Microsoft 認定資格

雇用に繋ぎ、明確にビジネスへの影響を示し、あなたのスキルを向上させましょう マイクロソフト認定資格により。我々はあなたのキャリアを次のレベルへを引き上げることのできる幅広いオンライン認証プログラムを提供しています。

認証カテゴリを検索する

すべてのパスを包括的に把握するには、 Microsoft Certificationガイド をダウンロードしてください。

モビリティ

モビリティ

モビリティコンピテンシーは、大企業向けの強力で安全なモビリティ管理ソリューションの専門家として目立つように設計されています。

キーテクノロジー

Microsoft Intune

Azure Active Directory

Azure Rights Management

System Center Configuration Manager

Windows System Center

クラウド:プラットフォームとインフラ

クラウド:プラットフォームとインフラ

クラウドプラットフォームのコンピテンシーは、Microsoft Azure上に構築されたsoftware as a service(SaaS)ソリューションとしてのインフラストラクチャとソフトウェアに対する需要の高まりを利用している企業を対象としています。

キーテクノロジー

Windows Server Virtualization

Microsoft Azure

生産性

生産性

クラウド生産性コンピテンシーは、Microsoft Officeクラウドとハイブリッドソリューションを企業顧客に展開するためのものです。実績のあるクラウドソリューションのエキスパートとして、このコンピテンシーで差別化を図る。

キーテクノロジー

Microsoft Office 365

Microsoft Office

Exchange

Skype for Business

SharePoint

データ:管理と分析

データ:管理と分析

データ管理 と分析のコンピテンシーにより、Microsoft Business Intelligence (BI)で特殊な指向についてのデリバリー、デプロイ、サポートの卓越性を表した人物の認識し、BIプロジェクトをサポートします。

キーテクノロジー

SQL Server

App Builder

App Builder

アプリ開発コンペテンシーは、ソフトウェア配信組織の迅速な提供と継続的な改善を可能にするためのリソースを提供します。

キーテクノロジー

C#

モバイルアプリ

Visual Studio

.NET

Framework 4.5

HTML5

SQLite

CSS3

Javascript

ASP.NET MVC

ビジネスアプリケーション

ビジネスアプリケーション

ビジネス アプリケーションのコンピテンシーにより、Microsoft Dynamics テクノロジーの特殊な指向に卓越していることを認識します。

キーテクノロジー

Microsoft Dynamics 365

SQL Server

認定レベルの選択

MOS:マイクロソフト オフィス スペシャリスト認定資格

Microsoft Office Specialistの生涯の利点

特定の Office プログラムのマイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS) 認定を取得することにより、Office を最大限に活用するためのスキルを身に付けていることを証明しましょう。

より高いレベルの MCSA Office 365 または MCSE Productivity 認定資格を取得している場合は、認定されたMicrosoft Office Specialistになることが重要なポイントです。

MTA:マイクロソフト テクノロジー アソシエイト

基本的な技術知識

Microsoft Technology Associateは基本的な技術概念の知識を求めている人を対象としたエントリーレベルの認証です。MTA 認定資格では、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。

理想的な候補者

技術的な認定を受けていないか、技術の基礎知識を得る必要がある者。

必要なスキル

前提条件無し

関係すること

これらのMTAパスの1つから一連の試験を修了し、合格します。

継続教育

MCSAまたはMCSDを取得するには、関連する選択試験に合格してください。

MCSA:マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト

IT プロフェッショナルと開発者の為のコアスキル

マイクロソフト認定ソリューションアソシエートは、情報技術環境においてエントリーレベルの仕事を求める人を対象としています。MCSAは、より高度なMicrosoft認定資格の前提条件です。

