de:code 2017code your future

SPECIAL PROGRAM

de:code 2017 のスペシャルプログラムのご紹介です。
今年は、当日のスペシャルセッションだけでなく前夜祭やハッカソンなどエンジニアが楽しめるプログラムを多数ご用意しています。ご参加ください。

SPECIAL SESSION

MAY23-24 2017

SPECIAL

SP01CTO が語る! 今注目すべきテクノロジー
榊原 彰

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 最高技術責任者(CTO)

未来や新しい世界観を示す様々な技術が林立し、技術の多様性に驚くと同時にそれぞれの可能性を一つ一つ見出すのが困難な時代となっています。
CTO として多くのお客様やパートナー様、研究機関への訪問など社内外のキーマンとの対話を通じ、産業や社会を変えるような技術やその活用シナリオに関して、現在注目している技術について皆さんと情報共有いたします。

SPECIAL

SP02Developing autonomous vehicles with AirSim
Ashish Kapoor

Microsoft Corporation
Microsoft Research
Principal Researcher

Shital Shah

Microsoft Corporation
Microsoft Research
Principal Research Software Development Engineer

AirSim is a simulator for autonomous vehicles built on Unreal Engine. AirSim provides a rich platform to develop autonomy by enabling use of AI technologies, such as deep learning, computer vision, reinforcement learning etc. It is open-source, cross platform and supports hardware-in-loop simulation, thus allowing rapid development and testing of the system. The simulation is developed as a plugin and can be simply be dropped into any Unreal environment. AirSim supports AI development capabilities by exposing APIs to enable data logging and controlling vehicles in a platform independent manner. We will give an overview of how to use AirSim for building realistic simulation environments and doing development for quadrotors that use?popular flight controllers such as Pixhawk. It is developed as a plugin that can simply be dropped in to any Unreal environment you want. We will also showcase how the system can be used to incorporate machine learning components useful for building such autonomous systems.

SPECIAL

SP03怠惰の美徳~言語デザイナーの視点から
まつもとゆきひろ

一般財団法人 Rubyアソシエーション
理事長

勤勉は善で、怠惰は悪。誰もがそのように感じるだろうが、それは本当だろうか。もし、勤勉が悪であり、怠惰が善であるとしたら。Perl 開発者 Larry Wall が提唱したプログラマー3大美徳を始点として、Ruby 開発者まつもとゆきひろが怠惰と生産性についての意外(でもない)関係と生産性向上の奥義について語る。

SPECIAL

SP04これからのエンジニアに必要な「マネジメント」の考え方
澤 円

日本マイクロソフト株式会社
マイクロソフトテクノロジーセンター
センター長

「マネジメント」は日本では「管理」と訳されることが多いのですが、実際に非常に奥深いものです。
マネジメント能力を磨くことは、管理職の方々だけではなく、これからのIT業界を生き抜く上ですべての人に絶対に必要な要素です。
チームや自分の仕事をマネジメントするのと同時に、自分の感情をいかにコントロールしてエンジニアとして生けばよいのか、様々な観点からご説明します。

受講対象:
ITにかかわる方ならどなたでも

SPECIAL

SP05日本企業の生産性を根本から改善する8つの習慣とその事例
Rochelle Kopp

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社
社長

Tsuyoshi Ushio

Microsoft Corporation
ITPro
Technical Evangelist

ソフトウェア産業にかかわらず、近年、日本企業の労働生産性の改善が大きなテーマとなっています。
そこで、米マイクロソフトのDevOpsチームで投資を行い、日本のソフトウェア企業の労働生産性をどのように改善したら良いか?という「8つの習慣」を開発。ベータテストの上リリースいたしました。
「8つの習慣」を身に着けることで、皆様も米国並みのスピードで開発をする「習慣」を身に着けることができます。
本スペシャルセッションでは、「8つの習慣」の開発者であり、クロスカルチャーの専門化Rochelle Kopp と、同開発者のDevOps エバンジェリストの牛尾が、日米の「習慣」の違いを具体的で楽しい事例踏まえご紹介いたします。米国並みの生産性を獲得したい、またそのヒントを得たいという方は是非ご参加ください。

