「再受験無料のExam ReplayバウチャーとPractice Testの購入はこちら」

試験
70-331

SharePoint

  • 配信開始:
    2013年2月1日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft SharePoint Server 2013
  • 対応資格:
    MCP、MCSE

Microsoft SharePoint Server 2013 のコアソリューション

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

試験70-331と試験70-332の試験準備セッション:SharePoint Server 2013

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

SharePointトポロジを設計する(20〜25%)
  • 情報アーキテクチャを設計する
    • サイト間のナビゲーションの分類を設計する。 サイトの列とコンテンツの種類を設計する。 キーワード、同義語、安全策、および管理されたプロパティを設計する。 情報管理ポリシーを計画する。 管理されたサイト構造を計画する。 用語セットを計画する。ハイブリッドクラウドの統合要件を計画する。
  • 論理アーキテクチャを設計する
    • アプリケーションプールを計画する。 Webアプリケーションを計画する。 ソフトウェア境界を計画する。 コンテンツデータベースを計画する。 ホストヘッダーサイトコレクションを計画する。 ゾーンと代替アクセスマッピングを計画する。
  • 物理アーキテクチャを設計する
    • ストレージアーキテクチャを設計する。 基本的なリクエスト管理を設定する。 個々のサーバ要件を定義する。 サービストポロジを定義する。 サーバー負荷分散を計画する。 ネットワークインフラを計画する
  • シェアポイントオンライン(Microsoft Office 365)の展開を計画する
    • サービス提供を評価する。 サービスアプリケーションを計画する。 サイトコレクションを計画する。 カスタマイズとソリューションを計画する。 シェアポイントオンラインのセキュリティを計画する。 シェアポイントオンラインのネットワークサービスを計画する

準備用リソース

セキュリティを計画する(20-25%)。
  • 認証を計画および構成する
    • Windows認証を計画し構成する。 ID フェデレーションを計画し構成する。クレーム プロバイダーを構成する。 サイト間 (S2S) のサーバー内および OAuth認証を構成する。 匿名認証を計画し構成する。 アクセス制御サービスへの接続を構成する。 ハイブリッド クラウド展開の認証を構成する。
  • 承認を計画および構成する
    • SharePoint ユーザーおよびグループを計画し構成する。 ユーザー選択ウィンドウを計画し構成する。 共有を計画し構成する。 権限の継承を計画し構成する。 匿名アクセスを計画し構成する。 Web アプリケーション ポリシーを計画する。
  • プラットフォームセキュリティを計画および構成する
    • セキュリティ分離を計画し構成する。 サービスのロックダウンを計画し構成する。 一般的なファイアウォールのセキュリティを計画し構成する。 ウイルス対策設定を計画し構成する。 証明書管理を計画し構成する。
  • ファームレベルのセキュリティを計画および構成する
    • 権利管理を計画する。 委任されたファーム管理を計画し構成する。 委任されたサービスアプリケーションの管理を計画し構成する。 管理アカウントを計画し構成する。 ブロックされたファイルタイプを計画し構成する。 Webパーツセキュリティを計画し構成する。

準備用リソース

SharePointファームをインストールおよび構成する(20〜25%)
  • インストールを計画する
    • インストールの前提条件を特定して構成する。 スクリプト化された展開を実装する。 パッチスリップストリーミングを実装する。 言語パックを計画してインストールする。サービス接続ポイントを計画し構成する。 インストールの追跡と監査を計画する。 Office 365の移行の管理パスを実装する。 SharePointハイブリッドクラウドの設定を構成する
  • ファーム全体の設定を計画および構成する
    • 受信メールと送信メールを設定する。 プロキシグループを計画し構成する。 SharePoint Designerの設定を構成する。 企業カタログを計画し構成する。 Office Web Appsの統合を構成する。 Microsoft Azureワークフローサーバーの統合を構成する
  • エンタープライズ検索を作成し構成する
    • 検索トポロジを計画し構成する。 コンテンツソースを計画し構成する。 クロールスケジュールを計画し構成する。 クロールルールを計画し構成する。 クロールのパフォーマンスを計画し構成する。 セキュリティトリミングを計画し構成する。
  • Managed Metadata Service (MMS) アプリケーションを作成および構成する
    • 管理されるサービス アプリケーションのプロキシ設定を構成する。 コンテンツ タイプのハブ設定を構成する。 共有用語セットを構成する。 コンテンツ タイプの伝達スケジュールを計画および構成する。 カスタム プロパティを設定する。 用語ストアの権限の構成、マネージメタデータサービス(MMS) インポートを構成する
  • User Profile Service (UPA) アプリケーションを作成および構成する
    • UPAアプリケーションを構成する。 個人用サイトと個人用サイトのホストを設定する。 社会的な許可を設定する。 同期接続を計画し構成する。 プロファイルプロパティを設定する。 オーディエンスを設定する。