理想的な候補者

技術的な認定を受けていないか、新技術の中核となる技術を身に付ける必要がある者。

必要なスキル

既存のスキルまたはMicrosoftテクニカルアソシエート(MTA)認定を通じた技術知識。

関係すること

これらのMCSAパスの1つから一連の試験を修了し、合格します。

継続教育

MCSEを取得するには、関連する選択試験に合格してください。

MCSE:Microsoft Certified Solutions Expert

IT プロフェッショナル向けの世界的に認められた資格

マイクロソフト認定ソリューションエキスパートは、オンプレミスとクラウドの両方の複数のテクノロジにわたる革新的なソリューションを構築する能力を実証しようとするITプロフェッショナル向けの認定資格です。

理想的な候補者

MCSA認定を取得したITプロフェッショナルは、技術的な専門知識を拡大しようとしています。

必要なスキル

MCSA認証による技術知識

関係すること

これらのMCSEパスの1つから一連の試験を修了し、合格します。

継続教育

技術的な専門知識をさらに拡大するために、追加の認定資格をお試しください。

MCSD:Microsoft Certified Solutions Developer

IT プロフェッショナル向けの世界的に認められた資格

マイクロソフト認定ソリューションエキスパートは、オンプレミスとクラウドの両方の複数のテクノロジにわたる革新的なソリューションを構築する能力を実証しようとするITプロフェッショナル向けの認定資格です。

理想的な候補者

MCSA認定を取得したITプロフェッショナルは、技術的な専門知識を拡大しようとしています。

必要なスキル

MCSA認証による技術知識

関係すること

これらのMCSEパスの1つから一連の試験を修了し、合格します。

継続教育

技術的な専門知識をさらに拡大するために、追加の認定資格をお試しください。

関連するOfficeの認定および試験を見つけるには、 Microsoft Office Specialistの概要ペ ージをご覧ください。

認定テクノロジの選択

MTA:認定

モビリティ

この認定は、技術分野への進出を検討している個人向けの認定です。MTA 認定資格では、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。

何が関係しますか。

MTAを取得する:Microsoft Technology Associationの認定は、テクノロジのキャリアを構築し始めるために必要な基礎知識を検証します。

ステップ1-試験

MTA認定を取得するには、1つの試験に合格しなければなりません。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ2-認定

MTAの取得:
あなたが受ける各試験に対して1つのMTA認定を取得してください。

MCSA:Windows 10

モビリティ

Windows 10 のエンタープライズ システムを構成、管理、およびサポートするための専門知識があることを証明します

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:Windows 10の認定は、コンピュータサポートの専門家としての地位の資格を与えます。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。試験予習リソースを
必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
を取得しましょう:Windows 10認定

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSE:モビリティ

モビリティ

この資格では、今日の Bring Your Own Device (BYOD) 企業でのデバイスの管理に必要なスキルを身に付けていることを実証します。

何が関係しますか。

MCSE:を取得しましょう:従来のデスクトップ サポート技術者から、企業での BYOD デバイスおよびアプリの管理まで、幅広いキャリア パスの資格が与えられます。

ステップ1-スキル

マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト (MCSA):Windows 10認定

ステップ2-試験

必須試験1つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSEモビリティ 資格を取得します。

認定テクノロジの選択

MCSA:Windows Server 2012

クラウドプラットフォームとインフラ

ITコストを削減し、更なるビジネス価値を提供するために必要な、Windows Server 2012 スキルのプライマリーセットをマスターしていることを証明してください。

関係すること

MCSAを取得しましょう:Windows Server 2012 資格を取得すると、ネットワークまたはコンピューター システム管理者、あるいはコンピューター ネットワーク スペシャリストとしての職務に適格であることが示され、Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE)になるための第一歩となります。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験3つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSAの取得:Windows Server 2012の認証。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:Windows Server 2016

クラウドプラットフォームとインフラ

ITコストを削減し、更なるビジネス価値を提供するために必要な、Windows Server 2016 スキルのプライマリーセットをマスターしていることを証明してください。

関係すること

MCSAを取得しましょう:Windows Server 2016 資格を取得すると、ネットワークまたはコンピューター システム管理者、あるいはコンピューター ネットワーク スペシャリストとしての職務に適格であることが示され、Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE)になるための第一歩となります。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験3つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSAの取得:Windows Server 2016.

