、そして現場でいやというほどアイデンティティ関連案件を担当している Microsoft MVP が経験と知識をフルに動員して、我先に回答するチョーク トークです。

詳細を閉じる
CHK-005

All about 機械学習! ~機械学習は魔法の杖か、単なる Big Data のはけ口か~

詳細を見る
写真:田丸 健三郎

田丸 健三郎 日本マイクロソフト株式会社
技術統括室
ナショナルテクノロジーオフィサー

写真:得上 竜一 氏

得上 竜一 氏 

株式会社オークファン
技術統括部

機械学習の民主化といっても、ツールですべて解決するわけではありません。ただ、自動車産業や Industry 4.0 など、新しいビジネスとしての成功例が出始めているのも事実です。本チョーク トークでは皆様が普段、機械学習についてお持ちの疑問を、理論と実装の両面からぶつける場です。Azure ML でできること、Deep Learning とは何なのか、AI はどこまで現実的なのかなど、皆様とディスカッションできればと思っています。

受講対象:機械学習に関心があるすべての皆様

詳細を閉じる
CHK-006

本音で語る、マイクロソフトの OSS はどうなのよ?

詳細を見る
写真:新井 真一郎

新井 真一郎 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&エンタープライズビジネス本部
シニアプロダクトマーケティングマネージャー

写真:増渕 大輔

増渕 大輔 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:藤田 稜 氏

藤田 稜 氏 

レッドハット株式会社
テクニカル・セールス本部
エヴァンジェリスト

Microsoft Loves Linux の衝撃以来、矢継ぎ早にマイクロソフトが Open Source Community と一緒に動いて、Windows 以外への製品の提供も始めています。すべてがすぐに実用で使えるわけではないでしょうが、実サービスで利用されているケースも多々あります。こちらでは、今、どうなの? 今後どうなの? というところを中心にディスカッションを行います。

受講対象:実サービスで OSS 開発/運用に携わるすべての皆様はご参加ください。

詳細を閉じる
CHK-007

Windows 10 のブラウザー、Edge のこれからについて

詳細を見る
写真:物江 修

物江 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:春日井 良隆

春日井 良隆 日本マイクロソフト株式会社
Windows & デバイス本部
プロダクトマネージャー

Microsoft Edge は他の Web ブラウザーとの相互運用性を重視し、Web 標準のみならず、デファクト スタンダードな技術も積極的にサポートしていきます。本セッションでは、今後の予定される機能実装、そして Windows 10 という視点から今後の Edge の方向性について参加者とディスカッションします。

詳細を閉じる
CHK-008

Windows Insider Meetup in Japan 2 ~Windows Insider Program を語ろう~

詳細を見る
写真:春日井 良隆

春日井 良隆 日本マイクロソフト株式会社
Windows & デバイス本部
プロダクトマネージャー

「みんなで作る Windows 10 ! ~Windows Insider からのフィードバック データの活用方法~」にご参加いただいた皆様を対象にさらに Windows Insider Program を深掘りする Chalk Talk を実施します。セッションをお聞きになったうえでさらに踏み込んで聞きたい点があれば、ご参加ください。Windows のことでマイクロソフトに直接、言いたいことがある、見解を聞きたいことがある、自分の考える理想の Windows のことを聞いて欲しい。そんな方のご参加もお待ちしています。

受講対象:Windows Insider Program に参加していること

詳細を閉じる
CHK-009

マイクロサービス アーキテクチャのすゝめ ~エンタープライズ システムを分割リリースせよ!!~

詳細を見る
写真:森屋 英治 氏

森屋 英治 氏 株式会社アークウェイ
代表取締役社長

写真:鈴木 雄介 氏

鈴木 雄介 氏 グロースエクスパートナーズ株式会社 執行役員
日本Javaユーザーグループ 会長

本セッションでは、モノシリックなエンタープライズ システムを分割し、実際にどのようにマイクロサービス化しているか議論していきたいと思います。MSA の考え方を中心にして、従来の複数年開発プロジェクト型からプロダクト開発型へと開発のスタイルも大きく変えることが可能となります。MSA をトレンドで終わらせないために概念、利用ケースを交えてアーキテクトの方々と共有し、議論し、理解を深めたいと考ます。ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
CHK-010

