Microsoft では、言語とテクノロジとのギャップを橋渡しするのに役立つ無料の言語ツール、リソースおよびソリューションを多数提供しています。ここではそれらのリソースを一覧でご紹介します。
 
Go Global Developer Center – 世界に通用するアプリを構築するための詳細な開発者向け参照用ライブラリをご利用ください。
 
 
Dynamics 365 – Translation Service – ドメインに特化した Microsoft の言語的資産を活用して、Dynamics 365 の製品、ソリューション、ドキュメントを自動翻訳します。
 
 
Microsoft 用語集 – 主要な Microsoft の用語を含むオフラインの用語データベースを 100 以上の言語でダウンロードできます。
 
 
Microsoft ローカリゼーション スタイル ガイド – スタイル ガイドをダウンロードして、お使いの言語用のローカリゼーションに関する参考資料を入手できます。
 
 
Microsoft Terminology API – Microsoft の用語と UI 文字列をご自分の Web ポータル、ローカリゼーション ツールやアプリに直接統合し、辞書スタイルの用語、定義、翻訳検索を可能にします。
 
 
多言語アプリ ツールキット – 多言語アプリ ツールキットは Visual Studio とともに動作し、ローカリゼーション ファイルの管理、翻訳支援、編集ツールを提供することにより、Windows ストア、Windows モバイルおよびデスクトップ、Xamarin アプリのローカリゼーション ワークフローを合理化します。
 
 
Windows Keyboard Layout Creator – 自分だけのカスタム Windows キーボードを作成できます。
 
 
Windows Locale Builder ツール – Windows の言語や地域データの形式をカスタマイズできます。
 
 
ローカライズ版エラー メッセージ検索ツール – ローカライズされたエラー メッセージを入力し、元の英語のメッセージを検索できます。
 
 
Microsoft Translator – 素早く翻訳できます。 自動検出によるオンザフライの機械翻訳です。 あわせて Microsoft Translator ポータル ページ もご覧ください。
 
 
Microsoft Translator Hub – あらゆる言語で自分だけの機械翻訳モデルを作成できます。
 
 
翻訳ウィジェット – ご自分の Web サイトをリアルタイムでその場で翻訳できます。
 
 
Microsoft Word を使用した本の作成 – Office テンプレートを使用して、ご自分の言語で本やパンフレットを作成できます。 学校での練習用教材としてもおすすめです。