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:Windows Server 2008

クラウドプラットフォームとインフラ

この認定は、現実世界のビジネス状況においてActive Directoryを使用するために必要なスキルを持っていることを検証します。

関係すること

MCSAを取得しましょう:Windows Server 2008 認定資格を取得すると、ソフトウェア開発者や品質エンジニアなどに適格であることが示されます。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験3つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSAの取得:Windows Server 2008の認証。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:Linux on Azure

クラウドプラットフォームとインフラ

この認定資格は、Microsoft Azure オープン ソース機能を利用した複雑なクラウド対応 Linux® ソリューションを設計、考案、実装、維持する能力を実証します。また、最新のクラウドネイティブ環境に精通していることを示す Linux システム管理スキルも検証します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:Linux on AzureはあなたがMicrosoft Certified Solutions Expert (MCSE)への第一歩となるでしょう。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
を取得しましょう:Linux on Azure認定。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:クラウドプラットフォーム

クラウドプラットフォームとインフラ

この認定資格は、Microsoftのクラウド関連テクノロジに関する専門知識を証明して、ITコストを削減し、最新のビジネスに大きな価値をもたらすのを実証します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:Cloud Platformは、クラウド管理者またはアーキテクトとしての地位の基盤を提供し、Microsoft認定ソリューションエキスパート(MCSE)になるための第一歩です。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
を取得しましょう:クラウドプラットフォーム認定。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MTA:認定

クラウドプラットフォームとインフラ

この認定は、技術分野への進出を検討している個人向けの認定です。MTA 認定資格では、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。

何が関係しますか。

MTAを取得する:Microsoft Technology Associationの認定は、テクノロジのキャリアを構築し始めるために必要な基礎知識を検証します。

ステップ1-試験

MTA認定を取得するには、1つの試験に合格しなければなりません。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ2-認定

MTAの取得:
あなたが受ける各試験に対して1つのMTA認定を取得してください。

MCSE:クラウドプラットフォームとインフラ

クラウドプラットフォームとインフラ

この資格では、非常に効率的な現代のデータ センターを実行するために必要なスキル、および ID 管理、システム管理、仮想化、記憶域、ネットワークの専門知識を保有していることが実証されます。

何が関係しますか。

MCSE:を取得しましょう:Cloud Platform and Infrastructure 認定資格を取得すると、クラウド管理者、クラウド アーキテクト、コンピューター サポート スペシャリスト、情報セキュリティ アナリストなどに適格であることが示されます。

ステップ1-スキル

次の内一つのためにMCSA認証を取得:Windows Server 2016, Windows Server 2012, Cloud Platformあるいは、Linux での Azure.

ステップ2-試験

必須試験1つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

Earn your MCSE
Cloud Platform and Infrastructure 認定資格

認定テクノロジの選択

関連するOfficeの認定および試験を見つけるには、Microsoft Office Specialistの概要ページをご覧ください。

MCSE:生産性

生産性

この認定は、企業をクラウドに移行させ、ユーザーの生産性と柔軟性を高め、データ損失を減らし、組織のデータセキュリティを向上させるために必要なスキルを持っていることを検証します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:Windows Server 2016 資格を取得すると、ネットワークまたはコンピューター システム管理者、あるいはコンピューター ネットワーク スペシャリストとしての職務に適格であることが示され、Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE)になるための第一歩となります

ステップ1-スキル

次の内の1つのMCSA 認定を獲得しよう:
MCSA:Office 365
MCSA:Windows Server 2012

ステップ2-試験

必須試験1つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSEを獲得します:
生産性の認定。

ステップ4-継続教育

他の認定資格を見て、スキルを広げ、進歩させてください。

MTA:認定

クラウドプラットフォームとインフラ

この認定は、技術分野への進出を検討している個人向けの認定です。MTA 認定資格では、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。

何が関係しますか。

MTAを取得する:Microsoft Technology Associationの認定は、テクノロジのキャリアを構築し始めるために必要な基礎知識を検証します。

ステップ1-試験

MTA認定を取得するには、1つの試験に合格しなければなりません。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ2-認定