受講対象:
新技術/プロセスの導入を加速したい方や生産性を高めたい方、米国と日本の働き方の違いに興味があるかたは是非ご参加ください

SPECIAL

SP06堀江貴文氏が描く仮想現実・複合現実の可能性をエバンジェリスト西脇が問う!
西脇 資哲

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員
エバンジェリスト

堀江 貴文

実業家

エバンジェリスト西脇がダイレクトに聞きます、「今のマイクロソフトはどうですか?、イケてますか?」。
まずはそこから堀江貴文氏が見ているマイクロソフトの技術と可能性を伺ってみたいと思います。
テレビ番組でもHoloLensを装着したり、Microsoft Translatorについても高い評価を発信している堀江貴文さんが描く可能性を聞き出します。
開発者・技術者、そして経営者として破壊力抜群の堀江貴文さんと、実は古くから縁のあるエバンジェリスト西脇とのパネルディスカッションでお届けいたします。

SPECIAL

SP07落合陽一氏が描くAI・人工知能の可能性をエバンジェリスト西脇が問う!
西脇 資哲

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員
エバンジェリスト

落合 陽一

メディアアーティスト
筑波大学助教

日本の研究者、大学教員でもあり世界が注目する「メディアアーティスト」落合陽一氏の目線で見る、マイクロソフトのAI・人工知能をはじめとした可能性とその将来を語っていただきます。
エバンジェリスト西脇とともに、前週に開催されたbuild 2017のホットトピックスに関しても、次世代を担う落合陽一氏の目線で何が起きているか?、私たちはどうあるべきか?、をお伝えしたいと思います。

SPECIAL

AI09Text and Speech translation with Microsoft Translator
Chris Wendt

Microsoft Corporation
AI & Research
Principal Group Program Manager

Microsoft Translator is a web service for translating text between 60 languages, and for transcription and translation of conversational speech in 10 languages. Using Microsoft Translator, you can enable your application to interact with customers regardless of their language. This session will show you how to use the translation and transcription functions, the feature set, and how to integrate them into your application or service.

受講対象: 
Microsoft Translatorを通じての、言語処理、音声処理や、機械語翻訳について知りたい皆さんは必須です。

詳しく見る

トラック
Artificial Intelligence
セッション レベル
400
製品/テクノロジ
AI (人工知能)/Deep Learning (深層学習)/Machine Learning (機械学習)
対象者
開発者
開催日
Day 2 (5/24)
言語
英語 (同時通訳あり)/English
NDA
いいえ

SPECIAL

AI11人工知能の技術を用いれば誰でも名人に勝つ将棋/囲碁のプログラムを作ることができる?
松原 仁

公立はこだて未来大学
教授

最近の人工知能の進歩を示す例として、将棋と囲碁というゲームでコンピューターがトップレベルのプロ棋士に勝ったということがあります。技術的なブレークスルーは機械学習によるもので、将棋は Bonanza、囲碁は AlphaGo という 1 つのプログラムが最初に成功を収めました。その後多くのプログラムが同じレベルに達しています。ゲームのルールを知らない段階から開発を始めて 1 年足らずでトップレベルのプロ棋士に勝つまでになっています。これは人工知能の技術による方法論が確立したということを意味します。ここではゲームを例として、機械学習によって高性能のプログラムがどのように作られているかを解説します。

詳しく見る

トラック
Artificial Intelligence
セッション レベル
300
製品/テクノロジ
AI (人工知能)/Deep Learning (深層学習)/Machine Learning (機械学習)
対象者
開発者
開催日
Day 1 (5/23)
言語
日本語/Japanese
NDA
いいえ

