Microsoft 認定資格を持つことで、採用マネージャーから見て優位に立つ

マイクロソフトから登録すると、次回のMicrosoft 認定プロフェッショナル試験に自動的に25%または50%
の割引が適用されます。

試験
62-193

Windows

  • 配信開始:
    2018年1月4日
  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    エデュケーター
  • テクノロジ:
    複数のテクノロジー
  • 対応資格:
    Microsoft Certified Educator

エデュケーターのためのテクノロジー応用力

Microsoft Certified Professional 試験は、サード パーティ ベンダーにより提供されています。

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center


注意:2018年1月4日現在、試験の重要な更新があります。この試験の変更は根本的なものであるため、変更文書はありません。

既存のMCE認定資格保持者は、2018年1月4日から1年間、新しい試験で認定を受けられます。1年後、2018年1月4日以前に獲得したすべてのMCE認定は、成績証明書から削除されます。

学生のコラボレーションを促進する
  • 学習活動としてコラボレーションの規定を満たすレベルを決定する
    • 学習者が一緒に働き、成果物を共有し責任を持ち、学習の成功に不可欠で重要な意思決定を行い、相互依存するように活動を準備する
  • 学習環境を分析、評価、設計、管理して、教室で利用可能なリソースがあれば与え、学習者の協力を促進する
    • 仮想環境。 物理的環境。利用可能なソフトウェアツール
熟練したコミュニケーションを促進する
  • 最高レベルの熟練したコミュニケーションの規定に合わせて学習活動を変更する
    • 学習者が、接続されたアイデア、マルチモーダルな製品成果物、製品の成果物を裏付ける証拠、特定のユーザー向けに設計された製品成果物を作成するための活動を準備する
  • 学習者の製品の例を評価して、熟練したコミュニケーションの規定を満たしているレベルを判断する
    • 関連性のあるアイデアの使用、多様なアプローチ、証拠の裏付け、特定の聴衆のための設計に関する学習者製品の例を評価する
知識構築を容易にする
  • 学習活動が知識構築の規定に合致するレベルを決定する
    • 学習者が新しい状況で知識を適用できるようにする学際的な活動を準備する
  • 教訓的な学習状況を、学際的な学習を促進する新しい文脈で知識を適用する必要がある活動に変換する
    • 学習者が自分の新しい知識を開発するために時間と労力を費やし、学際的な学習活動に参加するための活動を準備する
自動調節を容易にする
  • 学習活動が自己規制の規定を満たすレベルを決定する
    • 学習者が自分の仕事を計画し、フィードバックに基づいて仕事を修正できるように、長期的な活動を準備する
  • どのような機会が自己規制の環境を促進するかを決定する
    • 学習者に学習目標を設定し、これらの目標を達成するための最善の戦略を決定し、これらの戦略が有効かどうかを監視する機会を学習者に提供する
現実世界の問題解決とイノベーションを容易にする
  • 現実世界の問題解決のために学習活動が規定を満たすレベルを決定する
    • 学習者が新しい問題の解決策を開発したり、指示されていないタスクを完了したり、一連の要件を満たす複雑な製品を設計したりするための活動を準備する
  • 学習者が問題解決、革新、現実世界の他の人に有益な解決策を適用するための戦略を選択する
    • 現実世界を含む学習目標を開発する
学生が情報通信ツール(ICT)を容易に利用できるようにする
  • 学習活動がICT学習の規定を満たすレベルを決定する
    • 学習者が知識構築を支援するためにICTを利用できるような活動を準備する
  • Microsoft のテクノロジーツールを使用して学習者の学習成果を達成する
    • リソースを実装するために必要なスキルを特定する
  • 最上のICTリソースを選択して、望ましい教育結果に到達するためのロジスティックな課題を解決または管理する
    • ラボ構成の問題。 共有コンピュータ。 BYOD
効果的なエデュケーターとしてICTを活用する
  • 特定の教育成果をサポートするICTリソースを特定する
    • 学習活動を評価する。 特定のICTリソースの妥当性をレートする。 すべての学習者の多様なニーズに対応する
  • ICTリソースを使って教育成果を達成するための適切な教育的アプローチを決定する
    • 計画されている状況といない状況。 適切な理解能力。 異なる学習スタイル
  • 専門的な開発目標に達するための適切なICTリソースを選択する
    • 生産性を向上させる。 時間管理スキル
  • デジタルシチズンシップを含むシナリオへの対応を評価する
    • インターネット安全性。 セキュリティ上の問題。 サイバー攻撃。 デジタルフットプリント。 プライバシー問題。 コミュニケーションフォーラム。 使用承諾

受験対象者

この試験の受験者は、教室のエデュケーターになる準備をしている人、現在エデュケーターの人、教員訓練または教員養成の大学教員、教育管理者、またはコンピテンシーの検証を提供する他の専門家が含まれます。

MCE:エデュケーターのためのテクノロジーリテラシーの認定試験は、21世紀ラーニング・デザイン(21CLD)フレームワークで測定された、有効かつ信頼できるコンピテンシーの基準となるように意図された中間レベルの試験です。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。