MTAの取得:
あなたが受ける各試験に対して1つのMTA認定を取得してください。

MCSA:Office 365

生産性

この認定は、Microsoft Office 365を使用してクラウドホスト型のビジネスアプリケーションに移行し管理するスキルを証明します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:Office 365 認定資格を取得すると、Exchange、SharePoint、Skype for Business など、ビジネス生産性の向上を目的とした Office 365 製品の管理を主に担当する、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) 管理者またはクラウド アプリケーション管理者としての業務をこなすことができるようになります。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。試験予習リソースを
必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
を取得しましょう:Office 365認定。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

認定テクノロジの選択

MCSA:SQL 2016 Business Intelligence Development

Data management and analytics

この認定は、抽出、変換、およびロード(ETL)スキルと、多次元および表形式のデータモデルとオンライン分析処理(OLAP)キューブを使用してBIソリューションを実装するスキルを検証します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:SQL 2016 Business Intelligence Development認定資格は、BI開発者としての地位を得るための資格です。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキル
を持ちます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
SQL 2016 Business Intelligence Development認定を取得してください。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:SQL Server 2012/2014

Data management and analytics

この認定は、ミッションクリティカルな環境の次の波を開発し維持するためのスキルと画期的な洞察を示しています。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:SQL Serverの認定資格は、データベース開発者またはデータベースアナリストとしてのソフトウェアとしての地位を得ます。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験3つに合格して下さい。試験予習リソースを
必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
を取得しましょう:SQL Server認定。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:SQL 2016 Database Administration

Data management and analytics

この認定は、データベースのインストール、メンテナンス、構成、およびプロビジョニングの各作業に関するスキルを示しています。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:SQL 2016 Database Administration認定は、データベース管理者またはインフラストラクチャのスペシャリストとしての資格を取得します。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
を取得しましょう:SQL Database Administration server 認定。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:SQL 2016 Database Development

Data management and analytics

この認定は、オンプレミスおよびクラウドベースのデータベースの両方について、データベースの専門家としてのスキルを証明します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:SQL 2016 Database Development認定は、データベース開発者としての地位を得ます。

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
を取得しましょう:SQL Database Development server 認定。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MTA:認定

App Builder

この認定は、技術分野への進出を検討している個人向けの認定です。MTA 認定資格では、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。

何が関係しますか。

MTAを取得する:Microsoft Technology Associationの認定は、テクノロジのキャリアを構築し始めるために必要な基礎知識を検証します。

ステップ1-試験

MTA認定を取得するには、1つの試験に合格しなければなりません。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ2-認定

MTAの取得:
あなたが受ける各試験に対して1つのMTA認定を取得してください。

MCSE:Data Management and Analytics

Data Management and Analytics

この認定は、データ管理と分析の分野でキャリアを構築しようとする人のためのものです。MCSE 認定資格では、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。

何が関係しますか。

MCSE:を取得しましょう:データ管理とAnalytics認定は、データベースアナリスト、データベース設計者、およびビジネス・インテリジェンス・アナリストなどの仕事のためにあなたを修飾します。

ステップ1-スキル

SQL Server 2012/2014のMCSAを取得、もしくはSQL 2016 Database Administration, Database Development, BI Development, Machine Learning どれか

ステップ2-試験

必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSEを獲得します:データ管理と分析 認定資格

ステップ4-継続教育

他の認定資格を見て、スキルを広げ、進歩させてください。

MCSA:Machine Learning

Data Management and Analytics

この認証により、あなたのMicrosoft Azure機械学習および、R ServerとSQL R Servicesを使用したビッグデータの操作に卓越していることを示せます。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:機械学習は、機械学習、データサイエンス、データ分析のポジションに関連する知識を表示でき、特に巨大なデータセットのRを使った分析とインテリジェントソリューションのビルドとデプロイにAzureクラウドサービスを使用する人に有効です。これは、あなたがData Managementと、 Analytics Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE)へといたる道の第一歩です

ステップ1-スキル

既存の知識を使って機械学習、データサイエンス、分析経験の知識を得ます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSAの取得:Machine Learning.