SPECIAL

SP08Women in Technology Networking Lunch Session ~女性のキャリアと技術について語ろう~
戸倉 彩

日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Ann Johnson

Microsoft Corporation
VP Enterprise Cybersecurity Group

内田 佳江

マイクロソフトディベロップメント株式会社
Windows & Device 開発統括部
ソフトウェアエンジニア

森嶋 佳代

マイクロソフトディベロップメント株式会社
Windows & Device 開発統括部
ソフトウェアエンジニア

川﨑 佳子

マイクロソフトディベロップメント株式会社
Windows & Device 開発統括部
ソフトウェアエンジニア

村木 由梨香

日本マイクロソフト株式会社
セキュリティ レスポンス チーム
セキュリティ プログラム マネージャー

胡 淑鳳

日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズサービス部門 エンタープライズサービスデリバリー
プレミア フィールド エンジニア

高橋 純

日本マイクロソフト株式会社
カスタマー サービス & サポート
サポート エンジニア

本間 咲来 (さっくる)

日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

本セッションでは、女性エンジニアのキャリアと技術をテーマにde:codeにご参加いただく方々との情報交換や新たなネットワーキングづくりの場を提供いたします。当日は、日本マイクロソフト(株)/マイクロソフトデベロップメント(株)で実際にマイクロソフト製品の開発や技術に携わっている社員も加わりますので、有用な情報や的確なアドバイスも期待できます。オープンな雰囲気の中で、キャリアと技術を楽しく語りませんか?

※先着40名の方にスペシャルランチと、人気のマグノリアベーカリーのマフィンをご用意いたします。

受講対象: 
女性参加者の皆さま

詳しく見る

トラック
Special
セッション レベル
200
開催日
Day 1 (5/23)
対象者
開発者/インフラ技術者/アーキテクト

EXPO(展示)

スポンサー展示ブース

de:code 2017にご賛同いただいたスポンサー様の展示を出展しています。
展示の内容の詳細は「Sponsor」ページよりご覧ください。

マイクロソフト展示ブース
Windows10 (Creators Update)

Windows10、特に先般提供が開始されたCreators Update含めた特長や魅力をお伝えします。PCはもちろん、IoTやモバイル、ウェアラブルデバイスでもWindows10は最高のOSとして活用いただけます。展示を通して身近にその魅力を感じてください。

Microsoft Surface

よりパワフルに、より機能的に、より美しく。
MicrosoftのSurfaceは進化を続けています。ラインナップも拡充し、より多くの場面で多様にご活用いただけます。Surface Pro4、Surface Bookを始め、Surface Hubなども展示予定です。

Microsoft Cognitive Services

Microsoftが提供するMicrosoft Cognitive ServicesのAPIを用いて、アプリケーションに新たな価値を加えましょう。このブースでは、Microsoftが最先端技術で実現した認知機能であるCognitive Servicesの説明や活用例を展示いたします。AI活用を身近に、手軽に始める第一歩としてこのブースで是非貴社ビジネスで活用できるアイデアを得てください。

Microsoft Cognitive Services Hands on (Powered by Cogbot コミュニティ)

Microsoft Cognitive Servicesを用いたハンズオンを、Cogbot コミュニティの協力を得て実施します。ハンズオンを実施いただくことで、実装に向けてさらにステップアップしていただけます。展示と併せてご活用ください。

Windows Server / System Center/Azure Site Recovery

クラウド インフラ環境を実現する最新の Windows Server、System Center を実際のソリューションと併せてにご紹介すると共に、ハイブリッド クラウドの入り口でありシステムの可用性を向上する Azure を活用した Azure Site Recovery の動作をこちらでご確認いただけます。

Skype for Business/Microsoft Teams で働き方改革!