Azure SQL Database: Current and Futures
非公開情報あり

詳細を見る
写真:Lara Rubbelke

Lara Rubbelke Microsoft Corporation
Developer Experience and Evangelism
Principle Software Development Engineer Lead

Azure SQL Database is on a roll with a blockbuster set of new features. Attend this session to understand the big changes and investments with Azure SQL Database -- elastic database pools, elastic database jobs, enhanced disaster recovery, transparent data encryption, expanded T-SQL surface area to name a few. Learn more about where we are today and what will be coming in the future.
This is NDA session.
※こちらのセッションは一般公開されていない情報が含まれているため、事前に秘密保持契約を結んでいただく必要がございます。

受講対象:Microsoft MVP もしくは NDA に署名いただける方

詳細を閉じる
SPL-001

マイクロソフト最新テクノロジと魅力あふれる未来像

詳細を見る
写真:西脇 資哲

西脇 資哲日本マイクロソフト株式会社
コーポレート戦略統括本部
業務執行役員、エバンジェリスト

続々とリリースされる新しいデバイスやソリューションは、今までになかった使い方を通して私たちの未来を見せてくれます。ここ数年の、そしてこれからのモバイルとクラウドの進化がもたらす未来とはどんなものでしょう? 本セッションでは、現在入手可能な最新のデバイスとこれから市場に出回るデバイスを実際にお見せしながら、マイクロソフト テクノロジがもたらす未来をお見せします。

受講対象:すべてのエンジニア

詳細を閉じる
SPL-002

クラウド心配性な上司を説得するコツを伝授します ~本当に信頼できるクラウドの構築/運用とは? マイクロソフト クラウド成長の軌跡~

詳細を見る
写真:澤 円

澤 円日本マイクロソフト株式会社
マイクロソフトテクノロジーセンター センター長
サイバークライムセンター 日本サテライト

「クラウドを使いたいけど、セキュリティについて経営陣からつっこまれたら、何て答えればいいんだろう・・・」こんな悩みをお持ちの方に、このセッションをお届けします。本セッションでは、「心配性な上司を説得するために必要な理論武装」を念頭に置きつつ、Azure や Office 365、Dynamics CRM Online などのパブリック クラウド サービスがいかに堅牢なデータセンターで稼働しているかを、構築コンセプトや実装方式を交えながらお伝えします。このセッションを聞いたあなたは、部屋を出た瞬間から「マイクロソフト クラウド エバンジェリスト」です!

詳細を閉じる
SPL-003

黒船襲来! 世界DevOps トップ企業 x マイクロソフトによるトークバトル セッション

詳細を見る
写真:牛尾 剛

牛尾 剛 マイクロソフト コーポレーション
ITPro - Japan
シニア テクニカル エバンジェリスト

写真:Sam Guckenheimer

Sam Guckenheimer Microsoft Corporation
Partner PM Manager

写真:James Casey 氏

James Casey 氏Chef
VP of Partner Engineering

写真:Aaron Williams 氏

Aaron Williams 氏Mesosphere, Inc.
Head of Developer Advocacy

写真:Mitchell Hashimoto 氏

Mitchell Hashimoto 氏 Hashicorp
Creator of Vagrant, Packer, Consul. CEO of Hashicorp

写真:鈴木 逸平 氏

鈴木 逸平 氏 クリエーションライン株式会社
執行役員

【英語セッション (同時通訳予定)】
DevOps の世界のトップ企業 Mesosphere, Chef, HashiCorp そしてマイクロソフトの第一人者 が一同に集結して、ディスカッションし、先端技術のデモを繰り広げる西海岸でも見られない夢のトーク セッションが実現しました。DevOps x OSS パートナー、クリエーションライン様の協力を得て実現したこの企画、米国の「DevOps そしてマイクロサービスの現在」を日本にいながらにしてリアルタイムに体験することができます。このまたとない機会をお見逃しなく!