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:BIレポーティング

Data Management and Analytics

この認定は、Power BIとExcelの両方でデータを分析する専門知識を証明します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:BIレポーティングでは、データ分析、データの視覚化、モデリング、ダッシュボード、およびExcelおよびPower BIでのデータソースへの直接接続に関する知識が示されます。これは、あなたがData Managementと、 Analytics Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE)へといたる道の第一歩です

ステップ1-スキル

データの消費と変換、データのモデリングと可視化、ExcelとPower BIを使用したダッシュボードの設定

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSAの取得:BIレポーティング。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:Azureでデータエンジニアリング

Data Management and Analytics

この認定は、HD InsightおよびCloud Servicesを使用したエンジニアリングデータの専門知識を証明します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:Azureを使用してData Engineeringは、Azureの分析と運用ソリューションの設計と構築に関連する知識と、HDInsightでの大規模なデータエンジニアリングワークフローの実装を示しています。これは、あなたがData Managementと、 Analytics Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE)へといたる道の第一歩です

ステップ1-スキル

Azure Stream Analytics、HDInsight Clusters、Azure Data Lake、Big Dataバッチ処理、SQLデータウェアハウス、Azure Data Factory、およびBig Dataのリアルタイム処理の経験

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSAの取得:Azureによるデータエンジニアリング。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

認定テクノロジの選択

MCSA:ユニバーサルWindowsプラットフォーム

App Builder

この認定は、幅広いWindowsデバイスで魅力的なユーザーエクスペリエンスを提供するUniversal Windows Platformアプリケーションの実装における専門知識を証明します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:Universal Windows Platform 認定資格を取得すると、ソフトウェア開発者や品質エンジニアなどに適格であることが示されます。

ステップ1-スキル

既存の
知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
を取得しましょう:Universal Windows Platform 認定。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:Web Applications

App Builder

最新の Web アプリの実装に関する専門知識を実証します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:Web アプリケーション認証によって、あなたのWebディベロッパーかWebアドミニストレータとしてのポジションの資格を証明可能です

ステップ1-スキル

既存の知識やオプショナルなMTA認定を通じて初歩的なITスキルを持ちます。

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。試験予習リソースを
必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSA
を取得しましょう:Web Applications認定。

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSDを取得しましょう。

MTA:認定

Data management and analytics

この認定は、技術分野への進出を検討している個人向けの認定です。MTA 認定資格では、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。

何が関係しますか。

MTAを取得する:Microsoft Technology Associationの認定は、テクノロジのキャリアを構築し始めるために必要な基礎知識を検証します。

ステップ1-試験

MTA認定を取得するには、1つの試験に合格しなければなりません。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ2-認定

MTAの取得:
あなたが受ける各試験に対して1つのMTA認定を取得してください。

MCSD:App Builder

App Builder

この認定は、最新のモバイルおよび/またはWebアプリケーションおよびサービスを構築するために必要なスキルを持っていることを検証します。

何が関係しますか。

MCSDを取得しましょう:App Builder 認定資格を取得すると、アプリケーション開発者に適格であることが示されます。

ステップ1-スキル

MCSAを取得しましょうWeb Applications認定 またはあなたのMCSA:Universal Windows Platform 認定.

ステップ2-試験

必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを
必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSD
App Builder認定を取得してください。

認定テクノロジの選択

MCSA:Microsoft Dynamics 365

ビジネスアプリケーション

この認定は、幅広いWindowsデバイスで魅力的なユーザーエクスペリエンスを提供するUniversal Windows Platformアプリケーションの実装における専門知識を証明します。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:Microsoft Dynamics 365は、Dynamics365のポジションの基礎となり、開発、実装コンサルティング、テクニカルサポートエンジニア、システムアドミンへの最初の一歩となるBusiness Applications Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE).