準備用リソース

Webアプリケーションとサイトコレクションを作成および構成する(15〜20%)
  • Web アプリケーションを準備および構成する
    • 管理パスを作成する。 HTTPスロットリングを構成する。 リスト調整を構成する。 代替アクセスマッピング(AAM)を構成する。 認証プロバイダを設定する。 SharePoint Designerの設定を構成する
  • サイト コレクションを作成および管理する
    • ホストヘッダーサイトコレクションを構成する。 セルフサービスサイトの作成を構成する。 サイト所有者を管理する。 サイトクォータを管理する。 サイトポリシーを構成する。 チームのメールボックスを構成する。
  • サイトとサイト コレクションのセキュリティを管理する
    • サイトアクセス要求を管理する。 アプリの権限を管理する。 匿名アクセスを管理する。 許可の継承を管理する。 許可レベルを設定する。 HTMLフィールドのセキュリティを設定する
  • 検索を管理する
    • 結果のソースを管理する。 クエリルールを管理する。 表示テンプレートを管理する。 検索エンジン最適化(SEO)設定を管理する。 結果の種類を管理する。 検索スキーマを管理する
  • 分類を管理する
    • サイトコレクションの用語セットへのアクセスを管理する。 用語セットのナビゲーションを管理する。 トピックカタログページを管理する。 カスタムプロパティを設定する。絞り込み条件を構成する。 リストの絞り込みを構成する。

準備用リソース

コアのSharePoint環境を管理する(15〜20%)
  • SharePoint 環境を監視する
    • 監視要件を定義する。 パフォーマンスカウンタキャプチャを構成する。 ページパフォーマンスの監視を構成する。 使用法と健康管理者を設定する。 ストレージニーズの監視および予測する。 SharePointハイブリッドクラウドの展開を監視する
  • SharePoint 環境を調整および最適化する
    • SQL最適化を計画し構成する。 データベースメンテナンスルールを実行する。 容量のソフトウェア境界を計画する。 ストレージ要件を見積もる。 キャッシュの計画と構成する。 ネットワークのパフォーマンスを調整する
  • SharePoint 環境のトラブルシューティングを行う
    • ベースラインのパフォーマンスを確立する。 クライアント側のトレースを実行する。 サーバー側のトレースを実行する。 利用状況データを分析する。 開発者ダッシュボードを有効化する。 診断ログを分析する。 SharePointハイブリッドクラウドの問題のトラブルシューティングをする

準備用リソース

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

Microsoft 認定資格PREP Talk:Exam 331

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、James Seymour (認定企画者) と Alistair Spiers (SharePoint製品グループのシニア製品マーケティングマネージャー) が、Exam 331 で評価するスキルの関連性について説明しています。

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 331

コミュニティから
書籍
Cover of 'Exam Ref 70-331: Core Solutions of Microsoft SharePoint Server 2013'

試験番号 70-331:Microsoft SharePoint Server 2013のコアソリューション
発行:2013年6月15日

試験70-331の準備をして、Microsoft SharePoint Server 2013のコアソリューションの実力の実証に役立ててください。経験豊富なITプロフェッショナルのために準備を整え、Exam Refは、MCSEレベルで成功するために必要な批判的思考と意思決定の眼識に焦点を当てています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この試験の受験者は通常、SharePoint および SharePoint が依存するその他のコア テクノロジ (Windows Server 2008 R2 以降、インターネット インフォメーション サービス (IIS)、Microsoft SQL Server 2008 R2 以降、Active Directory、ネットワーク インフラストラクチャ サービスなど) の計画と管理について 4 年を超える実践的な経験のある方を対象としています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。