受講対象:DevOps に興味のあるエンジニア

詳細を閉じる
SPL-004

Windows 10 開発の舞台裏から学ぶエンジニアの未来

詳細を見る
写真:安達 理

安達 理マイクロソフト ディベロップメント株式会社
代表取締役 社長

マイクロソフト ディベロップメント株式会社 (MSD) をご存知でしょう か? 一言でいえばマイクロソフト製品の開発チームです。彼らがいかにして Windows 10 を開発し、リリースにこぎつけたのか? そこにはどのような秘密があり、どのような改革がなされたのか? そして、MSD は開発者にとっての楽園なのか否か? など、これまで語られなかったマイクロソフト製品開発の舞台裏を、Windows 10 の開発をベースにお話しします。そこにはエンジニアの未来があるはずです。

詳細を閉じる
SPL-005

オープンソースから見たマイクロソフト

詳細を見る
写真:まつもとゆきひろ 氏

まつもとゆきひろ 氏株式会社ネットワーク応用通信研究所フェロー
一般財団法人Rubyアソシエーション理事長

「オープンソースはウィルス的であり、害悪である」とまで言われた時代も今は昔、マイクロソフトとオープンソースの関係はかつてないほど変化しています。本セッションは長年オープンソース ソフトウェアの開発にかかわっている Ruby の生みの親、まつもとゆきひろ氏が、オープンソース サイドから見た最近のマイクロソフトについて、また将来への期待について語ります

詳細を閉じる
SNR-001

ハミングヘッズ 株式会社
Office 365 セキュリティの決定版!

詳細を見る
写真:

石津 広也 氏 ハミングヘッズ株式会社
顧問

Office 365 の運用にもう頭を悩ます必要はありません。システム管理者の方は、生産性を高めることができるかのみに集中する事ができるようになります。それを実現するのが、Office 365 で想定されるすべての領域において情報漏洩を防ぐ Security Platform です。本セッションでは、Security Platform に搭載されている API 監視技術と、5W1H で証跡を記録するログ機能がもたらす効果についてご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-002

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
間違いだらけの IoT プラットフォーム
~今すぐビジネス拡大に繋げるためのデータ基盤構築~

詳細を見る
写真:

湯下 達郎 氏 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
IoTソリューション部  クラウドプラットフォームグループ シニアコンサルタント

写真:

白石 卓也 氏 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
データサイエンス部 ビジネスアナリティクスグループ エキスパートデータアナリスト

モノがインターネットに接続される IoT によって、さまざまなビジネス拡大が可能になるという期待が高まっています。一方で、セキュリティやビッグデータ処理、データ分析の難しさといった課題への不安から、なかなか最初の一歩を踏みだせない方も多いのではないでしょうか。本セッションでは、IoT をビジネス拡大につなげるための障害となるポイントを整理し、それらをどのように乗り越えるべきかをご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-003

株式会社アプレッソ/株式会社ネクストスケープ/株式会社セゾン情報システムズ
始めよう! ドメイン駆動設計&マイクロサービス開発
~C# と Azure Service Fabric で最高の DDD 開発を~

詳細を見る
写真:

上坂 貴志 氏 株式会社ネクストスケープ
インテグレーション本部

海外では人気が高い .NET での DDD (ドメイン駆動設計:Domain Driven Design) ですが、マイクロサービス (MicroServcie) との相性の良さから、さらに注目が高まっています。本セッションでは C#、ASP.NET、Azure、DDD を用いて失敗と成功を繰り返してきた経験を基に、DDD とマイクロサービス開発について解説します。また、Microsoft Azure の PaaS としてリリースされたばかりの「Azure Service Fabric」について、上坂氏独自の切り口で熱く語ります。