ステップ1-スキル

前提条件無し
オプションとしてのトレーニング準備があります.

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSAの取得:Microsoft Dynamics 365.

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSA:操作のためのMicrosoft Dynamics 365

ビジネスアプリケーション

この資格では、基本的敵に刈ると開発タスクを必要とする、操作のためのMicrosoft Dynamics 365の操作を実装するための Microsoft Dynamics 365テクノロジーの精通度を表すことが出来ます一般に、技術コンサルタント、プログラマー、および IT 担当者が対象となります。

何が関係しますか。

MCSAを取得しましょう:操作のためのMicrosoft Dynamics 365はDynamics365でぺろっパーのポジション、ソリューションアーキテクト、実装と言った、Business Applications Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE)となるための最初のステップを提供します

ステップ1-スキル

前提条件無し
オプションとしてのトレーニング準備があります.

ステップ2-試験

必須試験2つに合格して下さい。
試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定

MCSAの取得:操作のためのMicrosoft Dynamics 365.

ステップ4-継続教育

関連試験1つに合格してMCSEを取得しましょう。

MCSE:ビジネスアプリケーション

ビジネスアプリケーション

この資格によって、あなたが Microsoft Dynamics 365テクノロジーを使っての仕事をする事が出来ることを証明できますMicrosoft Dynamics 365の基礎から始まって、さらに追加で他のビジネス特定エリアの技能を証明できます

何が関係しますか。

MCSE:を取得しましょう:Business Applications は、 Dynamics 365デベロッパー、実装コンサルテーション、テクニカルサポートエンジニア、システムアドミニストレータ、の基礎を証明します

ステップ1-スキル

前提条件無し
オプションとしてのトレーニング準備があります.

ステップ2-試験

次の内一つのためにMCSA認証を取得:MCSA:Microsoft Dynamics 365 か MCSA:操作のためのMicrosoft Dynamics 365

ステップ3-認定

MCSEを獲得します:Business アプリケーション

ステップ4-継続教育

1つの追加の関連する試験に受かることでMCSEを毎年アップグレードもしくはスキルを広くするために他の資格をチェック

よく寄せられる質問

認定試験対策に関する具体的な質問については、 試験の方針とFAQページをご覧ください。

Q. 2016年9月に導入開始したMCSEとMCSD認証と、それ以前のもので2017年3月31日に役割を終えた認証の違いは何ですか?

A. 新しいMCSEとMCSD認証 (MCSE:クラウドプラットフォームとインフラ、 MCSE:Mobility, MCSE:データ管理と分析, MCSE:生産性, MCSD:アプリビルダー, そして MCSE:Business Applications) は、センター オブ エクセレンスに従っており、マイクロソフト パートナー ネットワークでマイクロソフトのパートナーとカスタマーの両方から広く認識されている技術的なコンピテンシーを識別するために使用されます。これらの資格情報には、再認定要件はありません。代わりに、テクノロジの変化に遅れを取らずに適応している状況が、取得日によって示されます。選択試験のリストにある試験に合格することによって認定資格を再取得する機会が毎年与えられるため、特定のセンター オブ エクセレンスでスキルを広げたり深めたりするための投資を行っていることを実証できます。認定資格を取得するたびに、新しい認定資格エントリがトランスクリプトに追加されます。このプロセスは、既存の再認定要件に代わるものです。既存の再認定要件では、認定資格が無効にならないようにするために、特定の再認定試験を 2 年ごと (MCSD) または 3 年ごと (MCSE) に受験する必要がありました。

Q. 2016 年 9 月よりも前に取得した MCSE および MCSD 認定資格はどうなりますか。

A. 2016年9月以前に導入されたすべてのMCSEとMCSD認証は、2017年3月31日に役目を終えますすべての有効な MCSE および MCSD 認定資格は、対応するテクノロジの終了までトランスクリプト上で有効なままになります。終了になった時点で、その認定資格はトランスクリプトのレガシ セクションに移動されます。もしあなたの先に持っていた認証が、認証自体の役割終了によって無効になっても、法的に認証が消えるまでは無効の文字とともにあなたのトランスクプションに残ります。