Skype for Business、Teams を中心とした内容のデモ環境を構築し、実際に体験していただける内容として展示します。Teamsの概要やBot開発について、Skype for Business 3rdパーティ製の連携ソリューションなどを展示予定です。

Dynamics 365 業務ソリューション開発

Microsoft Dynamics 365 はビジネスの手法を劇的に変革するクラウド ビジネス アプリケーションです。新しいPower AppやFlow、AIを標準搭載したアプリケーションとの連携やその開発手法などについてご紹介します。

Microsoft HoloLens Touch & Try

話題のMicrosoft HoloLens のデモ体験を提供します。
デモ体験の前に、HoloLens やWindows Mixed Reality の概要、HoloLens の操作方法&装着方法に関するオリエンテーションを実施し、理解を深めていただきます。
※この体験の参加枠数や申込に関しては、別途参加者の皆様にご案内いたします

IoTビジネス共創ラボ

IoTビジネス共創ラボ様の展示スペースです。
コミュニティー活動の説明、PoCキットの展示ほか、コミュニティー内のDrone working groupの展示などを予定しています。

Microsoft スタートアップコミュニティ

Microsoft は「Microsoft BizSpark」というプログラムを通して、スタートアップの活動を支援しています。
今回、マイクロソフトの支援先である8社がブースを出展いたします。スタートアップの最先端の展示をぜひご覧ください。

Ask the Expert(マイクロソフトのエンジニア・ライセンス担当がご相談にお応えします)

MicrosoftのExpartがクラウド開発、アプリケーション開発、ライセンス等関するご相談など様々なご質問にお答えします。

参加者パーティ

de:code 2017のDay 1の5月23日(火)に参加者の皆さまを対象としたパーティを開催します。
今年はメインのパーティ会場に加えて下記の「テクノロジをテーマ」にした4つのパーティルームをご用意していますので、ご興味のあるテクノロジのお部屋を訪れて、同じご興味をお持ちの技術者やインフルエンサーたちと交流を深めることができます。

  • ・Microsoft Azure パーティルーム
  • ・Xamarin パーティルーム sponsored by インフラジスティックス・ジャパン
  • ・IoT パーティルーム
  • ・WEB パーティルーム

この他にも参加者の皆さんが楽しめる企画をご用意していますので、当日はぜひご参加ください。

de:code 2017 前夜祭( DAY 0 )

翔泳社さまの開発者向けイベント Developers Summit (通称:デブサミ)とコラボし、AI や IoT など最近進化が著しい技術領域で活躍される方々をお呼びして、エッジなテクノロジーの今とエンジニア(開発者)のキャリアデザインについて考えていただく “ビアバッシュ” を開催いたします。

de:code 2017 のテーマである “Code your future”、皆さんはどのように自分の将来を “Code” しますか?

今、熱いテクノロジーとその先端にいる方々はどのように “現在” に辿り着いたのでしょうか?そしてどのような “将来” が見えるのでしょうか?

こちらの前夜祭はどなたでもご参加頂けます。特に、これからキャリアデザインについて考えたい、悩んでいらっしゃる若手エンジニアの方に是非ご参加頂きたい内容となっております。

また、Developers Summit 会場にて、de:code 2017 の事前チェックインもご用意していますので、両方参加される方はぜひご利用ください。

日時5 月 22 日 (月) 18:00 ~ 21:00 [受付開始 17:00 予定]
場所〒 105-8563 東京都港区芝公園 4-8-1 ザ・プリンス パークタワー東京
参加費無料
参加資格de:code 2017 の参加に関わらず、どなたでもご参加いただけます。
参加登録方法Developers Summit のサイトにてお申し込みください。( 4 月中旬より登録受付予定)

de:code Hack Days

今年初の試みとして de:code 2017 の Post event として
de:code Hack days を開催いたします!

de:code 2017 を通して知っていただいた最新技術を実際に触っていただき、身に着けていただくための 2 日間として、de:code 2017 参加者の方を限定 200 名を対象とする Special イベントです。実用的なレベルまで皆さんの技術スキルを昇華させることを目指しています。この「 Hack days 」までが de:code です!ぜひ de:code と Hack days にご参加ください。