詳細を閉じる
SNR-004

デル株式会社
CPS Standard 完全準拠! わずか数時間で構築できるデルのハイブリッド クラウド ソリューション

詳細を見る
写真:

日比野 正慶 氏 デル株式会社
エンタープライズ・ソリューション事業本部 エンタープライズ・ソリューション&アライアンス
エンタープライズ・テクノロジスト

写真:

Jonas Werner 氏 デル株式会社
デル・ソリューション・センター
シニア・ソリューション・アーキテクト

4 月 5 日 日本正式発表の Dell Hybrid Cloud System for Microsoft (DHCS) 詳細をご紹介、デモもご覧いただきます。DHCS は、グローバル初の Microsoft CPS Standard に完全準拠したハイブリッド クラウド アプライアンスです。工場で導入し出荷するため、Microsoft Azure サービスと連携した ~400 VM 規模のプライベート クラウド環境をわずか数時間で構築できます。また柔軟な支払いオプションや、HW/SW の統合アップデート機能を提供することにより、初期投資や運用に係る費用の最適化も実現します。

詳細を閉じる
SNR-005

ノベル株式会社
オンプレミスの既存システムをそのまま、稼働環境を Microsoft Azure クラウドへ移行する方法

詳細を見る
写真:

飯田 敏樹 氏 ノベル株式会社
テクニカルセールス本部 シニアマネージャ

「クラウドファースト」が浸透し新システムの構築プラットフォームとして Microsoft Azure に代表されるクラウドサービスを利用するのは一般的となりました。一方、既存の社内 IT システム、業務システムなどはクラウド化から取り残されているのが現状です。既存システムをそのままクラウドへ移行させ、稼働プラットフォームだけを Microsoft Azure でクラウド化することで多大なハードウェア資産を削減し、ソフトウェア資産を延命する方法について解説します。

詳細を閉じる
SNR-006

株式会社サテライトオフィス/株式会社ネクストセット
Office 365 API で進化するネクストセットアドオン

詳細を見る
写真:

別所 貴英 氏 株式会社サテライトオフィス/株式会社ネクストセット
代表取締役

Office 365 をより便利に安全に利用することを実現するネクストセットアドオン。これまでも新しい技術にチャレンジしお客様のニーズにお応えしてきました。今回、Build 2016 にて発表された新しい API にも意欲的に取り組み、さらに進化していきます。Skype API、Excel API を利用したワークフロー業務の改善。コミニュケーションロボット パルミーを介した Office 365 連携など、ネクストセットアドオンの新しい形をご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-007

株式会社FIXER
FIXER – cloud.config – の Azure 最新事例公開 2016

詳細を見る
写真:

松岡 清一 氏 株式会社FIXER
代表取締役社長

写真:

中尾 公一 氏 株式会社 FIXER
法人営業部  General Manager

クラウドファーストは当たり前。クラウド化だけならサルでもできる! Azure だからこそ、Azure でしか実現できなかった Machine Learning と BotFramework によるロボティクスから Skype for business によるユニファイド コミュニケーションまで「あれもこれも実は Azure なんです」という最新構築事例を一挙にご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-008

AvePoint Japan株式会社
OneDrive 利活用・実践編
~PowerBI による利用可視化からセキュアな外部共有まで~

詳細を見る
写真:

金籠 真理 氏 AvePoint Japan 株式会社
AvePoint コンサルタント部
ビジネス コンサルタント ディレクター

OneDrive は魅力的な Office 365 のサービスですが、利用可視化とセキュアなアクセス制御手法でより強力な企業ツールへとパワーアップさせることができます。本セッションでは最近提供が開始された Office 365 Management API の監査ログ機能、Azure AD との連携、さらに Power BI による情報資産の利用状況を可視化と、実践的な外部共有を実現する SaaS テクノロジーをご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-009

レッドハット株式会社
Why Red Hat ♥’s Azure

詳細を見る
写真:

藤田 稜 氏 レッドハット株式会社
サービス事業統括本部 ソリューション・アーキテクト部
シニア・ソリューション・アーキテクト
RHELエヴァンジェリスト

レッドハットとマイクロソフトは、2015 年 11 月に戦略的な提携を行いました。本セッションでは OSS のリーダーであるレッドハットがマイクロソフトとの提携に至った理由、提携内容のご紹介や実際の利活用の方法やアイデア、OSS が Azureにもたらすメリットなど、デモ ビデオを交えてご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-010

インテル株式会社
インテル® RealSense™ テクノロジー

詳細を見る
写真:

竹内 康人 氏 インテル株式会社
インテル技術本部ソフトウェア&サービス技術統括部
アプリケーション・エンジニア

2013 年に発表され、毎年進化を続けているインテル® RealSense™ テクノロジー。F200 の後継機種である SR300 を中心に最新の情報とデモを交えながら、インテル® RealSense™ テクノロジーの可能性をご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-011

日本ビジネスシステムズ株式会社
「AI × IoT × ビッグデータ」が切り開くビジネス・イノベーション

詳細を見る
写真:

三浦 剛志 氏 日本ビジネスシステムズ株式会社
執行役員 マーケティング本部長

写真:

小野 由理 氏 株式会社 三菱総合研究所
先進データ経営事業本部 事業部長

「人口知能 (AI)」「IoT」「ビッグデータ」を活用してビジネス価値を生みだすためには、グランドデザインが必要となります。データの【収集・蓄積・加工の基盤】、データから “知識” を創り出す【AI・Analytics】、“知識” を用いて意思決定を自動化・支援する【ソリューション】。本セッションでは、MRI × JBSによるビジネス価値創出の実践をご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-012

株式会社インターネットイニシアティブ
ExpressRoute for Office 365 の Technical Deep Dive

詳細を見る
写真:

髙橋 烈 氏 株式会社インターネットイニシアティブ
クラウド本部エンタープライズソリューション1部
クラウドソリューション課

写真:

北村 達也 氏 大成建設株式会社
社長室 情報企画部 部長(担当)Taisei-SIRTリーダー

昨年 12 月に発表された ExpressRoute for Office 365。なんとなくわかっていたつもりでも、実際利用するとなるとよくわからないのが実情ではないでしょうか。ExpressRoute 提供事業者の中でいち早く導入を手がけてきた IIJ が、使いこなすために必要な技術をネットワーク、システム・アーキテクチャのインターナルに Deep Dive して、徹底的に語りつくします。

詳細を閉じる
SNR-015

エクセルソフト株式会社/インフラジスティックス・ジャパン株式会社
VS/Xamarin/UI コンポーネントで効率的な全方位対応のアプリ開発を実現

詳細を見る
写真:

田淵 義人 氏 エクセルソフト株式会社
ソフトウェア事業部 Business Development Manager

写真:

池原 大然 氏 インフラジスティックス・ジャパン株式会社
マーケティング 製品担当

Visual Studio の一部となった Xamarin と、インフラジスティックスのモバイル、デスクトップ、Web に対応する UI コンポーネントを使用 して、iOS/Android のモバイルから UWP、WPF などの Windows デスクトップまで、すべてに対応したアプリを一気通貫で開発する手法をご紹介します。また、開発した各プラットフォームのアプリをテストする手法もご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-016

株式会社エンパシ
標準機能だけでこんなにできる!
~Azure を利用したシステム改善のススメ~

詳細を見る
写真:

長坂 一則 氏 株式会社エンパシ
経営戦略室 経営戦略室長 兼 システム開発部長

写真:

髙橋 直樹 氏 株式会社エンパシ
システム開発部 マネージャー ソリューションアーキテクト

Microsoft Azure には手軽に利用できるテレメトリ収集、パフォーマンス計測、監査などの機能があります。これらを利用して、大手流通チェーンで採用された常時 2 万台のクライアントが稼働するシステムをどのように改善してきたのかという事例をご紹介します。MSDN の無料枠の範囲で十分利用可能な方法のため、クラウド開発者以外にもぜひ聞いていただきたい内容です。