Q. マイクロソフト認定資格の有効期間はどれぐらいですか。

A. マイクロソフト認定資格は、市場で価値があり、その認定の対象になっているテクノロジが企業で使用されている限り価値を持ち続けます。時間の経過に伴い、認定は終了し、最終的には "レガシー" ステータスに移行します。レガシーなマイクロソフト認定資格は、トランスクリプトにレガシーであることが表示されるようになります。最新の認定資格については、 退職認定ページを参照してください。

Q. Microsoft 認定資格で利用できるアップグレード パスはありますか。

A. 3月31日に役割を終えたアップグレード試験に関連する資格は、すでに無効ですわれわれは現在、各人がそれぞれのスキルを現行バージョンのソフトに沿うようなシンプルなやり方に替えています新しい認証のパスは ここ.

Q. 新しい認定のリリースはどこで確認できますか。

A. 新しい認定資格のリリースについては、 認定試験ページで新しく公開された認定試験を参照してください。

Q. どの認定から始めればよいですか。

A. テクノロジが未経験の場合は、最初の認定として, マイクロソフト テクノロジー アソシエイト (MTA) をお勧めしています。MTA 認定資格は必須ではありませんが、マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト (MCSA) 認定資格およびマイクロソフト認定ソリューション デベロッパー (MCSD) 認定資格に備えるうえでのしっかりとした基礎になります。テクノロジ関連の実務経験がある場合は、MCSA または MCSD 認定資格の取得から始めるとよいでしょう。これらは、さらに高度な認定資格の前提条件になっています。MCSA 資格は、求職者が、新しい職務を着実にこなすための最小限のスキル セットを持っていることを実証します。

Q. 2016年9月から導入された新しいMCSDおよびMCSE認定の対象となる試験を教えてください。

A. この Microsoft technical certifications pathway map.で、2016 年 9 月 に導入された新しい MCSD および MCSE 認定資格の対象となる試験を見つけてください。

Q. マイクロソフト認定資格試験に合格すると、どのような利点がありますか。

A. 最初のMicrosoft認定資格試験に合格すると、 マイクロソフト認定資格プログラム および MCPメンバーサイト.で提供されるすべての利点にアクセスできる、Microsoft認定プロフェッショナル(MCP)コミュニティのメンバーになります。他の人にトランスクリプトを見せて試験に合格したことを証明したり、特定の認定資格に向けての進捗を示したりすることができます。MTA またはスペシャリスト試験に合格した場合など、1 つの試験に合格すると関連する認定資格も取得できることもあります。

Q. 私が、このMCSA:の必須試験を両方ともパスしたことはどうやって確認しますか、すなわちLinux on Azureで?

A. MCSAの場合:Linux on Azure, については、追加の確認が、認証のためには必要となります.Microsoftに連絡して、両方の試験にパスしたことを確認 North American Regional Service Center.北米以外では、 オンラインリクエストをサブミット.

Q. 認定資格を取得すると、入学試験で有利になりますか。

A. 学生の方は現在、 マイクロソフト認定資格を取得することにより、大学の単位を取得できます。米国教育協議会 (ACE) は、いくつかのマイクロソフト認定資格による大学の単位の取得を推薦しています。

Q. Microsoftは、多くの認定試験のための練習テスト、講師主導のコース、オンラインコースを提供しています。準備のためにこれらをどのように使うべきですか?

A. もしあなたが、技術に慣れていない、または基礎となる概念についてもっと学び、試験の対象となるよりも広範で深い知識を得たいのでしたら、オンラインコースを受講してください。これらは試験準備を目的としたものではありませんが、良い基盤や出発点になります。試験で査定されたスキルとより具体的に調和した訓練を希望する場合は、インストラクター指導コースを受講してください。最後に、試験を受ける準備ができていると思われる場合は、練習テストを受けてください。 演習試験に合格したほとんどの人が試験に合格する可能性が高いです。