日時
Hackathon
5 月 25 日 (木) 10:00 - 20:15 (懇親会含む) [受付開始 9:30 予定]
5 月 26 日 (金) 10:00 - 16:30 [受付開始 9:30 予定]
Hands on & Chalk Talk
5 月 25 日 (木) 9:00 - 17:00 [受付開始 8:45 予定]
5 月 26 日 (金) 9:30 - 17:00 [受付開始 9:00 予定]
場所〒 108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー 31F
参加費無料
参加資格de:code 2017 参加者の方
※Hackathon 100 名 + Hands-on, Archtecture Talk 100 名の合計 200 名に参加者を限定させていただきます。先着順で募集を締め切らせていただくため、登録サイトがオープンした際にはお早めにご登録をお願いいたします。
参加登録方法準備が整い次第、de:code 2017 参加登録者に、事務局よりご案内をいたします。
コンテンツ内容
Hackathon
皆さんが会社に持ち帰ることのできるデモンストレーションをこの 2 日間で完成させることを目標にします。ご自身で開発を進めていただくため、アプリケーションの開発経験をお持ちの方を対象としております 。de:code のスピーカーも部屋でサポートをさせていただきます。登録される際に上記 3 テーマのうちご興味のある内容をお選びください。また、そちらのテーマで取り組みたいアイデアを事前に考えてきてください。当日、全てのアイデアから取り組みたいものに投票いただき上位のアイデアを残したうえで、自由にチームを組んでいただきます。現段階では最大 20 チーム ( 1 チーム最大 5 名まで = 最大 100 名)を想定しております。
  1. (1) Microsoft の AI API と Bot Framework を組み合わせた Bot 開発
  2. (2) Xamarin と Azure を活用したモバイルアプリ開発
  3. (3) IoT Development
Hands-on
de:code のセッションで学んだ技術を、1 から着実に学び皆さんの実プロジェクトにそのまま活かせるようになることを目標にします。こちらは講義ではなく自習形式で用意された手順書に従って各種技術を学んでいただく形になっております。Hands-on は 2 日間通して開催しておりますので、出入り自由で各種テーマにご参加ください。ご自身の PC を使っていただき、皆様のペースで取り組んでいただきます。各コンテンツに担当者がつきますので自由にご質問ください。
  1. (1) Hololens development
  2. (2) Bot Framework + Cognitive Services (LUIS)
  3. (3) Blob Storage + Azure Functions + Event Hubs + Power BI
  4. (4) Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK)
  5. (5) Azure AD + Office 365 for Developers
  6. (6) Cortana Skill Kit
  7. (7) Azure Machine Learning
  8. (8) Container (Ruby on Rails) to App Service (Linux)
  9. (9) Test Driven Development
  10. (10) CI/CD with VSTS
  11. (11) Microservice
  12. (12) Web Apps + SQL Database (.NET or Ruby on Rails)
Chalk Talk
de:code スピーカーと気軽に Security や Cloud Architecture についてディスカッションできる場となっております。皆様の会社の実プロジェクトで悩まれていることについての相談にお役立てください。

※各コンテンツ内容は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。参加登録方法に関しては、さらなる詳細と合わせて追ってオフィシャルサイトにて公開いたしますのでそちらをお待ちください。

  1. (1) Security (認証やデータ保存方法)
  2. (2) Cloud Architecture ( SaaS等を組み合わせた適切なアーキテクチャ設計)

この Hack days を担当しているのは、以下の二人です。
みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

  • 藤本 浩介

    デベロッパー
    エバンジェリズム統括本部
    エバンジェリスト

  • 大田 昌幸

    デベロッパー
    エバンジェリズム統括本部
    テクニカル エバンジェリスト

CONTACT

マイクロソフト イベント・セミナー お問合せ窓口
TEL: 0120-37-0196 (9:00-17:30 土日祝を除く)

[お問い合わせフォーム]
※お問い合わせの際は、必ずイベント名および開催日をお申し出ください。

マイクロソフト
イベント・セミナー
お問合せ窓口
TEL: 0120-37-0196
(9:00-17:30 土日祝を除く)

[お問い合わせフォーム]
※お問い合わせの際は、
必ずイベント名および
開催日をお申し出ください。

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、
作成日時点でのものであり、
予告なく変更される場合があります。