詳細を閉じる
SNR-017

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
データサイエンティスト & システムアーキテクトが教える、IoT+MLシステム構築ノウハウ

詳細を見る
写真:

山崎 宗隆 氏 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
ビジネスエンジニアリングディビジョン エンジニアリンググループ グループ長

写真:

伊藤 晶 氏 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
第1データサイエンス グループ 第2チーム チーム長

実際に大量データを取り扱った結果を基に、IoT+Machine Learning (ML) に必要な技術的要素の詳説、大規模化した場合の考慮事項、クラウド アーキテクチャーの利点についてなど、これから IoT と ML を連動させたシステム構築をご検討される方に、本当に必要な情報をデータサイエンティストとシステムアーキテクトがお伝えします。

詳細を閉じる
SNR-018

Elasticsearch株式会社
Azure と NEST で始める Elastic Stack

詳細を見る
写真:

大谷 純 氏 Elasticsearch株式会社
Developer | Evangelist

Elastic が開発している Elastic Stack は、全文検索やログ・データの解析など多岐にわたるユース ケースで利用されています。今回は、Elastic Stack (主にElasticsearch) を Azure/Windows で利用する方法をデモを交えてご紹介します。また、Elasticsearch を .NETから利用するためのクライアント ライブラリである Elasticsearch.NET と NEST についてもご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-019

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
マイクロソフト ソリューションをより加速するシトリックスの価値とそのポイント

詳細を見る
写真:

小林 伸睦 氏 シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
APJ事業推進本部 エバンジェリスト

マイクロソフトとシトリックスの連携はさらに進化しています。Office 365 や Azureなどのクラウドや、Windows 10 などの最新のデバイスへの移行において、既存環境との互換性やより高いセキュリティが課題になることはないでしょうか。本セッションでは、シトリックスによるアプリケーションやデスクトップ仮想化ソリューションを起点にしながら、これらマイクロソフトの最新ソリューションのメリットを最大限に引きだすポイントをご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-020

クリエーションライン株式会社
DevOps の未来を米国 3 社が大胆予言!
日本を狙う 3 社の密談を皆さんに公開!!

詳細を見る
写真:

鈴木 逸平 氏 クリエーションライン株式会社

Chef, Mesosphere, Hashicorp の 3 社が一挙に来日したのは明確な理由があります。米国中心だったレガシーの IT 業界と打って変わって、オープンソース業界はグローバル スケールで広がっている、という事が、最大の要因です。主要 OSS ベンダーがなぜ日本市場にこれだけパッションを持っているのか、赤裸々に語ってもらいます!

詳細を閉じる
SNR-021

インクレディビルドジャパン株式会社
ビルド/テスト時間を最大 90% 短縮 (またはそれ以上)! IncrediBuild の高速化技術

詳細を見る
写真:

Yan Zlicha 氏 インクレディビルドジャパン株式会社
Country Manager

写真:

香月 恒介 氏 インクレディビルドジャパン株式会社
Technology Leader

IncrediBuild はソフトウェア高速化のためのテクノロジーで、ビルド、テスト、または他の開発プロセスの分散ネットワーク上での並列実行を可能にします。本セッションでは、Visual Studio での基本的な分散ビルドの実行方法や、タスクを分散するためのコツを解説します。また Azure での利用方法や、ビルド以外のタスク、ソフトウェア高速化の事例もご紹介します。

詳細を閉じる
※ 5 月 18 日時点の情報です。内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

[お問い合わせ]

マイクロソフト イベント・セミナー お問合せ窓口 TEL: 0120-37-0196 (9:00-17:30 土日祝を除く)
[お問い合わせフォーム] ※お問い合わせの際は、必ずイベント名および開催日をお申し出ください。

ページの TOP へ戻る